« 新聞専用列車廃止は時代に逆行では? | トップページ | 鉄道ファンの暴走止まらず »

2010年2月12日

Apple TV のアップデートが来ていた

 ふとApple TVのメニューを見たところ,久々にアップデートが来ていたので実行してみた。
 中身はほとんど変化していない。小さなバグフィックスだったのだろうか。

 PowerMac G5本内に入っているiTunesの曲は問題なく再生されるし,動画も問題なし。Flickrとは問題なくつながるし,YouTubeも問題ない。Podcastもそのまま聴くことができる。音声出力はTVに接続した5.1chアンプに出力しているが,AirMac Express経由でオーディオセットに出力することもできる。

 要するに,Apple TVの問題点は,「日本では映画の配信サービスが始まっていないこと(外国映画の予告編は見ることができ,そのHD画質には目を見張る。日本の“ネットで借りて宅配便で届きポストに返却”などというやり方が化石のように感じる)」「日本ではテレビ番組の配信サービスが始まっていないこと(NHKは専用システムで番組配信サービスをやろうとしているようだけど,赤字が大きく,しかもMac等には対応していないらしい)」「日本ではiTunesに参加していない音楽レーベルが多く,ライブラリが貧弱なこと」に尽きる。

 と言うわけで,蛇足のリモコンの話。

100212013120
 左側がSONYのテレビ「BRAVIA」に付いていたもので,右側がSONYのHDDレコーダー「スゴ録」に付いていたものだ。
 そして真ん中の小さな白いリモコンが,Apple TVのリモコン(MacBook Proを買ったときにも同じリモコンが付いてきた)である。ボタンの数に注目してほしい。これで,できる操作はほとんど変わらないのだ。

 このエントリーを書きたくなったのには理由がある。
 別のエントリーに書いた新しいAirMac Expressにテレビの「BRAVIA」とHDDレコーダーの「スゴ録」がぶら下がることになるため,リモコンでテレビの設定を確認していたときのことである。

 『設定する場合は「設定確認」ボタンを押して下さい。取り消す場合は「戻る」ボタンを押して下さい』という場面に遭遇したのだ。が,しかし,リモコンのボタンを何度も何度も確認したが,「戻る」ボタンは見つかっても,「設定確認」ボタンを見つけることはできなかった。結局その部分の設定を変更することはあきらめた(人間あきらめが肝心ってか)。

 TV画面上に押すべきボタンを「戻る」「ホーム」「オプション」「入力切替」と表示し,利用者は画面上の表記とリモコンのボタンに書いてある表記を確認してそのボタンを押す方法(日本方式)と,TV画面上に行いたい動作が上下左右に表示され,リモコンの上下左右ボタンで選択する方式(Apple方式)と,どちらが快適なんだろうか。
 個人的には,今の何十個何百個ものボタンが付いたリモコンは,じいさんばあさんに使いこなすのは難しいと思うべよ。

|

« 新聞専用列車廃止は時代に逆行では? | トップページ | 鉄道ファンの暴走止まらず »

コンピュータ」カテゴリの記事

Gadget」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Apple TV のアップデートが来ていた:

« 新聞専用列車廃止は時代に逆行では? | トップページ | 鉄道ファンの暴走止まらず »