« ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場 | トップページ | 広島のJR可部線の廃止区間が全国初の復活へ »

2013年2月24日

えちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れは15年度4月から

 相互乗り入れは15年度4月から えち鉄・福鉄(2013年2月9日 朝日新聞)

 県と福井市は2015年4月から1時間に2本程度、福井鉄道福武線とえちぜん鉄道三国芦原線の直通運転を目指す。13年度からえち鉄の駅ホームを低床車両に合わせて低くし、田原町駅で両鉄道が乗り入れできるように線路を敷く。
 直通区間は福鉄越前武生駅―えち鉄鷲塚針原駅。低床車両を新たに2編成導入する。福鉄のホームは全て低床車両に対応しているが、えち鉄は非対応のため改修し、総事業費は19億2千万円を見込む。
(中略)
 福井市の福鉄駅前線(ひげ線)延伸計画や、県が進めるえちぜん鉄道高架化はダイヤに影響しないという。

 道路の高さからも電車に乗れるステップの付いた福井鉄道の車両がえちぜん鉄道に乗り入れることになるため,えちぜん鉄道側では低床車両に合わせてホームを低く改修する必要がある。総事業費は約19億円で,国の補助が6億4千万円,福井県が10億1千万円,福井市が2億7千万円を負担し,福鉄とえち鉄側の負担はない。
 福井駅前のひげ線延伸計画といい,やっと福井の街づくりも動き出した感じだろうか。2年後が楽しみだ。

小浜〜敦賀〜福井へ
〔福井鉄道の福井駅前駅の福井鉄道200形(2011年5月)〕

福井鉄道とえちぜん鉄道が相互乗り入れへ
〔福井鉄道の電車が田原町駅に入ってくる(2003年10月)〕

福井鉄道とえちぜん鉄道が相互乗り入れへ
〔田原町駅では福鉄の線路とえち鉄の線路が隣接している(2003年10月)〕

|

« ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場 | トップページ | 広島のJR可部線の廃止区間が全国初の復活へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れは15年度4月から:

« ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場 | トップページ | 広島のJR可部線の廃止区間が全国初の復活へ »