« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の2件の記事

2007年3月17日

Caplio GX/危険なストラップ取り付け部

 久しぶりにRICOH Caplio GX (with WIDE CONVERSION LENS DW-4)をいじっていたら,ストラップの取り付け部が変になっているのに気付いた。

070317010507
 ストラップの紐部分が切れかかっている。部分的に糸がほつれて,その部分だけ太さが1/3ぐらいになっている。気付いて良かった……。

070317010959
 Caplio GXのストラップ取り付け部分の金具が,プレス打ち抜き加工で作られていて,加工後の処理(バリ取り,糸面取り)が甘いのが原因だ。Caplio GXは廉価版デジカメよりは,ちょっと上のクラスのデジカメだと思っているのだが,こういう細かなところの作り込みが足りない印象がある。ほしくて仕方がないGR DIGITALに対して,最後の決心ができない理由のひとつである。

#昔,RICOHのDC-1というデジカメ(私が最初に買ったデジカメである)を修理に出したときのRICOHの対応の悪さ(当時はデジカメと銀塩カメラとは別の対応だったが,今はどうなっているだろうか)も,いまだに印象に残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日

超広角レンズ smc PENTAX A15mm F3.5

070311211749

070311211705
 3月4日に川崎大師周辺を歩いたときに,久しぶりにsmc PENTAX A15mm F3.5を使ってみた。このレンズは,その巨大な前玉に強烈なインパクトがあって,たまに「凄い魚眼レンズですねぇ」と間違われることがあるが,実際は魚眼どころか,歪曲収差が非常に小さな超広角レンズである。
 大きな前玉と111度という広い画角のため,どうしても太陽光がレンズに直射する機会が多くなるが,PENTAX自慢のsmc(スーパー・マルチ・コーティング)のおかげでフレアによるコントラストの低下はとても小さい(もっとも,今ではレンズへのマルチ・コーティングは常識だが)。五角形のゴーストが出やすいのが玉に瑕か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »