« 富山市の「コンパクトなまちづくり」は失敗したのか | トップページ | 福井鉄道200形電車の廃車が始まる »

2015年1月31日

悩ましかったSafariでの文字取りこぼしが改善

Os_x_yosemite_10102

 数日前からOS X Yosemite 10.10.2へのアップデートの配信が始まった。同時にSafari 8.0.3へのアップデートも行われた。
 昨年の秋頃にSafari 7.1へアップデートしたときからSafariでのみ発生し始めた「キー入力の一文字目の取りこぼし問題」が悩ましかったため,さっそくアップデートしてみた。

 Safariの「キー入力の1文字目の取りこぼし問題」というのは,すべてのユーザーに発生しているわけではなさそうなのだが,Safari上でキー入力すると「あわとくしま」が「aわとくしま」「わとくしま」になったり,「とりこぼし」が「oりこぼし」「おりこぼし」になるという不具合だ。再入力すると問題なく入力できる。

 OS X Yosemite 10.10.2とSafari 8.0.3とATOK2014を長時間使用したわけではないが,とりあえず「1文字目の取りこぼし」は発生しなくなったようだ。助かった……

 ChromeとFirefoxも使用しているが,やっぱりSafariがメインブラウザなので気分がいい。今晩はミネラルウォーターが美味いぞ……(禁酒中なもんで)

|

« 富山市の「コンパクトなまちづくり」は失敗したのか | トップページ | 福井鉄道200形電車の廃車が始まる »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましかったSafariでの文字取りこぼしが改善:

« 富山市の「コンパクトなまちづくり」は失敗したのか | トップページ | 福井鉄道200形電車の廃車が始まる »