« Nikon D5 の DxOMark センサースコア公開 | トップページ | JR東日本の415系電車引退へ »

2016年5月26日

老舗ISPの「BEKKOAME」が新規受付を終了

 老舗ISP「ベッコアメ」、新規受け付け終了(2016年05月25日 ITmediaニュース)

 GMOインターネットは、ISPサービス「BEKKOAME//INTERNET」の新規申し込み受け付けを5月20日で終了した。既存ユーザーへのサービス・サポートは続ける。

 BEKKOAME//INTERNETは、個人向けISPの草分けで、尾崎憲一さんが1994年にスタートした。尾崎さんが創業したベッコアメ・インターネットが運営していたが、04年にISP事業とホスティング事業を現GMOインターネットに譲渡していた。

Photo
〔「INTERNET magazine」掲載の商用ネットワークサービスプロバイダー接続マップ(1995年3月末日現在)〕

 久しぶりに「BEKKOAME//INTERNET」という名前を見て,懐かしさとともに,ひとつの時代が終わったことを実感した。

 1994年に自宅で最初に契約したのがBEKKOAMEだった。当時はJUNETからの流れで“業務以外の用途(業務以外で接続してはいけない現在とは真逆)”なら職場からインターネット接続が可能で,ニュースグループのfjやメイリングリストに,「○○@※※社△△研です」のように職場名付きの実名を名乗って書き込みをしていたおおらかな時代だった。

 1987年からNIFTY-Serveでパソコン通信を行っていたが(それ以前は個人が設営していた「草の根ネット」のいくつかに接続していた。まだ16bit文字が完全に普及しておらず,8bitカナだけの草の根ネットもあった),自宅からもfjに書き込みがしたくなり,サービスを開始したばかりのBEKKOAMEに飛びついたのだった。他の選択肢としてIIJが既に存在したが高嶺の花だった。

 個人向けインターネット接続サービスプロバイダの誕生と,Windows 95の登場,そしてパソコン通信サービスからのインターネットへの移行が重なり,fjやメイリングリストが混沌に陥っていったことも記憶に新しい。

 ダイヤルアップ接続が従量制だったので,ノートパソコン(私はずっとPowerBook)を使って,オフラインでもメールやfjの読み書き,パソコン通信の読み書きを少しでも快適に行うことに夢中になっていた日々も懐かしい。

|

« Nikon D5 の DxOMark センサースコア公開 | トップページ | JR東日本の415系電車引退へ »

ネット」カテゴリの記事

コメント

懐かしい…。トランペットとかチューリップとかいうドライバー? を入れて使っていました。まだIEが苦戦していてネットスケープが主なブラウザでした。

投稿: 魚籃坂 | 2016年6月11日 06時06分

 トランペット……懐かしいです。Windows3.1の頃は標準でTCP/IP機能がついてなくて,職場でトランペットを使ってました。Netscapeは比較的近年まで職場の標準ブラウザでした。

投稿: 三日画師 | 2016年6月11日 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老舗ISPの「BEKKOAME」が新規受付を終了:

« Nikon D5 の DxOMark センサースコア公開 | トップページ | JR東日本の415系電車引退へ »