« 2005年12月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年1月の1件の記事

2006年1月18日

RICOH GR DIGITALを買わずに帰る

 衝動買いを避けるために,できるだけデジカメ売り場には近づかないようにしていたが,最近は各カメラ雑誌絶賛のGR DIGITALが欲しくてたまらなくなっており,半ば買っちゃっても良いかなと言う気分でデジカメ売り場へ。

 早速GR DIGITALをいじってみる。手に持った感じは銀塩版GR-1よりも良いぐらいだ。しっとりと手になじむグリップが好感触。安っぽい外観をウリ(ほんとか?)にしていた銀塩版GR-1と違って,見た目も価格なりに高級感がある。モードダイヤルに回転防止ストッパが付いているのは,個人的にはマイナスポイントだ。いつの間にかダイヤルが回ってしまうことより,親指の腹でサッとモードが変えられる便利さを優先してほしかったところである。

 28mm単焦点レンズについては,実際に画質を確認したわけではないが,特に問題は無いだろう。銀塩版のGR-1やGR21を見れば,リコーがこの手のレンズに妥協するはずがないことはわかっている。デジカメを一台だけ買って,あれもこれもと撮影したいという人には単焦点レンズは使いにくいかもしれないが,割り切って使えば利点も見えてくる。28mmという使い慣れた画角なので,サッと撮影しようとして電源を入れる瞬間には,既に頭の中でおおよそ写る範囲が想定できるのが良い。

 さて,リコーのデジカメは一昨年にCaplioGXを買って以来になる。CaplioGXは広角レンズの付いたデジカメとして今でもワイコン付けっぱなしで重宝しているが,強く強く不満な点がある。AE(自動露出)が遅い(AEが遅いのか,AEが露出を決めるま前にAEロックがかかってしまうのか,切り分けができていない)のである。

 以前この不具合のことをブログに書いたところ,ブログのアクセス数が大幅に増大して驚いたが,写真雑誌にこのAEのことを書いた記事がまったく見られないことはさらに驚くべきことだと思っている。CaplioGXで撮った写真に明らかに露出がおかしい写真が混ざるのは,ほとんどこのAEの仕様によるものと思っている。

 デジカメを撮影モードで起動し,「レンズの前を左手で覆って暗い状態にし,左手の覆いを外してすぐにシャッターボタンを半押ししてAEロックする」という操作をしてみてほしい。正常なデジカメであればAEが完了して露出が合った状態でロックされるはずだが,CaplioGXは暗い状態に露出が合ったまま,つまり画面が真っ白なままでAEロックしてしまうのだ。露出をあわせることよりも,シャッターが切れる(AEロックする)ことを優先したアルゴリズムになっているのだろう。デジカメショップで確認してみたところ,PENTAXもキヤノンもミノルタもオリンパスも,そしてカシオもAEが合ってからロックするようになっている。

 というわけで,肝心のGR DIGITALのAE速度を上記方法で確かめたところ,露出オーバーの真っ白な状態でAEロックしてしまったのだ。なんということだ,CaplioGXと同じではないか。既に買うつもりで財布の中にポイントカードの有無を確認した後だったが,サァーっと購入意欲が消えていった。

 店頭に置いてあったCaplioGX8,CaplioR3,いずれも同じ挙動を示すことから,このAEの挙動は明らかにリコーの仕様だと思われる。結局,私の撮影方法がリコーの仕様に合っていないのだろう。電源を入れて撮影状態にしたままのデジカメを持ち,気が向いたらサッと被写体に向けてシャッターボタンを半押ししてピントと露出をロックし,構図とシャッタータイミングを見計らってシャッターを切る,というのが私のいつもの撮影方法なのだが,リコーのデジカメでこれを行うと,最初にシャッターボタンを半押しする直前の状態(カラダの影や足元の影の部分にレンズが向いている向いている)で露出がロックされてしまうことがあるため露出が不安定になるのだ。

050416-173514

050416-173709
 私が所有しているCaplioGX(ワイコン付けっぱなし)

 これを防ぐには,撮影しようと思ったら,まずレンズを被写体に向けて構図を決め,露出が安定した状態になるまで待ってからピントと露出をロックしてシャッターを切る,もしくは構図を決めてからタイミングを見計らってシャッターボタンを一気に押してシャッターを切る,という方法をとらなければならないことになる……。

 結局,GR DIGITALは買わずに店を出た。いずれ欲しくなるような気はするが,今回は購入を見送った。

【GR DIGITAL,Caplio GX,Caplio GX8のレビュー記事】
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2005/09/13/2278.html
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2005/06/21/1748.html
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2005/04/26/1446.html

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0727/date004.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0525/dcr015.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0506/ricoh.htm
http://arena.nikkeibp.co.jp/rev/camera/20040713/109053/
http://www.thisistanaka.com/diary/200506.html

http://www.thisistanaka.com/diary/200505.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年6月 »