« Apple iPhone 4 びっくり仰天のハードウェア | トップページ | 鹿島鉄道跡はバス専用道に »

2010年6月11日

豪徳寺駅前に招き猫像が

 招き猫像豪徳寺駅前に ─ あさってお披露目「街のシンボルに」(2010年6月10日 読売新聞)

 世田谷区の豪徳寺に伝わる「招き猫」の伝説にちなみ、小田急線豪徳寺駅前に12日、御影石で作られた招き猫像がお目見えする。縁起の良い招き猫を街のシンボルにしたいと、地域の住民が5年間、温めてきた企画。地元商店街が一足先にデザインした招き猫キャラクター「たまにゃん」とともに、「地域の活性化につなげたい」と期待を込めている。

 招き猫にあやかって,街が活性化すると良いね。
 小田急線豪徳寺と東急世田谷線山下駅周辺の商店街は,大好きな商店街のひとつだ。このニュースを読んで,さっそく手元の豪徳寺駅前の写真を探してみた。

 しかし,残念ながら,好きだという割りには豪徳寺のまともな写真が見つからない。出かけた回数も少ない。今になって後悔しても仕方のないことだが,豪徳寺のように雰囲気の良い街は,もう少し真剣に撮っておくべきだった。

昔の小田急豪徳寺駅
 2001年1月8日の(旧)豪徳寺駅前。右側の階段の上が小田急豪徳寺駅になっていた。前日にはずいぶん雪が降ったので,まだあちこちに雪が残っている。

昔の小田急豪徳寺駅
 これも2001年1月8日の写真。(旧)豪徳寺駅の側から階段下の駅前商店街の方を見る。細い路地に商店が密集している雰囲気の良い商店街だ。

昔の小田急豪徳寺駅
 1998年12月23日に撮影した小田急線(旧)豪徳寺駅。ちょっとした階段の上に駅があり,バリアフリーにはなっていなかった。

昔の小田急豪徳寺駅
 1998年12月23日。(旧)豪徳寺駅の横を抜けると裏道に抜けることができた。駅前は小さな広場になっていたが,個性的な店も見られた。

昔の小田急豪徳寺駅
 1998年12月23日。(旧)豪徳寺駅の改札口。築堤の中を通るトンネルをくぐってホームに行く構造になっていた。

|

« Apple iPhone 4 びっくり仰天のハードウェア | トップページ | 鹿島鉄道跡はバス専用道に »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

豪徳寺の旧駅前階段の写真ですがダウンロードしてもよろしいでしょうか?
男たちの旅路の「車輪の一歩」で使われた階段で懐かしく拝見しました。

投稿: tm | 2010年8月23日 11時48分

 こんばんは。
 ブログの写真は,どれでもダウンロードして自由に使って下さい。

 豪徳寺駅前は「男たちの旅路」の「車輪の一歩」で使われた場所なんですね。ロケ場所は知りませんでしたが,名作ですよね。多感なころに見て,衝撃を受けた記憶があります。とても懐かしいです。

投稿: 三日画師 | 2010年8月23日 20時59分

20年程前に豪徳寺に住んでいましたので、懐かしく拝見させて頂きました。まだ、その時は有人改札の時代でしたが、写真では当時と殆ど変わっていませんね。

投稿: | 2011年9月24日 22時37分

 写真は約10年前の豪徳寺駅ですね。
 その後,小田急線の高架化工事にともなって,駅の姿はまるっきり変わってしまっています。現在の駅の姿からは,当時の姿を思い出すのが難しいぐらい変わっていると思います。

投稿: 三日画師 | 2011年9月25日 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪徳寺駅前に招き猫像が:

« Apple iPhone 4 びっくり仰天のハードウェア | トップページ | 鹿島鉄道跡はバス専用道に »