« ラジオシャックの経営破綻に思う | トップページ | 島原鉄道南島原駅の木造駅舎が解体へ »

2015年2月 8日

PENTAX 645Zと135フルフレームが自社内競合?

645z

 リコーイメージングがCP+2015を前にPENTAX Kマウントの135フルフレーム一眼レフの開発を発表した後,PENTAXの最上位デジタルカメラである645Zとの競合を心配する意見を目にした。

 曰く,「PENTAX 645Zはセンサーサイズが 44mm × 33mm と645サイズよりも小さく,標準レンズが55mmである。50mmが標準レンズになっている135フルフレームのセンサーサイズよりもわずかに大きいだけだから競合するのではないか」。

 PENTAX 645Z/645Dの標準レンズが55mmなのはその通り。センサーサイズが 44mm × 33mm なので,対角線の長さは√ (44^2 + 33^2) = 55.0mm となる。

 じゃあ,135フィルムの対角線の長さは?

 135フィルムは 36mm × 24mm なので,√ (36^2 + 24^2) = 43.3mm

 あれっ,50mmじゃないじゃん。

 そう,135フィルムの標準レンズは50mmということになっているけど,実は約43mmなんである。10年以上写真を撮っているPENTAXユーザーなら,たぶんほとんどの人は知っていることだけどね。なぜなら……

041212152505edit

 PENTAXが銀塩135フィルム用一眼レフの「新しい標準レンズ」として出していたのが,FA43mm F1.9 Limitedだから。

 35mmレンズ・43mmレンズ・55mmレンズの画角を比べてみれば,43mmと55mmの画角の違いが「競合」を心配するほど近いなんてことはない。どちらも使ったことがある人ならすぐにわかるはず。

|

« ラジオシャックの経営破綻に思う | トップページ | 島原鉄道南島原駅の木造駅舎が解体へ »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

昨日は、ご返信ありがとうございます。D-FAレンズから絞りリングも消えていますしね。
フルサイズで使っている単焦点の35mmをAPS-Cで使うと、なんとなく標準レンズ感覚を覚えるので、645と35mmの関係も、そんな感じなのかなと思います。
最近、携帯から投稿しているので変な形で済みません。

投稿: 魚籃坂 | 2015年2月 8日 19時51分

 いえいえ,こちらこそコメントありがとうございます。

 新しいレンズで絞りリングがなくなってしまったのは,もう仕方がないとして,デジタル一眼レフになった頃から省かれてしまった絞り連動レバーの復活を期待したいです。古いKマウントレンズで絞り優先AE撮影ができると,使い勝手が全然違いますから。

投稿: 三日画師 | 2015年2月 9日 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX 645Zと135フルフレームが自社内競合?:

« ラジオシャックの経営破綻に思う | トップページ | 島原鉄道南島原駅の木造駅舎が解体へ »