« レンズが引っ込まないPowerShot S100の悲しい正月 | トップページ | レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100の無償修理完了 »

2013年1月25日

私有キーボード禁止……とほほ

 以前から,情報漏洩防止のために,職場のPCに私有USB機器を接続することはまかりならぬ……というルールはあったものの,実際的に厳禁となったのはUSBメモリやUSBマスストレージクラスの装置を接続することであり,接続防止対策もそれに対応したものだった(何やらドライバ?をインストールして専用端末以外はUSBメモリが使えなくなっていた)。

 つまり,私が個人的に持ち込んだUS配列のREALFORCE 86Uキーボードと,親指トラックボールは特に問題にならず,各種の巡視で何の指摘も受けることはなかった。

 しかし,ある日の安全衛生だかセキュリティ対策の巡視で,同じチームの社員の無線マウス(ちゃんと情報システム部門経由で購入したもの)がやり玉にあがり,結局私の私有キーボードもとばっちりを受けることになった。

130316214814
 泣く泣く,US配列のREALFORCE 86Uキーボードを自宅に持ち帰る。

 代わりに,職場のDELLのPCに添付されている標準JIS配列キーボードを使うようになったわけだけど,これがまたひどいのなんの。

 キータッチは,値段が10倍ぐらい高いREALFORCE 86Uと比べちゃ可哀想だが,キートップの文字刻印は品質が悪く,ざらざらと出っ張って気持ち悪いし,スペースバーが異様に短くて,その右側の右手親指ホームポジションの位置に,一生使わなそうな「変換」と「ひらがな/ローマ字」キーがある。さらには,JISキー全体に言えることだが,右手小指の担当する列が1列分多くなっているため,右シフトキーの位置にバックスラッシュがはみ出していて,何度も押してしまうし,Returnキーのつもりで何度も「]」キーを押してしまう……。

 極めつけは「A」の左隣がControlキーじゃないこと(いまだにこんな古くさい話で申し訳ない)。職場のPCにはAdmin権限がないため,ハードウェアでControlキーの位置を変更できるREALFORCE 86Uキーボードじゃないと,「A」の左隣をControlキーにできないのだ。

 まぁ,正直なところ,私がまだ若ければ,US配列のキーボードとJIS配列のキーボードを平気で使い分けたりできたんだろうけど,脳みそが固まりかけているオッサンになった今では,25年以上も使い慣れたUS配列のキーボード以外の配列を覚えろったって,そう簡単なことじゃない。もう身体に染みついちゃってるんだよね。

 日本語入力は相変わらず純正のMS-IMEしか使わせてもらえないし,JIS配列キーボードじゃ,効率は半分,やる気も半分だわな……(とほほ)

【参考】
2008年9月18日:キーボードに拘泥する
2009年4月2日:やっぱトラックボールだべ(TrackMan Wheelを買い溜め)
2010年10月29日:MacBook Air 11inch を買ったぞい

|

« レンズが引っ込まないPowerShot S100の悲しい正月 | トップページ | レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100の無償修理完了 »

雑記」カテゴリの記事

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私有キーボード禁止……とほほ:

« レンズが引っ込まないPowerShot S100の悲しい正月 | トップページ | レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100の無償修理完了 »