« 銀山温泉の賑わいは「つばさ」新庄延伸の効果か? | トップページ | 相鉄の夢が実現! 新宿方面へ直通 »

2009年12月 4日

「Google 日本語入力」β版公開の衝撃

 昨日,Googleが,新しい試みを満載したかな漢字変換ソフト (IM)「Google 日本語入力」のβ版を公開した。

 Googleの検索エンジンに組み込まれている検索キーワードの予測機能「もしかして」を担当したエンジニアが中心となって開発したものだそうで,Googleが各種Webサイトから収集したクラウド・データベースを元に変換辞書を自動生成することによって,新語や専門用語も変換候補に出すことができるようだ。

 驚いたことに,Mac OS X版(残念ながらPowerPC版は無いようだ)とWindows版が用意される。また,キーバインドをMS-IMEやことえり,ATOKに準拠したものに変えることも,カスタマイズも可能となっているばかりか,現在使用している辞書をインポートすることも可能らしい。

 ※ 対応OSはWindows XP/Vista/7・Mac OS X 10.5以降

 Twitterではたくさんの人が試用した結果を報告していて大盛り上がり。それを読むかぎりでは,まだ細かなところに粗はあるものの,かなり筋の良いIMになっているようだ。細かなところを修正してくると,ATOKの優位性もあっという間に無くなってしまうかもしれない。

 少なくとも,現在MS-IMEやことえりを使って,変換結果のバカさ加減にあきれている人は,すぐに乗り換えても幸せになれそうだ。

 現在,私は3台のMacintoshと2台のWindows PCを使用していて,いずれもIMはATOKにしている。Google 日本語入力で話題の予測機能も(まったく同じではないが)ATOKには付いているし,専門用語辞書との組み合わせで,かなり少ないタイプ数での文章入力が可能になっている。さらには,ATOK syncを使用することで,所有しているMacintoshとWindowsの辞書を常にシンクロさせることができる(これができないと,ある言葉を単語登録するときには5台全部で単語登録しなければならなくなる)。

 というわけで,当面はATOKを使い続けるつもりではあるが,クラウドの中に単語登録した辞書を保管できるようになると(情報漏洩セキュリティ対策は必要だが),旅先で借りたPCでも通常と同じような日本語入力が可能になるわけで,Googleの対応次第では15年ぐらい使い続けてきたATOKから乗り換えることにもなりそうだ。

 ※ Google Japanの公式ブログ記事

|

« 銀山温泉の賑わいは「つばさ」新庄延伸の効果か? | トップページ | 相鉄の夢が実現! 新宿方面へ直通 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Google 日本語入力」β版公開の衝撃:

« 銀山温泉の賑わいは「つばさ」新庄延伸の効果か? | トップページ | 相鉄の夢が実現! 新宿方面へ直通 »