« 山口百恵と松田聖子・AKB48を比較する | トップページ | JR南武線浜川崎支線に新駅設置 »

2015年9月11日

iPodクリックホイール特許訴訟でApple敗訴

 iPod操作ボタン訴訟、アップルの敗訴確定(2015年09月10日 読売新聞)

 携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の操作ボタンに使われた技術の特許権を巡る訴訟で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は9日付の決定で、米アップルの日本法人と発明家の日本人男性側の双方の上告を棄却した。

 米アップルによる特許侵害を認め、日本法人に対し、約3億3600万円の賠償を命じた2審・知財高裁判決が確定した。

050917-114819
〔第1世代iPod:特許侵害対象外(2001年11月発売)と第1世代iPod nano:特許侵害対象(2005年9月発売)〕

 日本の発明家は約100億円の損害賠償を求め,Apple側は特許の無効を主張したが,最高裁は上告を棄却,iPodシリーズ5機種の特許侵害を認めた2審判決が確定した。

 特許侵害したのは2004年以降の機種ということなので,物理的に回転するスクロールホイールを採用した第1世代iPod(上記写真)やタッチホイールでもボタンは別に付いていた第2世代や第3世代(下記写真)は対象ではなく,タッチホイールにクリックボタンを内蔵した第4〜6世代iPodが対象になっているものと思われる。

050915-005626
〔第3世代iPod:特許侵害対象外(2003年5月発売)〕

 しかし,タッチホイールにクリックボタンを内蔵しているのは,第1〜5世代のiPod nanoと第1〜2世代iPod miniも同様なので,「5機種」とつじつまが合わない。

 5機種というのは何なのだろう。無理矢理5機種を考えると,iPod,iPod photo,iPod classic,iPod nano,iPod miniかな……

080923-110723-Edit
〔第4世代iPod:特許侵害の対象(2004年7月発売)〕

|

« 山口百恵と松田聖子・AKB48を比較する | トップページ | JR南武線浜川崎支線に新駅設置 »

Gadget」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPodクリックホイール特許訴訟でApple敗訴:

» ロボットカー [発明屋]
人の振り見て我が振り直せ! (株)発明屋の「ロボットカー」 ★特許を受ける権利・優先権をお譲りします。★ 【出願番号】特願2015-196298(クレーム数60) 【出願日】平成27年(2015)10月1日 【発明の名称】道路交通システム  (特許請求の範囲には、道路交通システムの他、非ロボットカー、ロボットカー、コンピューティングシステム、コンピュータプログラム に係る請求項が記載されています。) 【要約】 【課題】他車両の経験を利用して自動運転性能を向上させ得るロボットカーを提供... [続きを読む]

受信: 2015年10月 6日 11時05分

« 山口百恵と松田聖子・AKB48を比較する | トップページ | JR南武線浜川崎支線に新駅設置 »