« 「北1西2」交差点が3カ所もある札幌の街 | トップページ | 東海道新幹線が最高速度300km/hを目指す »

2009年11月20日

小惑星探査機「はやぶさ」帰還運用再開!

 探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ

 奇跡の復活――。4台あるエンジンのうち3台が停止し、小惑星イトカワから地球への帰還が危ぶまれていた日本の探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は19日、故障していた2台のエンジンを組み合わせて、1台分のエンジンの推進力を得ることに成功したと発表した。

 幾たびものトラブルを乗り越え,小惑星探査機「はやぶさ」がまた復活した。

 「はやぶさ」が満身創痍(4つあるイオンエンジンのうち2つが故障)の状態で地球に向かっていた11月4日,残る2つのエンジン(エンジンCとD)のうちひとつ(エンジンD)が自動停止していることが判明し,残りの1つのエンジンCのみでは十分な推進力が得られず,地球への帰還が危ぶまれるとの発表があった。
(エンジンAは打ち上げ直後,エンジンBは2007年4月に異常が生じていた)

 発生するトラブルを何度も乗り越えてきた「はやぶさ」だから,また何かやってくれそうな希望を持とうと思いつつ,今回ばかりはもうダメかなという気がしていた……。

 そして今日11月19日,JAXAが記者会見を行い,停止していたイオンエンジンAの中和器とイオンエンジンBのイオン源を使って,十分な推進力が安定して得られることがわかったことから,地球への帰還運用を再開すると発表したのだ。
 このまま推進力を維持できれば,予定通り2010年6月に帰還可能だという。

 それにしてもこの危機対応力はすばらしい。「はやぶさ」が持っているイオンエンジン用の電源は3台。それぞれが同時に異なるエンジンのイオン源と中和器を運転できるように回路を設けていたそうだ。こういう想像力があるからこその「はやぶさ」復活である。

 地球に「はやぶさ」が帰ってくるのを楽しみに待ちたい。

 ---------------------------------------------

 平成21年11月19日 JAXAのプレスリリースより
 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について

 宇宙航空研究開発機構(以下:JAXA)は、平成21年11月9日にご報告いたしました、小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンの異常について、その対応策を検討してきました。その結果、今後の運用に対する見通しが得られましたので、イオンエンジンの状況を注視しつつ帰還運用を再開することとしました。

|

« 「北1西2」交差点が3カ所もある札幌の街 | トップページ | 東海道新幹線が最高速度300km/hを目指す »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星探査機「はやぶさ」帰還運用再開!:

« 「北1西2」交差点が3カ所もある札幌の街 | トップページ | 東海道新幹線が最高速度300km/hを目指す »