« ソニーグループの「ソネット」が社名変更 | トップページ | 長崎市館内町の館内・牟田口市場解体へ »

2016年6月20日

会津若松駅の「喜多方ラーメン」誤表示

 「喜多方ラーメン」誤表示、原因は12年前の… JR東(2016年6月20日 朝日新聞)

 JR会津若松駅(福島県会津若松市)の電光掲示板に「喜多方ラーメン」と誤表示された問題について、JR東日本福島支店は20日、12年前に端末に入力したデータが誤って送信されたことが原因だと明らかにした。2004年2月に仙台―喜多方駅間を走った列車「喜多方ラーメンフェスタ号」のデータが端末に残っていたという。

リンク切れ

 一部で話題になった会津若松駅の電光掲示板の『喜多方ラーメン』。
 当日のニュースでは,会津若松駅の担当者の話で「入力ミスというわけではなく,機械の不具合で『喜多方ラーメン』と表示されてしまったようだ」「LED側に問題があった」「『喜多方ラーメン』というデータは入っていない」ということで,人為的なミスではなく,機械の不具合が原因ということになっていた。

 しかし,どうも過去に入力した情報がデータ端末に残っていて,うっかりそれを表示してしまったようだ。電光掲示板に表示する情報はオンラインで一括管理されているわけでなく,担当者が駅舎内の端末で入力しているということに,目から鱗が落ちる気がした。

|

« ソニーグループの「ソネット」が社名変更 | トップページ | 長崎市館内町の館内・牟田口市場解体へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松駅の「喜多方ラーメン」誤表示:

« ソニーグループの「ソネット」が社名変更 | トップページ | 長崎市館内町の館内・牟田口市場解体へ »