« 大船で歓送会 | トップページ | 新宿で買い物三昧 »

2005年6月18日 (土曜日)

道ばたのクワゴ

050612-130203
 読売ランド前駅周辺は都市化が遅れ,まだ緑が多く残っている。駅のすぐ横の津久井道(世田谷街道)の交差点にも,緑が繁る一角がある。

050612-130229
 歩道が暗紫色(いわゆる「ドドメ」色)に染まっていることにハッとして見上げると,そこにはたくさんのクワゴ(桑の実)がなっていた。蚕が食べる葉を作るという役割を終え,手入れがされなくなったためだろうか,桑の木は大きく育っていた(葉を摘むため,桑の木は高く伸びないように手を掛けたものである)。手を伸ばしてクワゴを摘み,口に含むとほんのりと甘い。

 私が生まれ育った福島県三春町周辺はかつて養蚕が盛んだったため,畑の周りには必ずと言っていいほど桑の木が植えられていた。この季節にはその桑にクワゴがなり,争うようにしてそれを摘んで食べた。口の周りや手が紫色に染まって,なかなか落ちなかったことを思い出す。

 山の畑の桑の実を
 小カゴに摘んだは
 まぼろしか
  ── 赤とんぼ 作詞:三木露風 ──

|

« 大船で歓送会 | トップページ | 新宿で買い物三昧 »

・14 神奈川県川崎市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道ばたのクワゴ:

« 大船で歓送会 | トップページ | 新宿で買い物三昧 »