« 「ゆふいんの森」乗務員が久留米絣のベストでおもてなし | トップページ | 北近畿にコウノトリが飛び 文殊の知恵は消える »

2010年10月20日

良いところが多い羽越本線沿線だけど……

 羽越線沿線、観光優待パスポート第2弾(2010年10月19日 asahi.com)

 山形、秋田、新潟の羽越線沿線地域で様々な特典が受けられる観光優待パスポート「きらきらパスポート」が発刊された。各地の観光案内所や観光施設、道の駅などで5万部が無料配布される。

 とても良いところが多いけど,いまいちマイナーな羽越本線沿線。列車に乗って車窓を眺めているだけで,十分楽しめる路線だけど,あまり知られていないのはもったいない。「きらきらパスポート」も,羽越本線の振興にも役立てばいいのだけど……。

羽越線
 羽越本線村上駅(2005年8月)
 羽越本線は日本海沿線を結ぶ幹線だが,村上駅以北は列車の本数が異常に少なくなり,電化されているにもかかわらず経費削減のためにディーゼルカーが走っていて唖然とする。

羽越線
 村上駅の隣の間島駅付近(2005年8月)
 旅客列車の本数は少ないが,長大貨物列車が頻繁に通過する。羽越本線は物流の大動脈になっている。

羽越線
 間島駅付近(2005年8月)

 ちなみに,羽越本線間島駅の列車時刻表は次のようになっている。

酒田・秋田方面:
  6:05
  7:37
 10:42
 13:46
 16:09
 17:12
 18:41
 21:54

新津・村上方面:
  7:29
  9:33
 11:33
 15:12
 16:49
 18:09
 19:25
 21:48

 日中に4時間近く列車がない……とか,利用者を拒んでいるようなダイヤになっている。

|

« 「ゆふいんの森」乗務員が久留米絣のベストでおもてなし | トップページ | 北近畿にコウノトリが飛び 文殊の知恵は消える »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、クリス_NKです。

そうなんですよね、羽越本線、とりわけ笹川流れは季節を問わず絶景ですから、ぜひ味わって欲しいところなんですけれども、普通列車がこの状況では辛いものがあります。見たい方は特急に乗りなさい、的なものが少々イヤミな感じがします。普通列車が1日8本しかありませんからね、村上-鼠ヶ関間は。とはいえ、特急含めても15往復ですけど…。その特急と普通列車の乗り換えも不便ですし。特急列車は鼠ヶ関に止まりませんからね。何でその1つ先(手前)の府屋に止まるんだ、と。

せっかく電化されているのにわざわざディーゼルカーというのにはどうやら理由があるようで、件のデッドセクションに対応する交直両用列車を新潟支社が持っていないことも原因らしいです(新潟県内は大部分直流ですし)。まあ、それを言ってしまったら新津-新発田間も同じ状況なんですけれどもね。私の場合、羽越本線と聞くとどうしても新津-新発田間を連想します。その羽越本線、磐越西線(会津若松発新津・新潟行き)と致命的に接続が悪いというのも目立ちます。私みたいに利用する人がいるということも考えて欲しいところです。

それにしても村上駅では同じホームに2編成が同時に並ぶ…かなり危ないですね、これも。乗り換えの便を図ってのことかもしれませんが、あまり歓迎できるものではないように思います。

投稿: クリス_NK | 2010年10月21日 16時48分

 本当に羽越本線から見る日本海は,変化に富んでいて素晴らしいですよね。日本海だけじゃなくて,広大な田んぼの稲穂(この季節は一面のハザ掛けですかね)も見事です。

 話が逸れますが,新津−新潟間といえば,途中の荻川駅の駅名標が「ついに←(荻川)→だめか」,越後石山駅の駅名標が「だめか←(越後石山)→たがいに」となっているという笑い話を思い出します。現在では新津駅近くにさつき野駅(さっきの駅?)ができてしまって,ギャグが通じなくなってしまったようですが。

 村上駅での同じホームの列車の並びですけど,乗り換えの便を図ったものなのかはよくわかりません。
 実際のところ,当該列車の写真や,村上駅前の写真を撮ったりしていますので,列車の乗り換えまでには相当時間があったものと思われます。

投稿: 三日画師 | 2010年10月22日 02時12分

こんにちは、クリス_NKです。

いやーさすがに新津-新潟間のその洒落は気づきませんでした。いつも新津-新潟は複線上で素通りするんで「あ、今すれ違った…」ぐらいにしか思ってませんでした。味のあるギャグですけれども、さつき野駅のおかげで台無しですね(苦笑) まあ、沿線住民にとってはそういったギャグよりも利便性の重視という項目が掲げられますから当然なんでしょうね。

村上駅なんですが、あれから検索をかけてみたところ、1番線が上り本線、3番線が下り本線となり、2番線にしか車両を置いておけないようなんですね。そのため、待避している折り返し列車が同じホームに並ぶという現象が起こるらしいです。ホームを増築することも考えられたらしいですが、用地の問題で無理だったらしく、今の形になったようです。

それにしても、せっかく電化されているのですから、いっそのこと東北本線・仙山線・磐越西線で余った455系などをリサイクルするとか考えなかったのでしょうかね? 455系は私にとってはかなり思い入れのある車両なので、羽越本線で走っている姿を見たいんですが。

あとは…やはり羽越本線から風景を眺めるとしたらやはり下り線が有利ですね。上り扇打と海から離れる+トンネルが多いなどの理由で見えませんし。もっとも上りには山+α(季節による)というものもありますし、一概にどちらがいいかとは言い切れないものですけれども。

投稿: クリス_NK | 2010年10月22日 16時57分

 新潟や新津は,蒲原鉄道や新潟交通の電車が残っていたときには,結構頻繁に出かけていたんですが,最近は縁遠くなってしまいました。磐越西線にもしばらく乗っていないので,たまにはのんびりディーゼルカーに乗ってみたいです。

 車窓からは海が見える方がいいですね。私は山国育ちということもあって,オッサンになった今でも,海に対する憧れみたいなものがあって,少しでも海が見えるとワクワクします。

投稿: 三日画師 | 2010年10月23日 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良いところが多い羽越本線沿線だけど……:

« 「ゆふいんの森」乗務員が久留米絣のベストでおもてなし | トップページ | 北近畿にコウノトリが飛び 文殊の知恵は消える »