« 昔話:理系人間御用達 OLYMPUS OM-2 | トップページ | 昔話:大いなる挫折の中 Nikon F3ユーザーとなる »

2008年10月25日

ショック! 電子辞書が壊れた…

 わずか2週間ほど前に,電子辞書が旅の必需品だという話を書いたばかりなのに,なんとその電子辞書が壊れていることに気づいた。

081025205311
 田町から帰る途中の電車の中,ふと疑問に思った言葉の意味を調べようとバッグの中から電子辞書を取り出した。電子辞書のディスプレイを開いたら何やら綺麗なグラフィックが……というのは勘違いで,それは無惨にもひび割れた液晶ディスプレイだった。

 ひび割れた液晶ディスプレイを見るのは,10数年ぶりだろうか。当時,毎日持ち歩いていたPowerBook100を,カバンごとコンクリートの上に落として以来だと思う(修理代は20万円近かったような記憶が……)。

 それにしても,壊れたのはいつだろうか。
 一カ所だけあるラッチの部分からヒビが広がっていることから推測すると,筐体の厚み方向に強い圧力が加わったためではなく,ディスプレイか本体のどちらかだけに力が加わり,ラッチの根元に大きな応力が生じたものと思われる。落としたりした記憶はない。いつもバッグ(リュックサック)の外ポケットに入れたままだったので,バッグを床などに置いた際に,運悪く電子辞書が最初に衝撃を受ける状態になってしまったのだろうか。

 先のブログのエントリにも書いたように,平成の大合併等で電子辞書の内容が現実にそぐわなくなっており,ちょうど買い換えが必要な時期ではあった。さて,どうしようか……。

|

« 昔話:理系人間御用達 OLYMPUS OM-2 | トップページ | 昔話:大いなる挫折の中 Nikon F3ユーザーとなる »

Gadget」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショック! 電子辞書が壊れた…:

« 昔話:理系人間御用達 OLYMPUS OM-2 | トップページ | 昔話:大いなる挫折の中 Nikon F3ユーザーとなる »