« 無残なラストシーンに向かって疾走したGWの旅…… | トップページ | 無念…GRにレンズバリアの不具合発生 »

2013年5月26日

新しい「GR」を買った

んでもって、ラッキーなことにGRの在庫があって、期待通りに散財…

 5月24日にペンタックスリコーの「GR」が発売された。買うつもりは満々だし,RICOHのGRなら他のデジカメとは違った手に馴染む使い勝手に仕上がっていることはわかっているけど,やはり実物をいじってから買いたい。
 それと,私が持っているのは古いGR DIGITAL II だが,画質以外に大きく不満な点が2点あり,それが改善されていなければ,やっぱり買うのを躊躇する。

 ひとつは,シャッターボタン半押し状態で2枚目の写真が撮れないことで,これはもう〝Snap shooter〟を名乗るカメラには許されざる欠点だと思う。シャッターボタンを半押ししてAF/AEロックしてシャッターを切り,そのままの状態でさらに撮影したいことは〝Snap shooter〟なら頻繁にあると思うのだが,こんな基本的なことがGRDIIにはできなかった。

 もうひとつはAEの遅さだ。たとえば,列車の車窓を撮るときに,トンネルを抜けてすぐの風景を撮ると,AEが急激な明るさの変化について行けなくて,真っ白けの写真になってしまう。GRDIIはAEが遅く,しかも露出が合わない状態でも(AEロックして)シャッターが切れてしまうので,こんな失敗が発生する。この仕様はGRDII以降のGRDでも同様だったので,私はGRDII以降のGR DIGITALは買っていない。

 5月25日土曜日の通院帰りに,上大岡のヨドバシカメラに立ち寄ってみた。その10分後が冒頭の写真である。

130529231103
〔新しいGR!〕

 買う前に店頭でいじくり回し,シャッターボタン半押し状態からでも連続してシャッターが切れることは確認した。しかし,残念ながら,AEが合わない状態でもAEロックしてしまうのは相変わらずだった。

 ちなみに,後者の確認方法は次の通り。レンズを手のひらで蔽い,レンズを暗い状態にしてから,手のひらの覆いを外し,素速くカメラを天井灯などの明るいところに向けてシャッターボタンを半押ししてAEロックする。AEロックしたときの露出を画面で確認しながら,天井灯などにカメラを向けたままおもむろにシャッターボタンの半押しし直すと,(1)露出が変わるカメラ→AEが遅く,AEが合わない状態でAEロックするカメラ,(2)露出が変わらないカメラ→AEが早く,AEが合ってからAEロックしたカメラ,ということがわかる。

 でも,新しいGRは電源on/off時の動作だけでなく,各種動作がきびきびしていて,GRDIIとは別次元のカメラになっていた。右手だけでほぼすべての操作ができて,しかもあるべきところにあるべきボタンやダイヤルが存在するという,相変わらずの使いやさ。
 しかも,2台だけ在庫があるという店員さんの悪魔のささやき。いじくり回している時間を含めても,レジに並ぶまで5分は掛からなかったかもしれない。

GR DIGITAL IIと新GRの比較
〔GR DIGITAL II と新しい「GR」の大きさの比較〕

 GR DIGITAL II と比べると,かなりサイズアップしている。GR DIGITAL II 以降,GR DIGITALは少しずつサイズが大きくなっているので,ひとつ前のGR DIGITAL IVなどを使っていた人は,新「GR」は少しのサイズアップにしか感じないかもしれない。

耐え難いUSB充電

 事前にWebで話は聞いていたが,新「GR」はUSB充電に対応している。今までにUSB充電可能なカメラは経験がないので,これが便利なのかどうかは今のところわからない。少なくとも,標準添付されていたUSB電源アダプタは大きくてカッコ悪くて使う気になれない。
 しかも,標準ではバッテリー充電器が付いていないという謎仕様。USB充電では予備バッテリーの充電ができないので,充電器は入手しておきたい。

 シグマのDP1/2 Merrillとはバッテリー互換があり,充電器はシグマのほうが安いという情報をWebで見聞きしていたので,その場でヨドバシの店員さんに相談したところ,DP1 Merrillのバッテリーで確認してくれた。たしかに使えそうだ。
 しかし,外したバッテリーを見ると,どこかで見た形,大きさだ。思い出せないが,たしかに見覚えがある。手持ちのカメラ(恥ずかしながら,たくさん持っているので,逆に思い出せない)の中に,同じバッテリーを使っているカメラがあるかもしれない。急がなければならない問題ではないので,その場で充電器は買わずに済ます。

GRDIIの充電器BJ-6はGRのDB-65にも対応している

 帰宅して確認したら,何のことはない,GR DIGITAL II と同じ形のバッテリーだった。新「GR」のバッテリーはDB-65(3.6V 1250mAh 4.5Wh),GR DIGITAL II はDB-60(3.7V 1090mAh 4.1Wh)と,型番や仕様は違うが,サイズは同じ。誤挿入防止の切り欠き形状が若干異なっているので,DB-60は新GRに入らないようになっているが,充電器には新GRのDB-65をセットできる。

 GR DIGITAL II の充電器はBJ-6だ。DB-65とDB-60では電圧が異なり,充電器にセットできるからといって,充電できるとは限らない。二次電池の電圧は電極や電解質の種類によって異なり,リチウムイオン電池は3.6V,リチウムイオンポリマー電池は3.7V,ニッケル水素電池は1.2V……。各種の発火・発熱事故からもわかるように,近年の二次電池はエネルギー密度が高いので,下手な使い方をすると危険だ。うむ,これではBJ-6が使えるかどうかは微妙だ。

 もう少し調べてみる。

 DB-60は既にディスコンになり入手不可能で,GR DIGITAL II ユーザーがバッテリーを購入しようとすると,互換性があるDB-65を買うことになる。これはRICOHがそれを認め,推奨している。

 ということは,GR DIGITAL II ユーザーは,充電器BJ-6でDB-65を充電することになり,RICOHがそれを認めていることになる。GR DIGITAL II ユーザーがBJ-6で充電したDB-65を,新「GR」で使って問題になることは考えにくい。

 よし,これで充電器は買わずに済みそうだ。

 ここまで来て,新「GR」に充電器が標準添付されていない理由が見えてきたような気がする。つまり,新「GR」を購入する客のほとんどは,既にGR DIGITALのどれか(あるいは全部?)のユーザーであり,手元に充電器を持っているはずだと,PENTAX RICOHは判断したに違いない。

 最後に,RICOHのサイトの「よくあるご質問(デジタルカメラQ&A)」の中の,『使用できる リチャージャブルバッテリー・AC アダプター について教えてください。(機種一覧)』へのリンクを貼っておく。

 http://www.ricoh.co.jp/dc/support/faq/digital-camera09/DC09134.html

|

« 無残なラストシーンに向かって疾走したGWの旅…… | トップページ | 無念…GRにレンズバリアの不具合発生 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、はじめまして。GRで検索していてこちらに辿り着きました^^
GR購入後、初期不良や不具合などはございませんか?

投稿: 古畑 | 2014年3月 9日 17時09分

 こんばんは。
 初期不良の話が次の記事だったりします。初めて使った日に,いきなりレンズバリアが不具合を起こして,新品と交換になりました。

 それと,大問題ではありませんが,親指AFボタンの周囲のボディが,ボタンを押したときにペコペコ音がします。まだ保証期間のうちに,一度修理に出してみようと思っています。

 あとは,基本的には不満がなく,よくできたカメラだと思います。

投稿: 三日画師 | 2014年3月 9日 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい「GR」を買った:

« 無残なラストシーンに向かって疾走したGWの旅…… | トップページ | 無念…GRにレンズバリアの不具合発生 »