« 雨の日の新百合ヶ丘駅名物……大売り出し | トップページ | ロマンスカーの券売機が故障して »

2004年10月31日

インディゴ・ブルーのOptioS5iを買ってきた

 常時持ち歩きカメラとしてPENTAXのOptioSを使ってきたが、Gパンの尻ポケットに入れ続けていたこともあって、スイッチ類の劣化で一部のキーの反応(特に十字キーの左方向)が悪くなってしまった。歩道を走る自転車にストラップを引っかけられてコンクリートの上に派手な落下試験をしたり、夏や梅雨の季節や雨の日にはポケットの中で連続高温多湿試験をしたりしても、健気に動き続けてくれたことには感謝しつつ、ここ1ヶ月ぐらいは買い換えを考え続けてきた。

041031-230553.jpg
 最近は小型デジカメが各社から選択に迷うほど出ているが、いろいろ悩んだ結果、OptioS後継機のOptioS5iを買ってきた。ほぼOptioS5iに決めてから20MB/secの高速SDカードとの相性問題が発表され、もう一度検討し直したが、結局発売されたばかりのインディゴ・ブルーのOptioS5iにした。決め手は……
・尻ポケットに入れても丈夫そうだ
 (撮影した画像をデジカメ本体で鑑賞することは無いから、液晶は大きくなくても良い)
・新宿のペンタックスフォーラムは土日も営業。簡単な点検は無料でやってくれる
・(低精度でも)光学ファインダーが付いている
・ユーザーインタフェースが優れている。露出補正が左右キーでワンタッチ。
・パンフォーカスモード
・OptioSとバッテリー&充電器(小さくて旅行に持って行きやすい)が共用
 (S5iでは残念ながら充電器が嫌いなクレイドルタイプになってしまったが、OptioS付属品がそのまま使えるので、)

041031-230854.jpg
 外観はほとんど変わっていない。個人的には、余分なラインが無く、すっきりしているOptioSのほうが好みである。
 比較のために携帯電話(P505iS)を並べてみたが、サイズはOptioS5iのほうが小さいぐらいである。重さもほぼ同じ。

041031-231101.jpg
 今年7月に買ったばかりのCaplioGXとも比較してみた。
 CaplioGXはワイコン付きだし、意味のある比較ではないが……、CaplioGXとOptioS5iを併用してみると、細かなところでCaplioGXにアラが見えてくる。

|

« 雨の日の新百合ヶ丘駅名物……大売り出し | トップページ | ロマンスカーの券売機が故障して »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インディゴ・ブルーのOptioS5iを買ってきた:

« 雨の日の新百合ヶ丘駅名物……大売り出し | トップページ | ロマンスカーの券売機が故障して »