« 京成電鉄「3300形」が引退で大混乱 | トップページ | 北陸新幹線開業による所要時間の変化 »

2015年3月11日

薄型の新しいMacBookが登場

新MacBook

 Appleが新しいMacBookとApple Watchを発表した。私は20年以上腕時計をしたことがないので,興味はもっぱら新しいMacBookに向いてしまう。

 新しいMacBookは最厚部で13.1mmしかなく,重さは2ポンド(約910g)。12インチのRetinaディスプレイは2304×1440ピクセルの解像度を持つ。アスペクト比が16:9ではなく16:10なのも魅力だ。
 MacBook Airのような外観だが,なぜか「MacBook Air」ではなく「MacBook」だ。タブレット向けのCore™Mプロセッサーを使うことで消費電力を抑え,バッテリー駆動時間(ワイヤレスでのWebブラウジング)は「All-day battery」らしい。おっ,ずいぶんバッテリーが持つな……と思ったら,AppleのAll-dayは9時間しかないらしい。

新MacBookキーボード

 AppleのMacBookが素晴らしいのは,他社のノートPC(特に日本製)のように右手小指のキーピッチが狭くなっていたりせず,19mmピッチのフルサイズ・キーボードを死守しているところ。そして,日本でもUS配列のキーボードが入手できるところだ。

 フルサイズ・キーボードめいっぱいのボディに12インチディスプレイということで,昔使っていたこれを思い出した。

050507-173627

 2003年に発売された12インチPowerBook G4である。新しいMacBookと比べると,10年間の進化が感じられる。

 以前のようにノートPCを持ち歩く機会は少なくなったが,2010年に買ったMacBook Airを買い換えようかと思っている。15インチのMacBook Pro Retinaを使うようになったら,老眼気味の眼にはRetinaディスプレイが優しすぎて,もうRetinaディスプレイ以外は使いなくない気分なのだ。

101028-214729

 そうそう,新MacBookに絶対必要な これ を標準添付しないのは,あこぎな商売だと思う。

Usbc_digital_av_multiport

|

« 京成電鉄「3300形」が引退で大混乱 | トップページ | 北陸新幹線開業による所要時間の変化 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄型の新しいMacBookが登場:

« 京成電鉄「3300形」が引退で大混乱 | トップページ | 北陸新幹線開業による所要時間の変化 »