« ポメラ熱が急速に冷める | トップページ | PLAYBOY誌終刊前号の山口百恵インタビュー »

2008年12月21日

哀愁のタンゴ Gotan Project

Gotan
La Revancha del Tango / Gotan Project

 バンドネオンの愁いを帯びた音色。バンドネオンに絡むバイオリン。格好良く支えるギター。そして……淡々としながらも官能的でエロいボーカル。
 以前,BSで放映された2006年のモントルー・ジャズ・フェスティバル (Montreux Jazz Festival) の映像を見て,ハマったのが Gotan Project だ。

 彼らの音楽は「タンゴとエレクトロニカの融合」と紹介されたが,そもそも「エレクトロニカ」という種類の音楽を私は知らない。リズムセクション(機械の打ち込み?)がやや単調な気がするのは,私が「エレクトロニカ」を理解していないゆえのことだろう。

 そんなことはどうでも良いし,アルゼンチンタンゴだろうがミロンガだろうがハバネラだろうが,とにかくバンドネオンの哀調を帯びた旋律が胸の中に入り込んできて,心臓を鷲掴みにするのだ。

1. Queremos Paz
2. Epoca
3. Chunga's Revenge
4. Triptico
5. Santa Maria (Del Buen Ayre)
6. Una Musica Brutal
7. El Capitalismo Foraneo
8. Last Tango In Paris
9. La del Ruso
10. Vuelvo Al Sur
11. Interlude
12. Confianzas
13. Epoca Muro Remixcour Tesy of Incredible Records / Lexington Co. Ltd. / Toy's Factory

---------------------------------------------


Lunatico / Gotan Project

|

« ポメラ熱が急速に冷める | トップページ | PLAYBOY誌終刊前号の山口百恵インタビュー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁のタンゴ Gotan Project:

« ポメラ熱が急速に冷める | トップページ | PLAYBOY誌終刊前号の山口百恵インタビュー »