« 能勢電鉄開業100年 | トップページ | 無残なラストシーンに向かって疾走したGWの旅…… »

2013年4月26日

岡山電気軌道の3010号がとうとう引退

 レトロ路面電車、40年の歴史に幕 岡山で7日催し(2013年4月4日 朝日新聞)

 丸みを帯びたレトロな姿が目を引く岡山電気軌道(岡電)の路面電車「3010号」が、7日で引退する。岡電に3両残る3000型車両の一つで、40年以上、岡山市中心部で活躍してきた。最終日には、さよなら運転の出発式や記念撮影会が開かれる。

(リンク切れ) 引退する岡山電気軌道の3010号=岡山市中区徳吉町2丁目の東山北車庫(朝日新聞)

 3010号はもともと東武100形電車として日光市の東武鉄道日光軌道線を走っていた電車だが,日光軌道線の廃止に伴って岡山電気軌道に移り,1969年から40年以上岡山市内を走り続けてきた。引退後は日光霧降高原チロリン村へ譲渡されることが決まっており,それに向けて東武鉄道日光軌道線時代の塗色に塗り替えられた。

 岡電には3010号以外に元東武100形電車の3000形電車が2両(3005・3007)ほど残っているはずだが,これがどのような使われ方をするのかはよくわからない。

|

« 能勢電鉄開業100年 | トップページ | 無残なラストシーンに向かって疾走したGWの旅…… »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山電気軌道の3010号がとうとう引退:

« 能勢電鉄開業100年 | トップページ | 無残なラストシーンに向かって疾走したGWの旅…… »