« PLAYBOY誌終刊前号の山口百恵インタビュー | トップページ | GR DIGITAL II 嫌よ嫌よも好きのうち »

2008年12月28日

iPhoneで産経新聞が無料で読める…が複雑な気分

 2週間ぐらい前,iPhoneの無料アプリに『産経新聞』が登場して話題を呼んだ。産経新聞朝刊まるごとを、新聞そのまんまのレイアウトでiPhone/iPod touchで読めるんだから,話題にならないわけがない。

Photo
[iPhoneの画面コピー]
 広告の部分も含めて 1面からテレビ面まで,朝の5時に配信される。各面をスクロールして選択し,読みたい部分を拡大・縮小して読むことができる。実際に使ってみると,情報量の多さにもかかわらず,意外にさくさくと動く。

 今までの携帯電話では,ちょっと詳しいことを知ろうとすると「この先は有料になります!」という壁が立ちはだかることが多かった。それが,Webには無料でゴロゴロ転がっているコンテンツであってもだ。
 そんな中で,新聞の朝刊をまるごと無料で配信するという決断には驚かされた。どのようなビジネスモデルを考えているのか想像もできないが,とりあえず大いに評価したい。

 で,「複雑な気分」と書いたのは,実は産経新聞が数年前からWeb版の「新聞まるごと配信サービス」である『産経NetView』というサービスを実施してるからだ。こちらは無料ではなく,過去1ヶ月分のバックナンバーも読める契約では一ヶ月420円(直近1週間の新聞が読めれば良いということであれば315円)かかる。私は当初からこのサービスを享受している。

Netview
[縦置き24inchディスプレイ(縦1920×横1200)に表示した『産経NetView』の1面]
 アンチエイリアシングの効いた綺麗なフォントにより,部分を拡大せず,1面全体を読むことができる(ディスプレイを横置きにすると,iPhoneで読むときのように部分拡大してスクロールする必要が出てくる)。
 記事をスクラップしてPDFで保存するのも(Mac OS Xなら)簡単にできるので,正直なところ紙の新聞にはもう戻りたくない。

 とは言え,利用している『産経新聞』の情報は無料版のiPhoneアプリとまったく同じだ。月420円は激安価格だと思ってはいるが……(iPhone版が無料なのは嬉しいに決まっている)複雑な気分である。

|

« PLAYBOY誌終刊前号の山口百恵インタビュー | トップページ | GR DIGITAL II 嫌よ嫌よも好きのうち »

Gadget」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで産経新聞が無料で読める…が複雑な気分:

» touch diamond アプリ [touch diamond アプリ]
touch diamond アプリについての情報です。 [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 11時35分

« PLAYBOY誌終刊前号の山口百恵インタビュー | トップページ | GR DIGITAL II 嫌よ嫌よも好きのうち »