« 実録 大西ユカリ・ショウ / 大西ユカリと新世界 | トップページ | Caplio GXはそんなに良いデジカメだろうか? »

2005年6月 4日

dippin' / Hank Mobley


dippin' / Hank Mobley

 私の大好きなテナー奏者ハンク・モブレイ(モブリー)の人気盤である。ハンク・モブレイの代表作と言えば,収録曲全部が快演で埋められている『Soul Station』ということになるが,巷の人気で比較すれば『dippin'』に軍配が上がる。なにしろ『dippin'』には泣く子も黙る「Recado Bossa Nova」が入っているのだ。

 ハンク・モブレイはブルーノートに多数のアルバム(サイドメンとして参加したものを加えると膨大な数になる)を残しているが,ひいき目に見ても超一流ミュージシャンではない。もちろん,かのマイルス・デイヴィスのバンドにも加わったこともあり,実力のないテナー奏者ではないのだが,くぐもった感じの音色やアドリブ・ソロのフレーズが地味すぎるのである。
 マイルス・デイヴィスのアルバム『Someday My Prince Will Come』には,ジョン・コルトレーンとハンク・モブレイの二人のテナー奏者が参加している。その一曲目はアルバム名にもなっている「Someday My Prince Will Come」。曲はマイルスのミュートによるテーマ演奏で始まる。マイルスは名盤『Kind of Blue』を録音したばかりの充実した時期にあり,そのトランペットの音はたとえようもなく美しい。それに続くは我らがモブレイのソロ。モブレイらしい優しく暖かな音色,フレーズ,ちっとも悪くないソロ演奏である。
 モブレイの後はウィントン・ケリーのピアノソロ。そして最後に登場するのは,マイルス・バンドから離れ,独り立ちしたばかりのコルトレーン。録音スタジオにたまたま遊びに来ていたことから参加したというコルトレーンのテナー・サックスは,自信に満ち,朗々とした音色,急速調であってもゆとりを感じるフレーズ,怖いほどの凄さなのである。演奏素人の私にもその凄さ,その違いはハッキリわかってしまうのだ。モブレイにとって,こんなに不幸なことはあるだろうか。この演奏が名盤『Someday My Prince Will Come』に収録されたことから,モブレイには“B級テナー”という冠がついて回ることになってしまったのだ──こうやって私も書いてしまっている──。

 しかし,実際にモブレイの演奏を聴いてみれば,そんなことはどうでもよくなる。『dippin'』はジャズ・ロック調の「The Dip」から始まる。モブレイとリー・モーガンのリラックスした演奏が楽しい。ジャズ・ロックと言えばドラムはビリー・ヒギンズ。ハマり処である。最初のアドリブ・ソロはリーダーのモブレイ。奇を衒わないモブレイらしいアドリブは,ウキウキして踊り出したくなるほどだ。そして次に登場するのがトランペットのリー・モーガン。ヤンチャな子供のような元気の良いトランペットである。
 二曲目が,イーディ・ゴーメのボーカルがテレビCMでも流れ(曲名は「ギフト」だったが)有名になった「Recado Bossa Nova」。当時は『Getz / Gilberto』の影響もあって,ボサノバが流行していたことからの選曲だろう。ソロの順番は「The Dip」と同じく,モブレイ,リー・モーガン,ピアノのメイバーンの順。ボサノバのリズムと哀調を帯びたメロディとが相まって,楽しくて,楽しくて,楽しくて,気が付くといつの間にか涙がこぼれている,といった感じのすばらしい演奏となっている。「The Break Through」「The Vamp」のハード・バップで緊張感を増した後で「I See Your Face Before Me」はバラードと,アルバムの構成も良く出来ている。

dippin' / Hank Mobley (Blue Note 4209)
Hank Mobley, tenor sax; Lee Morgan, trumpet; Harold Mabern Jr., piano; Larry Ridley, bass; Billy Higgins, drums
1. The Dip
2. Recardo Bossa Nova
3. The Break Through
4. The Vamp
5. I See Your Face Before Me
6. Ballin'
Recorded on June 18, 1965 NewYork

【参考】
soul_station
SOUL STATION / Hank Mobley
Recorded on February 7, 1960 NewYork


Someday My Prince Will Come / Miles Davis
Recorded on March 7, 20 & 21, 1961 NewYork

|

« 実録 大西ユカリ・ショウ / 大西ユカリと新世界 | トップページ | Caplio GXはそんなに良いデジカメだろうか? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

トラックバックさせてもらいました。
SOUL STATION というタイトルでブログを書いています。
一度覗いてみてください。

投稿: いぶくろ | 2005年8月11日 00時44分

 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
「Recado Bossa Nova」はまさに泣く子も黙るという感じで、モーガンのトランペットが凄いですね。
 大好きな曲です。

投稿: いぶくろ | 2005年8月14日 23時44分

 リー・モーガンって,ハマったときの演奏は本当にすごくて,主役を奪ってしまうことがありますね。
 アート・ブレイキーの『モーニン』でも,真っ先に思い浮かぶのはモーガンのソロの最初のフレーズですし。

投稿: 三日画師 | 2005年8月15日 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dippin' / Hank Mobley:

» DIPPIN' [      SOUL STATION]
ハンク・モブレーの「ディッピン」。 「リカード・ボサ・ノヴァ」が収録されているので人気のあるアルバムです。 モブレーのテナー・サックスとリー・モーガンのトランペットの2管編成ですが、「リカード・ボサ・ノヴァ」ではモーガンがリーダーなのかという印象を持っ...... [続きを読む]

受信: 2005年8月11日 00時43分

» GETZ/GILBERTO [      SOUL STATION]
 ナカジマさんの[一人ラテンジャズ祭り]にあやかりました[ラテン音楽祭]、5回目はボサノバです。  [一人ラテンジャズ祭り]でもとりあげられていますが、ボサノバはラテン音楽というかラテンジャズなわけです。  サンバとジャズを混ぜ合わせた音楽がボサノバです(多分)。...... [続きを読む]

受信: 2005年8月11日 00時43分

» SOUL STATION [      SOUL STATION]
ハンク・モブレーの「ソウル・ステイション」。 モブレーの持ち味が充分に引き出された最高作です。 モブレーは自分のリーダー・アルバムでも他のプレイヤー、特にホーン・プレイヤーに合わせたような演奏をしますが、このアルバムはワン・ホーンなので自分のペー...... [続きを読む]

受信: 2005年8月11日 00時45分

« 実録 大西ユカリ・ショウ / 大西ユカリと新世界 | トップページ | Caplio GXはそんなに良いデジカメだろうか? »