« カリカリ桃が食べたい | トップページ | 「Microsoftアカウント」怖い…ぶるぶる »

2014年8月 3日

CPRM DVD-R用にWindowsのノートPCを買った

140729151656edit

 久しぶりにWindows PCを買った。

 2007年8月にVAIO type T (VGN-TZ90S)のオーナーメードモデルを買って以来になる。このVAIO type TはOSがWindows Vistaで,OSが入っているCドライブが32GBのSSD,Dドライブが160GBのHDDで,光学ドライブは付いていなかった。持ち歩き用途で,バッテリー駆動時間が少しでも短くなるように,このような設定にしたのだった。

 使い始めてみると,キーピッチが狭くて使いにくかったり,Cドライブの容量がすぐに足りなくなってしまって,定期的なアップデートすら容量不足で苦労することになったりして,むしろその前に使っていたWindows XPのVAIO PCG-TR2/Pのほうが,現在でもギリギリで動作していた。でも,さすがにもう限界だ。

 MacBook Pro Retinaを買ったばかりだし,なんで今さらWindowsなのかというと……

140729161640

 市販DVD & DVD-Rを見るためだ。前回は持ち歩きPCとして,あえて容量不足SSDドライブ搭載・光学ドライブ無しのVAIOをBTOで選んだ自分の先見性のなさが恥ずかしい。

 テレビを録画しているHDDレコーダーの容量がすぐにいっぱいになってしまうので,ときたまDVD-Rにムーブするのだが,なかなか見る時間が取れない。リビングのテレビではなく,机の上や寝る前のベッドで見るようにしないと,録画したDVD-Rが積み重なるばかりになってしまう。

 光学ドライブ無しのMacBook Pro Retinaを買う前に使っていたMacBook ProではCPRM方式のDVD-Rは再生できないし,CPRM方式ではない市販のDVDならリモートドライブを使えばMacBook Pro Retinaで再生できるかと思えば著作権保護のためにそれもできない。画面共有でも市販DVDは著作権保護で表示されないというおまけ付き。

 ずっとMacでスロットイン(スロットローディング)方式のドライブを使っていたもんで,トレイロード式の光学ドライブにはちょっと面食らってしまった。なんとピックアップレンズがむき出しになっている。さらには,メディアをスピンドルモーター部に装着するときに,パチンとはめ込むために上から押さなくちゃならない仕様になっている。トレイのどの部分で力を受ける設計になっているのか,気になってしまう。

140427-154435
 下にあるのが一世代前のMacBook Proのスロットインタイプの光学ドライブ。やっぱりこっちは圧倒的に便利だよね。

 日本独自規格のCPRM方式のDVD-Rが再生できることが第一の条件だったので,メーカーは日本製が良さそう(まあWindowsなら日本製にこだわらなくても問題ないとは思うけど)。画面にはこだわり無しで,できたら軽いのがいい……程度の考えで,近所のヨドバシカメラへ。贅沢を言えば,キーボードはUS配列のものが欲しかったけど,店で買って持ち帰るつもりだったのでそれはあきらめた。ディスプレイの理想はノングレア非光沢タイプなのだが,これも難しいか……

 あっ,もうひとつ,テンキー無しのタイプが条件。キーボードがJIS配列なだけで,ディスプレイの中心よりもキーボードの中心が左側にずれるというのに,さらにテンキーがついたら画面の左半分に向かってキー操作する感じになりそうだし,見た目にもカッコ悪い。

140729152512

140729151526

 買ったのは,東芝のdynabook R73/38M PR73-37MSXB。東芝のPCは,初代ダイナブックJ-3100SS,Libretto 20以来で3台目。これまた久しぶり。

 CPUはCore i7 4710MQで,メモリーが4GB,HDDは1TB。メモリーが少なすぎるように思ったが,必要になれば自分で16GBまで増設できるタイプ(メーカー保証はなくなる)なので安心だ。メモリー以外は当初考えていたよりもハイスペック。ただ,売場をさまよった後で店員さんにも確認したが,このタイプのPCよりも薄型軽量タイプは光学ドライブがついていないし,光学ドライブがついているのはテンキー付きのやつばかりで,選択肢は非常に少なかった。
 ディスプレイは理想通りのノングレアタイプだった。

140729151603
 キーボードはJIS配列。右手親指がスペースバーを押す「N」「M」キーの手前部分が,スペースバーではなく「変換」キーになっている。一等地なのにもったいない。キー入力していてイラっとくる。しかたなく,キー入れ換えツールで,「変換」→「スペースバー」に切り替えた。

140802063328
 JIS配列キーボードのノートPCの一番嫌いなのがこれ。右手小指が担当するキーが妙に狭くなっている。US配列より1列多いので,その分狭くせざるを得ない。
 昔のように,US配列とJIS配列の両タイプを発売しているのなら,こんな変なキーボードになるのもわからないでもないが,JIS配列の機種しか作っていない今でもこんなのがまかり通るなんて,やっぱり変だよ。
 このdynabookには幅の広いENTERキーが付いているので,なおさら幅の狭いキーにする理由がわからない。

140729151412
 これもあいかわらず。いちおう剥がれやすい粘着剤が使用されているが,剥がすのが面倒臭い。いつも見なくていいものなのだから,裏側(底面)にでも貼っておけばいいのに……
 機種名のシールと一緒に速攻で剥がした。

Desktop
 日本のメーカーのPCはどこもこんな感じらしいが,使いそうにないアプリケーションや試用版がてんこ盛り。デスクトップに置かれたショートカットが気持ち悪い。「虫よけカタログ」とか,ちらちら宣伝を表示する常駐ソフトも入っている。金を払った映画館で宣伝を長々と見せられる気分だ。こんなことをやり続けてるから,日本製のパソコンの競争力が無くなっているんだと,なぜ気付かないんだろう。

 そうそう。自宅で使うパソコンなのにMicrosoft Officeがプリインストールされている。今じゃ,国内メーカー製の店頭販売のPCにMicrosoft Office無しは,基本的にないんだとか(ヨドバシにないだけかも)。少しでも安いOffice無しの製品を選ぼうと,海外製やBTOメーカー製に流れる客も多いんじゃないだろうか。

 しかしながら,今回はCPRM方式のDVD-Rを見るのが目的だったので,念のため国内メーカー製のPCを選んだ。10年前に,後から買った外付けDVDドライブのCPRM対応ソフトが,ワイドスクリーンのノートPCのアスペクト比に対応していなくて,横長の腐った映像を見る羽目になった経験に懲りて,なますを吹いたのだった。だからこそ,悔しさひとしおである。

|

« カリカリ桃が食べたい | トップページ | 「Microsoftアカウント」怖い…ぶるぶる »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CPRM DVD-R用にWindowsのノートPCを買った:

« カリカリ桃が食べたい | トップページ | 「Microsoftアカウント」怖い…ぶるぶる »