« 京浜急行青物横丁〜鮫洲 | トップページ | きれいは汚い 汚いはきれい マクベスお前もか »

2005年4月10日 (日曜日)

桜満開 小田急線百合ヶ丘〜柿生

 私が生まれ育った福島県三春町には桜の木が多く,春になり周辺の桜の花が咲き競う様は見事である。「三春」という町名は「春になると梅,桃,桜の三つの花が一斉に咲き競う」ことに由来するらしいが,現実には圧倒的に桜の花が多い。最もポピュラーなソメイヨシノではなく,ヒガンザクラ系のベニシダレザクラが多いこともあって(有名な「滝桜」ももちろんベニシダレザクラである),開花時期がソメイヨシノよりも早く,梅の花と同時期に咲くことがあったのだろう。そんな三春の風景が身体に染み込んでいるためか,梅や桜の花が咲き始まるとワクワクしてたまらなくなる。
 というわけで,近くの桜の木が満開になったので出かけてきた。

050410-132305
 小田急線百合ヶ丘駅の周囲には見事なソメイヨシノの並木がある。
 ホームからその桜並木を見上げる。安易に下枝を切り落としているためか,木に以前のような勢いがない感じがする。並木の中の一本はほとんど花を付けず,すでに葉桜になっている。枯れ枝が目立つ木も多く,もう少しケアが必要かもしれない。

050410-133916
 百合ヶ丘駅の新百合ヶ丘側には桜並木はないが,線路横の土手には菜の花が一面に広がっていた。

050410-135339

050410-135525

050410-143044
 百合ヶ丘駅から小田急線の線路に沿って読売ランド前駅方面へ下る坂道は,私の好きな場所のひとつだ。どうってことない坂道だが,桜並木が満開になるこの季節はよそ行きの姿を見せる。
 ちなみに,縦横比4:3の写真はNikonのCOOLPIX5700,3:2の写真は*ist Dで撮影している。*ist Dでレンズ交換をする代わりに,望遠側で撮りたいときにはCOOLPIX5700,広角側で撮りたいときには*ist D,という使い分けをしてみた。

050410-150950
 新百合ヶ丘駅から柿生駅までの小田急線に沿って流れている柿生川の両岸には,見事な桜並木が続いていて,車窓からの目を和ませてくれる。柿生川と小田急線の間には畑が広がっていて,桜並木をさえぎるものはほとんどなかったのだが,5年前ぐらいから大きなアパート(マンション)がたくさん建ってしまって,小田急線の車窓はだいぶ寂しくなった。
 桜の花が咲く頃には近所の人々が集まり,あちらこちらで宴会が催される。わずかに残る広場にも,よく見ると「道路建設予定地」の看板が立っており,数年後には風景や風習が変わってゆくことだろう。

050410-152118
 柿生川は人工的な味気ない川だ。完全にコンクリートに囲まれ,大雨が降ったときの大量の雨水を氾濫させることなく下流に流す機能に特化している。

050410-153719

050410-154247
 以前のこの道は,アスファルトに覆われていない土の道で,表面をタンポポやオオバコが覆っていた。周囲が宅地化されたのと同時に自家用車が通れるように舗装されてしまった。でも,最近の犬は,意外に土の道よりも舗装された道を好みそうだったりして。

050410-164349

050410-163828
 新百合ヶ丘駅から多摩線に乗る。新百合ヶ丘駅を出てすぐに柿生川と世田谷通り(津久井道)の上をクロスする。見事な桜並木だ。

|

« 京浜急行青物横丁〜鮫洲 | トップページ | きれいは汚い 汚いはきれい マクベスお前もか »

・14 神奈川県川崎市」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

桜の下を走るロマンスカー、素敵ですねえ。絵になるなあ。

投稿: | 2005年4月11日 (月曜日) 13時29分

桜の下を走るロマンスカー、素敵ですねえ。絵になるなあ。

名前いれ忘れちゃった。

投稿: 栗坊 | 2005年4月11日 (月曜日) 13時31分

こんばんわ。桜の木はむやみに剪定しちゃいけないんですよね。お役所仕事かな?
滝桜はこの間の大雪で数箇所折れてしまい。樹木ドクターの治療受けましたが、少し景観変わるだけで咲くとかには問題ないみたいです。その模型店、高砂と小岩の間にあるんでしたっけ?市川にいる間に行けばよかったなあ。

投稿: るげしー | 2005年4月12日 (火曜日) 23時02分

深夜におじゃましまっす。
どうってことのない坂道がうちの近所にもいくつかあって、でも桜の季節に傍らの桜並木が満開になったり、けやきとか青々してくると、絵に描きたくなるような姿に変わるのです。
今日のように、風が吹いて桜の花びらが舞う中を通り過ぎるときは一人で心の中でにっこり、うっとりしながら感極まります。
桜の下で宴会をする人々の青いビニールシートをよけながら桜見物するより幸せな気分になります。
『黄昏のビギン』は、ちあきなおみの歌のことです。歌詞とは関係なく、あの曲の流れがひっそりとたたずんでいる風景を思い起こさせるのです。
ではまた。

投稿: | 2005年4月13日 (水曜日) 23時35分

したのこめんと、あわてものななしのごんべえ、べるまっちすでした。おっちょこちょいはそちらの方言で何と言うのでしょう。ではまた。

投稿: Bell.Matis | 2005年4月13日 (水曜日) 23時42分

皆さん,コメントありがとうございます。
 福島の方言で「おっちょこちょい」は……,うむむ,なにか適当なのがあったような気がするのですが,思い出せません。「ぼんくら」は標準語だし,ニュアンスが違うし。「おんつぁ」というが近いようにも思うのですが,これは元々が「おじさん」という意味ですから微妙に違いますし……。
 ちあきなおみの『黄昏のビギン』は大好きな曲です。「さすけね」の裏のBlogである「かすかだり」でかすかだっているのはJAZZのアルバムばかりですが,最近は昭和の歌謡曲(ちあきなおみ,西田佐知子,黛ジュン,小川知子あたり)を聴くことも多いです。

 桜の木は切り口から腐食が進みやすいんですよね。昔から「桜切る馬鹿,梅切らぬ馬鹿」と言われますし,安易に切るのはマズいと思います。
 一部には「ソメイヨシノの寿命60年説」なんてのもあって,古いソメイヨシノが枯れつつあるというニュースを目にしたりしますが,桜並木の横の道が舗装されて車が通ることによって,根っこが痛むとか,標識が見えにくいとかの理由で安易に枝を切ることで木が傷んでいるとか,そういう寿命とは別の理由で弱っている桜並木も多いんじゃないかと思ってます。 

 大雪で滝桜の枝が折れたというニュースにはびっくりしましたが,思ったほど影響が大きくないとのことで安心しています。

 高砂の模型屋さんというのは,京成高砂駅近くにあったニワモケイってところです。マイナーですけど,「ニワロックス」というロストワックス製のパーツを売っていました。残念ですけど,ずいぶん昔になくなってしまったと聞きました。

 ロマンスカーは電車自体がカッコイイので,どこで撮っても絵になりますね。新しいロマンスカーもなかなかの出来具合で,颯爽と走ってます。こちらも楽しみです。

投稿: 三日画師 | 2005年4月14日 (木曜日) 01時43分

こんにちは。こちらもそろそろ満開、です。名古屋とか遠いところでは北九州ナンバーなんか見かけましたね。「遠いところをお疲れ様」と心の中で言ってます。本でもたくさん紹介されてるせいか、地元の人でないとなかなかわからない所まで来るようになりました。家の裏にある桜まで観に来たのにはびっくりしましたね。本音言いますと、「あまり来て欲しくないし、そっとして欲しい」です。滝桜のように根っこの周りを大きく囲って根元への立ち入りを禁止にしてあればいいのですが、大抵は囲ってもいませんからね。桜への大きなダメージは根っこを踏み固められてしまうことだと聞きました。記念写真だと言って入り込まれるのはどうも・・ね。柿生川の下の写真見ると桜が可哀そうな気がします。よく持ってるなあと思いますね。
話かわりますが、ニワモケイ、知りませんでした。どこ見てたんでしょうね。ロストワックス法、今の仕事の内容からして応用で何でも作れます。3Dでも。が、時間が無いし、金も無い・・・。リタイヤしたらやろうかな。長くなりました、ではまた。

投稿: るげしー | 2005年4月17日 (日曜日) 18時11分

 神奈川県ではソメイヨシノは葉桜になり,これからは八重桜の季節になります。

 雑誌やTVで取り上げられることの影響は大きいですね。雑誌の記事には「町内には滝桜以外にもたくさんの見事な桜が点在しているので,ぶらり歩いて隠れた名桜をさがしてみてはいかが?」というようなことが書かれていたりするので,桜の花を目指してあちこち立ち入るひとも多いんでしょうね。

 鉄道写真の世界でも,イベント列車などでは撮影のために畑や私有地に入り込むひとが多くて,いろいろトラブルが発生することも多いです。困ったことですね。

投稿: 三日画師 | 2005年4月19日 (火曜日) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜満開 小田急線百合ヶ丘〜柿生:

« 京浜急行青物横丁〜鮫洲 | トップページ | きれいは汚い 汚いはきれい マクベスお前もか »