« 「スマート電池くん」を実用化して烏山線に導入へ | トップページ | Nikon D800E + AF-S DX NIKKOR 17-55mm F2.8G »

2012年11月28日

北陸本線並行在来線区間を実質無償でゲット

 鉄道資産110億円 富山(2012年11月22日 朝日新聞)
 北陸新幹線開業に伴って経営分離される並行在来線(北陸線)について、駅、車両などJR西日本の鉄道資産を県などの第三セクターが計約110億円で買い取ることになった。石井隆一知事が21日、県庁でJR西の真鍋精志社長と合意した。合意前に県は計151億円と試算しており、石井知事は「精いっぱい下げていただいた。県民の期待に応えられた」と評価した。

 並行在来線 31億円で購入へ 石川(2012年11月22日 朝日新聞)
 北陸新幹線金沢開業で、北陸線の経営を引き継ぐ並行在来線会社が、JR西日本の鉄道車両と、駅や線路などの鉄道資産を計約31億円で買い取ることになった。JR西の真鍋精志社長が21日、県庁で谷本正憲知事と会談し、合意した。県は当初、59億円の負担を想定していた。谷本知事は「28億円の県民の負担が軽減された。予想以上に減額いただいたと思う」と話した。

 北陸の経済効果 年800億円 新幹線の敦賀延伸(2012年11月9日 中日新聞)
 北陸経済連合会(北経連)は八日、北陸新幹線金沢-敦賀間の開業による経済効果の調査結果を発表した。北陸地域を訪れる人は年間二百八十万人増え、年間約八百億円の経済効果があると試算。開業時期が早まるほど、延伸の費用対効果も向上すると予測した。

040430120420
〔北陸本線西金沢駅(2004年4月)〕

 北陸新幹線の金沢開業で第三セクター化となる北陸本線の並行在来線区間を,富山県と石川県がそれぞれに格安でゲットしたというニュース。記事にもあるように,人件費支援や開業前の施設修繕費などの支援をあわせれば,実質無償でゲットしたも同然で,それ自体は喜ばしい。

 しかし,元鹿児島本線の肥薩おれんじ鉄道(八代〜川内),元東北本線のIGRいわて銀河鉄道(盛岡〜目時),青い森鉄道(目時〜青森)等,並行在来線の第三セクター化区間の苦戦ぶりを見ていれば,行く末が明るいとはとても思えない。いまだに第三セクターが県別に行動しているのは,どういうことだろう。岩手・青森県境のように,将来は県境でぷっつりと途切れる鉄道にしていくという意味かな。

 とはいえ,北陸新幹線による北陸の経済効果は年間800億円と試算されているらしい(個人的には,この手の経済効果の試算は眉に唾をたっぷり塗って,軽く受け流すことにしている)。なーんだ,それに比べれば,並行在来線を引き継ぐ第三セクターの赤字なんてたかがしれていると言いたいのかな。

|

« 「スマート電池くん」を実用化して烏山線に導入へ | トップページ | Nikon D800E + AF-S DX NIKKOR 17-55mm F2.8G »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

結局、枝線の存廃問題は棚上げされたようですが、
近い将来、必ず存続問題が再燃するでしょうね。
営業係数はどこも大幅な赤字ですし、今後も
改善することは厳しいでしょうから…。

投稿: BOY | 2012年12月 4日 16時58分

 支線も含めて,在来線部分は大変な事態が待っているのに,どういう経営をするのかが見えてこないですね。

投稿: 三日画師 | 2012年12月 9日 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸本線並行在来線区間を実質無償でゲット:

« 「スマート電池くん」を実用化して烏山線に導入へ | トップページ | Nikon D800E + AF-S DX NIKKOR 17-55mm F2.8G »