カテゴリー「・20 長野県」の24件の記事

2008年8月13日 (水曜日)

奈良井千軒 中山道の宿場町奈良井宿

080813133939edit

奈良井千軒 中山道の宿場町奈良井宿


 今日は中央本線(中央西線)を下り,岐阜県恵那市を目指す。

080813120526
 松本駅(長野県松本市)の0番線ホームに,中津川行きの各駅停車が入ってきた。ホームにはたくさんの乗客が待っているというのに,電車は2両編成。こうやってのんびり電車の写真を撮ったりしていたものの,運良く窓側の座席を確保することができた。
 電車の発車時刻近くになってからも乗客は増え続け,都会の満員電車並みとまではいかないが,立ったままの人も多く,トイレに移動するのも大変な状況となった。帰省ラッシュだかUターンラッシュも関係しているのだろうか。2両編成では収容能力が小さすぎだ。

 こういう状況だから,ヘタに途中下車すると,次に電車に乗るときにはその駅から先は立ちっぱなしになることを覚悟しなければならないようだ。せっかく窓側の席を確保できたのだから,とりあえず終点の中津川までこのまま乗り続け,中津川の街をぶらついてから,中津川始発の電車で恵那に向かうことにしよう……。

 と,決心したのは良いが,こういうときに限って,下腹がゴロゴロと鳴り出しやがった。たぶん中津川までは持たないだろう。どうせ途中下車するなら木曽檜の集散地として栄えた上松か……。いや,上松まで持ちそうもない。その手前の木曽福島かな。などと考えているうちに,急に我慢の限界に近づき,とりあえず奈良井駅で下車することにした。

080813131831
 奈良井駅(長野県塩尻市)。中山道の宿場町,奈良井宿の最寄り駅である。奈良井宿は,中山道の木曽路では最も標高の高いところにある宿場町だそうだが,今日のような真夏のピーカンでは全然涼しくなかった。

 奈良井宿は観光地としても有名なほうだと思っていたが,奈良井駅で下車した人は多くなかった。ほとんどの観光客はマイカー利用なのだろう。

080813132018
 駅のすぐ近くから宿場町の家並みが始まっている。

080813132225
 平入の家並みが続く様は見事である。写真やテレビで見て,奈良井の家並みが凄いことはわかっていたつもりだが,実際にそれを目の当たりにすると鳥肌が立つ。二階や軒先部分が張り出した出桁造りが特徴的だ。

080813132407

080813132456

080813132831

080813132860

080813133013

080813133435

080813133530
 後に聳える木曽の山並みが,この町の美しさを際立たせている。

080813133550
 どこをどのように撮っても絵になるため,なんだか自分の写真の腕が上がったかのような気さえしてしまう。

080813133733

080813133907

080813133939

080813134048
 道路は右に左に微妙に曲がっていて,それが家並みに変化を付けている。

080813134705

080813134736
 奈良井宿は「奈良井千軒」と言われるほど繁栄した宿場町だった。たしかに,駅からずっと歩き続けているが,歩いても歩いても家並みが途切れない。

080813135108
 町の5〜6カ所に水飲み場がある。

080813135228
 宿場町とはいえ,旅籠や茶屋ばかりというわけではなさそうだ。何か特有の産業でもあったのだろうか。多少は下調べしてから街を歩けば,もう少し楽しめたかもしれないが,便所に入るために下車したのだから,まぁ仕方がない。

080813135321

080813135403

080813135435

080813135655
 駅から遠ざかる方向の南西側に向かって,道路はどんどん登り坂になっている。

080813140827

080813141026

080813141739

080813142627

080813143256
 鍵の手と呼ばれる鍵曲りがある。「鍵の手」より南側,坂の上のほうが上町,北側が中町となっている。

080813143951
 鍵の手から上町方向を見る。

080813144257
 上町から鍵の手の水場を見る。

080813144604
 上町の坂を登ると町の外れに鎮神社がある。さらにそこから先は鳥居峠という難所になる。

080813144819
 私はすっかり旅行気分だが,巷はお盆だ。

080813145307
 鎮神社が見えてきた。

080813145351
 炎天下の中,さらに坂を登る元気はないため,このあたりで引き返すことにする。

080813145455

080813145650

080813151004
 往路より復路の方が太陽光線の状況が写真撮影に適した状態になってきたが,すっかり汗だくになり,写真撮影どころではなくなってしまった。

080813151521

080813151637
 やっぱり打ち水した道路は気持ちが良い。

080813153143

080813153714

080813155344
 奈良井駅に到着。汗だくになったTシャツを着替えて,中津川行きの電車に乗り込む。
 幸いなことに電車は混んでおらず,余裕で座ることができた。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火曜日)

女鳥羽川沿いの縄手通り商店街 松本市

080812185836edit

女鳥羽川沿いの縄手通り商店街 松本市


 Google Mapで松本市の地図を見ると,女鳥羽川沿いに興味深い家並みがある。駅周辺の商店街にはあまり面白そうなところがないため,今日は女鳥羽川周辺まで行ってみることにする。

080812174942
 改装されたばかりの松本駅お城口。

080812175128
 お城口の駅前広場から北に延びる路地。

080812175217
 駅前広場から中央公民館−女鳥羽川方向に延びる通り。

080812175441

080812175554

080812175625
 駅前広場方向を振り返る。

080812180214
 女鳥羽川に架かる開智橋から六九商店街を見る。

080812180427
 六九商店街の西側を見る。商店街としての機能は相当に薄れている。六九商店街はかつての松本の中心的な商店街だそうだが,ちょっと信じられない状況である。

080812180900
 女鳥羽川に架かる中央大手橋から千歳橋を見る。

080812181347
 千歳橋のたもとの交番前。右側に見えるのが縄手通り商店街(ナワテ通り商店街)である。

080812181414
 縄手通り商店街。ここがGoogle Mapで気になった家並みである。一見すると古い商店街風だが,なんとなく新しい観光客向けの商店が多く,ちょっと期待とは違った雰囲気である。

080812181442

080812181524

080812181532
 千歳橋方向を振り返る。

080812181611

080812181650
 四柱神社の前の鳥居付近から。

080812181741
 四柱神社の入口の幸橋で一旦途切れた商店街は,その先の東側にも続いている。

080812181854
 幸橋のたもとから西側を振り返る。

080812181928
 幸橋の南側を見る。

080812182003
 幸橋のたもとからは女鳥羽川の河原に下りられるようになっている。

080812182100
 幸橋から女鳥羽川の東側を見る。

080812182126
 四柱神社の鳥居。

080812182241
 縄手通り商店街をさらに東側に歩く。

080812182332

080812182354

080812182453
 午後6時半近くなり,さすがに歩いている観光客は少なくなっている。

080812182602

080812182637

080812182713

080812182742

080812182827
 中の橋。

080812182855
 中の橋のたもとから東側を見る。

080812182909
 中の橋のたもとから西側を見る。

080812182930
 中の橋のたもと。北側(緑町)には飲食店が多い。

080812182945

080812183036

080812183120

080812183143
 縄手通り商店街の北側にあるナワテ横丁。

080812183335
 一ツ橋。

080812183506
 一ツ橋から女鳥羽川を見る。

080812183623
 一ツ橋から女鳥羽川の東側を見る。

080812183918
 一ツ橋近く。

080812184212
 大手4丁目の大名町通り交差点に繋がる路地。

080812184406
 ナワテ横丁。

080812184516
 ナワテ横丁には飲食店が多い。

080812184535
 ナワテ横丁には私が大好きな鍵曲がりがある。

080812184725

080812184747

080812184814
 大手4丁目から中の橋に続く通り。

080812184831
 大手4丁目の広場の中央には水の流れがある。

080812184904

080812185046
 すっかり暗くなってきた。

080812185115

080812185140

080812185402
 縄手通りを通って,今晩の宿に戻ることにする。

080812185430

080812185549

080812185605
 幸橋から女鳥羽川の千歳橋方向を見る。

080812185731

080812185754

080812185836

080812185855

080812185932
 千歳橋のたもとにある不思議なカエルの像。商店街が甦る…ヨミガエル…ということから,商店街のマスコットがカエルになったという。

 縄手通り商店街は,地図を見て期待したのとは違って,ややハリボテ臭のある商店街だった。観光客向けに特化し,レトロ風の商店街を作り上げるという方向性は,かなり成功しているように思える。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本電鉄上高地線新島々

080812160908edit

松本電鉄上高地線新島々


080812152703
 JR松本駅の外れにある松本電鉄上高地線松本駅のホーム。上高地線には,元京王電鉄の車両が使われている。

080812152935
 車内には提灯や風鈴がぶら下がり,ときどき涼しげな音を響かせる。

080812155831
 渕東駅。のんびりした感じの駅が続く。

080812160206
 終点の新島々(しんしましま)駅に到着。
 約20年ぐらい前,私がまだ学生をやっていた頃は,さらに先の島々(しましま)駅まで線路が伸びていたのだが,土砂崩れの影響から復旧できずに廃止となった。
 小中学生の頃,地図帳に「しましま」という地名(駅名なのでひらがな表記だったと思われる)が載っていて,どんなところだろうとずっと気になっていたことを思い出す。

080812160255
 新島々まで乗ってきた電車をCyber-shotで撮影していると,何やらたくさんの視線をビシビシと感じる。特にのんびりと撮影していたわけではないが……。

080812160347
 感じた視線は新島々駅の改札口の駅員さんと,入場を待つお客さん達からのものだった。
 新島々駅では,最後の乗客が改札口を出てから,待っている客を入場させるというシステムになっているようだ。私が改札口を出ると駅員さんが改札を開け,堰を切ったかのようにホーム目指して人々がなだれ込んだ。

080812160410
 新島々駅は大きなバスターミナルが併設されていて,上高地や白骨温泉への結節点になっている。
 同じ電車に乗ってきた人達は駅周辺には見あたらず,ほとんどの人は上高地行きのバスに乗った模様。駅前をウロウロしていた私だが,係員の方に「発車しますよ。乗らないんですか?」と声を掛けられた。

 折り返しの電車で松本に戻ることも考えたが,改札口を出るときに見た行列の長さを考えると車内はほぼ満員になっていると思われ,一本電車を待つことにする。

080812160909
 折り返しの松本行き電車を新島々駅近くの発電所横で撮影する。電車の発車時刻を勘違いして撮影ポイントまで歩いていたため,カメラを背中のリュックにしまったままの状態の時に電車が走ってきてしまい,慌ててシャッター切るのが精一杯だった。頭の中では,手前の配管を避けて,どうどうと流れる水を写したかったのだが……。残念。

080812161432
 新島々駅横の波田町特産品直売所の奥に,旧島々駅の駅舎が移設され,波田町観光案内所として使用されている。

 次の電車まではまだ時間がたっぷりある。午後4時を過ぎ,風も若干涼しくなってきたので,駅前のベンチに座ってのんびりする。

 ……と思ったのだが,たくさんの乗客を乗せた上高地からのバスが駅に到着してしまった。電車の時刻まではまだ30分以上もあるじゃないか……。と,文句を言っていても仕方がない。松本まで立ちっぱなしになるのは勘弁である。バスの乗客が改札口の前に並ぶ前に,不本意ながら改札口に並ぶことにする。
 それにしても,たくさんの乗客をベンチもないところに30分以上も並ばせることを,松本電鉄の人はどう思っているのだろうか。行列の先頭なので駅員に聞いてみたいと思ったが,乗客は暑いアスファルトの上に並ばせながら,駅員はみんな空調の効いた建物の中に入ってしまい,誰ひとりとして外に出てこない。

080812164012
 やっと電車が到着。

080812164230
 電車に向かう途中……。

080812164650
 車内は座れない人が出るほどの混み具合になった。

 蛇足だが,登山帰りのような屈強な人達が,途中の駅で乗ってきたおばあちゃんに席を譲らないことには驚いた。以前から,大きなリュックを担いだ人達(オジサンやオバサンも含めて)は電車の中などで集団で傍若無人な行動を取ることが多く感じ,あまり好きじゃないのだが,さらに悪いイメージが上塗りされたかも。

080812171929
 電車が松本駅に到着。

080812172258
 新装なった松本駅の改札口を出る。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野から篠ノ井線姨捨経由で松本へ

080812143815edit

長野から篠ノ井線姨捨経由で松本へ


080812133515
 JR長野駅。
 長野新幹線(長野行き新幹線…)の開業に合わせて改築された新しい橋上駅は,広大なコンコースを持つモダンな駅舎となっている。

 今晩の宿を松本市内に確保(定宿といえば定宿)。松本といえば,長野県内に残るローカル私鉄のひとつ,松本電鉄……ということで,篠ノ井線の電車に乗って松本に向かう。

080812143345
 篠ノ井線姨捨駅から見える善光寺平。
 姨捨付近のから見える善光寺平は日本三大車窓のひとつ(残りは根室本線の狩勝峠と肥薩線の矢岳越え)と言われる。

080812143353
 姨捨駅では対向列車が通過するのを待つため,しばらく停車する。

 発車時刻になり,ホームに出ていた他の乗客は車内に戻ったが,対向列車はまだ眼下を通過しておらず,車掌を見てもドアを閉じる気配はないので,のんびりと通過電車を待つ。

080812143815
 帰省ラッシュのためだろうか,遅れていた長野行きの特急列車が眼下を通過する。

080812143820
 ステンレス製の車体が光る。

080812143851
 車内に戻る。電車を一本遅らせ,のんびり善光寺平を眺めるのも良さそうだ……。

080812152138
 電車が松本駅に到着。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長野電鉄屋代線の電車に乗る

080812115121edit

長野電鉄屋代線の電車に乗る


 久しぶりに屋代から長野電鉄屋代線に乗ることにする。以前乗ったときにはまだ河東線だったから,2002年に正式名称が屋代線となってからは初めての乗車となる。

080812114442
 上田からしなの鉄道長野行きの各駅停車に乗り,屋代駅で下車する。構内の北端に長野電鉄のホームが見える。

#「からしなの鉄道」は「芥子菜の鉄道」ではない。

080812114529
 一旦しなの鉄道屋代駅の改札を出て,券売機で長野電鉄の切符を買ってから再び同じ改札口を入る(とりあえず改札口にいた駅員の指示に従った)。
 跨線橋を渡り,長野電鉄のホームへ。しなの鉄道(作られた当時は国鉄信越本線)の跨線橋の広さに比べて,長野電鉄側は細くて弱々しい造りになっている。

080812114748
 長野電鉄屋代駅のホームには,昔ながらの木造の上屋が残っている。

080812114807
 ホーム上の待合室も木造である。

080812114826
 待合室の内部。なんだか30年前にタイムスリップしたような気分だ。30年前には,こういう待合室は全国各地に残っていたが,ふと気がつくと滅多に見られない貴重なものになっている。

080812115039
 電車を待つ乗客は5〜6人。長野電鉄にとっては厳しい状況である。

080812115120
 ホームに須坂からの電車が入ってきた。長野電鉄屋代線には元営団地下鉄日比谷線の車両が使われている。

080812115409
 電車は須坂行きの電車となって折り返す。
 隣のしなの鉄道のホームにも電車が入ってきた。

080812115517
 しなの鉄道の電車が上田・小諸方向に走り去った。

080812115714
 長野電鉄屋代線の車内から撮影。非冷房車なのでほとんどの窓が全開になっている。元地下鉄の車両ということもあって,上段側の窓を全開にしても,下段側の窓は10cm程度しか開けることができず,しかも下段側を開けると上段側の隙間が狭まってしまう。
 とは言え,久しぶりに真夏の窓全開電車の気持ち良さを味わうことができそうだ。

#もちろん,いつもこの電車を利用している人にとっては冷房車の導入が理想的だろう。

080812115748

080812120444

080812123838
 須坂駅に到着。
 同じタイプの元営団地下鉄の車両ばかりだと思っていたが,こうやって並んでいる車両を見ると,冷房車と非冷房車では屋根のふくらみ方が微妙に異なることがわかる。

080812124032
 須坂駅構内に放置されている新OSカー。長野電鉄の独自車両で,前身のOSカーはローレル賞を受賞したほどの車両なのだが,ワンマン運転に対応しないなどの理由(本当の理由は私には良くわからない)で,古くないにもかかわらず廃車となってしまった。

080812124504
 須坂駅のホームに長野行きの各駅停車が入ってきた。

080812131055
 須坂から約25分で長野駅に到着。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月曜日)

真田氏ゆかりの城下町上田

080811172414edit

真田氏ゆかりの城下町上田


 晩飯を食うにはまだ早いため,上田の街を歩いてみる。
 最近はGoogle Mapと国土地理院の地形図(と郵便局の位置)を見て,その街の繁華街や商店街の目星を付けてから歩くことが多い。ほとんどの場合はこれで大体の予想ができるのだが,上田の街は不思議にイメージが湧いてこなかった。
 小さな家屋の密集地帯(多くの場合,そこが飲食店街になっている)は見られないし,中心部の地名が中央一丁目〜中央六丁目(これがまた広い範囲なのだ)になっていて,地名からの想像もはたらかないのだった。
 こういう場合は,とりあえず歩いてみるしかない。歩いているうちに,なんとなく引き寄せられるのを期待しよう。繁華街や歓楽街には,そういう力が働いていることが多いのだ(に違いない)。

080811164844
 上田駅前。

080811170234
 駅前広場にある巨大水車。説明書きなどを読まなかったので,その由来は不明。

080811170339
 上田駅前にある大手スーパーのイトーヨーカドー。

080811170416
 上田駅前広場。

080811170816
 中央1丁目交差点付近の駅前通り。

080811172008
 鷹匠町交差点から路地を入ったところ。

080811172042
 常田二丁目付近には,古い家並みがかろうじて残っている。

080811172134
 常田二丁目。

080811172204
 常田二丁目,日輪寺の裏手付近。

080811172339
 常田二丁目から北西側を見る。

080811172439
 あとで聞いたのだが,映画「犬神家の一族(1976年版)」のオープニングで,金田一耕助(石坂浩二)が登場するシーンは,このあたりで撮影されたらしい。

080811172914
 中央二丁目,横町の日輪寺の裏手から常田二丁目側を見る。

080811173221

080811173431
 せっかくの山門が台無しになっている海堂山「宗吽寺」。

080811173515
 上田映劇のゲートがある本町商店街。東端のここから見るとあまり賑やかには見えないが,映画館があることから繁華街であることは間違いないし,後で寄ることにして,とりあえずはもう少し北側を歩いてみることにする。

080811173802
 横町・海野町交差点付近の海野町商店街。歩道の上にアーケードが設置されている。上田の中心的な商店街だと思われる。

080811173908
 他の都市の商店街と同様に,このタイプの商店街は位置付けがちょっと難しい状況になっている。

080811174133

080811174416
 海野町商店街から横に入った路地の先に,袋町の飲食店街,歓楽街が広がっている。

080811174528

080811174610

080811174636
 クリスタルモール。なんとなく,クリスタルではある。

080811174836

080811174847

080811175024
 入り組んだ路地にもスナック等が並ぶ。

080811175245
 細い路地が多いので,どうしても縦位置の写真ばかりになってしまう。

080811175313
 それにしても袋町の看板群は壮観である。

080811175350
 家庭料理の店も開店準備中。

080811175427

080811175451
 蛭沢川沿いの路地。

080811175628
 蛭沢川に架かる橋の川から袋町方向を振り返る。

080811175739
 蛭沢川に架かる橋。蛭沢川には袋町方向に無数の橋が連続して架かっている。

080811175800
 蛭沢川沿い。

080811180011
 蛭沢川の北側に延びる大工町商店街。大工町商店街にもスナックや飲食店が多い。

080811180144
 左側の大きな建物が香青軒。

080811180228

080811180324
 弁財天の赤い鳥居が見えてきた。

080811180611

080811180956

080811181200
 原町名店街の裏口。

080811181249
 原町名店街。

080811181327

080811181547

080811181626

080811181654

080811181803

080811181909
 中央2丁目の交差点。このあたりが上田で最も賑やかな(賑やかだった)ところだろう。

080811182220
 本町商店街。

080811182403
 遠くに「上田映劇」のゲートが見えてきた。

080811182538

080811182650

080811182749
 上田市は人口約17万人(昨年の合併前は約12万人)の街だが,映画館が2館も残っている。

080811182903

080811182947

080811183043

080811183227
 本町公会堂のある路地。

080811183250
 上田でんき館(映劇)。

080811183343
 本町から鷹匠町のバス停付近に延びる路地。

080811183419

080811183627
 中央1丁目交差点付近の駅前通りを駅に向かって下る。

080811184727
 上田駅前。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上田電鉄別所温泉

080811161125edit

上田電鉄別所温泉


 上田に来たら,やっぱり上田電鉄(数年前までは上田交通だったが,鉄道部門が独立して上田電鉄になった)に乗りたくなる。

080811142315
 上田電鉄別所線上田駅へ。かつては青木線,丸子線,西丸子線,真田傍陽線と,50km近い路線を持っていたが,現在残っているのは別所線のみである。

080811142416
 おっと,新しい電車が入っている(新しいと言っても,東急のお古だが)。

080811145646
 あっという間に終点の別所温泉駅に到着。和服姿の女性駅長さんが笑顔で乗客を迎えてくれる。

080811150031
 別所温泉駅。

080811150127
 別所温泉駅前。

080811150443
 とても雰囲気の良い駅である。

080811150503
 駅前から少し離れたところに「信州の鎌倉」別所温泉がある。

080811150806
 別所温泉駅の名物「丸窓電車」が駅の片隅に留置されており,その横を別所線の電車が通り過ぎる。
 丸窓電車は20年ぐらい前まで上田電鉄(当時は上田交通)別所線を走っていた電車で,戸袋窓が円形になっているのがその名の由来である。

080811150947
 こうやってずっと雨ざらしのままで放置されているが,ときどき塗装も塗り替えられ(一時はもっとボロボロだったような気がする),今にも走り出しそうな姿を保っている。

080811151454
 天気はピーカン。逆光にはなるが,こういう写真を撮ってみると,今回の旅にNikonのD3を持ってきて良かったと実感する。

080811152215
 丸窓電車と現役車両の並びを撮影するため,線路際で電車が来るのを待つ。日差しが強く,草いきれで眩暈がしそうだ。蝉の鳴き声だけが聞こえてくる。

080811154501t
 待ちに待ったシーンだが,ピーカンでの逆光はいかんともしがたい。

080811154506

080811154711
 帰り際にもう一枚。

080811155021
 別所温泉駅に戻る。

080811155745

080811155913

080811155955
 別所温泉駅の駅舎内部。

080811160149
 電車が来るまで,ホームに入って写真を撮らせてもらう。

080811160212

080811160436

080811160642

080811160808

080811160915

080811161126
 上田からの電車が到着した。

080811161436
 折り返しの上田行き電車に乗り込む。
 電車が発車しホームを出て行くまで,和服姿の女性駅長さんはずっとお辞儀をしていた。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (2) | トラックバック (0)

軽井沢から上田へ

080811124611edit

軽井沢から上田へ


080811113818
 高崎から長野新幹線で軽井沢に向かう。

080811120303
 軽井沢駅に到着。
 降りたドアがちょうどエスカレーターの前だったが,いつものように乗ってきた電車を撮ろうとしているうちに,もの凄い人並みがエスカレーター前に押し寄せたため,とりあえずホームのベンチに待避。最後尾から改札口に向かう。
 ……それにしても,軽井沢で下車する人の多さには驚いた。

080811120501
 軽井沢駅の改札口。

 軽井沢駅で下車するのは,信越本線の横川−軽井沢間が廃止になる直前以来だから,約10年ぶりとなる。碓氷峠用の電気機関車EF63等が行き来する軽井沢駅を撮影しながらホームをブラブラしていたら,横に停まっていた特急「あさま」の窓の中で,当時の上司が手を振っていたことがあったっけ(確か実家のある小諸に行く途中だったはず)。10年前のことが,つい先日のことに感じてしまうのは,たぶん私が歳を取ったためだろう。

 高原の避暑地から洒落た有名観光地へ,軽井沢の俗化の波はとどまることを知らない。

080811121450
 静まり返った「しなの鉄道」軽井沢駅構内。信越本線軽井沢駅だったころの賑わいが嘘のようである。

080811121819
 新しい軽井沢駅。

080811122218
 軽井沢駅前。「草軽ターミナル」は,その名の通り,草津温泉と軽井沢を結んでいた軽便鉄道,草軽電気鉄道の「草軽」である。

080811122414

080811122609
 新しい軽井沢駅の西隣には旧駅舎が保存されている。

080811123814
 軽井沢駅旧駅舎の横のホーム(元の上り1番線)には,横軽の象徴だった電気機関車EF63やアプト式時代の機関車EC40が展示されている。

080811124055
 旧駅舎の前には草軽電気鉄道のデキ12も保存されている。

080811124125
 旧軽井沢駅駅舎。

080811124611
 しなの鉄道軽井沢駅のホームへ。

080811124732
 小諸行きの各駅停車。

080811125152
 小諸行き各駅停車の前に回り込むと,横にはアプト式の電気機関車EC40が見える。

080811125358
 車窓にEF63が見えると,遠いあの日にタイムスリップしたかのような気分になる。

080811132957
 小諸駅に到着。長野行きの電車に乗り換える。

080811142257
 上田駅に到着。しなの鉄道から上田電鉄の電車に乗り換えることにする。

 ── SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日曜日)

北国街道海野宿を歩く

 別所温泉で出会った爺さんに「海野宿」を強く奨められたので,さっそく歩いてみることにする。江戸時代の建物が残る町として名前を聞いたり,写真を見たりしたことはあったが,観光地化されてハリボテのような街並みになっているのではないかと勝手に思い込んで,今まで訪れることはなかったのだった。

050925-151718
 海野宿の東端にある白鳥神社付近から海野宿の街並みを見る。見事な越屋根である。

050925-152027
 宿場町として栄えた海野宿だが,明治時代になって宿場町の機能が縮小し,養蚕が盛んになったそうである。立派な越屋根は,カイコを保温するために焚いた火の煙を建物の外に出すための気抜き窓である。

050925-152220
 道(旧北国街道)の真ん中には水路が設けられ,今でも豊富な水が流れている。あちらこちらでコスモスが満開だった。

050925-152728

050925-152841

050925-152919
 見事な卯建(うだつ)である。卯建は建物の妻の壁を屋根の高さまで伸ばしたもので,防火の役割を果たすものだ。建物の装飾的な意味合いも大きく,裕福な家でなければ設けることができないことから,「うだつがあがらない」という言葉が生まれる要因になっている。

050925-152937

050925-154728s
 水路を流れる水がとても綺麗である。水路の中をよく見ると,なんとサワガニが動き回っていた。生活排水は流れ込んでいないようだ。

050925-153322

050925-153410
 何も考えずにシャッターを切っても,それなりに綺麗な写真が撮れてしまう。

050925-153445

050925-154003

050925-154210
 あちこちに咲いている花も,綺麗な街並みの良いアクセントになっている。

050925-154257
 右側が本陣跡。

050925-154408

050925-154505

050925-155153
 適当に写真を貼り付けていると,あっという間に容量が増大してしまう。これだけ古い建物が建ち並ぶのも珍しい。

050925-155508

050925-155927

050925-160015
 朝からずっと曇り空だったが,夕方になって少しずつ晴れ間が見えてきた。もうすぐ10月だというのに,晴れ間に合わせて裏の山からミンミンゼミの鳴き声が聞こえてきた。

050925-161157
 海野宿の裏側にまわると,一面の田んぼが広がっていた。はざかけが美しい。

050925-161421

050925-163121
 千曲川に西日が差す。

050925-163717
 大屋駅付近にも古い建築物が残っている。大屋は諏訪や伊那方面を結ぶ荷物の集散地として繁栄した町である。かつては上田交通の電車が上田−大屋間,さらには丸子町まで伸びていたのだった。

050925-164918
 千曲川にかかる大屋橋から小諸方向を見る。
 大屋橋の下流には,かつて丸子町まで伸びていた上田丸子電鉄丸子線の鉄橋が残っていて,鉄道橋として特徴のあるトラスを見ることができたのだが,5年ぐらい前の台風で橋脚が傾き,とうとう新しい橋に付け替えられてしまったようだ。

 ── 縦横比4:3の写真はPENTAX OptioWP,3:2の写真はNikon D2Xで撮影 ──

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信州の鎌倉 ── 別所温泉

 長野からしなの鉄道で上田へ。上田交通別所線で別所温泉へ向かうことにする。
 別所温泉は北向観音などの古い神社仏閣が多いことから「信州の鎌倉」とも呼ばれる。鉄ちゃん的には上田交通別所線の電車に惹かれるものがあるが,今日は温泉街歩きをメインにしようと思う。

050925-122215
 上田交通別所線の駅の前に,峠の釜めしで有名なおぎのや(本店は信越本線横川駅近く)が店を出していた。

050925-122321
 ホームで待っているのは元東急のステンレス電車。古くは側面に丸い窓がある丸窓電車が走っていたことで有名な別所線だが,現在はすべての車両が元東急のステンレス電車に置き換わっている。
 まったく味気ないステンレス製の電車であるが,最近一部の電車が丸窓電車風に塗られて走っているらしく,楽しみである。

050925-130358
 終点の別所温泉駅に到着。

050925-131032
 別所温泉駅からさらに坂を登ってゆくと,緑の中に純和風の旅館が並んでいる。

050925-131623

050925-131803

050925-132031

050925-132342
 周囲を緑の山に囲まれているためか,落ち着いた感じのある温泉街である。

050925-132400
 共同浴場。温泉街にはいくつかの共同浴場があり,温泉街はこれらの共同浴場を中心に形成されている。

050925-132458

050925-132643
 平坦な土地が無く,温泉街全体に坂道が張り巡らされている。

050925-132708

050925-132854
 どんどん坂を登る。今日は電車のことを考えないつもりだったが,ひょっとしたら高いところから別所線を俯瞰できそうな気がして坂を登った。が,周囲の山には木々が茂り,俯瞰できそうな場所は見つからなかった。

050925-134453

050925-134626
 別所温泉駅に戻ると,待っていたのは丸窓電車風に塗られ,側面に丸窓風の板をはめ込んだ車両だった。

050925-134759

050925-134821

050925-134959

050925-135153
 風格そして雰囲気のある駅である。

050925-135129
 ステンレスの車体への塗装ということで,奇妙な感じになっているんじゃないかと危惧していたが,意外に良い感じにできている。

050925-142152
 上田駅に到着。車内の釣り広告には,昭和初期の復刻版の広告が使われていたり,丸窓電車の現役時代の写真が貼られていたりして,楽しめるようになっていた。

 ── 縦横比4:3の写真はPENTAX OptioWP,3:2の写真はNikon D2Xで撮影 ──
   (OptioWPの写真が少しフレアっぽいのがちょっと気になる……)

| | コメント (0) | トラックバック (1)