« 日本から迷走台風がなくなる日 | トップページ | デジタル一眼レフ PENTAX K-1 極私的評価 »

2016年9月 4日

JR九州が長崎駅西側移転のイメージを公表

 長崎駅、22年度に西側へ引っ越し 新幹線開業で再開発(2016年9月1日 朝日新聞)

 JR九州は、博多―長崎を結ぶ九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)が開業する2022年度の長崎駅周辺の再開発イメージを公表した。

 現在の在来線駅の西側に、新幹線駅を新設。さらに在来線も高架化して西側に移す。空いた敷地に新しいビルを建て、商業施設やホテル、オフィスなどを入れることを検討している。

120430171618
〔JR長崎駅とかもめ広場(2012年4月30日撮影)〕

 JR九州が発表したイメージは,既に長崎市が「長崎駅周辺まちづくり基本計画」や「長崎駅周辺土地区画整理事業」計画として公表している内容と同じで,特に新しい情報はない。

 長崎市の長崎駅周辺土地区画整理事業のページから,長崎駅周辺の整備イメージを引用する。ただし,そのままだと地図の上が西を向いていて現在の地図と比較しにくいため,90°左回転させて,地図の上を北に向けている。


Photo

〔長崎駅周辺の整備イメージ(長崎市の長崎駅周辺土地区画整理事業のページより)〕

 計画では,現在の在来線駅の西側に隣接した長崎車両センター(車両基地)を早岐駅の佐世保車両センターに移設し(2014年3月15日に移転済み),長崎車両センターの跡地に高架化した長崎本線と新幹線の長崎駅を移転することになっている。現在の長崎駅の在来線ホーム一帯は東口駅前広場となる。

 駅が西側に大きく移動するため,現在長崎駅の改札口の前にあるアミュプラザ長崎・かもめ広場と新駅舎の間には大きなスペースが生まれる。上記整備イメージ図では「開発予定地」となっていて,ここには新しい商業施設が建てられることになりそうだ。

120430171323
〔写真右が現長崎駅,左が長崎車両センター〕

120430171907
〔国道202号線(大波止場通り)と長崎駅前電停〕

 駅前を通る国道202号線(大波止場通り)には長崎電軌の路面電車の長崎駅前電停がある。JR長崎駅から国道の真ん中にある長崎駅前電停までは現在約100mの距離だが,新しい駅舎になると250mぐらい離れてしまう。
 これでは公共交通機関の結節点としての機能が弱まるため,新たに駅の高架下の東西を結ぶ道路「トランジットモール線」を設け,路面電車を新幹線・在来線の高架下まで引き込むことになる。

 現在の長崎駅前電停へのアクセスは横断歩道からの階段しかなく,バリアフリー化からはほど遠い。新しい駅前広場と面一のトランジットモール線に路面電車が乗り入れることによって,とうとうバリアフリー化が実現する。

 ただし,上記整備イメージ図にはトランジットモール線にどのように路面電車を引き込むかが描かれておらず,路面電車の引き込みをあきらめているようにも読み取れる。また,このままだと東口駅前広場に乗り入れた一般車両はトランジットモール線に抜けるようになると読めるため,公共交通機関と歩行者の通行だけを認める“トランジットモール”の定義に反しているようにも思われる。もう少し詳細な情報が必要だ。

120430175715
〔飲食店が多い長崎駅前商店街〕

 心配なのは大黒町の長崎駅前商店街だ。

 まず,長崎駅が150mぐらい商店街から遠ざかる。さらに,長崎電軌の長崎駅前電停を利用するために国道202号線の歩道橋を渡る人から見れば,そこから階段を下りるだけで飲食店が多い駅前商店街だったのが,JRから路面電車に乗り換える客はトランジットモール側を利用することになるため,駅前商店街に架かる歩道橋を利用しなくなる。

 長崎駅前が全体的にバリアフリー化して地上を歩く人が増えると,歩道橋の上り下りが必要になる駅前商店街は心理的に遠く感じるようになるだろう。たとえば,長崎を発つ前に長崎ちゃんぽんや皿うどんを食べようと思った来街者が,どうせ食べるならば駅ビルの飲食店ではなく,町の中華屋で食べたいというような私のような人間でも,駅ビルで済まそうと思うことが増えてくるに違いない。

 長崎市としてもその点は考えていて,「長崎駅周辺まちづくり基本計画」において,“地区全体の歩行者空間ネットワークは 1 階レベルを主動線とし、国道横断部におい ても、バリアフリーの観点から平面横断を目指す”としている。交通量の多い国道202号線(大波止場通り)に歩行者の平面横断手段(横断歩道だろうけど)を確保するのは大変難しいが,路面電車の電停と一体化できれば理想的だ。

120430170959
〔かもめ広場と長崎駅。かもめ広場と改札口とホームが同一面上にあることがわかる〕

120430170753
〔長崎駅の改札口から見たかもめ広場とアミュプラザ長崎〕

120430170521
〔頭端式ホーム3面5線の長崎駅〕

|

« 日本から迷走台風がなくなる日 | トップページ | デジタル一眼レフ PENTAX K-1 極私的評価 »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR九州が長崎駅西側移転のイメージを公表:

« 日本から迷走台風がなくなる日 | トップページ | デジタル一眼レフ PENTAX K-1 極私的評価 »