カテゴリー「・26 京都府」の4件の記事

2011年5月 6日 (金曜日)

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴

 東舞鶴の朝。今日も良い天気になった。

 今日は若狭湾に面した福井県小浜市の街を歩いてみるつもりだが,その前にここ東舞鶴の駅周辺をブラブラしてみようと思う。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 東舞鶴駅の正面から真っ直ぐ北に延びる三条通り。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 駅前から延びる三条通り。遠くにアーケードが見えてきた。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 三条通りの商店街部分には,歩道の上にアーケードが付いている。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 アーケードが付いているところにきたら,かなり商店街らしくなった。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 通りの名前は忘れたが,三条通りから西へ延びる通り。道路と歩道の境界に植えられているのはハクモクレンだろうか。綺麗な花が咲いている。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 三条通りから東舞鶴駅方向を振り返る。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 アーケードのある八島通りから三条通りを越えて続く通り。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 あっという間に,東舞鶴の中心商店街だと思われる八島通り商店街へ。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街には,全蓋式のアーケードが付いている。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街。時間を区切って車の通行を許可しているのだろうか,荷さばきの車がたくさん停まっていた。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 ゴツい感じの全蓋式アーケードである。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街の三条通り側を見る。人の集まる店(福引き?)には人だかりができているようだ。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街は,シャッター通りにはなっていない。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 大規模なアーケードではあるが,人通りは多くない。それでも,シャッター通りにはしないという意気込みが伝わってくるような気もした。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街を与保呂川のある東へ歩く。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街の東の端(アーケードの終わり)が見えてきた。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街の周辺の道路が,臨時の駐車場のようになっている。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 みなさまの中央市場。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 中央市場。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街のアーケードの東端。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 ライフティ八島……というのはどういう意味だろうか。何も考えずに,八島通り商店街のことだと思っておこう。数字の「8」は,たぶんここで八島通りを横切っているのが八条通りだと思われる。いや,単純に八島通りの「8」か?

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 与保呂川沿い・周辺では小さな市が開かれている。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 与保呂川の上流方向を見る。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 八島通り商店街から東に延びる通り。旧丹後街道……なのかな。
 いつもなら橋の名前がわかる写真を撮るのだが,集中力がなくて,すっかりど忘れ。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 橋の上から八島通り商店街を見る。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 東舞鶴の街は碁盤の目状に整備されていて,南北の通りは西から一条通〜九条通り,東西の通りは八島,敷島,初瀬,三笠……と,軍艦の名称が付いているらしいことがわかった。さすが軍都舞鶴である。だが,下調べ不足。街を歩いただけじゃ,簡単に街がわかるものではない。
 運転本数の少ない小浜線小浜方面への列車時刻が近づいているので,東舞鶴駅に引き返すことにする。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 東舞鶴駅のホーム。

丹後国に彼我島出づる★東舞鶴
 小浜線の列車の窓から,東舞鶴駅北口駅前を撮影(iPhone 4にて)。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V or iPhone 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木曜日)

薫風吹く地・ヤマメ泳ぐ由良川《福知山》

薫風吹く地・山桜《福知山》
 高架化された福知山駅(京都府福知山市)に到着し,「ふくちゃま」……もとい「ふくちやま」の駅名標を入れて記念撮影。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 高架化にともなって駅が50メートルぐらい後退したため,広々とした感じになった福知山駅前。

 既存の駅を利用しながら高架化工事をするには,どうしても栄えていない側に高架駅をつくり,後で既存の駅を取り壊すことになるので,駅と駅前の商店街の間に広々とした駅前ができることになる。
 マイカーが駅に乗り付けるための空間は,駅前だろうが駅裏(どちらかというと栄えていないほう)だろうが利便性は大差無いような気がするし,むしろ広々とした空間を作りやすいという意味では駅裏の方が適当だと思うのだが,世の中には市を代表する駅前には広々とした立派な空間がほしいと思う人もいるので(駅と商店街を徒歩で利用している人じゃないな,たぶん),こういう街づくりはあちこちで行われている。商店街にとって,追い風とは思えない。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 広々として,よけいに閑散とした感じ(あくまで私個人のイメージ)になった福知山駅。とても綺麗な駅である。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 お城通りの福知山駅前交差点。左側の通りは,駅前から真っ直ぐ北に延びるけやき通り。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福知山駅の正面に,文字どおり福知山駅正面通り商店街がある。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福知山駅正面通り商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福知山駅正面通り商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福知山駅正面通り商店街。
 福知山は,かつては福知山藩の城下町,その後は商業のまち・交通の要衝として栄えた町である。福知山駅正面通り商店街は,旧市街地の西側にあって,戦後になって新しく発展した商店街だと思われるが,今ではすっかり賑わいが無くなっている。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福知山駅正面通り商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福知山駅正面通り商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 桐村眼科のある交差点から東側に延びるのがアオイ通り三丁目商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 アオイ通り三丁目商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 アオイ通りの一本北側,千鳥旅館や檜山旅館のある通り,

薫風吹く地・山桜《福知山》
 北側からアオイ通り商店街に戻る。アオイ通り商店街とアオイ通り三丁目商店街の境界はよくわからなかった。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 アオイ通り商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 御霊神社に続く通り。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 アオイ通り商店街の横に中ノ町飲食街がある。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 中ノ町飲食街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 中ノ町飲食街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 中ノ町飲食街からアオイ通り方向を振り返る。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 中ノ町飲食街の横に浮世小路がある。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 浮世小路。スナックなどの飲食店や風俗店などが並ぶ。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 浮世小路。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 浮世小路には脇目も振らず,中ノ町飲食街を北へ。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 中ノ町飲食街を振り返る。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 御霊神社の横にある公園から中ノ町飲食街を見る。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 御霊神社の南に沿う通り。京屋旅館などがある。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 中ノ町飲食街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 浮世小路の東側の入口。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 浮世小路を東側から見る。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 浮世小路。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 広小路・新広小路通りの広小路商店街。Googleマップに「広小路・新広小路通り」とあるのでそう書いたが,地元の方は何と呼んでいるんだろうか。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 広小路・新広小路通りの広小路商店街。歩道の上に古いアーケードがある。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 広小路商店街の西側を見る。正面が御霊神社。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 広小路商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 小さな銅像から,福知山ドッコイセまつりという編み笠を被って踊るまつりがあることがわかった。
 また,歩道のアーケードが,路地のところで非常に高くなっていることから,祭にはかなりの高さの山車(曳き山)が出てくるのだと思われる。なかなか凄い祭なのだろう。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 アーケードが二階の高さぐらいに設置されている。かたちがステルス爆撃機 B-2 スピリットみたいで,風が吹くと勢いよく飛んでいってしまいそうな妄想に駆られる。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 広小路商店街の反対側の新町商店街のアーケードを見る。ここもアーケードが高くて,狭い商店街に大きな山車が入り込んでいくのかもしれない。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 北側の広小路商店街から新町商店街に入ってすぐのところに,福知山鉄道館ポッポランドがある。
 福知山鉄道館ポッポランドは,鳩山由紀夫元首相とは無関係であり,北丹鉄道で使用されていた品々を展示するため,地元の新町商店街により設立された展示館だという。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 広小路商店街には福山シネマもあり,まだこれから花を咲かせてほしい商店街だと感じた。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福知山随一の商店街・アーケード街だと思われる新町商店街を南へ歩く。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 古い家並みも含めてアーケード商店街にしているのは良い。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福山市で歴史も含めて一番の繁華街にも賑わいはない。

 福知山市のWebページを見ると,実際に商店が建ち並び始めたのは明治35年頃,昭和に入ると木煉瓦で舗装され,流行のスズラン灯も設置し,さらにまだ珍しかったエスカレーターのある本格的なデパートが進出するなど,関西でも数少ない近代的な商店街のひとつとなった……記述されているが,正直見る影もない状態となっている。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 新町商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 新町商店街。中学生達も,部活からの帰りだろうか。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 新町商店街でボール遊びをする子供。
 新町商店街は南北に長く(微妙に南東〜北西に)延びていて,このまま南に歩いて行くと,福知山駅からはだいぶ遠ざかって行ってしまうことになる。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 新町商店街のアーケードが途切れたら福知山駅に向かおうと思いながら歩いているのだが,アーケードは長く続いている。このアーケードの長さに,かつての福知山の繁栄の名残が見て取れる。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 これで賑わいのある商店街だったら歩いていて非常に楽しいのだろうが,やっぱり残念な状況である。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 新町商店街。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 新町商店街。ただ,アーケードを支える柱の色が変わった。新町商店街とはなっているが,このあたりからが内記新町商店街ということだろうか。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 福山市の商店が奥深いので,歩くつもりの無かったところまで歩いてしまい,駅に戻るのにちょっと時間が掛かりそうだ。

 とうわけで,駅前に続く「ききょう通り商店街」も綺麗に整備されているところを見ようと思ったのだが,まっすぐ福知山駅に直行してしまった(余裕のない旅は良くないね)。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 最後は手抜きになったが,福知山から東舞鶴行きの電車におさまった。この列車は,福知山駅を出ると,山陰本線を綾部まで走り,そこからは舞鶴線に乗り入れ東舞鶴まで走る。ありがたいことに,今晩の宿は東舞鶴駅前にとったので,思いっきり終点まで寝過ごしても大丈夫そうだ。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 というわけで,あっという間に(寝てたという話もある)東舞鶴駅に到着。
 高架化駅である。2000年前後に初めて東舞鶴駅で下車したときは,既に高架駅になっているので,特に変化はない。駅前がやけに殺風景なのも変わっていないような気がする。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 東舞鶴駅。

薫風吹く地・山桜《福知山》
 殺風景な東舞鶴駅前。
 疲れたので,ホテルにチェックインしてバタンキューしようっと。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G14mm F2.5 or G VARIO 14-45mm F3.5 -5.6 ASPH. or SONY Cyber-shot DSC-HX5V

【参考】
2004年5月4日 (火曜日):今日は雨・雨・雨……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 2日 (日曜日)

京阪京津線が走る大津市へ

 三条から蹴上までの電車が道路上を走る区間が廃止されたのは残念だったが,京都の中心部まで地下鉄東西線に乗り入れることになって,車両も一新した京阪京津線。てっきり二条駅まで乗り入れているのかと思ったら,京津線の電車は市役所前までだった。
 京都市内で道路上を走る区間はなくなったが,大津市内に入ると国道161号線上をゴロゴロと元気に走っている。

20050102_142912
 上栄町で下車し,すぐ横の山の上から京津線の電車を撮影。国道161号線に沿った街並みがボロボロになっているのがわかる。

050102144417
 浜大津から国道161号線を登ってきた電車が専用軌道に入ろうとするところ。

050102150332
 アーケードのあるヒシヤ町商店街から国道161号線を走る電車を見る。国道の向こう側の丸屋町商店街にもアーケードが設置されている。

20050102_150801

050102150829

050102150902

20050102_153224

20050102_233316

20050102_152419

20050102_151059
 国道161号線の西側の街並み。

20050102_154945

20050102_153706
 浜大津から西側へは京阪石山坂本線がのびている。

20050102_161755

20050102_161446

20050102_160612

20050102_155929
 浜大津駅のペデストリアンデッキから見ると,次から次に電車が道路上を走ってきて面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 4日 (火曜日)

今日は雨・雨・雨……

040504-125638
 今日は朝から雨。風も強く,時折土砂降り。こんな日は途中下車しながらの沿線での撮影はあきらめ,乗ることに集中(集中と言っても,車内ではぼんやりと車窓を眺めるわけだが……)。
 福知山で山陰線の電車を待つ。山陰線は福知山まから先はディーゼルカーという過去のイメージが強いため,電車を待つというのは妙な気分だ。
 やってきた電車は奇妙な面構えだ。どうにもこうにもカッコ悪いと思うのだが,こういう車両でも(だからこそ)廃止間際には愛着が出てくるものである。

040504-124822
 福知山駅で列車の発車を待っていると,上りと下りの特急が同時に入線。こういう塗色の電車が並ぶのは懐かしい感じがする。

040504-141637
 和田山駅で播但線のディーゼルカーに乗り換え。このディーゼルカーも,微妙な面構えだ。
 下車したホームに播但線の列車が待っていたが,すぐに発車してしまうため,それには乗らなかった(一般的には,すぐに発車する列車が下りたホームに待っていたら「超ラッキー!」なんだろうけど)。駅構内にレンガ造りの車庫の姿が見えたため,それをじっくり見るために次の列車まで待つことにしたのである。

040504-141216
 この写真に写っているのがそのレンガ造りの車庫。すでに周囲の線路が剥がされていて,しかもフェンスの外側に追いやられ,寂しい雰囲気が漂っている。とは言え,重厚な作りは見事なものである。横を走るのが特急「北近畿」。このあたりの山陰線は,普通列車より特急のほうが本数が多く感じるぐらいだ。

040504-142027
 今回の旅行に持ってきたのは,フジのFinePixS2Pro + AF-S VR24-120。天気があまり良くなかったので,手ぶれ補正のありがたさは何度も感じたが,ボディとレンズの相性が良くないのか,フリーズを何度か経験した。
 ちなみに,和田山駅のホームで買った弁当は美味であった。

040504-153735
 播但線の寺前駅。この寺前から姫路までは電化されている。播但線全線を走る普通列車はなく,この寺前駅で必ず乗り換えることになる。寺前から姫路までは列車の本数も多いのだが,非電化区間からの気動車も姫路まで乗り入れるようにしたほうが,乗客としてもはるかに便利だと思われる。電車と気動車の加速性能の差が問題になるほど列車密度が高いわけではないわけだし。
 また,ホームの真ん中には乗客の流れをさえぎるように柵が設けられている。写真の左側は電車用で少し高く,右側は気動車用に少し低くなっているため,ホームの真ん中に小さな段差があり,寺前駅で乗り継ぐ乗客が,先を争うように乗り換えるときにつまづいて怪我をするのを避けるように,簡単には乗り換えできないようになっているのだ。はっきり言って最低の対策方法だと思う。

040504-170131
 姫路到着。駅前通りの正面には姫路城が見える。

040504-170647
 姫路からは山陽電鉄に乗って大阪方面へ向かう。

 ── Fujifilm FinePix S2Pro + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or PENTAX Optio WP

| | コメント (0) | トラックバック (0)