« 富士山駅は富士登山鉄道の駅にすれば解決 | トップページ | 読書の秋! 天高く馬肥ゆる秋! 物欲の秋! »

2010年10月14日

旭川駅の高架化完了……必要だったの?

 新・旭川駅スタート(2010年10月11日 読売新聞)

 JR旭川駅の新駅舎が10日開業し、列車の出発式や記念式典が行われた。

 新駅舎は、周辺の線路の高架化に伴い、最上階にホームが設置されたのが特徴。ホームで行われた出発式では、JRや道、市の関係者らが、「一日駅長」となった幼稚園児の合図で出発する列車を見送った。

 旭川駅の高架化工事が順調に進み,10月10日に新駅舎が開業となった。
 旧駅では駅舎から遠く離れたところに位置していた富良野線のホームも,めでたく他のホームと一体化し,しかも新駅では富良野線のホームが1・2番線を名乗るらしい。

 旭川の新しい駅が完成してめでたい,めでたいで終わりたいところだが,かねてよりこの高架化工事には疑問を感じていたので,それについて書いておきたい。

 疑問点は以下の通り。
(1) 高架化工事によって解消する踏切が無い
(2) 立体交差が必要な道路は既に立体交差していた
(3) 新駅舎は駅前商店街から約50m70mほど遠ざかる

 まず,国土地理院の地形図でJR旭川駅周辺を見る。

旭川駅高架化完了
 JR旭川駅周辺[国土地理院地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名:旭川]

 旭川駅の南側に,大きな忠別川が流れているのが目に付く。旭川駅と忠別川の間はすべてJR旭川駅の施設なので,鉄道が交通を遮断していることはなく,高架化工事が必要な踏切は存在しない。

 また,旭川駅の西側は1968年に既に鉄道が高架化されており,忠別橋とも立体交差している。
 旭川駅の東側で北側にカーブした後は,隣の旭川四条駅前後を含めて1973年(今から40年近くも前)に高架化が済んでおり,既に踏切は存在していない。

JR旭川駅高架化完了
 JR旭川駅周辺[Googleマップ(航空写真)]

 Googleマップを見ると,工事中の高架駅の状況が写っている。
 新しい高架駅は,現在のホームの南側の,富良野線のホームとの間に設置されることになるのが見てとれる。各地の駅の高架化工事に良くあるように,新しい駅舎は旧駅舎よりも大きく後退するため,駅前広場は広大になり,駅と駅前商店街との距離は約50m70mも遠ざかることになる。

 広々とした駅前広場は,綺麗に植栽されたり,大きな駐車場やタクシープールやバス乗り場が整備されたりするものと思われるが,商店街との距離は確実に遠くなる。わずか50m70mとはいえ,広々とした駅前広場の先にあるという心理的な影響は大きいだろう。
(駅の高架化で駅前広場が広がり,駅と商店街の密着感が無くなった都市としては,たとえば浜松や岐阜がある)

 旭川駅前から延びる平和通買物公園は,国内で最初に歩行者天国(買い物公園)を実施した,先進的な商店街である。その平和通買物公園でも,歩行者通行量が減少し,核店舗だった丸井今井が閉店するなど,商店街の空洞化が問題になっていると聞く。
 浜松や岐阜のように,綺麗に整備された広い駅前広場の先に,賑わいのない商店街が広がるというような事態にはならないでほしいものである。

 旭川駅の南側の忠別川と美瑛川に囲まれた神楽地区には,旭川大雪アリーナと大雪クリスタルホールという大きな施設の他,神楽市民交流センターや森林管理局などの施設があり,旭川市としては,忠別川に橋を架けて,この地区を一体化した開発を行おうとしているものと思われる。
 旭川市の財政が豊かで,近接した芦別市・深川市・赤平市・歌志内市と違って,財政に余裕があるとしたら,それはそれでうらやましいことだ。

|

« 富士山駅は富士登山鉄道の駅にすれば解決 | トップページ | 読書の秋! 天高く馬肥ゆる秋! 物欲の秋! »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

旭川生まれ旭川育ちのあんちゃんです。

旭川の問題点は
①観光客向けの施設が少ない
②低価格の駐車場が駅前にない
③駅前に遊ぶところが非常に少ない
一方、旭川の強みは、
①駅から放射状に各方面のバスが出ている
②中心市街地が確立している
③駅から近いところに自然が豊富にある
だと思います。

観光客向けの設備と、低価格の駐車場が少ないことは今からでも対策出来るはずです。
観光に力を入れている都市は、駅周辺の観光客向けの設備が多いです。
八戸や秋田や盛岡は、新幹線開通の効果もあるんでしょうけど、駅ナカのお土産の設備や、観光案内はかなり充実していました。
そのような施設が出来、駐車場があれば、旭山動物園の観光向けの客も見込めるはずなんですが…。バスも、駐車場を造っても、乗る人は乗るはずです。

駅の後退化は反対ですし、後退により駅から遠くなることで買物公園の衰退もありそうです。ただ、駅前にバスターミナルを作るという計画は良いと思いますし、駅裏の自然を活用しようという取り組みは良いと思います。

旭川は道内や各地方都市の中でもバスが非常に充実している気がしますが、中心市街地が確立しているのに関わらず、バス停がどこにあるのか分かりにくいのが非常に難点ですので、非常に充実しているバス網を活用しきれてないです。(現に旭川は大抵の方面に10~20分に1本バスがあります。車社会が進む地方都市でこの本数は異例です。バスの充実ぷりでは札幌と差がありません)

また、駅前に自然を体感できる施設(常盤公園くらいしかない)や大型の公共施設がないのも問題なので、高架化により、この再開発事業で、それも少しは改善できるのではないかと期待しています。

ただ、合同庁舎を18丁目に持っていったり、周辺にコーチャンフォーを誘致した分、4条駅を活用して、合同庁舎方面へのバス接続を良くすると良いかと思います。あと、橋は2本でなくて1本でいいかと。

投稿: あんちゃん | 2010年12月 5日 05時45分

 コメントありがとうございます。
 駅前に観光客向けの設備が少ないというのは,良い方向に考えれば,旭川の人たちで町が成立しているからとも言えますね。
 秋田や八戸の駅ナカは,新幹線駅とともに整備されましたが,駅だけの整備で,それが町の賑わいに繋がっていないように感じました。(八戸は新幹線の駅から市街地が離れているので,ちょっと単純には比較できませんが)

 旭川は,町の規模が大きく,しかも閑散とした郊外が広がるところまで分散せずに,ある程度密集した市街地にまとまっていますので,バス路線が充実することで公共交通がある程度確保できているのだと思います。
 駅の高架化を機に,バスターミナルを整備するという目で見れば,駅の後退〜商店街との分離……という単純なことではないのかもしれません。
 どうなっているかはわかりませんが,バス乗り場が駅から離れたままではなく,JRの駅と近接するようなかたちでバスターミナルが整備されるとしたら,施策を支持したいと思います。

 駅周辺に公園(観光客向けというよりは市民向けですね)が少ないというのは,確かにそうかもしれません。買い物公園をはじめとして,街路樹もある程度整備されているので,それを有効活用できれば良いかもしれません。
 常盤公園のような大きな公園をもう一つ作るのは大変ですが,旭川の場合は少し郊外に出れば,それこそ本物の大自然が広がってますからねえ。旭川駅構内の遊休地にそれを作るのはもったいないような気がします。

投稿: 三日画師 | 2010年12月 5日 08時37分

失礼いたします。おそらく高架化したのは将来新幹線がきてもいいようにだと思います。旭川は北海道第2の都市ですし札幌~旭川が新幹線つながったらこの2都市の移動に1時間かからなくなります。あくまで予想ですが。

投稿: のぞみ | 2011年11月19日 12時33分

 在来線の駅を駅前からセットバックして,高架駅を作りましたので,新しく新幹線旭川駅のホームを作る土地は,確実に狭くなっているような工事ですよね。
 個人的には,旭川まで北海道新幹線が延びることはないんじゃないかと思ってます。

投稿: 三日画師 | 2011年12月 4日 04時17分

 札幌までの新幹線延伸は,札幌駅は既に新幹線が入ることを想定した構造になっているといううわさ話も聞きましたし,やっぱり北海道新幹線は札幌まで延ばさないと意味がない存在になりそうな気がします。
 旭川へは,推測ですがフリーゲージトレイン使用が前提じゃないでしょうか。

投稿: 三日画師 | 2011年12月13日 01時32分

今までの地上駅舎の老朽化による建て替えも高架にする意味があったと思いますよ

鉄道は常識的に時代に沿った変化があって当たり前の公共交通手段ですからね
新駅舎ごときで不平不満を言っていたらキリがない気がします

古いものをごり押しして新しいものを批判するのはいかがなものかと思いますよ
このコメントを削除しないでくださいね

投稿: い | 2014年8月 7日 14時50分

 コメントありがとうございます。
 おっしゃることがうまく読み取れないところがあるので,一つ二つ質問させて下さい。

「地上駅舎の老朽化による建て替えも高架にする意味があった」…がよくわかりません。建て替えも高架にする意味があった? 何度読んでもよくわかりませんでした。駅舎を建て替えするときに,高架にせざるを得ない理由があったということでしょうか? 高架じゃないとだめな理由があったのでしたら,具体的にそれが何かを書いていただけると嬉しいです。

> 新駅舎ごときで不平不満を言っていたらキリがない気がします

 私は駅舎が新しくなったことは喜ばしいことだと思っています。駅舎に対する不満を書いたつもりはまったくないのですが,どの部分が新駅舎に対する不平不満に読めるのでしょうか。

 また,私は駅舎「ごとき」などと考えたこともなく,駅舎はとても重要なものだと思っています。「新駅舎ごとき」とは,“い”さんがそう思っていらっしゃるということでしょうか。

 繰り返しますが,「旭川駅の高架化完了……必要だったの?」で言いたかったのは,新駅舎がどうのこうのではなく,高架化工事が不要だったのではないかということに尽きます。

 すでに2010年12月に“あんちゃん”さんからコメントをいただいていますが,駅前に分散しているバス乗り場を新設するバスターミナルに集約するという取り組みは良いことだと思っています。

 その後も旭川市の計画を何度か見たりしていますが,残念ながらバス・タクシー・マイカーの分離ができていないようです(いずれも同じ緑橋通りから駅前に入る)。さらに,駅の中央口の正面に横付けできるのはマイカーで,タクシーやバスのような公共交通機関ではないあたりに,時代遅れ感がぷんぷんします。

 駅の東西に高架下を通る立派な道路を整備し(橋まで整備する),いままでなかった南口を作ったんですから,公共交通機関とマイカーを完全に分離して,南口に立派なマイカー専用の乗降場を作れば良かったのに……などと思いますが,旭川市のサイトに掲載されている比較検討案には見当たりませんでした。


> 古いものをごり押しして新しいものを批判するのはいかがなものかと思いますよ
> このコメントを削除しないでくださいね

 私がどのような「古いもの」をごり押ししているのか,教えて下さい。自覚せずににごり押ししているかもしれませんから。

 あっ,旭川駅前の商店街をごり押ししているように読めるかもしれませんね。近年,駅の高架化工事を進めている(進めていた)富山・高知・熊本あたりと比較して,旭川の中心商店街はほぼ駅と一体化している(他の都市は駅から離れたところに古くからの中心商店街がある)ことから,商店街と駅の関係は特に密接であり,旭川の中心街にとっては駅が少しでも遠ざかることは致命傷ではないかと感じるんですよ。単なる老婆心なら良いんですけど。

 それと,私がいままでにコメントを削除しているかのような書き方がとても気になります。明らかに通販サイトなどに誘導するスパムでなければ,私はいままでコメントを削除したことはありませんよ。

 コメントは削除せずに残しておきますので,気が向いたら質問に答えてくださいね。

投稿: 三日画師 | 2014年8月 7日 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭川駅の高架化完了……必要だったの?:

« 富士山駅は富士登山鉄道の駅にすれば解決 | トップページ | 読書の秋! 天高く馬肥ゆる秋! 物欲の秋! »