« iPhone 6(仮称)の発表間近…… | トップページ | CanonがPowerShot G7 X?…機種名飽和? »

2014年9月14日

Nikon D750登場〜割れる賛否

D750

 ニコンがD750を正式発表した。

 ひと月ほど前から,ニコンがフォトキナでD610とD810の間に位置するカメラを発表するだろうと噂されていたので,マニアの間で期待が高まっていた。発表されてみると,早い時期にリークしてフェイク画像じゃないかと言われていたものが,実は本物の画像だったようだ。

 期待が大きかったこともあって,ネットでは賛否が割れている。意外に「がっかり」という声が多いようだ。
 曰く,「D700の後継機を期待していたのに」「約6.5コマ/秒じゃ不満」「えっ,シャッター速度最速1/4000sec?」「丸窓ファインダーじゃないのか」……

 たしかに,D600のゴミ付着問題対応のために急遽マイナーチェンジして発表された感のあるD610に対して,ひょっとしたらこのD750が本来はD600後継機として用意されていた機種のような気がしないでもない。

 でも,そんな話は置いといて,D750の仕様だけを見れば,なかなかよくできたカメラじゃないか。D750はとても魅力的だと思う。

 視野率は約100%(D700は95%),-3EVでの暗所AF(D700は-1EV),本体のみ質量約750g(D700は995g)と,基本的なスペックもD750が上回っている。

 D750の約6.5コマ/秒の連写速度も,D700は露出モードがSまたはMで1/250sec以上のシャッター速度という条件で約5コマ/秒・同じ条件+マルチパワーバッテリーパックを付けた状態で約8コマ/秒であり,実使用状態においてD750が極端に劣っているようには感じない。むしろ,連写速度を重視してマルチパワーバッテリーパックを付けたD700を使い続けている人が,2008年に発売されたD700の8コマ/秒で満足し続けていること,視野率95%・-1EVのAFに不満を持たずに,D3SやD4に移行していないことの方が意外に思えてくる。

 とりあえず,D700後継機としてのD750という価値観をエポケーして,D750をとらえ直してみた方がいいんじゃないかと思う。

 私はニコンの一眼レフをD2X〜D3〜D800Eの順番で購入し,前にも書いているが,D800Eには縦位置グリップを付けて使っている。縦位置グリップを付けたD800EはD3より大きく重くなる。私は単写しかせず連写速度にこだわりがないので,仮に「D4Eという縦位置グリップ一体型の非連写型のカメラ(つまりは中身はD800E的な仕様)」があったらD800EじゃなくてD4Eに飛びつきたい気分なので,多少一般の人よりも好みがヘンタイなのかもしれない。

 あとは,まだどこにも情報が無いD750のレリーズタイムラグがちょっと気になる。D700のレリーズタイムラグは0.04secと結構優秀だったから。

 矢継ぎ早に135フィルムフルフレーム一眼レフを投入するニコン。ボディの開発ばかり頑張らずに,看板レンズAF-S24-70mm F2.8Gのリニューアルにも少しは力を割いてほしいなぁ〜

|

« iPhone 6(仮称)の発表間近…… | トップページ | CanonがPowerShot G7 X?…機種名飽和? »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nikon D750登場〜割れる賛否:

« iPhone 6(仮称)の発表間近…… | トップページ | CanonがPowerShot G7 X?…機種名飽和? »