« 風評被害を作り続けたい人々 | トップページ | iPhone 6s or iPhone 7 に期待すること »

2015年7月14日

HX90Vを買いに行ってRX100M3に決める


Sony_rx100m3_evf

 コンパクトデジカメを買うためにヨドバシカメラに数回通った。そして,とうとう購入を決心したという話である。

 事の発端は,今年のゴールデンウィークの旅。メインのカメラはソニーのα7S,サブ機として尻ポケットに入れておけるCanon PowerShot S100を持っていった。

 GW中には雨の日も多く,左手で傘を差し,右手にサブ機のPowerShot S100を持って街を撮り歩くことも多かった。どうもこのPowerShot S100はEye-Fiカードを入れるとシャッターボタン半押しで5秒間ぐらい動作が固まることがあるのと,EVFが付いていないので,傘を差しながらの片手撮影だと(手ぶれ補正機能はあるが)どうも画像がシャキっとしない状態になりやすいのだった。

 これらは数年前から感じている不満であり,代わりになる適当なデジカメが見当たらなかったため放置していたが,ここへ来てやっと惹かれるデジカメが出てきた感じがしたので,ヨドバシカメラでコンパクトデジカメをあれこれいじくり回してみた。

 ほしいカメラの条件は……

・内蔵EVF付き。傘を差していても,片手でカメラを顔に押しつけて
 安定させて撮ることができる
・広角側が24mm始まり。理想をいえば16mm〜35mm広角ズーム
・望遠側はほとんど使わないので50mm程度まであれば十分
・ダイナミックレンジは広いのがいい。ピーカンでも軒先は黒くつぶれず,
 雲は白く飛ばず。曇り空でも空は白く飛ばず……が理想
・画質は良いに越したことはないが,あまりこだわらない
・Gパンの尻ポケット運用が可能な大きさ
・レンズバリア付き。キャップを外すタイプや,レンズ繰り出しに
 合わせて動作する社外品の不格好なヤツは使いたくない
・可動式液晶は不要
・GPS機能不要(あとでiPhoneのデータを埋め込んだ方が正確)
・4K動画不要
・Wi-Fiにより写真を1枚単位でiPhoneに送れる
・それなりに安く買える

という感じで,あまり厳しい条件はつけないつもりだったが,条件がいっぱい付いてしまった。まあ,一部は妥協できるし,なんとかなるだろうと言うことで,実はSONY Cyber-shot DSC-HX90Vを買うつもりでヨドバシカメラに向かったのだった。

150719-050007

 購入したのは新しいCyber-shot DSC-RX100M4がもうすぐ発売されようとしているSONY Cyber-shot DSC-RX100M3である。

150719-124939

150719-124907

 もちろん決め手はEVF。そして,カメラ全体の作りがしっかりしていたことだ。

 このように飛び出すタイプのEVFより,完全な内蔵EVFが良かったのだが,その希望に応えてくれそうだったPanasonic LUMIX DMC-TZ70は,日本ではシルバータイプしか販売しておらず(海外には黒タイプがある),しかもカメラのボディが妙に(価格相応かもしれないが)安っぽくて購入意欲が失せた。

 PanasonicといえばLUMIX DMC-LX100にも魅力があった。いじくり回してみると意外に大きいし,レンズバリアが付いていないのは大きなマイナスポイント。メインのカメラとして使うならば気にならないが,尻ポケットやリュックのサイドポケットから出してさっと撮影するような使い方には向かない。

 もともとは買う気満々だったSONYのCyber-shot DSC-HX90V。外観はDSC-RX100M3に似ていて大きさはほぼ同じ。厚みはだいぶ薄い。発売されたばかりで価格はまだ下がっておらず,1年以上前に発売されたRX100M3に比べて少し安い程度。

 当初はDSC-HX90Vで十分だと思っていたのだが,いじくり回しているうちにカメラボディの安っぽさが気になってしまった。

150722-175414
 この写真はRX100M3のフロントパネルと底板の結合部分の拡大である。

 DSC-HX90Vでは,フロントパネルと底板の結合部分にある微小段差が,ボディの左右で0.3mmぐらい幅が異なっていて,ほんのわずか斜めになっている。ボディを指で押すことによって段差が広くなったり狭くなったりする。

 ネジで底板を固定する方法はRX100M3と同じだし,ネジが緩んでいるわけでもない。組み立て時の調整で隙間が小さくなるような構造ではなく,プラスチックの射出成形部品レベルで既にそういう精度で出来上がっているように感じた。

 安いコンパクトデジカメに贅沢を言うなと言われそうだが,あっという間にDSC-HX90Vに感じていた魅力が消えてしまった。

 残ったのはSONY Cyber-shot DSC-RX100M3。RX100M4の発売開始はまだ先で,発売が始まったときには古いRX100M3はある程度価格が下落するだろうから,それを待つという手もないことはないのだが,こういうものは「ほしいときが買い時」である。

150714-184240

 しばらく前から,(どんなデジカメでも動かないデジカメでもOKの)3000円下取りセールの対象品になっていて,72,370円まで安くなった。ヨドバシでは10%ポイントが付くので約65,000円の買い物となった。レジで店頭表示よりもだいぶ安くなっていたので,店員さんも私もびっくり。

RX100M3の安値価格

 買い物をしたら,他ショップの価格表は見ないようにするのが常識だが,やっぱり気になって見てしまった。まあ,ヨドバシカメラなら買ってから数週間ならば初期故障は新品と交換してくれるし,価格コム情報で最安値になっていなくてもあきらめるのは仕方がないと思っていたが,約65,000円ならばかなり良い買い物ができた気がする。

150719-051054

 ここ数年サブカメラとして使ってきたCanon PowerShot S100と並べてみた。ボディはかなり分厚くなり,レンズの出っぱりも大きい。尻ポケットに入れての運用は難しいかもしれない。

150719-050354

 ときにはメインカメラとしても使っているRICOH GRとの比較。ボディはだいぶずんぐりした感じになる。RICOH GRがメイン,サブとしてSONY Cyber-shot DSC-RX100M3というのは十分アリな気がする。メインSONY Cyber-shot DSC-RX100M3,サブがRICOH GRというのは……たぶんなさそうだ。

|

« 風評被害を作り続けたい人々 | トップページ | iPhone 6s or iPhone 7 に期待すること »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HX90Vを買いに行ってRX100M3に決める:

« 風評被害を作り続けたい人々 | トップページ | iPhone 6s or iPhone 7 に期待すること »