« 生茶から香料が消えた | トップページ | このストローは使えるのか? »

2005年8月13日

ついに日本でもサービスが始まったiTMS

indexipodsilo20050628

 それは夏休みで東北地方を旅行中のことだった。とうとう日本でもアップルの音楽配信サービスiTunes Music Store(iTMS)がオープンするというニュースが飛び込んできた。待ちに待ったサービスだけに,興奮せずにはいられなかった。旅行にはデジカメデータ吸い上げ&メール読み書き用にSonyのVAIO TR2/Pを持ってきていたが,なぜPowerBookG4を持ってこなかったのだろうと後悔するほどだった。

indextopmac20050804
 帰宅して,早速iTunesを起動すると,すでにシームレスにiTMSにつながっている。日本でのサービスが始まる前には指をくわえてながめるだけだった「購入」ボタンが有効になっている。私はすでに「.Mac」の会員なので,曲やアルバムを選んで購入ボタンを押すだけでダウンロードが始まる。何の手間も要らない。このあたりはさすがに洗練されている。一曲150円(一部200円のものあり)という価格には不満を感じるが,今までの日本の音楽配信サービスがユーザーをなめになめきったサービスだったのと比較すれば,とりあえずは納得できる範囲かもしれない。さっそく,Art Pepper,Astrud Gilberto,Dexter Gordon,Donald Byrd,Gal Costa,西田佐知子,渚ゆう子などを購入した。

 VAIOには標準でSonicStageという音楽管理ソフトがインストールされており,LabelGate(レーベルゲート)社のMora(モーラ)という音楽配信サービスから音楽を購入できるのだが,ソフトの使い勝手からMoraのシステムまで,インタフェースのひどさは際立っている。一度iTMSを使ってしまったら,戻る気にはならないだろう。Moraの取り扱い曲数が今年5月の時点で20万曲。iTMSはサービス開始時点で100万曲なのだから,なおさらである。

mora2
 SonicStageでMoraを開いたところ。大好きなHank Mobleyのアルバムを検索してみたが,一枚も引っかからなかった。これじゃMoraしか利用できない人は可哀想だ……。

 iTMSで残念なのは,音楽プレイヤー分野でiPodとライバル関係にあるソニー系SME関連のレーベルが未参加なことである。CDでも輸入版でしか購入できないアルバムまで,SMEの都合で販売しないというのは,ユーザーとしてはちょっと納得できないところである。

 iTMSで最近気になっていた曲「Felicidade(フェリシダージ)」を検索してみる。「Felicidade」は感動的だった映画「黒いオルフェ」の冒頭で流れる美しい曲だが,CDショップでボサノヴァのコーナーを探すという方法ではなかなか簡単に見つけることはできない。それがiTMSだと,あっという間にたくさんの「Felicidade」が引っかかり,試聴した後で曲単位で簡単に購入することができてしまう。音楽の聴き方が大きく変わってくるに違いない。

#【勘違い】それにしても,日本人ミュージシャンの最初に「阿部薫」という文字を見たときには,本当に驚いた。夭折した天才ミュージシャンの阿部薫まで配信されるとはiTMSおそるべし…と思った。阿部薫といえば,ジャズを「オシャレな音楽」だなどと勘違いしている御仁の脳天をトンカチでかち割るような,情念の奥深くのヘドまで吐き出すような演奏をするミュージシャンである。あまりに強烈(かつマイナー)なためCDもなかなか入手困難だが,それがiTMSで簡単に入手できる……と思ったら,同姓同名の別人だった。

|

« 生茶から香料が消えた | トップページ | このストローは使えるのか? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに日本でもサービスが始まったiTMS:

« 生茶から香料が消えた | トップページ | このストローは使えるのか? »