« 昔話:クラシック・デジカメ FinePix700 | トップページ | 昔話:2台目の一眼レフ PENTAX MX »

2008年10月23日

昔話:私の原点 ASAHI PENTAX K2

 昨日に引き続き,段ボールの中から出てきたカメラの紹介。
 今日は,ASAHI PENTAX K2 である。

081023100305
 PENTAX K2は,旭光学(その後のPENTAX〜HOYA)が満を持してバヨネット式のKマウントを採用した最初のカメラ,Kシリーズ(K2,KX,KM)の中の最上位機種である。
 そして,当時中学三年生だった私が,親にねだって買ってもらった最初のカメラでもある。それまではオヤジが昔使っていたというカメラ(マミヤのハーフサイズ・レンジファインダーカメラだった)を借りて,ちょこちょこと撮影していたが,どうしても自分のカメラが欲しくなって親にねだったのだった。

 なぜPENTAXだったのか。それほど裕福ではなかったのに,なぜフラッグシップ機を買ってもらえたのか……。今となってはほとんど記憶に残っていないのだが,各社のカタログを見比べてPENTAX K2が一番「カッコいい」と思っていたことだけは確かである。当時から,見た目重視のミーハーだったのだ。

 当時の他社の一眼レフカメラといえば……

 NikonのF2フォトミックはとても高価だったし,フォトミックファインダーが安っぽくて不格好すぎる割には,AEもできないという印象だった。
 かといって,ニコマートFTやELのデザインにはまったく魅力を感じなかった。

 Canon EFはシャッター速度優先AEが可能だったが,Canonというメーカー自体にAE化に乗り遅れたという印象があったし(今では考えられないことだけど),やはりデザインがいまいちだった。
 Canon F-1は頑丈なイメージが格好良く思っていたが,フラッグシップだけあってとても高価だったし,Canon自身が「10年間は不変」と主張した通り,AE化などは夢のまた夢だった。

 非常に悩んだ記憶があるのは,OLYMPUSのOM-1。当時,世界最小最軽量の一眼レフだった。細くとんがったペンタ部も格好良かった。これでAEができたらなぁ……。
 TTLダイレクト測光AEができるOM-2が発売されたのは,PENTAX K2を買ってすぐ後だった。

 MINOLTAのフラッグシップ機X-1は,デザインが受け入れられずに最初からパス。XEもペンタ部の形が気に入らず,検討対象外だった。

081023100056
 今見ても,非常にバランスの取れた良いデザインだと思う。もちろん贔屓目に見ているからだが。

081023100422
 社名が旭光学工業だった時代の名残,「AOCO」マーク。

081023100459
 Kシリーズの最上位機種がいきなり「K2」なのは,M42マウント時代の高級機にPENTAX Kがあったためである(ちなみに,「K」は「King」のK)。

|

« 昔話:クラシック・デジカメ FinePix700 | トップページ | 昔話:2台目の一眼レフ PENTAX MX »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:私の原点 ASAHI PENTAX K2:

« 昔話:クラシック・デジカメ FinePix700 | トップページ | 昔話:2台目の一眼レフ PENTAX MX »