« 昔話:NIKKORレンズの増殖とNikon FG | トップページ | 『カルメン故郷に帰る』に感動す »

2008年10月30日

昔話:初めて買ったAFカメラ PENTAX MZ-3

 1990年代に入り,世の中はAFカメラが主流となっていた。ショップの店頭で各社のカメラをいじって,AFは便利そうだとは思っていたが,どのカメラもズングリ・ムックリした曲線的なデザインで,「欲しいっ!」と感じさせるカッコいいカメラは無かった。特にPENTAXのSFシリーズ,Zシリーズは好きになれなかった(Zシリーズの露出制御方法であるハイパーマニュアル,ハイパープログラムは凄いと思っていたが,デザインが……)。

 そんな中,突然PENTAXからMZ-5というカメラが発表された。特に斬新なデザインというわけではなく,自分が持っている古いMFカメラと同系統のデザイン(悪く言えば古くさい感じ)で,手持ちのMFレンズを付けてもまったく違和感がなかった。ミノルタとキヤノンはAFカメラを実現するためにレンズ・マウントを変更したが,PENTAXとニコンは従来のマウントを引き継いだため,デザイン重視の私にとっては,AFカメラとはいえMFレンズとのデザインの統一感も重要なのだ。

081030132259_2
 PENTAX MZ-3。正確には,初めて買ったのはMZ-5だったが,買ってすぐに改良版のMZ-3が出たので買い換えた。

081030132423
 シャッターボタンの横にシャッター速度ダイヤル,左側に露出補正ダイヤル。昔ながらの配置になっている。
 残念ながら,ハイパーマニュアル,ハイパープログラム機能は搭載されなかったが,こういう昔ながらのインタフェースと共存するのは難しいだろう。

081030132542_2
 シャッター速度ダイヤルとレンズの絞りリングで露出の調整を行う。シャッター速度ダイヤルを「A (Automatic)」にして絞りリングをいじれば絞り優先オート,絞りリングを「A」にしてシャッター速度ダイヤルをいじればシャッター速度優先オート,どちらも「A」にすればプログラム・オートとなる。また,両方ともいじればマニュアル露出となる。

 この方式だと,現在のカメラでも一般的になっている「絞り優先モード」「シャッター速度優先モード」「プログラム露出モード」「マニュアル露出モード」のモード切替が必要ない。実に合理的で単純明快である。『Don't mode me in !』なのである。

081030132730
 単三バッテリーパックFGを付けても小型軽量だった。
 シャッターの切れがマッタリしているとか,シャッターボタンの半押し状態から連続してシャッターが切れないとか,いろいろ不満はあったが,全国あちこちを旅して歩くのに小型軽量なのはありがたかった。

|

« 昔話:NIKKORレンズの増殖とNikon FG | トップページ | 『カルメン故郷に帰る』に感動す »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:初めて買ったAFカメラ PENTAX MZ-3:

« 昔話:NIKKORレンズの増殖とNikon FG | トップページ | 『カルメン故郷に帰る』に感動す »