« 急いては事をし損じる《D3のFirmware Update》 | トップページ | COOLPIX P5100が不安定 »

2008年4月26日

毒を食らわば皿まで《D3のFirmware Update》

 4月末に発表されることになっていたNikon D3ファームウェアの修正版(の修正版)が,4月25日に発表された。ゴールデンウィークの連休前に発表せよとの圧力も強かったはずで,担当部署や担当者は大変だったに違いない。

 さて,この修正版のアップデータをすぐに実行するかどうかは悩ましいところだ。慌てて作ったモノが不具合を含んでいる確率は高い。トラブルに巻き込まれるのを避けるには,やはり一週間ぐらいはアップデータの実行を待つべきだろう。

 しかし,既に問題のあるアップデータを実行してしまった私のD3は,確実に不具合を持ってしまっている。不具合の二度塗りになっても,D3が使えない状況には変わりがないのだ(もちろん,現時点でわかっている不具合は,条件によって「まれに画像に異常が発生する」というもので,まったく使えないわけではないが)。既に毒を食ってしまった私が,修正版アップデータの実行を躊躇する理由はどこにも無いじゃないか……

080426193452
 とりあえずファームウェアを更新したD3に,ニコン唯一のCPU内蔵パンケーキレンズNIKKOR 45mm F2.8Pを取り付けてみた。デジカメを使うようになってから,ほとんど使っていないレンズなので,なんだか使ってみたくなった。今日からゴールデンウィークの連休。旅行にはD3ではなく,PENTAXのK10Dを持って行くつもりだったが,案外D3を持って行っても面白いかな,という気がしてきた。昔は長期間の旅に,NikonのF5に大口径ズームAF-S28-70mm F2.8 + AF-S80-200mm F2.8を組み合わせたり,中判のPENTAX 67 + レンズ3本(45mm F4,105mm F2.4,200mm F4)を持ち歩いていたこともあるわけだし……。

|

« 急いては事をし損じる《D3のFirmware Update》 | トップページ | COOLPIX P5100が不安定 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毒を食らわば皿まで《D3のFirmware Update》:

« 急いては事をし損じる《D3のFirmware Update》 | トップページ | COOLPIX P5100が不安定 »