« レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100の無償修理完了 | トップページ | ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場 »

2013年2月10日

Capture NX2アップデートでDMC-GX1が使えるように

 2011年12月に買った「LUMIX DMC-GX1の使用頻度が低い」という記事を昨年8月に書いた
 カメラが気に入らないわけではない。もちろん気に入ったから購入したのだ。

Panasonic LUMIX DMC-GX1を買った
[2011年12月に買ったLUMIX DMC-GX1と2011年5月に買ったFinePix X100]
 FinePix X100は,昨年5月のGWの九州旅行へも持って行き,福岡〜鳥栖〜長崎〜熊本〜北九州戸畑〜北九州若松などで大活躍してくれた。本来なら,このような旅行にはLUMIX DMC-GX1を持って行きたかったところだ。

ViewNX 2とCapture NX2でLUMIX DMC-GX1のJPEGファイルが開けない

 LUMIX DMC-GX1を使う気にならないのは,DMC-GX1が生成する「JPEG」画像全部が全部,NikonのViewNX 2とCapture NX2という愛用している画像ビューア&画像編集ソフトでは「無効な色の設定であるため、サポートされていません」というエラーが出てしまい,表示できないからだ。カメラ固有のRAWデータではなく,汎用のJPEG(正式にはJFIF形式かな)にもかかわらず,である。

 私が富士フイルムのFinePix X100だけでなく(もちろんニコンのD3やD800E,PENTAXのK-7,CanonのPowerShot S100も同様に),PanasonicのデジカメであるLUMIX DMC-GX1が生成するJPEGファイルの処理も,ニコンのViewNX2 & Capture NX2というソフトで使いたい理由,それは別記事に書いたので,興味のある方にはそちらを読んでいただくことにして,2月5日にそのニコンのCapture NX2のアップデートソフトウェアが発表された。

 そして,Ver.2.3.5からVer.2.4.0への変更内容とリストには,Nikon 1 J3やNikon 1 S1のRAW画像への対応などに混じって,

一部のJPEG画像について,まれに表示できないことがある現象を修正しました。

の一文があった。

 そう,JPEG画像が表示できないってのは,もろにLUMIX DMC-GX1のJPEGを開こうとしたときの症状だ。一度はあきらめて,LUMIX DMC-GX1を使ったときだけは,JPEG画像をすべてAdobe Photoshop Lightroom 4を使って全部処理してから画像フォルダに戻すなんてことをやっていたが,それをやめられるかもしれない。

 さっそくアップデータをダウンロードし,Capture NX2をVer.2.4.0にアップデート。さっそく,今まで開けなかったLUMIX DMC-GX1が生成したJPEG画像をCapture NX2で開いてみると,問題なく開ける。さらに,アップデートしたのはCapture NX2だけなのに,純正標準添付のViewNX 2でも問題なく開けるようになった。

 これでLUMIX DMC-GX1を使わない理由はなくなった。
 昨年の夏にD800Eを買ってからは,重量級のレンズ(標準ズーム or 広角ズームだけど)を持ち歩くことも多くなっていたが,ときどきは軽量LUMIX DMC-GX1で気分を軽やかにすることもできそうだ。

|

« レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100の無償修理完了 | トップページ | ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Capture NX2アップデートでDMC-GX1が使えるように:

« レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100の無償修理完了 | トップページ | ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場 »