« マッコウクジラ解体中@長野電鉄 | トップページ | 新聞専用列車廃止は時代に逆行では? »

2010年2月11日

札幌市電延伸を検討中

 札幌市電延伸へ 都心部など4地区が候補 新年度にルート決定

 報道の要点は
札幌市は、市内中心部を走る札幌市電を延伸する方針を固めた。延伸で利便性を高めて都心部や沿線の活性化を図るとともに、車の乗り入れを抑制して「環境を重視したまちづくり」を目指す。延伸先は現路線から北方向のJR札幌駅や東方向の創成川東・苗穂など4地区が候補で、1月中に各地区に延伸した場合の収支を推計する。また市民の意見を聞いた上で2010年度中に具体的なルートを決定する考え。

 元旦の北海道新聞のトップ記事に札幌市電延伸のニュースが載っていたということを,『路面電車を考える館』というサイトの「路面電車ニュース」で知った。

 一時は赤字問題で廃止されるのではないかという話を聞いたことがあったので,ちょっとビックリ。延伸候補地は,(1)JR札幌駅−西4丁目−すすきのをつなぐ都心地区,(2)創成川東・苗穂地区,(3)桑園地区,(4)山鼻南地区,の4カ所に絞り込まれているらしい。

 昨年末は,初の本格的な新規設置LRTとして期待されていた堺市のLRTが白紙になるなど,残念なニュースもあったが,新年早々楽しみなニュースである。富山市では富山地方鉄道市内線の環状運転(セントラム)が復活するなど,高齢化社会への対応や環境負荷の低減,中心市街地の活性化ということで,LRTへの期待度は大きい。

 日本では,路面電車やバスを邪魔者扱いする認識がまだまだ根強く,新規路線を敷設することへの抵抗感は大きいと思われる。まずは既存路線の延伸・復活から,少しずつ便利な公共交通機関が増えていくことを期待したい。

040804133023
[2004年8月4日]西4丁目電停に近づく札幌市電

|

« マッコウクジラ解体中@長野電鉄 | トップページ | 新聞専用列車廃止は時代に逆行では? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市電延伸を検討中:

« マッコウクジラ解体中@長野電鉄 | トップページ | 新聞専用列車廃止は時代に逆行では? »