« 木津川市と笠置町との複雑すぎる境界 | トップページ | OLYMPUSが噂のPEN-Fを発表 »

2016年2月 9日

自宅内Wi-FiブリッジのTime Capsuleが突然死

160209195900

 約5年使い続けてきた AirMac Time Capsule 2T(写真右)が一昨日突然死した。その前に使っていたUFO型のAirMac Extremeは約10年で接続不良を繰り返すようになってから徐々に壊れたが,心構えなしに訪れる突然死は痛い。

 とりあえず,AirPlay用(iTunesやApple MUSICの音楽をリビングのスピーカーで再生する)に使っていたAirMac Express(写真中央)を使ってしのいだが,IEEE 802.11nに慣れてからだとIEEE 802.11b/gの通信速度は遅すぎる。

 ということで,新しいAirMac Time Capsule 2T(写真左)を買ってきた。写真を見たときにはずいぶん小さくなったと思ったが,実物は想像より背が高く,以外に大きく重い。
 これで新しくIEEE 802.11acも使えるようになって,さらに快適……と思ったが,この後,接続で苦しむことになる……

|

« 木津川市と笠置町との複雑すぎる境界 | トップページ | OLYMPUSが噂のPEN-Fを発表 »

コンピュータ」カテゴリの記事

ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅内Wi-FiブリッジのTime Capsuleが突然死:

« 木津川市と笠置町との複雑すぎる境界 | トップページ | OLYMPUSが噂のPEN-Fを発表 »