« 特急「スーパーはくと」で再度山陰へ | トップページ | 山陰の美しい街並み 名和 »

2004年5月 6日 (木曜日)

境線はゲゲゲの鬼太郎一色

040506-095042
 境線のゲゲゲの鬼太郎のペイントは車体だけではない。ドアの中を見ると,なんと車内で鬼太郎が待っていた。

040506-095138
 もちろん天井にも……。
 こんなので乗客が増えるのだろうか……? なんだか子供だましのような気がする……。

040506-102649
 和田浜駅で下車。
「浜」だから海が近いのかと思ったが,下車してからWeb上の地図を見たら海ははるかかなただった。ただ,畑の土を見ると,土というよりほとんど「砂」状態で,そういう意味でこのあたりも「浜」なのかもしれない。

040506-105021
 大山をバックに列車が走り去る。が,春霞で大山はほとんど見えない。

 ── Fujifilm FinePix S2Pro + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or PENTAX Optio WP

|

« 特急「スーパーはくと」で再度山陰へ | トップページ | 山陰の美しい街並み 名和 »

・31 鳥取県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境線はゲゲゲの鬼太郎一色:

« 特急「スーパーはくと」で再度山陰へ | トップページ | 山陰の美しい街並み 名和 »