カテゴリー「・36 徳島県」の2件の記事

2008年5月 2日 (金曜日)

振り子特急「南風」で土佐国高知へ

080502170949edit

振り子特急「南風」で土佐国高知へ


 岡山駅から宿毛行きの特急「南風」で高知に向かう。

080502150601
 岡山駅(岡山県岡山市)。駅舎が建て替えられたため,以前の面影がどこにもない。慣れないせいか,駅構内をブラブラしていたら,自分が岡山にいるのか姫路にいるのか,一瞬意識が混濁してしまった。

080502154023
 ホームに特急「南風」が入ってくるのを待つ。隣のホームからは,津山線津山行きのディーゼルカーが発車していった。
 少し離れた位置にある津山線のホームに比べると,山陽本線の新しいホームは少し薄暗いようだ。

080502154223
 ホームに特急「南風」が入ってきた。四国の山中を,大歩危小歩危で有名な吉野川流域の渓谷に沿って縦断する土讃線にはカーブや勾配区間が多いので,速度アップのために振り子式のディーゼルカーが使用されている。

080502155555
 特急「南風」の先頭車両。

080502161822
 交換列車待ちで停車した妹尾(せのお)駅を出ると,すぐにノコギリ型の屋根がある工場の横を通過する。何の工場だろうか。ちらりちらりと見える妹尾の町も,なかなか趣があるように見えた。機会があったら訪問してみたいものである。

 そういえば,同じ宇野線の茶屋町駅も,ずいぶん前から下車してみたいと思っていたことを思い出した。
 鉄道ファンには有名だったローカル私鉄,下津井電鉄を訪問したのは20数年前のことになる。当時の下津井電鉄は児島と下津井の間を走っていたのだが,そのとき児島駅で話をしたおじさんから,かつての下津井電鉄は児島と茶屋町の間にも線路があったということや,旧茶屋町駅の遺構もまだ残っているという話を聞き,次の機会には茶屋町で下車してみようと思ったのだった。次の機会には茶屋町で廃線跡を見よう,次の機会には……と思っているうちに,とうとう児島−下津井間までもが廃止されてしまい,茶屋町で下車する機会はなくなってしまった。

 風の噂で聞いたところでは,茶屋町に残っていた下津井電鉄の遺構も,宇野線の高架化工事とともに消えてしまったそうだ。「いつまでも あると思うな ローカル私鉄」かな。

080502163914
 轟音の中,瀬戸大橋を渡る。トラスの間から瀬戸内海の風景を撮った。

 こういう瞬間的な撮影をする場合,カメラのシャッタータイムラグが重要になる。オートフォーカスは使えないので,ピントを無限遠に固定して,シャッターボタン半押し状態からシャッターを切るのだが,NikonのCOOLPIX P5100は,シャッタータイムラグが大きく(0.1秒ぐらい?),ちょっと使いにくかった。この点では,シャッタータイムラグ0.005秒のSONY Cyber-shot DSC-W200や,かつて(紛失するまで)使っていたPENTAXのOptio S5i(シャッタータイムラグ0.01秒)がかなり使いやすかった。

 いまだに「デジカメはシャッタータイムラグが大きすぎて駄目だ」「押した瞬間が撮れるレンジファインダー機が一番」というようなことを言う人がいるが,この点に関して言えば,一部のコンパクトデジカメではレンジファインダー機と同等もしくはデジカメの方が高速だったりする(レンジファインダー機は0.01秒前後)。

 こういうときはムービーの方が良さそうだ。
「080502-163230o.mov」をダウンロード(2.9MB)

080502170949
 車両が振り子式のディーゼルカーなので,カーブでは驚くほど車体が傾く。これはかなり楽しい(苦手な人は酔いやすいらしいけど)。
 国内でも振り子式の車両が使われているところは少ないので貴重である。運良く,前から二番目の座席だったので車体が傾いているのがわかる瞬間を撮ろうとしたが,これはちょっと難しかった。車体が最高に傾いている瞬間は急カーブなので,前面の車窓にレールが写らないので,何を撮っているのかわからない写真になってしまうのだった。

080502172332
 土讃線の車窓の中でも見どころのひとつ,箸蔵駅付近。
 讃岐山脈を猪ノ鼻トンネルで抜けた列車が,標高の低い吉野川まで急勾配を下る。眼下には吉野川沿いの家並みが広がっている。東に向かって勾配を下りきった土讃線の列車は,吉野川を渡る鉄橋のところで大きくカーブし,ぐるりと回って,今度は西にある阿波池田の町に向かって走ることになる。

080502173146
 吉野川を渡るところ。

080502173756
 阿波池田駅(徳島県三好市……なぜ阿波池田市にしなかったんだろう)。池田の町は北側の吉野川側が高くなっていて,高い側の幹線道路側から見ると2階建て,低い駅の側から見ると3階建て,4階建てに見える建物が並んでいて面白い。
 なお,この高い部分に,かつて甲子園で有名になった「さわやかイレブン」「山びこ打線」「攻めダルマの蔦監督」の池田高校がある。

080502175050
 吉野川の大歩危・小歩危は土讃線の車窓で最大の見どころである。
 もうひとつ,個人的には祖谷渓の標高の高いところの傾斜地に民家が点在する風景も,この付近の車窓の特徴(見どころ)だと思っている。

080502185039
 高知駅(高知県高知市)に到着。ドーム状のアーチ構造物が特徴である。
 地上駅だった頃の高知駅は,駅本屋側に優等列車用のホームがあって,駅の外から階段を一度も使わずにホームに入ることができていた。また,高架化工事の常套手段(札幌駅や佐賀駅など)だが,価値の高い駅前を広くするように新しい駅を駅前から後退するかたちで高架駅を設けたため,街と駅の距離が若干遠くなってしまっている。これらの欠点を差し引いてもメリットのある高架化工事になっているか,気になるところだ。

080502185131

080502185243
 明るく広い高知駅構内。

080502185451
 駅前には旧高知駅ホームが残っている。

080502185603
 駅前の土佐電鉄(土電)高知駅前電停。以前はJR高知駅前広場を目前にして,東側に90度カーブして,駅から遠いところにあった駅前電停(しかも,たしか歩道橋を使わないと電停に行けないという不便さ)を,5-6年前にJR高知駅前まで真っ直ぐ入ってくるように改良されている。今回,一度近づいたJR高知駅が,高架化工事でまた遠ざかってしまった。高架化改良工事が完了したときには,また駅前まで電停を移動させてもらえるのだろうか。

 停まっている電車は,どこかで見覚えのある車両だった。赤い車体に「592」という数字……。

080502185622
 この電車は岐阜の市内,美濃町線を走っていたものではないか。懐かしい。

080502185816
 外から電車をながめていると,発車ブザーが鳴ったので,慌てて電車に乗り込んだ。

080502190307
 はりまや橋電停で電車を降りる。桟橋通五丁目電停目指して電車が走り去る。

080502190631
 今晩の宿がある帯屋町のアーケード商店街を歩く。

080502190715
 高校生がピースサインを出して走り去る。

080502190753
 大規模なアーケード商店街である。

080502192627
 アーケード商店街から一本逸れると,飲み屋街になっている。

【参考(過去の写真)】
020502_143041
 高架化される前の高知駅。高松から乗った特急「しまんと」を下車したところ。2002年5月2日,PENTAX Optio330で撮影。

030427102059
 岐阜市,徹明町電停に停まる名鉄美濃町線の電車。車体番号は「592」。高知駅前から乗った電車と同じだ。2003年4月27日,FUJIFILM FinePixS2Proで撮影。

030427121059
 岐阜市北一色付近を走る名鉄美濃町線の電車。2003年4月27日,FUJIFILM FinePixS2Proで撮影。

030427130331
 北一色から野一色駅に向かって専用線区間に入った名鉄美濃町線の電車。2003年4月27日,FUJIFILM FinePixS2Proで撮影。

 ── Nikon COOLPIX P5100 or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土曜日)

午前中の便で福岡から羽田へ

 午前中の飛行機だが,福岡から羽田までの便の,しかも窓際の席がとれたので,帰ることにする。帰路につくことが決まると,今年のゴールデンウィークが本当にあっという間だったことを実感する。

060506052947_1
 朝の5時半。宿泊したビジネスホテルの窓から外を見る。昨晩は川沿いの道に屋台が連なって賑わっていたが,朝にはすっかり片付けられている。見事な出店者のマナーに感心。

060506102828_1
 機内に据えられたテレビのニュースでは,Uターンラッシュが本日ピークになることを繰り返し放送していた。

060506103940
 せっかく窓際の席に座れたのだが,あいにくの曇り空。チラッと見えた海岸線は,進行方向の左側に埋立地が続くところを見ると,伊予西条,新居浜,川之江付近だろうか。高松付近や宇多津,坂出付近とは地形が違うような気がする。

060506104645
 香川県の東部,引田付近。

060506104756
 誰が見ても鳴門海峡だとわかる写真。こういうふうに,地図で見た地形がそのまま見えるとめちゃくちゃ嬉しい。

060506105445
 鳴門海峡が見えた後はしばらく雲ばかりが見えていたが,一瞬雲が途切れた瞬間に見えたのは,奈良盆地だった。橿原市にある特徴的な形の耳成山がよくわかる。

060506110125
 知多半島の南端。

060506110301
 渥美半島の付け根,豊橋市付近。広大な埋立地にはトヨタ自動車関連の巨大な工場が立ち並ぶ。

060506110347
 静岡県の遠州灘。風向きの関係だろうか,雲の形が面白い。

060506110735
 御前崎。はるか彼方に富士山が見えてきた。

060506110839
 富士山はやっぱり飛び切り美しい。
 手前には日本平や静岡,清水の街が見える。

060506111659
 大島の飛行場。

060506112057
 千葉県の南端,野島崎の南側をぐるりと回る。
 この後,羽田空港への着陸許可がなかなか出なかったのだろうか,到着時刻を大幅にオーバーし,「ひょっとしたら成田空港に降りるんじゃないだろうか」と不安になるほど千葉県の内陸部をぐるりと回ってから,羽田空港に着陸した。

060506115408

060506115907_1
 羽田空港に到着。

060506142910
 妙に疲れていたので,近所のヨーカドー上永谷店で買い物をして,さっさと帰宅した。豚丼が安かったので買って帰ったのだが,いざ食わんとすると,安かったはずの豚丼が880円もする……。さらに良く見ると(良く見なくたってわかりそうなものだが),ラベルは「エビマヨネーズピザ」になってやがる。どうやら疲れはピークにあるようで,豚丼を食ってソファに横になったら,あっという間に眠ってしまった……。

【使用したカメラ】
・PENTAX Optio WP

| | コメント (2) | トラックバック (0)