« 大船駅前で鳴り続ける音の謎 | トップページ | 下手の考え休むに似たり »

2011年11月23日

蒲蒲線計画がまたまた亡霊のように現れる

 2つの蒲田駅結ぶ「蒲蒲線」設置検討へ 東急電鉄(2011年11月15日 朝日新聞)

 東京急行電鉄蒲田駅(東京都大田区)と京浜急行電鉄蒲田駅を結ぶ新路線「蒲蒲(かまかま)線」の設置を、東京急行電鉄が検討していることがわかった。東急電鉄が京急電鉄に乗り入れて羽田空港に接続することで、外国人客の取り込みをねらう。

i
[立体交差工事が進む京急蒲田駅・空港線(2009年12月)]

 また「蒲蒲線」の亡霊が現れたか……。

 過去に何度も現れては消える幻の路線。というか,実は国鉄時代にJR蒲田駅(国鉄蒲田駅)と京急蒲田駅(京浜蒲田駅)を結ぶ貨物線は過去に実在していて,旅客路線化するタイミングを完全に逃してしまったのが実情だと思う。

 現在,貨物線跡はきれいに消え去り,京急蒲田駅周辺は高架化,空港線大鳥居駅付近は既に地下化されている。蒲蒲線を実現するならば,遅くても空港線の立体交差事業の前には提案しなくちゃ……。

|

« 大船駅前で鳴り続ける音の謎 | トップページ | 下手の考え休むに似たり »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

現在でも、京急空港(本線)線は一杯一杯のダイヤのような気がしますし、
これ以上の増便は厳しいのでは、と思いますが…。

蒲蒲線新設なら、

・京急空港線のフリーゲージ化
・東急蒲田駅の地下移設
・大師線の羽田延伸と横浜方面行きを
全線大師線経由に切り替え
・多摩川線&東横線(目黒線)の大規模改良工事

採算は合うかもしれませんが、莫大な費用がかかりそうですし、
京急も負担を強いられるわけですから、うんと言うかどうか。

投稿: BOY | 2012年4月 5日 16時17分

 羽田空港利用客の輸送に本気で取り組み始めた京急が,みすみす客を東急・JR(蒲田乗り換え)にとられるような計画に賛成するとは思えないですね。

投稿: 三日画師 | 2012年4月 9日 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒲蒲線計画がまたまた亡霊のように現れる:

« 大船駅前で鳴り続ける音の謎 | トップページ | 下手の考え休むに似たり »