« PIKE'S PEAK / The Dave Pike Quartet | トップページ | GETTIN' AROUND / Dexter Gordon »

2005年2月26日

DIALOGUE / Bobby Hutcherson


DIALOGUE / Bobby Hutcherson
 ヴァイブラホンのデイヴ・パイクに続いて,同じヴァイブラホン奏者ボビー・ハッチャーソンのアルバム,「ダイアログ(DIALOGUE)」についてかすかだってみっぺがな。
 ボビー・ハッチャーソンといえば,新主流派ジャズの先駆者としてブルーノートにたくさんのリーダー・アルバムを残しており,一般的にはそのブルーノートのアルバム「Happennings」が代表作とされる。

 1986年の映画「ラウンド・ミッドナイト」
──テナー奏者デクスター・ゴードンの素のままの演技が評判だった── に,とぼけたような役で出演して,飄々としたとても良い味(スープの味同様に)を出していたハッチャーソンが印象に残る。1970年以降はファンクやロックとのフュージョンに流れた後,近年はアコースティック路線に戻っており,ジャズが華やかだった頃を知るベテランとして健在である。

 「ダイアログ(DIALOGUE)」は,ボビー・ハッチャーソンのファースト・ソロ・アルバムである。
 Cattaのイントロ部分,ジョー・チェンバースのリムショットの後のボビー・ハッチャーソンのヴァイブラホンとアンドリュー・ヒルのピアノによるリフがいきなり印象的だ。哀調を帯びつつ,緊迫感がある。そして,フレディ・ハバードとサム・リバースのホーン陣によるテーマ,そしてサム・リバースのアドリブに突入する。バックではアンドリュー・ヒルが印象的なリフをずっと続けていて,それが,曲全体が哀調を帯びつつ緊迫感を持った絶妙な雰囲気を作り出している。

 2曲目のIdle Whileはサム・リバースのフルートによるテーマ(これもマイナー・キーの曲である)と,ミュートを付けたフレディ・ハバードのトランペットの絡みで始まる。ワルツ・タイムの曲だというだけで,個人的には嬉しくなってしまう。この演奏ではボビー・ハッチャーソンがささやかなバッキングを付けており,ささやかなバッキングではあるが曲の印象を形成している。

DIALOGUE / Bobby Hutcherson
Freddie Hubbard, tp; Sam Rivers, ts, ss, bcl, fl; Bobby Hutcherson, vib, marimba;
Andrew Hill, p; Richard Davis, b; Joe Chambers, ds.
1. Catta
2. Idle While
3. Les Noirs Marchent
4. Dialogue
5. Ghetto Lights
Recorded on April 3, 1965

|

« PIKE'S PEAK / The Dave Pike Quartet | トップページ | GETTIN' AROUND / Dexter Gordon »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DIALOGUE / Bobby Hutcherson:

« PIKE'S PEAK / The Dave Pike Quartet | トップページ | GETTIN' AROUND / Dexter Gordon »