カテゴリー「・27 大阪府」の24件の記事

2016年1月 8日 (金曜日)

天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス

160108182259edit
160108184944edit_tonemapped

天王寺駅前阪和商店街とあべのハルカス


 晩飯を食ってホテルにチェックインする前に,久しぶりに天王寺駅前阪和商店街を見て歩く。
 阪和商店街はほぼ10年前の2005年にPENTAXの*ist Dを使って撮影したのだが,まだ正月三が日だったためどこの店も閉まったままでとても暗く,上手く撮れなかった苦い記憶が残っている。今回は高感度撮影に強いSONYのα7Sでリベンジである。

160108-181113
 天王寺駅北口を出たところ。玉造筋の北側の堀越町(大阪市天王寺区堀越町)に天王寺駅前阪和商店街がある。駅前の玉造筋は天王寺駅前商店街となっている。

160108-181258
 天王寺駅北口の玉造筋。中央分離帯に古いガードレールがある。酒房「都スタンド」が渋い。こんなところに停まっているタクシーは,飲食店の多い阪和商店街の出入口で客待ちしているようだ。

160108-181313
 天王寺駅前阪和商店街。旬菜工房「魁」,信濃そば・居酒屋「信濃」。阪和商店街には「信濃」以外にも,「酒豪しなの」や洋酒貴族「信濃路」があり,これらが姉妹店なのか無関係なのかは不明。

160108-181339
 食べ処・呑み処「信濃」とろばた焼「新力」。

160108-181401
 ろばた焼「新力」の前から西側を見る。

160108-181432
 菓子問屋ワタナベ。写真左はパチンコ屋。

160108-181505
 阪和商店街の東端に南北に続く通り。居酒屋「炉阿」,炭火焼鳥「にいたか」。
 天王寺駅・大阪阿部野橋駅界隈の再開発によって,街を訪れる人が増えたためだろうか,閉じたままのシャッターが多い印象だった阪和商店街に新しい店が増えているような気がする。

160108-181517
 炭火焼鳥「にいたか」とろばた焼「新力」の前から西側を見る。

160108-181557
 阪和商店街の東端に南北に続く通りの南側を見る。

160108-181618
 玩菓問屋「ワタナベ」。ワタナベは,東西に続く阪和商店街の2本の通りの両方に面していて,北側の通りが玩具,南側は菓子を扱っているようだ。

160108-181632
 阪和商店街の玩菓問屋「ワタナベ」。

160108-181709
 炭火焼鳥「たか鳥」と居酒屋「酔虎伝」。酔虎伝てんのじ村店と書いてあるところを見ると,天王寺駅前阪和商店街は「てんのじ村」とも呼ばれているのだろうか。
 このあたりの店も,たぶん新しくできた店だと思われる。こういうチェーン店っぽい店が増えているということは,やはり商店街に人通りが戻ってきているということだろう。

160108-181729

160108-181759

160108-181820
 焼鳥「たか鳥」と「酒豪しなの」の間には南北の通りを結ぶ路地がある。

160108-181836
 焼肉「つるや」と洋酒貴族「信濃路」,そしてその横に公衆トイレがある。ここは以前からある店が並んでいる。

160108-181925
「酒豪しなの」と洋酒貴族「信濃路」の南側の路地。居酒屋「さかえ」と麻雀「栄」。

160108-181937
 串カツ「菱屋」。“ソース二度付け禁止”はもはや売り文句だ。

160108-181950
 菓子問屋ワタナベ,ワタナベ商店。

160108-182011
 酒豪しなの酒坊。酒房ではなく酒坊。

160108-182022
「酒豪しなの」と「しなの酒坊」が混在している。

160108-182052
 備長串屋「わたる」と串焼肉・串ホルモン「つるや II」。昔ながらの店に「II」が付いている。

160108-182102

160108-182120
 串焼ホルモン「つるや II」と備長串屋「わたる」,そして炭火焼「八剣伝」天王寺店。

160108-182131
 酔虎伝と八剣伝は同じグループのチェーン店らしい。

160108-182201
 人気立ち飲み居酒屋「種よし」と焼肉「味道」。「種よし」は客がいっぱいで,帰り際にはオカミさんが火打ち石で切り火を切ってくれる。面白いね。

160108-182259
 次から次に「種よし」に吸い込まれていく。

160108-182320
 阪和商店街の西側の谷町筋寄りにはシャッターが閉まったままのところが多い。

160108-182358
 塩昆布の看板。

160108-182545
 炭火焼「八剣伝」の前から東側を見る。

160108-182555
 お立ち呑み処「種よし」の前から東側を見る。

160108-182609
 炭火焼やきとり「鳥ひろ」,炭火焼肉「つるや」,洋酒貴族「信濃屋」の前から東側を見る。

160108-182621

160108-182649
 炭火焼肉「つるや」と洋酒貴族「信濃路」。まるで昭和博物館のようにも,昨今流行のレトロ風にも見えるが,レトロ風ではなくレトロである。

160108-182723
 酒房「しば幸」と公衆トイレ。

160108-182804
 串焼「わたる」と串焼ホルモン「つるや II」。

160108-182850

160108-182959
 谷町筋の天王寺駅前商店街の阪和商店街入口と都そば。

160108-183031
 谷町筋の天王寺駅前商店街と地下鉄谷町線天王寺駅・あべちか入口。

160108-183100
 JR天王寺駅の駅ビルと公園口,天王寺MIO,そして日本一の高さを誇る超高層ビル「あべのハルカス」。地上60階建ては池袋のサンシャイン60と同じで,横浜ランドマークタワーの地上70階建てよりも階数は少ないが,塔屋部分の高さが圧倒的である。

160108-183200
 JR天王寺駅とあべのハルカス。

160108-183234
 JR天王寺駅公園口の地下鉄谷町線天王寺駅・あべちか入口。

160108-183700
 JR天王寺駅南側を通るあびこ筋。写真左が天王寺MIO,右があべのハルカスと近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅の阿部野橋ターミナルビル新館。道路の下には地下鉄御堂筋線の天王寺駅がある。

160108-183812
 あべのハルカスを見上げる。

160108-183940
 あびこ筋と谷町筋が交差する近鉄前交差点。左の高層ビルが「あべのnini」,右はエコーアクロスビルである。

160108-184055
 谷町筋にある阪堺電軌上町線の天王寺駅前電停。谷町筋の西側の阿倍野筋一丁目は,阿倍野再開発事業で「あべのキューズタウン」として生まれ変わり,風景が一変した。「abeno CUES TOWN」「あべのマーケットパーク Q's MALL」の「キュー」や「Q」は東急の「急」で,ショッピングモールは東急ハンズやSHIBUYA 109がテナントになっている。
 最近は関西にも進出している東急グループ。大阪駅に進出した三越伊勢丹は上手くいかなかったらしい。東京のイメージを強く打ち出したSHIBUYA 109 ABENOや東急ハンズ,成城石井などが大阪で受け入れられるのかどうか,ちょっと気になる。

160108-184129
 谷町筋にある阪堺電軌上町線天王寺駅前電停。阿倍野再開発事業で「あべのキューズタウン」側が大きくセットバックして幅員が広くなり,上町線の線路を道路の真ん中に移す工事が行われている。

160108-184210
 あべのハルカスと阪堺電車のヘッドライト(写真右下にぎりぎりで写っている)を一緒に写そうと思ったが,広角側16mmでは難しかった。

160108-184245
 あべのハルカスとあべのnini。

160108-184312
 あべのハルカスを下から上まで全部写そうとすると,カメラの水平にこだわっていられなくなる。

160108-184402

160108-184723
 近鉄前交差点とJR天王寺駅と天王寺MIO(天王寺ミオプラザ館と天王寺ミオ本館)。天王寺ミオプラザ館はかつての天王寺ステーションデパートである。

160108-185044
 あべのハルカスと近鉄前交差点の歩道橋。

160108-185116
 JR天王寺駅の天王寺MIOプラザ館。天王寺ステーションデパート(ステーションプラザてんのうじ)のほうがしっくりくるイメージだ。

160108-185205
 近鉄前交差点の歩道橋から茶臼山方向を見ると,天王寺動物園の先に通天閣が見える。

160108-185346
 近鉄前交差点の歩道橋からあびこ筋の西側を見る。あびこ筋の下には地下鉄御堂筋線が通っている。

160108-190231
 あびこ筋の複合商業ビル「あべのルシアス」。シネマコンプレックス「あべのアポロシネマ」やスポーツクラブが入っている。

160108-190325
 あべのルシアスの吹き抜け。

160108-190601
 あびこ筋からあべのハルカスを見上げる。

160108-191943
 チェックインしたビジネスホテルから外を見る。てんしば「TEN-SHIBA」は天王寺公園の天王寺駅側の入口を整備した芝生広場ゾーン。

160108-191956
 てんしば「TEN-SHIBA」の先に茶臼山のラブホテル街が見える。ホテル醍醐,ノーブルホテルダイゴに天守閣がそびえ立つ。

天王寺あべのハルカス

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【関連記事】
2005年1月2日 (日曜日):天王寺駅前の阪和商店街

| | コメント (5) | トラックバック (0)

有馬温泉から三田経由で天王寺へ

有馬温泉〜天王寺

 他の温泉地と同様に有馬温泉でも一人旅の客は歓迎されず,今晩の宿は大阪の天王寺に決定。三田経由で天王寺に向かう。

160108-153803
 神鉄の有馬温泉駅(神戸市北区有馬町)から有馬口行きの電車に乗り込む。

160108-154342
 有馬口駅(神戸市北区有野町)に到着。構内踏切を使って三田行きの電車に乗り換える。

160108-154402
 有馬口駅の構内踏切で三田方面のホームへ。有馬温泉からの電車と新開地行きの電車は同一ホームで,待ち時間のない乗り換えが可能なダイヤになっているらしい。

160108-154641
 有馬口駅のホームに三田行きの電車が入ってきた。新開地方面からの神鉄有馬線の電車は,そのまま三田線に乗り入れて三田まで運転されている。

160108-155231
 神鉄三田線の電車が岡場駅(神戸市北区藤原台中町一丁目)に停車中。駅前にはダイエー藤原台店が核店舗となるエコール・リラ ショッピングセンターがある。ダイエー藤原台店は,この後イオン藤原台店となった。

160108-161232
 終点の三田駅に到着。到着してすぐ,ホームの反対側にはウッディタウン中央からの公園都市線の電車も到着する。

160108-161352
 神鉄三田駅のホームに新開地行きの電車とウッディタウン中央行きの電車が並ぶ。

160108-161443
 神戸電鉄三田駅の改札口。

160108-161529
 神戸電鉄三田駅。

160108-161701
 JR福知山線の三田駅は橋上駅になっていて,ペデストリアンデッキを使って乗り換える。

160108-161748
 三田駅前のペデストリアンデッキとキッピーモール(三田駅前一番館)。キッピーモールは三田阪急が核店舗になっている。

160108-162018
 三田駅を発車する神鉄公園都市線のウッディタウン中央行き電車。

160108-162159
 JR福知山線三田駅の改札口。

160108-162410
 JR三田駅には,2005年(平成17年)のJR福知山線脱線事故のお詫びと追悼の言葉が今でも掲示されている。

160108-162935
 JR福知山線三田駅のホームに高槻行きの列車が入ってきた。

160108-163208
 のどかな福知山線の車窓。この後,宝塚駅までの区間は都市近郊とは思えない山間部をトンネルで抜けることになる。旧線は武庫川の渓谷に沿った車窓で知られた区間だった。

160108-173052
 大阪駅で下車し,大阪環状線の電車に乗り換える。
 福知山線の列車は,かつては大阪駅が始発・終着が基本だったが,現在はJR京都線(東海道本線)やJR東西線(片町線・学研都市線)に乗り入れている。
 ディーゼル機関車が牽引する客車列車が比較的近年まで残り,のんびりしていた福知山線が急速に近代化し,京都〜大阪〜神戸の都市路線に組み込まれるようになって,少しの列車の遅れが他線区へ大きな影響を及ぼすことになったことも,JR福知山線脱線事故の遠因になったのではないかと思われる。

160108-173125
 大屋根のある巨大な橋上駅舎が新しく作られた大阪駅。

160108-173410
 大阪環状線のホーム。山手線が正確には品川から渋谷・新宿・池袋,そして田端間を結ぶ路線なのに対して,その名の通り環状に繋がった(今宮〜天王寺は関西本線との重複区間)大阪環状線だが,環状運転する電車はとても少ない。外回りの電車は天王寺止まりが多く,内回りの電車は天王寺からやってきて,環状線をぐるりと回った後で奈良や和歌山に向かう列車が多い。

160108-175948
 東京では「♫丸い緑の山手線」という歌の通り,路線図の山手線は丸く描かれるが,大阪の環状線は,天王寺駅を中心に一直線に開いたかたちで描かれている。

160108-180015
 大阪環状線の電車が終点の天王寺駅に到着。回送電車となる。

160108-180331
 天王寺駅の中央改札口。

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水曜日)

阪堺電軌住吉公園駅付近と住吉大社

160106162713edit

廃止される阪堺電軌住吉公園駅付近と住吉大社


 住吉大社に参拝した後,今月末(2016年1月30日)に廃止される阪堺電軌上町線の住吉公園〜住吉間と,阪堺電車を撮り歩くことにする。

160106-155019
 南海電車住吉大社駅・阪堺電車住吉公園駅の前の住吉大社の参道。石灯籠が並んでいる。

160106-155127
 住吉大社の参道。阪堺電車が走る広い通りを渡ると,そこが住吉大社の境内である。

160106-155346
 住吉大社「すみよしさん」の前にある阪堺電軌阪堺線の住吉鳥居電停から,南海電車住吉大社駅方向を見る。

160106-155412
 住吉大社の鳥居。正面奥には反橋(太鼓橋)が見える。
 住吉大社は摂津国一の宮で,全国にある住吉神社の総本社である。正月三が日には約260万人が参拝する,全国でも有数の大規模参拝神社である(参拝者数では明治神宮,伏見稲荷大社に次いで3番目。ただし集計方法が不明確なので数値の精度は高くないはず)。

160106-155436
 参道には屋台の出店が並んでいる。

160106-155514

160106-155727
 あちこち街を歩いていると,飯を食べずに夕方になってしまうこともある。しかし,実はこういうところでちょくちょく買い食いするため,一日の摂取カロリーは意外に大きかったりする。控えようと思いつつ,この参道でも揚げ物を買い食いしてしまった。

160106-155813
 住吉大社の参道の屋台の出店。

160106-155825
 立派な反橋(太鼓橋)。神社の太鼓橋は,橋を渡ることで穢れを祓い清めるためのもの。

160106-155942
 反橋(太鼓橋)の上から,参道の先の鳥居と阪堺電車を撮る。以前にも同じところから撮影した記憶がある。よく見る構図なので,新鮮味はない。

160106-160145

160106-160358
 住吉鳥居前電停にやってきた阪堺線えびす町(恵美須町)行きの電車(モ601形モ602)。阪堺電車も,以前に比べると派手な塗色の電車が増えたような気がする。

160106-160442
 住吉鳥居前の交差点。

160106-160452
 住吉鳥居前の交差点をえびす町行きの電車が走り去る(モ601形モ602)。

160106-160656
 住吉鳥居前電停に停車する阪堺線浜寺駅前電停行きの電車(モ351形モ352)。これもなかなか派手な塗色で面白い。

160106-160707
 続けて住吉鳥居前電停に上町線天王寺駅前電停行きの電車(モ601形モ604)がやってきた。電停はかさ上げされていて,車が入り込むことはないが,電停の幅は狭く,商店との間を車が通ることがあるので,乗車時下車時には注意が必要である。

160106-161030
 月末に廃止される阪堺電軌上町線の住吉公園〜住吉間にある踏切。奥の高架線は南海本線。

160106-161054
 複線電化区間が廃止になるのは珍しいかもしれない。東急東横線横浜〜桜木町,南海天王寺支線の天王寺〜天下茶屋,信越本線の横川〜軽井沢……ぐらいしか思いつかなかった。調べればもう少しあるかもしれない。

160106-161103
 上町線の住吉公園駅側から住吉側を見る。

160106-161136
 側溝の橋台がレンガ積みだ。

160106-161156
 このあたりも,1月30日の廃止当日は鉄道ファンでいっぱいになるのかな。

160106-161241
 東粉浜三丁目へ。このあたりにはパチンコ屋が多く,ここはその裏道になっている。

160106-161322
 東粉浜三丁目の親子地蔵尊(水子地蔵)。

160106-161359
 東粉浜三丁目の親子地蔵尊(水子地蔵)。

160106-161458
 東粉浜三丁目の洋食「やろく」の前の丁字路。

160106-161548
 東粉浜三丁目のスーパー玉出の横の四叉路。

160106-161554
 東粉浜三丁目のスーパー玉出の北側から南海本線の高架下をくぐると,そこが粉浜1番街商店街である。そこから北側の南海本線粉浜駅まで,粉浜1番街,2番街……粉浜5番街と続き,粉浜駅の西口前に粉浜駅前通り,粉浜本通り1番街,2番街と,商店街が長く続いている。以前からこの粉浜商店街は歩いてみたいと思っているのだが,今日は阪堺電車を撮るのがメインなので,粉浜商店街は又の機会にする。

160106-161645
 路地を東へ歩き,阪堺電車の住吉電停へ。

160106-161709
 路地の栄来軒と後藤書店。

160106-161917
 阪堺電車上町線の住吉電停(天王寺駅前方面のりば)。このホームにも朝の通勤時間帯にしか電車がやってこない。ホームには「当のりばからの天王寺駅前行きは終了しました。2番のりばへお廻り下さい」という案内板が立っている。この電停も1月30日で廃止となる。

160106-162041
 阪堺線の住吉電停から上町線に乗り入れ,天王寺駅前方面に向かう電車(モ701形モ707)。

160106-162151
 上町線の住吉電停に停車する阪堺線あびこ道(我孫子道)行きの電車(モ351形モ353)。

160106-162419
 阪堺電軌住吉電停に停車する阪堺線の電車(モ601形モ606)。電停を出た電車は,すぐに阪堺線と上町線の平面交差を渡る。

160106-162713
 上町線と阪堺線の平面交差上ですれ違う1001形(堺トラム)とモ701形モ702。

160106-162953-Edit
 モ501形モ504の「カギかけた?」電車。

160106-163034
 阪堺線住吉電停にやってきたモ161形モ166の上町線天王寺駅前行き電車。1928年(昭和3年)に製造された電車で,定期運用されている電車としては日本最古と言われる。この車輌が走っているとは思わなかったので,嬉しい誤算。まだ1月6日なので,初詣客輸送のために多くの電車が車庫から出て運用についているのかもしれない。

160106-163135
 住吉電停からおばちゃんが天王寺駅前行きのモ161形モ166電車に乗り込む。低床車ではないので,乗るのが大変だ。

160106-163149
 住吉電停の横にある待合室。

160106-163220
 天王寺駅前行きのモ161形モ166電車がポイントを渡り,上町線に入ってゆく。

160106-163459
 上町線の住吉電停を出て阪堺線に乗り入れようとするモ351形モ351,あびこ道(我孫子道)行き電車。

160106-163511

160106-163743
 さっきは天王寺駅前行きのモ161形モ166電車が上町線に入っていったばかりなのに,こんどはモ161形モ164の天王寺行きがやってきた。この電車も「ありがとう住吉公園駅」のヘッドマークを掲げている。

160106-163750
 天王寺駅前行きのモ161形モ164電車にも「ありがとう住吉公園駅」のヘッドマークが付いている。

160106-163802
 モ161形モ164電車が走り去る。阪堺電軌上町線は住吉公園駅から帝塚山四丁目まで専用軌道になっている。

160106-163947
 上町線から阪堺線に乗り入れるモ701形モ705電車。たぶん浜寺駅前行きだろうと思われるが,シャッター速度を上げているため,LED行先表示はまったく読み取れない。

160106-164150
 上町線住吉公園駅方面と阪堺線の平面交差をモ351形モ353えびす町行きが走る。

160106-164352
 阪堺線の住吉電停から上町線に乗り入れてくるモ601形モ606天王寺駅前行き。

160106-164526
 上町線住吉公園駅方面と阪堺線の平面交差。

160106-164856
 上町線から阪堺線に乗り入れるモ601形モ604を阪堺線住吉電停横の待合室から見る。

160106-165030
 柱頭の逆アーチ状の補強部材が美しい。

160106-165647
 住吉大社駅前の住吉大社参道に並ぶ石灯籠。

160106-165831
 南海本線住吉大社駅のショップ南海。

160106-170018
 南海本線住吉大社駅1階のショップ南海と駅構内に続く階段。

160106-172203
 住吉大社駅から南海本線で天下茶屋駅へ,天下茶屋からは地下鉄堺筋線で動物園前(新世界)へ。大阪市営地下鉄堺筋線は阪急京都本線・阪急千里線と相互直通運転を行っており,普通北千里行きに乗り込む。車輌は阪急の車輌だった。

160106-172719
 大阪市営地下鉄動物園前(新世界)駅の案内板。なぜか切り貼りだらけだ。動物園前駅で御堂筋線に乗り換える。

160106-173009
 大阪市営地下鉄駅御堂筋線の動物園前駅のホームでは,キリンとゾウの尻がお出迎え。

160106-173122
 もちろんカバの尻もある。

160106-180420
 御堂筋線の梅田で下車。今晩の宿は大阪駅前にある。地下街を歩いたが,古い記憶に残っている地下街からは大きく変貌していて,どこを歩いているのかわからなくなった。大阪駅の南側のサウスゲートビル側に行きたいのだが,ノースゲートビルから南への連絡通路が見つからない。とりあえず地上に出たらヨドバシ梅田の前だった。

160106-184425
 今晩の宿へ。シングルで予約していたが,今日もツインになった(三日連続でツイン)。

160106-190011-Edit
 大阪駅前の堂島・曾根崎・北新地の夜景。正面は大阪駅前第1ビル。

 盛り場ブルース(作詞:藤三郎,作曲:城美好)では,大阪の盛り場は次のように歌われている。

 通り雨には すがれない
 いっそ 明日が来ないでほしい
 すがるこいさん 涙にぬれて
 帰るあてなく 南 曾根崎 北新地

住吉公園〜住吉大社

 行くあてのない旅。明日はどこへ行こうかな。まだまだ一日に歩ける距離は短いが,体調は回復している。さらに西へ向かうか……。寝ながら考えよう。

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新石切から電車を乗り継ぎ住吉公園駅へ

160106154842edit

新石切から電車を乗り継ぎ住吉公園駅へ


 電車を乗り継ぎ,今月末で廃止される阪堺電車上町線の終点,住吉公園駅に向かう。住吉公園駅は朝の通勤時間帯しか電車の発着がないため,これから見に行っても電車は来ないが,電車が発着する時間帯は鉄道ファンで混雑するだろうし,静かな雰囲気を写真に収めるのが目的だ。その後は住吉大社から粉浜の商店街を見て回るつもり。

160106-150333
 近鉄けいはんな線の新石切から大阪市営地下鉄中央線のコスモスクエア行き電車に乗り,堺筋本町駅で下車する。ここで地下鉄堺筋線に乗り換える。

160106-150354

160106-150849-Edit
 大阪市営地下鉄堺筋線の堺筋本町駅から天下茶屋行きの電車に乗り込む。

160106-152127
 天下茶屋駅に到着。天下茶屋駅で南海本線に乗り換える。

160106-152621
 南海電車の天下茶屋駅。

160106-152700
 南海の天下茶屋駅東口。

160106-152732
 天下茶屋駅東口の天下茶屋駅前商店街。天下茶屋には西成区役所や図書館などがあり,西成区の行政・文化の中心地になっている。

160106-153703
 天下茶屋駅前商店街を見て回りたかったが,暗くなる前に住吉公園駅に向かう。和歌山市駅行きの普通車に乗り,住吉大社駅で下車する。

160106-153925
 南海電車の住吉大社駅の窓から阪堺電車上町線の住吉公園駅を見る。

160106-153948
 阪堺電車住吉公園駅。ホームにある防火水槽は大東亜戦争での空襲に備えてつくられたコンクリート製で,中には大きな金魚が約20匹も泳いでいることで知られる。駅の廃止後,金魚はどうなるのだろうか。

160106-154112
 南海住吉大社駅の1階のショップ南海。石切神社参道の占い屋群を見てきた後なので,また占いか……という気分になる。

160106-154154
 南海住吉大社駅のショップ南海の途中にある阪堺電車上町線のりば案内。

160106-154207
 南海住吉大社駅と阪堺電車住吉公園駅とは短い渡り廊下で繋がっている。

160106-154235
 阪堺電車住吉公園駅に続く通路。自動販売機と創作串揚げ「aozora」の行灯看板が立ち,この奥に改札口があるようには見えない。

160106-154301
 阪堺電車上町線天王寺駅前方面のりば(住吉公園駅)。朝の通勤時間帯しか電車がやってこないため改札口は閉鎖され,「上記時刻以外は住吉鳥居前からご乗車願います」という立て看板が置かれている。

160106-154352
 阪堺電軌/上町線天王寺駅前方面のりば。

160106-154412
 住吉公園駅のホーム。平日の朝は5本,土・日曜日の朝は4本の電車しかない。

160106-154506
 住吉公園駅の改札口から駅前の通路と創作串揚げ「aozora」の行灯看板。

160106-154535

160106-154551
 阪堺電車住吉公園駅から南海住吉大社駅のショップ南海に続く通路。

160106-154601
 住吉公園駅の出入口。

160106-154716
 阪堺電軌住吉公園駅の駅舎。1913年(大正2年)に建てられた駅舎で,駅名が「驛園公吉住」となっている。

160106-154740
 駅の東側は多くの店舗が取り壊されている。新しいビルが建つようだ。

160106-154810
 阪堺電車上町線住吉公園駅と南海本線住吉大社駅と高架下のショップ南海。住吉大社駅も,以前は住吉公園駅を名乗っていた。

160106-154837-Edit

 阪堺電車上町線の住吉公園〜住吉間の約200メートルは1月30日に廃止される。1913年(大正2年)建築の駅舎は保存するかどうか未定らしい。壊してしまうとしたらモッタイナイ。

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑う参道に何思う石切さん 石切参道

160106130517_tonemapped

惑う参道に何思う石切さん 石切参道


 近鉄奈良線の石切駅から石切劔箭神社まで続く参道に並ぶ石切参道商店街を歩く。
 東大阪市の石切劔箭神社,通称「石切さん」は生駒山の山麓にあり,デンボ(腫れ物)の神さんとして古くから親しまれている神社である。どんな強固な岩でも切り裂き,刺しぬくことのできる剣と箭(矢)をご神体として祀ることから石切劔箭神社と呼ばれるらしい。

160106-115913
 石切駅前の鳥居。ここから神社まで約1kmある。

160106-115954
 鳥居の横を近鉄奈良線の電車が走る。

160106-120219
 近鉄奈良線の横の参道を下る。
 音川の上流には石切劔箭神社上之宮やたくさんの寺が並んでいるが,登り坂がつらいので今回はパスする。

160106-120428
 石切駅方向を振り返る。

160106-120604
 近鉄石切駅から約200mのところにある三叉路。石切参道ようこそ石切さんへと書かれた石切参道商店街のアーチがある。石切神社まで六丁という道標が立っている。左折すると石切劔箭神社上ノ宮・石切夢観音へ。

160106-120646
 石切参道商店街へ。

160106-120759
 かなり急な下り坂になっている。寺院に○○山という山号があるように,寺や神社は高いところにあって,参道はどちらかというと登り坂になっていることが多い。参道が下り坂なのは成田山新勝寺を思わせる。

160106-120816
 坂の上を振り返る。人が写っていた方が,下り坂であるということがわかりやすい。

160106-120856
 石切参道商店街には占いの店が多い。多いとは聞いていたが,この後でさらに驚くことになる。

160106-120911
 下り坂を転がるように下る。

160106-120933

160106-121025
 履き物や日用品の山本商店。

160106-121054
 山本商店の向かいには,ピンピンコロリふくろうさん「ピンコロ屋 梟」。なんとも単刀直入な店名だ。

160106-121114
 ここだけですよ「明青館」安心してお入り下さい……易占明青館。
 ここのすぐしたには献牛舎があり,毎年7月に行われる「石切さん献牛祭」の牛車が展示されているはずだったが,なにやら工事中だった。

160106-121228
 左が河内西國第十番霊場千手寺の参道。

160106-121413
 石切参道商店街を下る。

160106-121456
 それにしても占い屋が多い。占いに興味はないが,なぜこんなことになっているのかには興味がある。

160106-121529

160106-121629
 河内石切山大佛寺の前で参道は少し広い道路を横切る。

160106-121810
 日本で三番目石切大佛。日本で3番目に大きな大仏を名乗っているようだ。

160106-122728
 石切参道は少し広い道路を渡り,「まめや」岩瀬商店の横からまた下り坂になって続いている。
 テラス石きりの2階はレストランになっているようだ。森山高至氏が『非常識な建築業界「どや建築」という病』で書いた,「どや顔」をする建築というのはこういうものを言うのだろうか。

160106-122827
 石切神宣大教会。伝統的な神社なのか占い屋なのかの区別が付きにくくなっている。

160106-122907
 日本推理易学会石切支部「石切一番館」。最上級の鑑定レベルを実感してください……とのこと。

160106-122958
 石切一番館の前からテラス石きりを振り返る。

160106-123011
 石切名物本家「ひろうす」の久保ひろうす本店。「ひろうす」というのは東日本で言うところの「がんもどき」。長崎に伝わったポルトガル語のフィリョース(ポルトガルの食べ物)が飛龍頭(ひりょうず)となり,それが「ひろうす」と呼ばれるようになったという説がある。

160106-123110
 石切不動明王。

160106-123142
 食事処の石切丸。

160106-123159
 石切不動明王の向かいの「すずや」。

160106-123322
 豊八大黒殿と石切まるかん。

160106-123354
 豊八大黒殿と石切まるかん。

160106-123524
 幸福を呼ぶ豊八大黒殿。巨大な狛犬と大黒様の石像がある。ちょっと不気味。
 石切駅からここまで,「豊八」という店が数軒あった。占い屋じゃない店もあり,このあたりの古くからの地主さんなのかもしれない。

160106-123558

160106-123650
 石切参道商店街を下る。

160106-123744
 陰陽師占店。店頭に「あなたの悩みの原因教えます」と題して,ずらりと悩みの種が列挙されている。まったく,人間は悩む動物なのだなあと思う。

160106-123824

160106-123846
 それにしても,なぜこのように占い屋ばかりが並ぶことになったのだろうか。「東の巣鴨,西の石切」と呼ばれることもあるらしいが,“おばあちゃんの原宿”の巣鴨地蔵通り商店街も,ある日このようなことになる可能性があるということだろうか。

160106-123937
 占い豊八。また「豊八」だ。

160106-124004
 占い豊八と向かいの「はしかわ花店」。

160106-124059
 占い豊八「占いの館」の隣に東大阪観光協会のアンテナショップと生薬配合浴剤「延寿湯温泉」の足湯がある。入浴剤を謳う温泉は珍しいのじゃなかろうか。意味わからん。

160106-124151
 占い豊八。大海の奇跡 一角(海獣名)の黄金宝牙展示中。「よくあたる占い発祥地」「世界で二番目に大きい一角獣の牙展示中につきご覧下さい」。黄金なのか牙なのか,よくわからない。一角獣は一攫千金の駄洒落らしい。

160106-124225
 占い豊八と占いはん豊八。

160106-124256

160106-124313
 北向地蔵尊(北向地蔵大菩薩)。小さな石が置かれていて,お一人二石お持ち帰りくださいと書かれている。一石は身につけること,一石は神棚に上げること,と書かれている。

160106-124418
 石切七福神,霊石(水晶)パワーなんてのもある。
 水晶に何らかの霊的なものを感じるのは,やはり美しいからだろうか。子供の頃に,山に水晶を採りに行って,小さな紫水晶を拾ったことがある。生まれ育った阿武隈高地は花崗岩の地層があり,三春町の町外れには天然記念物のペグマタイト岩脈露頭があるなど,水晶の産地でもあるのだ(特に石川町周辺)。
 昔のテレビで,霊能者とやらがまじめに「水晶は水の結晶だ」と言っててひっくり返りそうになったことがある。水晶は二酸化ケイ素の結晶で,水の結晶は氷なんだけどね……

160106-124515
 北向地蔵尊(北向地蔵大菩薩)。
 石を二個もらってこようと思ったが,うちには神棚がないのであきらめた。

160106-124729
 石切参道商店街をさらに下る。馬の油,サザエさんの店。

160106-124824
 阿部商店。こぼれ梅というのはみりん粕のことらしい。自家製しょうが漬が美味そう。

160106-124926
 森田薬房と石切参道郵便局。森田薬房には漢方薬が並んでいる。

160106-125026
 石切参道商店街の石切参道郵便局の前から坂の上を振り返る。

160106-125036
 占い宝珠。

160106-125045
 美術工芸品の吉村商店の前。

160106-125105
 唐木家具・美術工芸品・吉村商店。唐木というのは黒檀や紫檀などの材料のことで,中国から入ってきたもの,唐からきた木という意味で唐木(からき・とうぼく)と呼ばれる。

160106-125148
 調合秘傳七味唐がらしの珍味堂。その向かい側には石切つけもの横丁がある。

160106-125159
 石切つけもの横丁。漬物屋ばかりではなく,飲食店などが並んでいる。

160106-125229
 石切つけもの横丁と珍味堂の前から坂の上を振り返る。

160106-125404
 元気的古典の店「遊遊」。テントにはブティック「YUYU」と書かれている。

160106-125431
 おしゃれショップ大和屋。

160106-125609
 よもぎ餅「梅月堂」。梅月堂の店舗が二つ並び,よもぎ餅,山菜おこわ,みたらし団子,五平餅などを売っている。

160106-125627
 珍味堂本舗にはこよみ易の本やカレンダーが並んでいる。「珍味堂本舗」という以前の店舗名だけが残っているらしい。

160106-125711
 梅月堂。

160106-125943
 御漬物処たつみと“おやつ処”遊心庵。

160106-125952
 出雲そば橋本。のれんは「うどん」。

160106-130003
 小美術・縁起物・ステッキの安田商店ジュン。

160106-130034
 小美術・縁起物・ステッキの安田商店ジュンの招き猫。「猫にふれないで」の注意書きがある。

160106-130147
 かた焼「布一屋」。手焼きのせんべいが店頭に並ぶ。

160106-130219
 御食事処「わかば」と婦人用品・毛糸の「さわい」。
 占い屋じゃない店が並んでいるとホッとする。このあたりは昔ながらの門前町らしい。

160106-130251
 胡麻・雑穀専門店「みかみ」とかた焼「布一屋」。

160106-130340
 御食事処「わかば」と和菓子の寿々屋。

160106-130402
 このあたりは石切劔箭神社の近くで参道がS字カーブ(ゆるやかなクランク)をしていて,飲食店も多く,一番賑わっているところだと感じた。

160106-130427
 よもぎうどん大和屋。

160106-130510
 よもぎうどんの大和屋。珍しく人通りが途切れた瞬間にシャッターを押した。

160106-130517
 北前船のカワモト「川本昆布食品」。おぼろ昆布が並ぶ。

160106-130553
 おでんの提灯が下がる「すし秀」の前。

 よもぎうどんの大和屋の看板には,「テレビで有名」「ダウンタウンの誰それが御来店」と書かれている。テレビに出た店に行きたくなる気持ちが個人的にはよくわからないが,テレビで紹介されると客がドッと増えるという寂しい現実……

160106-130652
 よもぎうどんの大和屋。

160106-130902
 占の華陽とお菓子・つくだ煮の大西。

160106-130952
 つくだ煮の大西のあたりからS字カーブが始まる。

160106-131100
 紅梅焼・明石焼の錦泉堂の前のS字カーブ(ゆるやかなクランク)。

160106-131131
 紅梅焼・明石焼の錦泉堂。

160106-131237
 お菓子・つくだ煮の大西。

160106-131311
 亀井時計めがね店。
 左奥でS字カーブになっているのが見える。

160106-131326
 紅梅焼の錦泉堂,つくだ煮の大西の前から石切駅方向を振り返る。

160106-131337
 中尾紙店。

160106-131408
 S字カーブの中ほど,自然食品なると屋と各種香辛料むかし,辰巳種苗園芸店。

160106-131433
 やまなみ銘石。このあたりからS字カーブの最後の左カーブが始まる。

160106-131451
 食堂「魚竹」とむさし屋。むさし屋にはお菓子やオモチャがあふれんばかりに並んでいる。奈良県生駒市にあるイコマ製菓本舗の「レインボーラムネ」という直径2cmもある球形のラムネが人気で,なかなか入手できないことから幻のラムネとも言われているらしいのだが,ここ「むさし屋」でそれを売っているとかいないとか……

160106-131525
 むさし屋の迫力ある品揃え。レインボーラムネ(幻のイコマラムネ)の500円パックと1000円パックが山積みになっている。後日ネットで調べると,とにかく生産が追いつかなくて非常に入手しにくいとか,入手するために長蛇の列に並ぶとか,奈良県の人は年に2回の抽選で選ばれた人しか購入できないとか,オークションでプレミア価格で売られているとか,あれこれ「幻」である所以が書かれている。そんなに珍しいものなら,話の種に買ってみても良かったかな……

160106-131603
 さきいかや焼もちの「こまつ」と食料品「辻中」の先に,S字カーブの最後の左カーブが見えてきた。写真左は喫茶「比呂」。“珈琲は黒い魔女”だとか。

160106-131630
 おみやげショップ「むさし屋」。オモチャ・ゲーム,石切名物・昔の味を今に伝える(生姜砂糖漬・かた焼・手造りあめ)という看板がある。

160106-131650
 食料品「辻中」,「刀」の十五代河内守國助の前のS字カーブ。

160106-131838
 食料品「辻中」の前のS字カーブを振り返る。

160106-131936
 石切佃煮漬物本舗「カクマン」。

160106-132043
 石切佃煮漬物本舗「カクマン」。

160106-132127
 石切佃煮漬物本舗「カクマン」と衣料品まるいち。

160106-132250
 石切佃煮漬物本舗「カクマン」と衣料品まるいち。

160106-132320
 味噌煎餅「宝玉堂」とお食事処「かわもと」。

160106-132345
 和風お食事処「生田屋」とお茶の辻利園。

 石切参道商店街でも最も賑わっているS字カーブの前後には,参拝客相手の飲食店や土産物店が多く,しかも古くから営業している感じの店ばかりで,占い屋は少ない。新しく商店が増えたところや,どちらかというと中心から外れたところに,近年になった占い屋が増えたからではないかと思われる。

160106-132532
 和風お食事処「生田屋」の横には,よもぎだんご・みたらし団子・おでん売場がある。

160106-132700
 和風お食事処「生田屋」のよもぎだんご・みたらし団子・おでん売場。よもぎ団子は6個入り500円などだが,よもぎ串団子130円・わらび餅串150円だったりすると,買い食い衝動が抑えられなくなる。

160106-132713
 アクセサリー・おもちゃの店「石田屋」とカクマン石切薬舗。

160106-132810
 オモチャが大量に並ぶ石田屋。

160106-132945
 マジックハンドやマジックびっくり魔法刀(刃の部分が引っ込むナイフ)など,懐かしいオモチャが並ぶ石田屋。その向かいには奈良漬製造元の辰巳屋本家石切支店がある。

160106-133101
 石切名物紅梅焼の本家太田屋。

160106-133119
 紅梅焼の本家太田屋。

160106-133142
 石切劔箭神社が近づくと,参道の北側に玉垣が並ぶようになる。
 写真左は和歌山藩士四世坂本昌胤記念館と石切大天狗。石屋だろうか?

160106-133234
 紅梅焼の太田屋と坂本昌胤記念館。「ご参拝の皆様,中に入ってご覧下さい。石切山大佛寺管長坂本昌胤」という碑が立っている。何が見られるのかは不明だ。

160106-133344
 ようこそ石切さんへと書かれた石切参道商店街のアーチが見えてきた。
 やきいも,天津甘栗の「公楽軒」がある。

160106-133402

160106-133521
 お食事処「すずや」の前から石切参道商店街を振り返る。

160106-133746
 石切劔箭神社の三之鳥居。
 三之鳥居の前に百度石があり,たくさんの人が本殿前と三之鳥居前の百度石の間を行き来するお百度参りをしている。百日間毎日参拝しなくても,一日に百度参ることで百日詣での代わりになるという。石切さんのお百度参りは有名なので,他人に見られないように百度参りするという話はどうでもいいようだ。

160106-133837
 石切劔箭神社の三之鳥居の前の喫茶・軽食「村田屋」。

160106-133846
 三之鳥居と絵馬殿の間の参道。

160106-133927
 参道から三之鳥居,本殿を振り返る。

160106-134308
 石切劔箭神社の絵馬殿。屋根の上に剣が輝いている。

160106-134618
 石切劔箭神社の絵馬殿。屋根の上には剣が輝き,それを6本の箭が取り囲んでいる。

160106-134656

160106-135031
 絵馬殿の横の親子連牛像。農業で使う牛をねぎらい,五穀豊穣と家内安全を祈願するものらしい。

160106-140450
 三之鳥居と喫茶・軽食村田屋と石切参道商店街。

160106-140720
 三之鳥居の前から近鉄けいはんな線の新石切駅に続く参道(西参道)。石切駅に続く参道よりも道幅が広く,占い屋も多め。「占」の文字が氾濫するのを見ると,頭の中で「占」の文字がゲシュタルト崩壊を起こす。

160106-140858

160106-141036
 新石切駅側の参道(西参道)にはイチョウなどの大きな木が,並木というには間隔がまばらな感じで並んでいる。

160106-141358
 新石切駅側の参道の大きな石の門。

160106-141619
 石切神社西参道商店会商店街の横断幕。

160106-141942
 石切神社西参道商店街の横断幕。

160106-142055
 東高野街道の新石切駅東交差点の石切藤地蔵尊(通称「首無し地蔵尊」)。藤の枝に囲まれている。

160106-142432
 近鉄けいはんな線の新石切駅と東高野街道の新石切駅前交差点。

160106-143558
 近鉄けいはんな線の新石切駅のホームを出て行くコスモスクエア行き電車(大阪市営交通局中央線の20系電車)。第三軌条方式である。近鉄けいはんな線は大阪市営地下鉄中央線に乗り入れており,中央線とけいはんな線を合わせて「ゆめはんな」という統一名称がつけられている。

160106-143612
 けいはんな線の新石切駅ホームの東端から生駒山を見る。中腹まで建物がびっしり建っていることがわかる。

160106-144146
 けいはんな線新石切駅の東側には生駒山をくぐる生駒トンネルがある。生駒トンネル入口の下には第二阪奈有料道路の阪奈トンネルの入口もある。

160106-144308
 新石切駅からコスモスクエア行きの電車に乗り込む……

石切参道

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土曜日)

甲子園から下市口へ

150509-093637
 久しぶりにプロ野球観戦を楽しんだ翌日の朝の阪神電車甲子園駅前。

 昨日中は,まったく雨が降る気配はなかったが,路面が雨で濡れている。タイガースファンの涙雨か……

150509-093825
 阪神甲子園駅前のバスのりば。

 さて,朝起きてから,今日はどこに向かうかを考えた。関西で行ってみたいのは,和歌山の湯浅町か奈良の下市町。どちらも甲子園からはちょっと遠いので,大阪の住吉大社~粉浜あたりか,もっと近い杭瀬の商店街か……。悩ましいが,明日はまた近鉄に乗って名古屋に向かうことを想定して,奈良の吉野郡下市町に決定。

150509-094439
 阪神甲子園駅のホームへ。奈良駅まで直通する快速急行もあるが,下市町最寄りの下市口駅へは大阪阿部野橋駅始発の近鉄吉野線直通の電車に乗った方が良さそうだ。急ぐ旅ではないから,やっぱりゆっくり座っていくのが一番だ。

150509-094453
 ホームの屋根の上に大屋根がかかる構造はJR大阪駅と同じだ。関西の人はこういうのが好きなのかな。

150509-102525
 急ぐ旅ではないので,まずは阪神梅田駅へ。
 久しぶりに阪神梅田駅の改札口横にある「ミンガス」のカレーを喰いたくなったのだった。20年も前に関西にある研究所に長期出張していたときに,頻繁に食べていたカレー屋である。最近多くなった本格的なカレー屋ではなく,懐かしい系のカレー屋だ。

150509-102715
 朝からビーフカレーの大盛り。ここのカレーには白菜のピクルスがついている。20年前には確か店頭に「ミンガス」という店名は書いてなくて(気付かなかったのかもしれない),出張先の人に聞いたら「阪神カレー」と言われたので,ずっとそうだと思っていた。
 今では検索すれば簡単に店名が見つかる時代になったが,当時はまだGoogleがなかった。Mosaicというブラウザで千里眼かODINという検索エンジンを使っていたが(その後gooやAltaVistaが出て,Googleが一般的になるのはずいぶん後だった記憶がある),ブログなどなかった時代なので,検索してもなかなか希望の情報は見つからなかった。

150509-103922
 梅田地下街の名物のひとつだった「ふるさと名産街」,通称「アリバイ横丁」は,地下道の拡幅工事等のために昨年閉店してしまった。全国各地の名産品を売る奥行き50cmぐらいの店が並び,出張に行かなくても土産物が買えることから「アリバイ横丁」と呼ばれていたという。

150509-104130
 アリバイ横丁と同時期に立ち退きを迫られていたはずの串カツ「松葉」は,まだ営業中だった。

150509-111115
 大阪阿部野橋駅始発の急行吉野行きに乗り込む。

150509-123358
 阿部野橋から約1時間15分で下市口駅(奈良県吉野郡大淀町)に到着。

150509-123438
 下市口駅には構内踏切がある。階段は嫌いなのでありがたい。
 近鉄の路線は1435mmの標準軌が基本だが,大阪阿部野橋から橿原神宮前・吉野を結ぶ近鉄南大阪線・吉野線はJRなどと同じ1067mmの狭軌になっている。

150509-123545
 下市口駅の改札口。

150509-124306
 雨が降ってきて,駅を出るのがおっくうになって待合室でうだうだしていたら,吉野行き特急のさくらライナーが到着。

 雨が止むのを待っていたら夕方になってしまいそうなので,しかたなく腰を上げる……

── Apple iPhone 5s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火曜日)

近鉄奈良から大阪上本町「上六」へ

150505153825

 近鉄奈良駅から近鉄奈良線の電車に乗って大阪上本町に向かう。
 発車間際だった神戸三宮行きの快速急行が混んでたため,約10分後発車の急行難波行きに乗り込む。ガラガラだった。ググってみたら,大阪上本町までは約40分で,快速急行はそれより5分程度しか速くない。皆さんせっかちだなぁ……

150505-164952
 あっという間に大阪上本町駅に到着。大阪上本町駅は大阪円の始発駅で,一大ターミナル駅になっている。

150505-165158
 大阪上本町駅の南隣の上本町YUFURAには,難波から移転してきた大阪新歌舞伎座が入っている。

150505-165223
 ビルに新歌舞伎座っぽい装飾はない。

 難波にあった新歌舞伎座は,
070501165529
こんなど派手な外観だったが,ずいぶんとスッキリとしてしまった。元々新歌舞伎座という名称でも歌舞伎の上演はほとんどなかったらしく,芝居や歌手の公演が行われていたようだから,実態に似つかわしくない外観だったのかもしれない。

150505-170829
 腹が減ったので上本町の近鉄百貨店のレストラン街へ。カレーの匂いをかいだら無性にカレーが食いたくなった。

150505-174055
 上本町六丁目南交差点。近鉄百貨店の向かい側のうえほんまちハイハイタウンは,戦後の闇市由来の商店街を再開発した複合商業ビル。

150505-174107
 上本町六丁目南交差点を渡る。

150505-174204
 精肉やまたけ上六店の断面のような形状と屋根のアールが気になる。

150505-174224

150505-174311
 上本町七丁目北交差点の西側は生玉表門商店街になっている。もちろん生卵の“なまたま”ではなく,生玉(いくたま)神社=生國魂神社参道の商店街である。

150505-174331
 精肉やまたけ上六店の横に長い行列ができていた。何だろうと思ったら,グリルやまたけ上六店のコロッケに並んでいるらしい。

 さて,どこかで晩飯を食ってからホテルにチェックインするべ。さっきのカツカレー? カレーは飲み物だから……(笑)

── Canon PowerShot S100 or iPhone 5S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水曜日)

野田新橋筋商店街を歩く

 野田阪神本通商店街の横の路地を南に歩き,広い北港通りの吉野三丁目交差点に出る。

081231163208
 吉野三丁目交差点の向こう側に「新橋横丁商店街」の看板が見えたので,歩いてみることにする。

081231163245
 新橋横丁には飲食店が多い。

081231163332

081231163403

081231163623
 細い路地を抜けると全蓋式アーケードのある野田新橋筋商店街に出た。

081231163724
 野田新橋筋商店街は,かなり規模の大きな商店街である。商店街の途中で幅員が変化するのが面白い。

081231163839

081231164051

081231164134
 大阪環状線の野田駅(地下鉄千日前線玉川駅)に近づくと,さらに狭くなる。

081231164323

081231164511

081231164604

081231164652
 野田新橋筋商店街を抜けると大阪環状線のガードに突き当たる。目の前に地下鉄千日前線の玉川駅があり,すぐ先にJR野田駅が見える。

081231164749
 野田新橋筋商店街の南端。

081231164846
 野田新橋筋商店街を北側に引き返す。

081231165254

081231165311
 清立市場。

081231165402

081231165536
 野田新橋筋商店街の北側(阪神野田駅側)でも幅員が狭くなっている。

081231165619
 新橋横丁。

081231165655

081231165744
 野田新橋筋商店街の北端。目の前に阪神高速神戸線が走り,その先に阪神野田駅が見える。

081231165826

081231165925
 何やら雲行きが怪しくなってきて,冷たいものがポツリポツリと落ちてきた。

 ── Canon PowerShot G7

| | コメント (3) | トラックバック (0)

野田阪神本通商店街

 鶴橋から地下鉄千日前線に乗り,終点の野田阪神駅で下車。ここで阪神電車に乗り換える。

081231161002
 野田阪神前交差点(国道2号線)側の地上に出る。

081231161114
 西側には野田阪神本通商店街がある。「松下幸之助創業の地」「なにわの出世街道」の文字が気になる。

081231161206

081231161312
 大晦日の夕方,既に人通りが少なくなりつつある。

081231161351

081231161452

081231161728

081231161755

081231162047

081231162507

 ── Canon PowerShot G7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴橋商店街〜鶴橋市場

 近鉄名古屋から特急アーバンライナーに乗り,鶴橋駅で下車する。

 ゴールデンウィークに見て回れなかった,丸小鶴橋市場や東小橋南商店街を歩くことにする。

081231145507
 鶴橋駅を出ると鶴橋商店街が広がっている。

081231145521
 正月前の買い出し客でごった返している。

081231145604

081231145631
 キムチを売る店や衣料品店が多い。

081231145940
 近鉄大阪線・奈良線のガード横の広場から1班通り側を見る。

081231150132

081231150156

081231150212

081231150242

081231150331
 鶴橋卸売市場。たくさんの商店街連続していて,境界は判別できない。

081231150418

081231150509
 丸小鶴橋市場に入ると鮮魚店や精肉店が多くなる。

081231150538

081231150550

081231150719
 とにかく買い物客で賑わっていて,(ジャマになるので)写真を撮れない(撮りにくい)場所も多い。

081231150758
 鶴橋卸売市場の本通り。

081231151304

081231151824

081231152048

081231152317

081231152428

081231152800
 JR鶴橋駅のガード下の千日前通り。

 ── Canon PowerShot G7

【参考】
2008年4月30日 (水曜日):コリアンタウン鶴橋界隈

| | コメント (4) | トラックバック (1)