« 富士急2000系「フジサン特急」が引退へ | トップページ | 鉄道林より中学校からの景観が大事な村 »

2015年12月13日

大志田・浅岸駅廃止発表の日に山田線崩落

 山田線2駅 廃止決定…「大志田」「浅岸」(2015年12月12日 読売新聞)

 JR東日本盛岡支社は11日、山田線の「大志田駅」(盛岡市浅岸)と「浅岸駅」(同市新庄)の廃止を正式に発表した。県内でのJRの駅の廃止は、2014年の岩泉線(8駅)の廃線を除くと、1987年のJR東日本発足以来初めて。

 両駅は1928年(昭和3年)に開業。過疎化が進んだ近年は、「秘境駅」として全国の鉄道ファンらに親しまれていた。1日の平均乗車人数が1人を割り、今年8月、同支社が盛岡市に廃止の意向を伝えていた。同支社は「路線全体を維持するには、効率的な運営体制が必要」としている。

 JR東日本が山田線の大志田駅と浅岸駅の廃止を正式に発表した。来年3月のダイヤ改正で廃止されることになる。
 両駅とも1日の平均乗車人員が1人未満であるため,廃止されても大きな影響は少ないと考えられるが,昨今なぜか人気のある「秘境駅」として知られているため,青春18きっぷの利用期間にはファンが集まることもあったようだ。

 しかも,大志田駅と浅岸駅は隣り合う駅で,どちらも元はスイッチバック駅だったという特徴がある。現在はホームが本線上に移されているので,注意しないとスイッチバックの跡には気付きにくい。

090502101537
〔山田線大志田駅南東側に残るスイッチバック線路(元のホーム)跡〕

090502101838
〔山田線大志田〜浅岸間の米内川〕

090502102404
〔山田線浅岸駅南東側に残るスイッチバック駅のホーム跡〕

 大志田駅と浅岸駅の廃止を発表するタイミングをJR東日本がどのように考えていたのか,ちょっと気になるところではあるが,どちらの駅も2013年からは冬期間(12月〜3月)は休業となっているため,休業中のまま廃止ということになりそうだ。廃止が決まってから行って見ようとする廃止葬式鉄の方,残念でした。

 駅が休業中ならば,通過する列車の中から大志田駅と浅岸駅を見送ろうと思った方もいらっしゃることだろう。
 ところが,残念なことに,両駅の廃止を発表した12月11日の夜,山田線で大規模な崩落土砂への乗り上げ脱線事故が発生してしまった。


 「ドン」悲鳴、傾く車両 山田線脱線、闇の中避難(2015年12月22日 岩手日報)

 「ドーン」。宮古市の山あいを進んでいた1両の列車内に突然大きな衝撃音が響き、乗客が悲鳴を上げた。JR山田線で11日夜発生した脱線事故。土砂に乗り上げて閉伊川側に大きく傾いた車両から辛くも脱出した乗客、乗員計24人は「落ち着いて」「大丈夫だよ」と励まし合いながら、暗闇の中、線路をたどって安全な場所を目指した。

 「衝撃とともに前の方の乗客が飛んだり、ひっくり返ったりするのが見えた」。盛岡市の公務員(43)は、車両後方の横長の座席から恐怖の光景を目の当たりにするやいなや、自身も通路に転がった。

Photo_2
〔山田線松草〜平津戸間の土砂崩れ脱線事故現場〕

 土砂崩れが発生したのは宮古市門馬地区で,松草〜平津戸間の線路沿いの斜面が,幅32m,高さ25mにわたって崩れた。崩落した斜面上方の亀裂が拡大中であるため,二次災害を防ぐための地質のボーリング調査も実施できず,年内の復旧を断念。山田線は盛岡〜上米内駅間と川内〜宮古駅間での折り返し運転となり,盛岡〜宮古間は106急行バスへの振り替えとなる。

 ボーリング調査のデータ解析には約2か月を要し,その解析結果をもって復旧計画を立てることになる。工事再開は早くても2月から3月,へたをすると次年度になるかもしれない。駅の廃止が発表された大志田駅と浅岸駅を列車が通過することもなく,そのまま廃止となる可能性がある。

090502110252
〔崩落現場の西側で山田線が閉伊川と閉伊街道(宮古街道)を渡る〕

090502110356
〔崩落現場の東側で山田線が閉伊川を渡る。右が門馬の集落〕

 JR山田線は盛岡駅から北上山地を越えて宮古駅,宮古からは三陸海岸沿いを走り釜石駅までを結ぶ路線である。
 三陸海岸沿いの宮古〜釜石間は東日本大震災の大津波で被災し,現在も運休中である。復旧費用はJR東日本が負担した上で,この区間は三陸鉄道へ移管することが決まっている。

 盛岡〜宮古間は,山田線全区間を直通する列車が1日に4往復しかなく,近年になって道路改良工事が進んだ国道106号線とほぼ並行しており,ほぼ1時間に1本運行されている106急行バスに完敗状態である。

 土砂崩れ現場の状況次第では,現在折り返し運転が行われている盛岡〜上米内駅間を除いて,路線の存廃問題になる可能性が高いのではないだろうか。

|

« 富士急2000系「フジサン特急」が引退へ | トップページ | 鉄道林より中学校からの景観が大事な村 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大志田・浅岸駅廃止発表の日に山田線崩落:

« 富士急2000系「フジサン特急」が引退へ | トップページ | 鉄道林より中学校からの景観が大事な村 »