« 500系は来年2月に東海道から引退へ | トップページ | 富山地方鉄道市内線の環状運転が復活! »

2009年11月23日

東京スカイツリーの内部が公開……ただし報道陣のみ

 「ツリー」を貫く長ーい空洞…内部を初公開(読売新聞)

  東京都墨田区で建設中の「東京スカイツリー」(完成時・高さ634メートル)で22日、タワー内部が報道陣に初めて公開され、中心部の長い空洞が姿を見せた。

 空洞は直径約10メートルで、タワー本体の頂上(地上約470メートル)まで貫く予定で、現在は200メートルほど延びている。空洞内には、地震の揺れを低減するための鉄筋コンクリート製の巨大な円筒「心柱(しんばしら)」や非常階段が作られる予定だ。

 11月21日に東京スカイツリーの写真を撮りに行ったばかりだったので,タイムリー(?)なニュース。
 工事中の東京スカイツリーの外観を見る限りでは,内部の空間は少なそうに見える。しかし,読売新聞のWebサイトの写真を見ると,巨大な空間が残っているようだ。

 現在でも相当に高い(西新宿の高層ビル群並)東京スカイツリーも,完成時にはさらにこの3倍の高さになるのだから驚く。完成時が楽しみだ。

 以下は11月21日撮影した写真から……

091121160629
 押上二丁目交差点付近。

091121162332
 東武伊勢崎線の業平橋の車庫から。

091121165137
 北十間川と東京スカイツリー。

|

« 500系は来年2月に東海道から引退へ | トップページ | 富山地方鉄道市内線の環状運転が復活! »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリーの内部が公開……ただし報道陣のみ:

« 500系は来年2月に東海道から引退へ | トップページ | 富山地方鉄道市内線の環状運転が復活! »