« 昔話:2台目の一眼レフ PENTAX MX | トップページ | 昔話:頬ずりしたくなるカメラ PENTAX LX »

2008年10月24日

ごろ寝マウス・リターンズ

 ヨドバシカメラのネットショップで,また,くだらないものを買ってしまった。

081018110940
 ごろ寝マウス・リターンズである。

 パッケージには,『怪電波の調査に向かった「ごろ寝」。待ち構える地下暗黒帝国の脅威!』『あの「ごろ寝」マウスが帰ってきた!』『ごろね リターンズ RETURNS』『総天然色』のコピーが踊る。この胡散臭さが微妙に面白い。

 販売元は,シグマAPOシステム。光学メーカーシグマ光機の関係会社だと思われる。光学機器メーカーで「APO」と言えば泣く子も黙るアポクロマート・レンズを想像してしまうが,本当の意味は良くわからない。

081018111223_2
 パッケージの裏面側。『あの「ごろ寝」マウスがパワーアップして帰ってきた!』『大型化したマッシブなボディからホイール+光学式センサーを搭載し,多彩な大技を繰り出します。』『光学式センサーボール搭載滑らかセンサーボール』『400/800dpi切替方式を採用』『置いても使える3点倒立デザイン』『つぼ押し機能搭載』と実に多彩である。

081018111427
 じゃーん! これがごろ寝マウス・リターンズである。
 自慢の3点倒立状態で撮影しようとも思ったが,ごろ寝マウスだけにごろ寝している状態で撮影してみた。

 ちなみに,旧バージョンのごろ寝マウス(ずぼらマウス)を購入したときの記事が,2004年7月30日「かすかだり」のエントリ『週末からの夏休みを前に、なんと痛風の発作が...』にある。
 ベッドに転がって,天井に写ったTVやPCの画面を操作するのに便利だった
のだが,スクロール・ホイールが付いていないのが最大の悩みだった。その悩みが,新しいごろ寝マウス・リターンズで解決である。

081018112054
 ごろ寝マウス・リターンズ付属の説明書。旧バージョンから引き続き,こだわりの「つぼ押しポイント」は健在である。

|

« 昔話:2台目の一眼レフ PENTAX MX | トップページ | 昔話:頬ずりしたくなるカメラ PENTAX LX »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごろ寝マウス・リターンズ:

« 昔話:2台目の一眼レフ PENTAX MX | トップページ | 昔話:頬ずりしたくなるカメラ PENTAX LX »