« docomoのガラケーからiPhone 5sに機種変更 | トップページ | 京成立石駅周辺の再開発で呑んべ横丁は駅前広場に… »

2013年9月26日

秋葉原ラジオストアーが11月30日で閉館

 秋葉原ラジオストアー閉館のご挨拶(平成25年9月吉日)

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜りまして誠にありがとうございます。

さて、この度 弊社(株)秋葉原ラジオストアーは本年11月末日をもちまして、閉館することとなりました。
昭和25年3月の設立以来、64年の永きに亘り、秋葉原の草分けとしてエレクトロニクス業界の繁栄とともに、電機電子関連部品及び機器等々のテナント販売を行ってまいりましたが、現在も大きな変貌を遂げつつあるこの秋葉原に、今後新たな発展への願いと感謝を込め、ここに一つの時代の役割を終える事に致しました。

090801164302
〔左側が秋葉原ラジオストアー,右がラジオセンター(2009年8月)〕

 総武線(中央・総武緩行線)秋葉原駅の高架下にあり,秋葉原電気街の象徴のひとつだった秋葉原ラジオストアーが,11月30日で閉館することになった。ずいぶん前から秋葉原は単なる電気街ではなくなりつつあるが,その流れが大きく加速しそうだ。

 秋葉原へは,ここ10年間で1回ぐらいしか出かけていないが,かつてはラジオ会館のBit-INNやオーディオショップ〜ラジオストアー・ラジオセンター・秋葉原電波会館〜ラジオデパート,そしてMac関係のイケショップ(まだ日本語をまともに扱えないMacintosh 512Kを買ったっけ)などを頻繁に巡回したことを思い出す。

 今はなき〝STEP〟で購入したMacintosh IIcx直輸入品の電源の調子が悪くて,100V→120Vの昇圧トランスを買ったのは,たしか秋葉原ラジオストアーだった。バッテリー駆動時間が短かったPowerBook100等の外付けバッテリーになりそうなものを探し回ったことも,今は懐かしい。

 それぞれの店は別の店舗やWeb通販で営業を続けるそうだが,秋葉原の街の変貌において,秋葉原ラジオストアーの閉館はひとつのエポックとなりそうだ。

090801164323

【参考】
2009年8月1日 (土曜日):5-6年ぶりの秋葉原 ─ 変貌に驚く ─

|

« docomoのガラケーからiPhone 5sに機種変更 | トップページ | 京成立石駅周辺の再開発で呑んべ横丁は駅前広場に… »

雑記」カテゴリの記事

コンピュータ」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

私が秋葉原を訪れたこと…実はないんですよね。最後に通りがかったのが中学校の修学旅行最終日…例の横浜異臭事件があって都内フリー見学が没になって、結果上野近辺のみの見学になって。
そのとき30分も歩けば秋葉原に行けなくもなかったんですが、まだパソコン野郎じゃなかったですし、特に気にも留めていませんでしたが…今では自作こそできないもののそれ相応にパソコン扱いますし、しかもコスプレイヤーという身分で…でも秋葉原でコスプレってのはなんかあまり乗り気じゃありません、東京は人が多すぎますし。
ちなみに先日何かのきっかけで秋葉原がテレビに出たときには「お前みたいのの巣窟だ」といわれてしまいました。父にとってはやはり電気部品の街というイメージが強いんでしょう、秋葉原は。

投稿: クリス_NK | 2013年9月30日 19時33分

 そう,私にとっても秋葉原=電気部品の街のイメージなんです。たぶん,クリス_NKさんのお父さんと私は同じ年代かもしれません。

投稿: 三日画師 | 2013年10月 1日 00時37分

電気街からアニヲタ・アイドルヲタの街への変貌が
一段と進みそうですね。

投稿: BOY | 2013年10月 1日 18時14分

 電気街の雰囲気が少なくなるのは寂しいです。ますます足が遠のいてしまいそう……

投稿: 三日画師 | 2013年10月 6日 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原ラジオストアーが11月30日で閉館:

« docomoのガラケーからiPhone 5sに機種変更 | トップページ | 京成立石駅周辺の再開発で呑んべ横丁は駅前広場に… »