カテゴリー「・14 神奈川県その他」の79件の記事

2017年6月 4日 (日曜日)

悠久の歴史を持つ新しい街 海老名駅界隈

170604172418edit

悠久の歴史を持つ新しい街 海老名駅界隈


 相模大塚駅南口から相鉄バス綾瀬52系統のバスに乗り海老名駅へ。途中に「飛行場正門」や「日立相模前」「国分」というバス停があっていろいろ興味深かったが,RX100M3で撮影した写真をMacBook Proに取り込み忘れて,バスの先頭かぶりつきで撮影した写真を紛失。記録が残っていない=記憶がない。

「飛行場正門」バス停はもちろん米軍厚木基地の正門前であり,「日立相模前」は日立オートモーティブシステムズ社の相模事業所で,もともとはトキコ(東京機器工業)の相模工場だね。「国分」は国分南一丁目にあって,相模国分寺跡(と後継寺院の相模国分寺)がすぐ近くにある。

170604-163810
 楽しかったバス旅が終わり,海老名駅前へ。小田急小田原線,相模鉄道本線,少し離れてJR相模線の海老名駅がある(神奈川県海老名市)。

 神奈川県のほぼ中央にある海老名市は人口約13万人で,天平時代に聖武天皇が日本の各国に建立させた国分僧寺と国分尼寺のうち,相模国分寺・相模国分尼寺があったという歴史を持ち,また近年になって海老名駅周辺の再開発で大型の商業施設が集積し,注目されている都市である。

 駅周辺の再開発とは書いたものの,実際のところ昭和も終わろうとする頃まで駅前に一面の田んぼが広がっていて,再開発というより新規開発に近い。駅前に広大な土地が残っていたという点が,今になって見れば非常に幸運だったと言える。

170604-163936
 小田急・相鉄・JR相模線海老名駅(東口)。

 海老名駅周辺を歩くのは2005年6月12日以来だから十数年ぶり。そのときのブログ記事は『歴史と文化が息づくまち 海老名を訪ねる』にまとめているので,興味がある方は読んでほしい。JR相模線海老名駅周辺の変貌ぶりには驚かされると思う。

170604-163957
 小田急・相鉄・JR相模線海老名駅(東口)。海老名駅の東西を結ぶ自由通路が立派になっている。

170604-164051
 小田急系の複合型商業施設「ビナウォーク (ViNAWALK)」に続くペデストリアンデッキ。

170604-164122
 駅と直結のビナフロント(ViNA FRONT:写真右)。ビナフロントは2014年開業と,比較的新しい商業施設である。

 ViNAWALKのWebサイトを見ると,“ビナウォークの「ViNA」はViVA NATURE(自然礼賛)の略語で、Rambling(ランブリング:ぶらぶら歩き)と併せて「歩いて楽しめる界隈」を表現しています”と書かれている。洒落た「ヴィナ」ではなく「エビナ」のビナなのかと思いきや,意外に旧式の表記が使われている。

170604-164156
 海老名駅東口のペデストリアンデッキ。カーブが美しい。ビナウォークの2階部分を結ぶペデストリアンデッキは,街を繋げる歩行空間ということで「ランブリングテラス」と名づけられている。

170604-164226
 左奥に見えるのが,マルイファミリー海老名が核店舗として入った「ビナウォーク3番館」である。

170604-164307
 海老名駅東口のバスロータリーとタクシープール。

170604-164345
 海老名駅東口の「ViNAWALK 1番館」。デイリーセレクトショップ,生鮮市場,三省堂書店が入っている。ペデストリアンデッキには「新幹線新駅を寒川町倉見に!」と書かれた神奈川県東海道新幹線新駅設置促進期成同盟会の横断幕が掲げられている。

170604-164411

170604-164437
 ランブリングテラスの海老名駅方向を振り返る。

170604-164603

170604-164630
 海老名駅前から県道40号線横浜厚木線(大山街道・厚木街道)の海老名駅入口交差点方向を見る。

 海老名駅入口交差点の先にイオン海老名店(元のニチイ海老名店〜サティ海老名店)がある。併設するイオンシネマ海老名は,日本で初めてのシネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ海老名」が改称したもので,海老名駅周辺が現在のような賑わいになるきっかけとなった商業施設である。

170604-164719
 ビナウォーク5番館。ビナウォークを象徴するような大屋根がある。

170604-164818
 ビナウォークの各館は海老名中央公園を取り囲むように配置されている。公園には相模国分寺にあったのではないかとされる七重塔の3分の1スケール模型が建っている。

170604-164906
 海老名中央公園とビナウォーク3番館。

170604-164931
 ビナウォーク3番館の前の大屋根の張り出しっぷりもすごい。

170604-164947
 海老名中央公園の南側のビナウォーク5番館。

170604-165056
 ビナウォーク3番館。

170604-165109

170604-165146
 ビナウォーク3番館と透明な大屋根。

170604-165228
 向かい側のビナウォーク5番館の大屋根との対比が面白い。

170604-165259

170604-165508
 ビナウォーク3番館の2階マルイ正面と6番館TOHOシネマズ海老名前の間を運行するミニトレイン「ビナポッポ」。ゴムタイヤでバッテリー駆動。ゴムタイヤの4輪なのでカーブをどのように曲がるのか興味があったが,客車の車輪にも舵機構(たぶん連結器部分と連動して舵が切られるようになっている)が付いていて,見事に曲がり角を曲がる構造になっている。よくできている。一見の価値あり。

170604-172358
 相模国分寺にあったのではないかとされる七重塔の3分の1スケール模型。3分の1なのにかなりデカい。この3倍の高さというのが想像できない。

170604-172418
 七重塔を下から見上げる。

170604-172441
 七重塔の前から海老名駅方向を振り返る。

 新しい商業施設に共通するのは,座る場所が潤沢に用意されていることである。市街地の商店街も大いにマネすべきと思う。

170604-172509
 七重塔の横(写真左)にあるのがビナウォーク4番館。各種クリニックや美容サロンなどが入っている。

170604-172657
 海老名中央公園の東端から海老名駅方向を見る。

170604-172755
 海老名中央公園の東にあるのがビナウォーク6番館。2階部分にTOHOシネマズ海老名前があり,1階は「ビナウォークらーめん処」と称してラーメン屋がたくさん並んでいる。

170604-173549
 首都圏では珍しい“富山ブラック”ラーメンの店「いろは」があり,4年前に富山の西町で食べた富山ブラックのしょっぱさと東日本の蕎麦のような外観が妙に懐かしくなり,入ってみた。
 蕎麦のような黒いスープ。しょっぱさは控え目なので,この店では万人受けする味にしているのかもしれない。

170604-173925
 店内には「富山で休もう。」のポスターや富山県の地図が貼られている。

170604-175845

 海老名に来たからには,JR海老名駅の西にできた「ららぽーと海老名」も見ておきたいので,海老名中央公園を横切って西へ。

170604-180108
 ビナウォーク5番館中央の階段。描かれているのはイメージキャラクターの「ビナセブン (ViNASEVEN)」。エビがモチーフになっていて,エビワンからエビセブンの七匹がいる。

170604-180408
 ビナウォーク3番館。

170604-180708
 ランブリングテラスを海老名駅に向かう。
 時刻は午後6時過ぎ。この季節はだいぶ日が延びたとはいえ,日没までは40分程度しかない。

170604-180831
 2010年に完成した新しい海老名駅自由通路。

170604-180905
 きれいになった小田急海老名駅の改札口。

170604-181005
 新しい自由通路からJR海老名駅までの連絡通路も新しくなっている。

 左側通行が推奨されているのに,なぜか理由もなく右側を歩く人がいるんだよね。不思議でしかたがない。こういうところで右側を歩いたら邪魔になる人が多くて歩きにくいと思うんだけど……

170604-181039
 JR海老名駅との連絡通路が広々としている。ららぽーと海老名もできて,このぐらいの広さがないと混雑してしまうのだろう。

170604-181055
 連絡通路の上から小田急海老名駅の電車基地を見る。小田原方面に旧塗装へ復元されたLSE(7000形)が走って行った。あとから登場したHiSE(10000形)やRSE(20000形)が2012年に早々と引退したのに,1980年運用開始のLSEが2017年まで残るなんて,誰が予想しただろうか。

 個人的な好みだが,私は小田急NSE(3100形)・LSE(7000形)・JR西日本の新幹線500系がカッコいい鉄道車両の史上ベスト3だと思っている。

170604-181122
 小田急海老名駅とJR海老名駅の間にはまだ広大な空き地が残っている。ひょっとしたらここは市街化調整区域で開発ができない状況なのかもしれない。

170604-181216
 小田急海老名駅西口の小田急電鉄海老名総合事務所。

170604-181237
 JR海老名駅連絡通路を西へ。新自由通路の北側(北東側)ではビルの建築工事が行われている。

170604-181305
 新自由通路の南側の少し離れたところに海老名市立中央図書館や文化会館ができたので,空き地を貫く広い歩道に歩行者が多い。中央図書館は佐賀の武雄市図書館に次ぐ“TSUTAYA図書館”として,世間の本好きに酷評された図書館である。話の種に訪問してみたい気もしたが,CCCやTSUTAYAとは過去にも将来も無縁の私は,関わらないのが吉と考えて無視した。

170604-181350
 十数年前に野球のバックネットが残った状態で空き地になっていた場所だが,それからずっと空き地のままのようだ。自分が子供の頃だったら,近所にこんな空き地があったら遊び放題で最高だったと思うのだが,現代は子供が遊ぶのを親が許さなかったり,土地の所有者が許さなかったり,世知辛い時代になったもんだと感じる。

170604-181408
 新自由通路には動く歩道も設置されている。

170604-181453

170604-181553
 JR相模線海老名駅と2015年に開業した「ららぽーと海老名」。ホームのない手前側の線路は相模線ではなく,相模鉄道の厚木線(相鉄貨物線)である。

170604-181638
 JR相模線海老名駅の南側を見る。手前側の線路が相鉄厚木線。

170604-181854
 立派になった相模線の海老名駅。

170604-181943
 駅前に田んぼが広がっていた頃から,ここにはエスカレーターとエレベーターが設置されていた。

170604-182011
 JR海老名駅前のバスのりば。

170604-182030
 JR海老名駅前のバスのりばの上を通る新自由通路と「ららぽーと海老名」。

170604-182107
 ららぽーと海老名は2015年の開業。

170604-182121

170604-182141

170604-182321
 ららぽーと海老名の横にあるJR海老名駅西口のマイカー用ロータリー。送迎用のマイカーが長時間停車するようになるのは目に見えているのだから,普通の駐車場のように並んで停車できるようにしたほうが多くの車が駅前に入れそうな気がする。

170604-182634
 JR海老名駅のホームに入ってきた相模線茅ヶ崎行きの電車。

170604-183230
 こちらは海老名駅を出て行く相模線橋本駅経由八王子行きの電車。

170604-183331
 ららぽーと海老名に入ってみる。

170604-183404
 空には月が出ている。

170604-184755
 ららぽーと海老名の内部。

170604-184952
 ららぽーと海老名。

170604-185022
 ららぽーと海老名。

170604-185034
 ららぽーと海老名の内部では大きなカメラを出しにくいため遠慮してiPhoneで撮影していたが,エントランスの吹き抜け部分の立体感を出したくて,1枚ぐらいなら許してもらえるかなと思って許可を得ずに1枚だけ撮影。

 見出しに「悠久の歴史を持つ」とは書いたものの,海老名駅の周辺に歴史を感じさせるものはない。昭和の終わり頃までは海老名駅周辺は田んぼだったところなのでしかたがない。
 歴史はなくても,若く魅力的な街であることは確かだ。小田急・相鉄海老名駅とJR海老名駅の間にはまだ広大な土地が残っている。相鉄線とJR横須賀線との直通運転,東急東横線との直通運転もまもなく始まる。今後,ますます魅力が増すことだけは確実だ。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 7

【関連記事】
2005年6月12日 (日曜日):歴史と文化が息づくまち 海老名を訪ねる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模大塚駅の米軍厚木基地引き込み線跡

170604150138edit

相模大塚駅の米軍厚木基地引き込み線跡


 いつものように,どこかの駅で適当に下車して商店街の写真を撮ろうと相鉄線の電車に乗り,今まで下車したことのない相模大塚駅で下車した。相模大塚駅の周辺に商店街がなさそうなことは知っていたが,駅の近くに米軍厚木基地への引き込み線跡(正確には廃線にはなっておらず休止状態だったはず)があり,一度見てみたいと思っていたのだった。

170604-143522
 相模大塚駅の南口(神奈川県大和市)。

 実は桜森稲荷に挨拶してから街歩きしようと思い,最初に北口を出て駅北側の電留線(留置線)の電車を撮ったり,桜森稲荷の写真を撮ったりしたのだが,バッテリーが膨らんだMacBook Proが修理中だったため,Cyber-shot DSC-RX100M3で撮った写真をMacBook Proに取り込むのを忘れてしまい,まったく写真が残っていないという大失態。
 相模大塚駅に戻り,バッグの中からα7Sを出したあとはα7Sで撮っているので写真が残っている。

 駅前のバス停には綾瀬市コミュニティバス「かわせみ」が停車中。神奈川県のほぼ中央部に位置する綾瀬市は人口8万4千人の都市だが,市域に鉄道の駅がなく,周辺の海老名市や大和市,藤沢市の駅が最寄り駅となり,バスが主要な公共交通機関となっている。ここ相模大塚駅と綾瀬市役所を結ぶコミュニティバスの利用状況はあまり芳しくなさそうだ。

 駅の日中の利用者があまり多くないためか,米軍関係の外国人の家族連れが目立つように感じた。

170604-143722
 相模大塚駅南口からは相鉄バスの海老名駅行き,飛行場正門行,大和駅行き,綾瀬車庫行きのバスが運転されている。

 相模大塚駅があるのは大和市桜森三丁目。なぜここが「相模大塚」駅なのかが気になる人が18%ぐらいいると思う。

 Wikipediaの「相模大塚駅」のページには,“駅名は、開業時の所在地付近にあったとされる「相模大塚古墳」に由来している”と書かれている。
 神中鉄道の相模大塚駅が現在のさがみ野駅付近に開業したのは1926年(大正15年)。1921年(大正10年)測図の地形図を見ると,さがみ野駅付近は一面の桑畑になっており,古墳らしきものは見られない。近くには大山街道(厚木街道)の海老名村大塚の集落がある。現在の大塚本町交差点付近が集落の中心である。

 この大塚の集落は海老名村の中心である國分の集落(現在の海老名駅の東方で相模国分寺跡付近)に匹敵するほどの規模だ。大塚集落のすぐ横を神中鉄道が通っているが,台地の上から相模川河畔の海老名駅に向かって下るために切土区間になっており,切土区間直前の大山街道の踏切付近で大塚集落の北端(現在の大塚上町バス停近く)に初代相模大塚駅(現在のさがみ野駅)が設置されるのは合理的である。

 つまり,「相模大塚」という駅名は海老名村(柏ヶ谷)大塚という,この周辺では一番大きな集落の地名に由来するというのが正解だと思う。この「大塚」の塚が古墳を意味する可能性はあるが,それは大塚という地名の由来であって,駅名の由来ではない。

 1943年(昭和18年)頃,厚木海軍飛行場の完成に合わせて相模大塚駅が現在地に移転。1957年(昭和32年)発行の地理院地形図には移転後の相模大塚駅と飛行場への引き込み線が描かれている。神中鉄道から相模鉄道になったが,まだ単線の鉄道だった。海老名町大塚の集落から相模大塚駅は遠ざかってしまったが,集落の中心近くに大塚本町駅が設置されている。

 相鉄線の駅の変遷は激しく,その後は1975年(昭和50年)に大塚本町駅がもともと相模大塚駅があった場所にさがみ野駅という名称で移転するとともに,大塚本町駅の海老名寄りにかしわ台駅が開業。大塚本町駅があった場所にはかしわ台駅の東口が設けられ,かしわ台駅まで長い長い連絡通路でつながることになる。

170604-143752
 相模大塚駅を出て県道40号横浜厚木線の相模大塚駅前交差点に向かう綾瀬市役所行き綾瀬市コミュニティバス。この通りは相模大塚駅南口正面の道路だが商店街はなく,駅前の一等地にトランクルームがある。

170604-143945
 相模大塚駅前交差点。

170604-144000
 続けて相鉄バス綾52系統の海老名駅行きのバスがやってきた。海老名駅行きのバスは1時間に1〜3本程度の頻度で運転されている。

170604-144210
 相模大塚駅南口の大和屋質店の周辺にはスナックや飲食店が点在する。

170604-144406
 大和屋質店の手前から県道40号線に抜ける路地にスナックが並ぶ。

170604-144419
 スナックが並ぶ路地。

170604-144506

170604-144521
 県道40号横浜厚木線に出る。

170604-144600
 駅前がいきなり郊外のロードサイド風になっているが,そこにスナックが点在する。

170604-144748
 県道40号線から大和屋質店の通りに戻る。

170604-144851
 相模大塚駅方向を振り返る。

170604-145028
 県道40号線沿いに飲食店が並ぶ一郭。これらの飲食店の裏側に米軍厚木基地への引き込み線跡がある。

170604-145040
 よく見ると引き込み線と架線が見える(縮小写真ではわかりにくいが)。

170604-145124
 県道40号線の小さな飲食店街。

170604-145212
 県道40号横浜厚木線を斜めに横切る米軍厚木基地への引き込み線。踏切の設備なども残っていて,今にも警報器が鳴りそうな雰囲気がある。

170604-145311
 米軍厚木基地方向を見る。この引き込み線は,横須賀線の田浦駅近くの田浦送油施設からJR相模線の厚木駅経由で米軍厚木基地までジェット燃料などを運ぶためのもので,1998年(平成10年)3月まで使われていたという。廃線ではなく休止状態ということで,架線もそのまま残っている。

170604-145429
 相鉄線からの分岐方向を見る。相鉄線の海老名方面になだらかにつながっているので,JR相模線の厚木駅から相鉄厚木線経由でそのまま引き込み線に入れそうに思ったが,地図で線路配置をよく見たら相鉄線の上り線からの渡り線がない。一旦相模大塚駅構内でスイッチバックして相鉄線の下り線を渡り,今度は相鉄さがみ野駅方向に続く引き込み線に入ってまたスイッチバック。そこからこの引き込み線に入ってくることになっていたようだ。

170604-145456
 もう20年近く列車が走っていない線路なので,線路の上に堂々と駐車している車もある。

170604-145732
 線路に沿って米軍厚木基地方向に歩いてみようと思ったら,運良く線路上に駐車していた車がいなくなってくれた。

170604-145909
 地鶏料理「さがみ」の裏手。

170604-145948
 長年列車が走っていない様子は見てとれるが,草生したりはしていない。それなりに手入れがなされているようだ。

170604-150052
 ろばた焼「皆与志」,大衆酒場「りん」の裏手あたり。白い猫がじっとこっちを見ている。

170604-150133
 白い猫が振り返り振り返り去って行く。

170604-150247
 でんしゃにちゅうい。ここを厳密な意味での「電車」が走ったことはあるのだろうか。

170604-150336
 ろばた焼「皆与志」と桜森自治会館の間は線路の上も通路になっているようだ。

170604-150453

170604-150539
 桜森二丁目の踏切(跡)。相模大塚駅から飛行場正門や海老名行きのバスはこの踏切を渡る。

170604-150723
 さらに米軍厚木基地方向へ歩く。線路横の木が立派に成長して,枝が線路の上にまで伸びている。

170604-150930
 バス通りの踏切方向を振り返る。

170604-151054

170604-151118

170604-151236
 東名高速の防音壁に沿って延びる道路の踏切。細い道路なのに意外に交通量が多い。

170604-151305
 東名高速道路に架かる橋。

170604-151405
 東名高速道路に沿った道路はセンターラインが引けないほどの狭さなのだが,意外に交通量が多く,しかもなぜかスピードを出した車が多い(片側が防音壁で飛び出しの心配がないためだろうか)。児童の通学路になっているため,短い横断歩道に横断旗が置かれている。

170604-151502
 道路にもはみ出して描かれた巨大な桜の花びら模様。

170604-151816
 相模大塚駅に戻る途中の相模大塚駅前交差点。炭火焼肉「平和軒山口とんちゃん」がある。

170604-151840
 相模大塚駅前交差点にやってきた大和駅行きの相鉄バス。

170604-152911
 相模大塚駅南口西側のペンテコステキリスト教会。

170604-152933
 ペンテコステキリスト教会と「cliel hair」の横からスナック街に続く通り。

170604-153008
 ペンテコステキリスト教会 (PENTECOSTES CRISTO KYOKAI)。

170604-153043
 ペンテコステキリスト教会と相模大塚駅。

170604-153429
 相模大塚駅南口に戻る。

170604-153652
 相模大塚駅南口のバス停で海老名駅行きのバスが発車時刻になるのを待っている。私に「乗ってください」と言わんばかりではないか。据え膳食わぬは……なので,バスに乗って海老名駅に向かう。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or iPhone 7

相模大塚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日曜日)

舞い散る桜の花ひらつかまえて 平塚市

170416150526edit

舞い散る桜の花ひらつかまえて 平塚市


 4月だというのに,あわや夏日になるかという陽気になったこの日は,神奈川県のほぼ中央部にある平塚市の繁華街を歩いた。

 平塚市は東海道五十三次の江戸から7番目の宿場町が発達した町で,人口が約26万人の商工業都市。7月に開催される大規模な七夕まつりで知られる。徳川家康の中原御殿(別荘)があり,東京から丸子・小杉を通って平塚に至る中原街道の知名度も高いが,「中原」が平塚市にあるのはあまり知られてない。

170416-144658
 戸塚から東海道本線平塚止まりの電車に乗り,平塚駅で下車する。平塚駅の駅ビル「ラスカ」には,日本三大七夕祭りのひとつとも言われる「ひらつか七夕祭り」の七夕飾りが展示されている。

170416-145140
 平塚駅北口には「木谷道場があったまち 囲碁のまち ひらつか」記念塔があり,詰め碁の問題が掲示されている。公共の場らしく,3題とも「殺してください」ではなく「生きてください」の問題になっている。

170416-145235
 写真左が駅ビル「ラスカ」,右は元梅屋百貨店ユーユー館のユーユー駅前館。地場百貨店だった梅屋百貨店は2011年に本館を閉店し,全館テナントビルとなっている。

170416-145305
 平塚駅北口の駅前ロータリー。

170416-145324
 ユーユー駅前館。

170416-145521
 ユーユー駅前館。100円ショップの「ダイソー」や「Right-on」,「靴のチヨダ」などが入っている。

170416-145748

170416-145857
 平塚駅の駅ビル「ラスカ(LUSCA)」。1973年に開業した平塚ラスカを運営する湘南ステーションビルは,その後勢力を広げ,今では茅ヶ崎・小田原・熱海の駅ビルも「ラスカ」になっている。

170416-145949
 ユーユー駅前館の前の「ららぽーと行き」バス乗り場。日産車体工場跡地に昨年10月に開業した「ららぽーと湘南平塚」に向かうバスだ。

 私は「ららぽーと」を利用したことがないので,「ららぽーと」といえば船橋ヘルスセンター跡地の「ららぽーと」の印象が強烈すぎて(「ららぽーと」が船橋にしか存在しなかった時代が長かったからだと思われる),神奈川県内には横浜や海老名にも「ららぽーと」はあるが,いまだに違和感を感じる。
 たとえば,新しく大宮に「ラゾーナ」ができたとして,たぶん10年ぐらい経ってもラゾーナといえば川崎を連想する人が多いと思う。だからどうだ,だから悪いという話ではないが……

170416-150023
 歩道の上にアーケードがついた紅谷パールロード商店街。平塚駅前の中心となる商店街で,駅前のロータリーから西に延びる。

170416-150113

170416-150148
 紅谷町のパールロード商店街(写真正面)と新光会商店街(八幡大門通り)の交差点。

170416-150256
 薬クリエイトが入っているのが越野ビルで,それを包むように建つ(写真からはそのように見えづらいが)のが梅屋百貨店本館だった「ユーユー本館」。

170416-150351
 紅谷パールロード商店街から北に向かって延びる新光会商店街。新光会商店街から大門会商店街に続くこの八幡大門通りは平塚八幡宮の参道で,平塚では旧東海道の平塚宿(平塚駅からは離れた花水川寄り)や平塚新宿の次に栄えたところである。それに比べると,紅谷パールロード商店街は比較的新しい商店街と言えそうだ。

170416-150526
 新光会商店街のレストラン紅花の前の丁字路。

170416-150636
 ふかわ書店には自動販売機が並んでいる。

170416-150650
 レストラン紅花。

170416-150725
 新光会商店街の丁字路から西に続く一番街商店街。蔦のからまる「開化亭」からは合唱の歌声が漏れてきた。飲み屋街だと昼間からカラオケの音が聞こえてくることはよくあるが,合唱は珍しい。店頭の案内板を見たら,毎月定期的に「うたごえきっさ」が行われているようだ。

170416-150751
 開化亭の前から丁字路を振り返る。

170416-150834
 新光会商店街の中秋蒲鉾店は大正12年創業。「中秋」は「ちゅうしゅう」ではなく「なかあき」と読むらしい。平塚漁港近くで創業した一代目の名前が中村秋蔵で中秋。
 10年ぐらい前に平塚を歩いたときに買い食いしたさつま揚げが美味かったという記憶が蘇ったが,残念ながら日曜日は定休日だった。

170416-150909
 とんかつ「いちかわ」と「平塚卸売生鮮市場」。生鮮市場は以前はDAICHI(大地)という店だったところだ。

170416-150924
 南側の紅谷パールロード商店街側を振り返る。

170416-150957
 八幡大門通りと旧東海道(銀座通り)の交差点にある伊藤金物店。タイガー魔法瓶の歴代のロゴは,リアルで怖かったトラがどんどん可愛くなっているが,まだ怖さが少し残っているときのものだ。

 Wikipediaを読むと,タイガー魔法瓶とはライバルの象印マホービンは,タイガーに対抗するという意味で「象」を漢字に,「マホービン」をカタカナにしたとも言われると書かれているが,ここの看板はタイガーマホービンとなっていて面白い。

170416-151118
 写真右が旧東海道の湘南スターモール商店街(銀座通り)。以前は平塚駅前交差点側にも続いていた歩道の上のアーケードは,ここ八幡大門通りとの交差点から先が撤去されている。
 この銀座通りが七夕祭りのメイン会場となるため,七夕~織り姫・彦星~☆ということから,スターモールと名づけられたらしい。もともとは銀座通り商店街だった。

170416-151212
 駅前通り(フェスタロード)と旧東海道が交差する平塚駅前交差点。広い駅前通りは,駅前通りの東西にある不動大門通りと八幡大門通りのちょうど真ん中に,終戦後に作られた新しい通りである。平塚駅前交差点を丸く囲むように並んだ店舗もそのときに作られたはずだから,「LES CLOS ラ・クロワ猪股(猪股履物店)」の看板建築もほぼ同時期の建築だと思われる。

 大正時代の地図を見ると,伊藤金物店は旧東海道には面しておらず,その横に旧東海道に面した猪股履物店がある。銀座通り商店街を拡幅したときに伊藤金物店が銀座通りに面するようになり,猪股履物店が新しい駅前通り(フェスタロード)に移転したのだろう。

170416-151354
 平塚駅前交差点の斜向かいには「はきもの宮川(宮川はき物店)」がある。履物店が多いな,と思いながら大正時代の地図を見たら,履物店や足袋店がものすごく多い。

 不動大門通りの交差点から公園通り新仲会商店街の交差点の間(平塚宿はもっと西側にあった),距離にして約350mだけでも,東海道に面して田村屋タビ店・宮川履物店・山口靴店・松屋履物店・猪股履物店・甲州屋足袋店・三好屋履物店・福助タビ店の名が読み取れる。さすが天下の東海道である。

 東海道五十三次の宿場町平塚宿は平塚市の市街地の西寄りに位置していて,江戸方見附が現在の平塚市民センターあたり,京方見附は古花水橋あたりにあった。その後,平塚新宿(銀座通り商店街のあたり)が加宿となっている。
 実はその平塚宿(平塚本宿郵便局付近)や遊郭があった大鷲神社・大鳥公園あたりを歩いてみようと考えていたのだが,海軍火薬廠をはじめとして軍需工場が多かった平塚への空襲は非常に激しかったらしく,さらに戦後に大規模な区画整理が行われたため,宿場町当時の面影はまったく残っていないという。

170416-151427
 平塚駅前交差点から平塚駅北口を見る。

170416-151629
 フェスタロードの平塚駅前交差点から旧東海道の東側を見る。はきもの宮川(宮川はき物店)の隣は田村屋(田村屋タビ店)。その奥の久保の井酒店も老舗だ。

170416-151749
 フェスタロードの平塚駅前交差点を引き返す。正面が平塚駅。

170416-151925
 湘南スターモール商店街から新光会商店街を見る。ユーユー本館の塔屋の「UMEYA」の看板が,ここが元梅屋百貨店だったことを主張している。

170416-152020
 ペットショップ「みみづく園」と生活の雑貨「なべや」。

170416-152225
 湘南スターモール商店街(銀座通り)を西へ。花と緑の専門店「花長」がある交差点。

170416-152306
 湘南スターモール商店街の「花長」。1927年(昭和2年)創業の大きな花屋さんだ。

170416-152445
 花長のアーチ型の窓が印象的だ。

170416-152534
 花長の横を南に歩き,一番街商店街へ。

170416-152558
 一番街商店街。

170416-152702
 さらに南に歩いて紅谷パールロード商店街に出る。

170416-152724
 紅谷パールロード商店街。駐輪する自転車がずらりと並んでいた印象だったが,ひょっとして自転車が少なくなった?

170416-152920
 駅前ということもあって,飲食店チェーンの店が多い。写真右のビルがユーユー本館(元梅屋百貨店)。

170416-153146
 紅谷パールロード商店街は歩行者天国になっていて,自転車も押して歩くのが基本。

170416-153208
 さらに南へ。

170416-153334
 活魚磯料理「真鶴」。
 昔の紅谷町には料亭が軒を連ねていたようで,この店はそのなごりかもしれない。

170416-153413

170416-153457
 写真右はリーデンスタワー湘南平塚。商店街から外れたところに飲食店が点在している平塚だが,そこに大きなマンション(どうでもいいことだが,以前はブログにこのような集合住宅を「高層アパート」と書いていたが,最近は世間一般に合わせて「マンション」と書くようにした。本来なら高級アパートや高層アパートでもおかしくないと思うけどね)がにょきにょきと建っている。

170416-153521
 平塚で人気の焼肉店と言えば「大衆焼肉」「ジンギスカン」で,ここはその支店。大船など神奈川県東部の「大衆焼肉ジンギスカン」「大衆焼肉」はここが発祥だと思うのだが,真偽は不明だ。

170416-153612
 大衆焼肉店支店。

170416-154122
 割烹「貴柳庵」。奥にそびえるのはセレストタワー湘南平塚。「どこまでが湘南か?」「平塚は湘南か?」という議論があって,相模川の西にある平塚は湘南というより西湘ではという意見もあるが,タワーマンションは「湘南平塚」がお好きなようだ。

170416-154151
 大衆焼肉店支店。

170416-154353
 公園通りに出る。

170416-154433
 平塚紅谷郵便局の前の公園通り。ここを北に進むと東海道(国道1号線)と崇善小学校東交差点で交差し,横浜ゴムの工場(昔は海軍火薬廠だったところ)や平塚市役所・博物館・中央図書館・中央公民館・平塚郵便局がある地区を抜け,平塚市総合公園へ続いていることから公園通りと呼ばれるのだと思われる。

170416-154805
 公園通りのゆるやかな坂を下ると紅谷パールロード商店街と交差する。紅谷パールロードは駐輪する自転車の量が減ったのはいいが,心なしか歩行者の数も減っているような気がする。

170416-154953
 紅谷パールロード商店街と公園通りの交差点方向を振り返る。

170416-155045
 紅谷パールロード商店街と公園通りの交差点。紅谷パールロード商店街は交差点を過ぎると紅谷Beロード商店街と名を変える。

 パチンコ屋の「D’station」は長崎屋平塚店本館が解体された跡地に建っている。平塚の長崎屋平塚店は長崎屋創業の店とも言える店舗で,本館は地上11階建てのだったが,ドン・キホーテ傘下となった翌年の2008年(平成20年)9月にとうとう閉店。時代の流れとはいえ,繁華街の象徴でもあった大型店の閉店による街への影響は大きかっただろう。

 平塚といえばOPA・十字屋も平塚の発祥だ。商業の盛んな街だったのだろう。

170416-155214
 紅谷Beロード商店街を西へ。やや歓楽街的な色を帯びてくる。

170416-155257
 紅谷Beロード商店街の丁字路。

170416-155328
 歓楽街的な紅谷Beロード商店街は日中はひっそりとしている。

170416-155416
 紅谷Beロード商店街の丁字路から西紅谷通り会商店街のゆるやかな坂を上ると“お菊塚”の石碑が立つ紅谷町公園がある。平塚市の商店街組合はほぼ全部「○○会」という名がついているので,西紅谷通り商店街と書くほうが正しいかもしれない。

170416-155501
 紅谷町公園。

170416-155606
 紅谷町公園のお菊塚。平塚宿出身で江戸へ奉公に出ていたお菊が,奉公先の男に恨まれて大事な皿を隠され,それを奉公先の主人にとがめられて井戸に投げ込まれて殺されたという,「いちま〜い,にま〜い」の怪談「番町皿屋敷」で知られるお菊の墓と言われる。

170416-160108
 西紅谷通り商店街のゆるやかな坂を上る。突き当たりには東海道本線の平塚駅西口がある。

170416-160157
 西紅谷通り商店街の北側を振り返る。

170416-160324
 平塚駅西口の北側の階段。東西に長いホームを持つ平塚駅は,ホームの東側に駅ビル「ラスカ平塚」と北口,南口があり,それとは別にホームの西端に改札口だけの西口がある。西口には北側の階段(上の写真)と南側の階段があるが,両方合わせて西口(西口改札)と称する。

170416-160357
 平塚駅西口の前のタクシーのりば。

170416-160339
 平塚駅西口の正面。なか卯の横の階段は,クラブ「グッドタイム」とクラブ「ダイヤモンド」へ続く。そしてその横には「おでん横丁」への入口がある。

170416-160416
 おでん横丁の入口。入口に書かれている店は居酒屋「竹の子」・寄り処ウエマツ「仲間」・すなっく「けいこんとこ」・スナック「POLO」・焼とり「歌ちゃん」で,おでんの店はなさそうなところが面白い。

170416-160518
 おでん横丁の中を見てみたが,まだ昼間なので真っ暗だった。中から平塚駅西口を見る。

170416-161054
 西紅谷通り商店街の西側の通りのゆるやかな坂を下る。

170416-161142
 タンメンが有名な老郷(ラオシャン)本店。

170416-161239
 西紅谷通り商店街。

170416-161345
 西紅谷通り商店街を下り,紅谷Beロード商店街との交差点。交差点から先は紅谷しんしく会(西口しんしく横丁)となる。看板に“楽しく 美味しい 歓楽街”と書かれているように,平塚で一番の歓楽街である。

170416-161406
 紅谷Beロード商店街を少し平塚駅方向に歩いたところにある平塚紅谷座ビル。映画館だったなごりが「紅谷座」という名に残る。まだ紅谷Beロード・紅谷パールロードがなかった頃の地図には「平塚劇場」の名も近くにみられる。紅谷座と平塚劇場が無関係なのか,なにかしらの関係があるのかは不明。

170416-161504
 紅谷Beロード商店街の東方を見る。無料案内所もある。

170416-161626
 紅谷Beロード商店街を西へ。

170416-161707
 紅谷Beロード商店街は西端でプラザロードに突き当たる。

170416-161726
 プラザロードの西側を見る。このまま西側へ渡ろうと思ったが,そのままは渡れず,北側の市民プラザ前交差点か南側の横断歩道を迂回しなければならない。市民プラザ前交差点側から回ろうと思ったが,気が向くままに歩いていたため,この後その決心を忘れてしまった。

170416-161808
 ヤマト運輸のリヤカー。子供の頃によく見たリヤカーも,大人になってからほとんど見なくなっていたが,21世紀になってとうとう完全復活して大活躍。わからないもんだね。

170416-161959
 プラザロードと旧東海道の銀座通りが交差する市民プラザ前交差点。

170416-162015
 市民プラザ前交差点の南東側の隅にひらつか市民プラザがある。

170416-162107
 平塚市は比較的平坦な街なので,自転車が大活躍。

170416-162143
 市民プラザ前交差点。

170416-162204
 ひらつか市民プラザの前から湘南スターモール商店街(銀座通り商店街)の東側を見る。

 この写真を撮っている段階で,市民プラザ前交差点を西に渡ることをすっかり失念してしまい,東へ歩く。昔からのクセで,地図を確認したりせずに,瞬間瞬間の欲望のままに歩いてしまうのだった。そのおかげで,偶然のうれしい発見があったりもするが,行ってみたいところを見過ごしてしまう後悔もしょっちゅうだ。

170416-162248
 紅谷しんしく会(西口しんしく横丁)のスターモール側の入口。

170416-162341
 西口しんしく横丁の小さな洋食屋「Kitchen Milano ミラノ」。いまどきのこういう店は外れが少ない,というのが私の持論。しっかりした店じゃないと今は生き残れないし,長く続けるのは無理だからね。

170416-162400
 駐車場の横に「歓楽街・西口しんしく横丁」の大きな看板。

170416-162604
 ひらつか市民プラザの正面側には観光協会の事務所や土産物屋があり,東側の西口しんしく横丁側の駐車場・駐輪場部分は文化横丁・ビアホール,居酒屋と一体になっている。

170416-162618
 T字型をしている西口しんしく横丁の南側の入口方向を見る。

170416-162638
 西口しんしく横丁のT字の真ん中の通り。平塚で一番の歓楽街だと思うのだが,日中ということもあってひっそりとしている。歓楽街が昼間から賑わうぐらいに経済が活性化してほしいね。

170416-162653
 紅谷しんしく会(西口しんしく横丁)。「しんしく」は平塚新宿の「新宿」である。

170416-162713
 紅谷しんしく会(西口しんしく横丁)。

170416-162727
 奄美料理の老舗「水連洞」と,開店祝いの花が並ぶ居酒屋「ツガル」。

170416-162907
 CLUB「ROYAL」。キャバクラかな。

170416-162949
 CLUB「ROYAL」の前から紅谷しんしく会(西口しんしく横丁)の西側を振り返る。

170416-163021
 紅谷しんしく会(西口しんしく横丁)の公園通り側の入口。写真右は長崎屋平塚店本館跡地に立つパチンコ屋。

170416-163102
 公園通り。写真右のパチンコ屋(元長崎屋平塚店)の前だけ,歩道の上のアーケードが撤去されている。

170416-163140
 紅谷町まちかど広場。小さなステージがある。ここは太陽神戸銀行(その前は長崎屋平塚西店)の跡地らしい。

170416-163332
 紅谷町まちかど広場から銀座通り(旧東海道)を見る。

170416-163348
 銀座通り(旧東海道)と公園通りの交差点。

170416-163400
 紅谷町まちかど広場のミニステージ。

170416-163458
 湘南スターモール商店街(銀座通り)。

170416-163627
 交差点を渡り,公園通り新仲商店街を見る。

170416-163716
 明石町の崇善小学校東交差点(国道1号線)に続く公園通り新仲商店街。

170416-163822
 湘南スターモール商店街(銀座通り)を西へ歩く。
 公園通りとの交差点の西側の銀座通りは,戦前には呉服店・洋品店が多かったように思う。林屋呉服店もそのなごりかもしれない。

170416-163855
 林屋呉服店・大木種苗店の向かい側に滝口カバンがある。滝口カバンといえば,平塚七夕まつりの七夕飾りコンクールで,毎年最上位の特選に選ばれる大作を展示することで有名なところ。部外者の私でも知っているほどだ。

170416-163949
 神奈中バスの「銀座通り」バス停。

170416-164040
 湘南スターモール商店街(銀座通り)の西側を見る。写真右奥がひらつか市民プラザ。

170416-164054
 落花生「富田豆店」。

170416-164121
 おもちゃ「くるみ玩具店」。店頭にお祭りの露店で見るような「おめん(見本)」が並んでいる。

170416-164135
 おもちゃ「くるみ玩具店」の前から東側を振り返る。

170416-164313
 銀座通りの向かい側から西口しんしく横丁の入口を見る。

170416-164457
 サカエヤ・ホール,サカエヤ仏壇店の前にベンチがあったので,しばらく座って休む。スギ・ヒノキの花粉の影響もあって喘息が少し憎悪,長時間は歩けないのだ。花粉,イヤだねぇ。

170416-170746
 明石町公園に続く飲食店の多い通りを北へ。

170416-170822
 明石町の若葉寿司の前。

170416-170841
 日本料理「北の」の前から北を見る。

170416-170924
 日本料理「北の」の前から南の銀座通り方向を振り返る。

170416-170940
「北の」の前から東側を見る。この通りは銀座通りに並行して新宿公園に続いている。
 アステール湘南のベランダ部分のパンチングメタルのような外観が面白い。

170416-171316

170416-171347
 ちょっとしたスナック街・飲食店街になっている。

170416-171408
 焼鳥「酔鳥」とスナック「わらじ」がある四ツ辻。

170416-171420
 焼鳥「酔鳥」とスナック「わらじ」。
 こういう交差点のC面,大好き。

170416-171516
 西側から見る。

170416-171612
 交差点のC面が大好きなので,北側からも撮影。

170416-171700
 焼鳥「酔鳥」の前から南側を見る。

170416-171711
 大衆焼肉本店。神奈川県東部にある人気焼肉店の本店である。安いだけじゃなく,カウンターには一人用のロースターがあり,気楽に一人焼肉が楽しめるのも特徴。どこも人気店で,大船の大衆焼肉ジンギスカンなどは開店前から行列になるのが玉に瑕……

170416-172141
 大衆焼肉本店の横にある恵比壽神社。

170416-172209
 恵比壽神社の前から西側を振り返る。

170416-172236
 店内にはお客さんがびっしりだった。このとき,このあたりの街の話をお聞きした方に誘われて店の入口まで行ったが,店内が混雑していたのと,喘息の影響で焼肉の煙で咳き込んで迷惑を掛けたらいけないので遠慮させていただいた。申し訳ないことをしたかなと後悔している。

170416-172329

170416-172408
「向日葵」,大衆酒場「かくや」がある丁字路。写真左は明石町公園。

170416-172511
 明石町公園の前から東を見る。写真右は「寿司善」。

170416-172525
 明石町公園。

170416-172708
 明石町公園のベンチで一休み。見上げると桜の花がわずかに残っていて,はらりはらりと花びらが落ちてくる。

170416-172943
 明石町公園の北側を通る明石町通りの明石町四丁目バス停付近から東側を見る。やきとり「鳥松」に西日が当たる。

 現在の明石町通りはかつて旭座通りという名だったと思われる。公園通りと旭座通りの交差点の南西側には旭座があった(戦前の道路と,区画整理後の現在の道路がどこまで一致しているのか,地図だけでは判別できないため確証はない)。

 旭座通り沿いには旭座(映画館)があったが,それ以外には病院や医院がとても多く,料亭が並んでいた旧東海道(銀座通り)の南側とは対照的である。

170416-173310
 プラザロードのスナック「INNOCENT」の横の丁字路。

170416-173519
「B-ダッシュ」,スナック「まゆみ」,南ぬ島「海乃邦」,「吟」,「夜兎」……などの店が並ぶ一郭。

170416-173624
 プラザロード側を振り返る。

170416-173951
 明石町の北西の一郭。

170416-174040
 明石町の北西にある小さな袋小路の飲み屋街。

170416-174340
 明石町の路地を東へ。

170416-174456
 公園通りの「ときわ旅館」の前の「GEO」というDVDやCDのレンタルショップ。他でも見かける店で,てっきり「ジオ」と読むのかと思ってたら,正しくは「ゲオ」らしい。ちょっとびっくり。

170416-174638
 公園通りの「ときわ旅館」。

170416-174944
 明石町通りのホルモンの「鳳家 」の2階は「Sili's Bar And Restaurant」。「ヘイ! シリ!」。あっ,それはSiriか……
 その横には大塔稲荷がある。

170416-175113
 明石町バス停の前の「花市場」「楠本菓子店」「鈴源」の並び。
 このあたりが明石商店街(明石町通り)である。かつては旭座があって旭座通りと呼ばれていたはず。この明石町通りを西へ進み,平塚二丁目の大鳥公園・大鷲神社のあたりが平塚の遊郭だった。

170416-175259
 旧旭座通りの明石商店街を東へ進み,明石町一丁目バス停付近の「だるまや京染本店」の前。

170416-175713
 明石町の新宿公園の北側へ。

170416-175853
 新宿公園。桜の花びらはほとんどが落ちて,公園の隅に吹きだまりになっている。

170416-180022
 新宿公園の西側の出入口。

170416-181446
 紅谷パールロード商店街へ。

170416-181537
 紅谷パールロード商店街の「ユーユー本館(元梅屋百貨店本館)」。

170416-184255
 紅谷パールロード商店街を歩いているうちに,すっかり暗くなってしまった。というか,軽く晩飯を食ったので暗くなっただけ。

170416-184446
 紅谷パールロード商店街の中央部は駐輪スペースになっている。そのままずらりと自転車が並ぶと,通りの中心から両脇の商店に入れなくなるので,駐輪できないようにするカゴ状のゲートがところどころに設けられている。ゲートの横に自転車が並んでいないと,このゲートがなんなのか,わかりにくい。

170416-184617
 ユーユー本館とユーユー駅前館の間の通り。3階部分と6階部分に連絡通路がある。本館の地下2階と駅前館の地下1階も連絡通路でつながっている。

170416-184815
 ユーユー本館・駅前館の裏側。人待ちの路上駐車がひどいことになっている。

170416-185053
 平塚駅前(北口)に戻る。

平塚GPSログ
 前回,前々回と使用したGPSログの経路を地図上に表示するソフトがなかなか良かったのだが,うっかりソフトを消してしまい,再度ダウンロードしようと思ったが,どこのなんというソフトだったかがわからなくなってしまった。しかたなく「Router」というフリーのソフトを使用する。

── Nikon D800E + AF-S Nikkor 18-35mm F3.5-4.5G ED or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

 久しぶりにNikon D800Eを持ち出してみた。やっぱり良いカメラだね。

【関連記事】
2007年12月25日 (火曜日):平塚市の繁華街を歩く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水曜日)

北鎌倉隧道を見てから鎌倉を避けて逗子へ

160720153413_tonemappededit

北鎌倉隧道を見てから鎌倉を避けて逗子へ


 北鎌倉駅のホーム横にある素掘りの北鎌倉隧道(洞門トンネル)は,専門家の調査の結果,崩落の危険があるということで,惜しまれつつも開削工法での工事が始まった。もう今までの素掘りのトンネルの姿は見られないものと思っていたが,どうやら現状をできるだけ残す方向で工法を見直すことになり,工事が中断しているという。

 せっかくなので,今のうちに北鎌倉隧道を見に行くことにする。

160720-140158
 大船から横須賀線の下り電車に乗り,隣の北鎌倉駅で下車する。

160720-140235
 北鎌倉駅のホームの横は緑豊かな住宅地になっている。駅舎のあたりは円覚寺の境内である。
 ニイニイゼミだけじゃなく,アブラゼミやミンミンゼミが鳴き始めている。本格的な夏の到来だ。

160720-140523
 北鎌倉駅のホームから北鎌倉隧道を見る。工事が中断しているのは確かだったが,フェンスに囲まれているためトンネルの姿を見ることはできなかった。

160720-141042
 北鎌倉駅周辺で写真を撮って歩こうと思っていたが,駅を出てもトンネルは見られないし,たまたまこの日は鎌倉の花火大会で,電車の中には浴衣姿の見物客が多く見られた。

 北鎌倉や鎌倉をうろついていると花火見物客の混雑に巻き込まれそうなので,このまま横須賀線の下り電車に乗り,鎌倉の先の逗子で京急線に乗り換えて,上大岡回りで帰宅することにする。

160720-144946
 横須賀線の逗子駅で下車する。

160720-145028
 逗子駅東口。写真右が一般車の駅前ロータリーになっている。

160720-145224
 JR逗子駅の駅ビル。駅ビルの前がバスロータリーになっている。

160720-145254
 逗子駅前バスのりばの京急バス案内システム。

160720-145415
 JR逗子駅東口の駅ビル。商業施設が入る駅ビルではない。

 逗子駅付近で横須賀線は東西に走っており,ホームの南側にあるのが東口,北側にあるのが西口となっている。頭の中で三浦半島の形を想像し,横須賀線が南北に通っているものだと考えると,横須賀線の下りホーム側は東口,上りホーム側が西口と考えるのが自然であるが,実際はその正反対である。

 東京から横須賀線に乗って逗子までやってきたとして,横浜駅では進行方向左側が東口,戸塚駅も鎌倉駅も左側が東口だが,逗子駅では左側が西口,右側が東口となる。
 かつて,現在の東口にしか駅の入口がなかった時代,ホームの東端近くに改札口があったため,跨線橋のところに設置された小さな改札口(現在の西口)と区別するために,東口・西口という呼称にしたのではないかと推測してみたが,実際のところはどうであろうか。

160720-145457
 逗子駅東口の一般車ロータリー。駅の向こう側に見えるのは逗子ホワイトハウスという名称のマンション。西口から這っても楽に到達できそうな距離なので便利そうだ。少し坂がきつそうかな……

160720-145641

160720-145700
 逗子駅前のバスロータリー。

160720-145910
 JR逗子駅前交差点横のブックス二宮。

160720-150032
 JR逗子駅前交差点。写真左の文章堂ビル1階には鮮魚の魚佐次商店がある。

160720-150108
 JR逗子駅前交差点から南西方向に延びる逗子銀座通り商店街(県道24号線)は,駅に向かって一方通行になっている。

160720-150217
 JR逗子駅前交差点の魚佐次商店の前からJR逗子駅方向を見る。

160720-150352
 JR逗子駅前交差点から京急逗子線の新逗子駅方向のY字路を見る。

160720-150413
 左が新逗子通り(新逗子駅北口を通る),右が八幡通り。八幡通りの緑は亀岡八幡宮の境内の木々である。

160720-150437
 新逗子通りからJR逗子駅前交差点を見る。

160720-152127
 JR逗子駅前交差点の鮮魚店「魚佐次商店」から威勢の良い掛け声が聞こえてくる。店頭にはたくさんの鮮魚が並んでいる。駅前にこういう店があると,街の雰囲気が俄然良くなる。

160720-152201
 JR逗子駅前交差点を横浜銀行逗子支店側に渡り,魚佐次商店側を振り返る。

160720-152213
 新逗子通り。

160720-152355
 歩道の上にアーケードがある逗子銀座通り商店街。一方通行になっていて,左車線が左折・直進,右車線が右折になっているのだが,以前見たときと同様に左車線には路上駐車の車が多い。

160720-152440
 逗子銀座通り商店街の食堂デパート「仙満亭」。

160720-152519
 逗子銀座通り商店街。

160720-152626
 逗子銀座通り商店街から亀岡八幡宮に続く路地に入ると,フルーツハウス吉田屋がある。

160720-152734
 亀岡八幡宮の裏にある逗子農協生産直売所。

160720-152755
 逗子農協生産直売所とお食事処「夢」。

160720-152844
 銀塩フィルム時代の広角ズームレンズなので,いまどきのレンズに比べると逆光にちょっと弱い。

160720-152937
 逗子農協生産直売所がある路地。

160720-153049
 亀岡八幡宮の裏を通って八幡通りへ。

160720-153211
 八幡通りからJR逗子駅前交差点を見る。

160720-153236
 逗子市役所方向に緩やかにカーブする八幡通り。

160720-153408

160720-153510
 八幡通りの先に見えるのが京急新逗子駅の線路を跨ぐ高架連絡橋。新逗子駅は旧京浜逗子駅と逗子海岸駅の中間に作られた駅で,旧京浜逗子駅だった北口とホームは,約100mもある高架連絡橋で結ばれている。

160720-153649
 亀岡八幡宮。逗子の鎮守で,古くは単に「八幡宮」と呼ばれていたが,昭和28年に亀岡八幡神社として登録されたという。神社の境内がなだらかな丘になっていて,亀の背中のようであったことから,鎌倉の鶴岡八幡宮に対して亀岡八幡宮と名づけられたという。

160720-153746
 亀岡八幡宮の前の八幡通り。BlueMoonというダイニングバーがある。

160720-153807
 八幡通りから新逗子通りへ抜けるBlueMoon横の路地。

160720-153941
 路地の途中から亀岡八幡宮方向を振り返る。ここは池子〜六浦に続く古くからの道で,湘南電鉄の湘南逗子駅として最初に駅ができた頃の駅前がこのあたりだと思われるのだが,

160720-154010
 新逗子通り(県道24号線)に出て,京急逗子線の踏切方向を見る。県道24号線は東逗子駅前から横浜横須賀道路・逗葉新道の逗子インターを通り,京急田浦駅近くの横須賀街道船越町交差点に続いている。

160720-154106
 亀岡八幡宮の前から新逗子通りに抜ける路地を振り返る。

160720-154141
 逗子から池子〜六浦に続く古くからの道。

160720-154612
 新逗子駅北口前の新逗子通り。

160720-154833
 新逗子駅北口の駅ビル「ニート新逗子」。ニートはNeetではなくNeat。ニート新逗子が開業した1991年当時,「ニート」はイケててカッコいいことを表す言葉だったのである。たとえば,資生堂の1981年春のキャンペーンソングは松原みきの『ニートな午後3時』という曲だった。

 ♫Neat, Neat, Everyday 自由になれるわ〜

160720-155138
 新逗子駅ビルの「ニート新逗子」に“25th Anniversary”の横断幕がかかる。

160720-155247
 新逗子駅北口の改札口。ホームまでドーム屋根の高架連絡橋が続いている。

160720-155453
 新逗子駅のホームに停車する羽田空港行きのエアポート急行。

 暑くて疲れてしまった。まだ明るいが,真っ直ぐ帰ることにする。

逗子〜新逗子

── PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA20-35mm F4 AL or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 5s

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年9月30日 (水曜日)

藤沢宿を歩く〔藤沢本町〜辰巳町〕

150930123151edit
150930131425editenhanceredit

藤沢宿を歩く[藤沢本町から藤沢駅へ]


 江戸時代から遊行寺(時宗総本山無量光院清浄光寺)参拝や江の島詣・大山詣で賑わった東海道の宿場町,藤沢宿を歩いてみる。

150930-112122
 小田急江の島線の藤沢本町駅で下車する。駅の南側には,小田急線の上に旧東海道(県道43号線)の伊勢山橋が架かっている。

150930-112154
 藤沢本町駅前のとても小さな駅前広場。バスが乗り入れるバス乗り場などもない。
 駅前には藤沢・茅ヶ崎・鎌倉などに店舗展開しているスーパーマーケット「やまか」がある。

150930-112209
 藤沢本町駅の駅本屋と駅前のOX SHOP。

 藤沢本町駅の出入口は,藤沢駅方面のホームの先端にあるこの一箇所のみである。駅の利用客(乗降人員)は,2014年のデータで1日平均乗降人員が21,317人と2万人を越えており,朝の駅は大変混雑するようだ。
 藤沢本町駅の利用客が集中する藤沢駅方面ホームは,改札口があるホーム先端で待つ乗客が多くなる。大半の客が下車する隣の藤沢駅は2面3線のスイッチバック駅であり,改札口はすべて前のほうにあるため,電車の最前部は朝の通勤通学時間帯は異常に混雑しているはず(約10年前まで,私は通勤で読売ランド前から藤沢駅までこの電車に乗っていた)。

150930-112233
 藤沢本町駅前の踏切。駅の東側にしか改札口がないため,駅の西側の台町(藤沢四丁目・本町三丁目)の利用客は,この踏切を渡って駅を利用することが多くなる。

150930-112302
 藤沢本町駅前の本町白旗商店街とスーパーマーケット「やまか」。藤沢市を中心に神奈川県内に店舗展開している。

150930-112339
 藤沢本町駅前から旧東海道に続く坂道。

150930-112438

150930-112607
 小田急江の島線の各駅停車片瀬江ノ島行き。

150930-113038
 小田急江の島線に架かる旧東海道(県道43号線)の伊勢山橋。

150930-113745
 伊勢山橋の袂から藤沢本町駅を見る。

150930-114003
 台町バス停付近。眞源寺がある藤沢本町駅西側のこのあたりが藤沢宿の西端になり,上方見附があったという。

150930-114345
 藤沢本町駅前と旧東海道の間にある路地。旧東海道が右側(南側)の高いところを通っているため,石垣になっている。

150930-114606
 裏路地から藤沢本町駅前の本町白旗商店街(愛称「湘南山の手通り」)に出る。

150930-114616
 諏訪神社と諏訪町内会館。

150930-114658
 諏訪町内会館の前から藤沢本町駅前の踏切を見る。

150930-114733
 本町白旗商店街「湘南山の手通り」。商店がびっしり並ぶ感じの商店街ではない。

150930-114759
 本町白旗商店街「湘南山の手通り」を東へ歩く。

150930-114851
 本町白旗商店街の小沢青果店の前の三叉路。
 藤沢本町駅前にはタクシーのりばを設置するスペースがないため,この三叉路にタクシーのりばがある。

150930-114906
 本町白旗商店街の小沢青果店・鮮魚魚長の前の三叉路。

150930-114945
 本町白旗商店街「湘南山の手通り」を東へ歩く。

150930-115157
 一品料理「きねもと」と甘味・喫茶「だんけ」。

150930-115221
 藤沢本町駅前から続く「湘南山の手通り」が国道467号線(藤沢街道)に突き当たる。

150930-115341
 この白旗交差点の少し北側から藤沢本町駅前を通り,本藤沢一丁目〜修道院入口交差点,そして荏原製作所藤沢工場に続く道は藤沢宿と厚木を結ぶ厚木道である。戦前はそのまま厚木まで続く主要道だったが,大東亜戦争時に海軍の飛行場(藤沢飛行場)が作られて分断され,戦後も民間飛行場だった時期をはさんで荏原製作所藤沢工場となり,分断されたまま現在にいたる。小田急線の藤沢本町駅開業より前,明治初期からの市街地ということになる。

150930-115413
 国道467号線(藤沢街道)から藤沢本町駅方向を見る。

150930-115520
 国道467号線の白旗交差点から北側を見る。大きな鳥居は白旗神社(白旗さま)。源義経を祀る。もともとは寒川比古命を祀っていたという。

150930-115822
 白旗交差点にある湘南クッキー工場直売所。

150930-115845
 国道467号線(旧東海道)の白旗交差点。

150930-115917
 白旗交差点から旧東海道の藤沢本町駅方向を見る。

150930-120030

150930-120854
 国道467号線(旧東海道)の市民病院入口交差点付近の土蔵。

150930-121024
 国道467号線(旧東海道)の市民病院入口交差点。

150930-121134
 本町消防出張所前バス停を発車した市民病院経由善行駅行きのバス。
 藤沢本町駅付近からこのあたりまでが本町白旗商店街(湘南山の手通り)となっている。

150930-121327
 本町消防出張所前バス停前の蒔田本陣跡付近から妙善寺に続く路地。

150930-121805
 旧東海道の藤沢宿のペデスタルボックスには,この地の昔の写真や地図が描かれている。

150930-121944
 藤沢本町郵便局付近(藤沢公民館前バス停)の内田商店本店(内田金物)。

150930-122232
 藤沢本町郵便局の前の内田商店本店。

150930-122343
 銘茶「みつはし園」と内田商店本店。

150930-122645
 藤沢市本町一丁目の泉川電機商会。このあたりから東側の旧東海道藤沢宿は本町隆盛会商店街となっている。

150930-122658
 酒類問屋田島株式会社と鈴屋硝子店。

150930-122835
 重厚な造りの桔梗屋洋紙。

150930-122920
 本町隆盛会商店街の鈴屋硝子店。

150930-123119
 本町隆盛会商店街の石曽根履物店。

150930-123151
 国道467号線の藤沢宿を行く市民病院経由藤沢駅行きのバス。

150930-123306
 遊行寺前バス停と広告ベンチ。バス停の貧弱な広告ベンチ(多くは違法)を見るたびに,交通行政の貧弱さを感じる。

150930-123519
 高札場があった遊行寺橋。歌川広重の浮世絵の藤沢宿には,この遊行寺橋(当時は大鋸橋)越しに見た藤沢宿と江の島が描かれている。ただ,広重の絵は江の島一之鳥居の位置が遊行寺の門前に描かれていて,実際の鳥居の位置とは違っているのではないかと思われる(橋本貞秀の「東海道名所之内 ふちさハ 遊行寺」の鳥居の位置が正しそうだ)。

150930-123602
 遊行寺橋から境川の下流側に架かる藤沢橋を見る。

150930-123824
 遊行寺橋から遊行寺(清浄光寺)の惣門を見る。

150930-124015
 遊行寺橋を振り返る。

150930-124034
 東海道の鍵曲がりが二つ続き,“藤沢宿三曲り”と呼ばれたこのあたりは大鋸広小路で,東海道から鎌倉道と江の島道が分岐していた。

150930-124123
 時宗総本山清浄光寺(遊行寺)の惣門(総門)。惣門からは四十八段と呼ばれる坂道「いろは坂」が続く。

150930-124155
 遊行寺の惣門の前から県道30号線(県道戸塚茅ヶ崎線)に出る細い道。

150930-124404
 県道戸塚茅ヶ崎線の遊行寺坂(別名道場坂)と藤沢橋バス停。この先の諏訪神社のあたりに藤沢宿の江戸方見附があったという。

150930-124815
 県道戸塚茅ヶ崎線の藤沢橋と国道467号線の藤沢橋交差点。

150930-125522
 藤沢橋交差点から江の島道へ。

150930-125617
 江の島道の三叉路。右の道が藤沢駅北口の辰巳町(藤沢市東横須賀)に続いている。

150930-125847
 辰巳町側で幅員が狭くなっている。狭くなっているというより,手前側(北側)で幅員を広げたというほうが正確かもしれない。

150930-130224
 辰巳町(藤沢市東横須賀)の東側を通る路地。

 このあたりは藤沢駅が近く,江戸時代から東海道の宿場町として賑わった藤沢宿と,明治時代初期に開業した東海道線藤沢駅の間に位置している。大正時代には高座郡役所がこのあたりに移転し,周囲も市街化された。人口40万人を超える藤沢市の中心市街地となっていても不思議ではない地域だが,現在では開発から取り残されたような状態になっている。

150930-130315
 しばらく簡易的なアスファルト舗装をしただけの駐車場が乱雑に点在していたが,藤沢市東横須賀土地区画整理事業などでやっと整備されつつあり,サミットストア藤沢駅北口店ができている。
 藤沢市東横須賀土地区画整理事業で藤沢駅北口東西線と藤沢駅北口通り線が作られているが,どこをどのように繋げようとするのか,意図がちょっとわからない感じではある。

150930-130359
 辰巳町にあった「小鳥の街」跡地に建つマンション群。

 藤沢宿にあった飯盛旅篭を,明治時代にまとめて移転させた先が辰巳町である。当時はまだ藤沢駅ができたばかりなので,古い地図を見ると,一面の桑畑の中にぽつんと辰巳町「藤沢新地」が作られているのが見てとれる。

150930-130414
 かつての「小鳥の街」の北側に残る小さなスナック街だが,既に営業している様子は感じられなかった。スナック「せきれい」「ひよ子」横の路地の写真も撮ろうと思ったが,路地にスリーポインテッドスターのついた車が並んでいて,ヤバイ感じだったのであきらめた。Googleマップ等を見ると,奥には○○一家総本部なんて書いてあるし……

150930-130604
 辰巳町から銀座通りに抜ける路地に残っているはずの「藤沢飲食朋友会」の飲食店街跡へ。

150930-130732

150930-130646
 約5年ぶりに訪れた「藤沢飲食朋友会」の飲食店街跡。やけに草生しているが,まだ残っていた。

150930-130747

150930-130847
 寂れて朽ちつつある飲食店街。以前は住宅地と駅を結ぶ通路になっていて,寂れた雰囲気の中を通行する人が意外に多い印象だったが,通り抜ける人もずいぶん少なくなった気がした。

150930-131006
 人の手が入らないと,あっという間に緑に覆われてしまう……

150930-131013
「藤沢飲食朋友会」飲食店街の特徴である入口のアーチの下を猫が横切る。

150930-131034

150930-131156

150930-131209
「藤沢飲食朋友会」飲食店街の特徴になっているアーチ。

150930-131306
 飲食店街跡の北側はマンション街になっている。

150930-131401

150930-131409
 約5年前に見たときにも,「次に来たときには,もう残っていないだろう」という印象だったが,さらに朽ちた様子を見て同じことをまた考えていた。

150930-131453

150930-131658
 藤沢駅北口銀座通りの藤沢銀座土曜会商店街に出る。

150930-131707

150930-131748
 藤沢銀座土曜会商店街から南仲通り商店街方向を見る。藤沢駅北口では一番の商店街だが,かつて商店が並んでいたところにマンションが建ち並び,ずいぶん人通りが少なくなった感じがする。

150930-131800
 藤沢銀座土曜会商店街から「藤沢飲食朋友会」飲食街のある路地を見る。

150930-131830

 SONY Cyber-shot DSC-RX100M3のオートホワイトバランスが少し青っぽく感じたので(たぶんそれが正しい色なのだろうけど),この日の写真はすべてアンバー寄りに2段階ずらして撮影した。2段階ずらすのはやり過ぎ感もあるが,どうもこういうのが自分の好みらしい。

藤沢宿〔藤沢本町〜藤沢〕マップ

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【参考】
・2007年2月11日 (日曜日):大規模アパートが藤沢を襲う
・2010年4月9日 (金曜日):藤沢駅北口周辺を魚眼で見る

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水曜日)

湘南にのみや再訪 二宮駅周辺を歩く

150325135042enhancer

湘南にのみや再訪 二宮駅周辺を歩く



 約7年ぶりに東海道本線二宮駅(神奈川県中郡二宮町)で下車した。

 気管支喘息と痛風が連続したり,今週初めは突然の腰痛で歩けなくなったりして,自宅に引きこもることが多くなっていたので,久しぶりにカメラを持っての外出となる。

150325-130059
 二宮駅の南口を出る。駅前ロータリーの周囲は南口駅前商店街になっている。

150325-130111
 二宮駅南口から西に続く通り。

150325-130127
 二宮駅南口のロータリー。7年前はロータリーに巨木が立っていたが,小さな木に植え替えられている。以前はなかった「ガラスのうさぎ」の銅像が立っている。手に持っているうさぎはガラス製だ。「ガラスのうさぎ」は銀河テレビ小説のドラマを見た記憶がある。

150325-130232
 二宮駅南口のタクシーのりば。
 前回撮影したときから約7年しか経っていないので,これ以降も同じような写真が続くことになる。

150325-130251
 二宮駅南口と駐輪場。

150325-130317
 栄通り「駅前ショッピング街」商店街のアーチ。

150325-130331
 駅前ロータリーの東側の友月堂の前にあるバスのりば。

150325-130348
 栄通り商店街の高橋精肉店の見事な看板建築。すぐ裏側を東海道本線の電車が走る。

150325-130509
 栄通り商店街のイチカワストアーの煙突。7年前はイチカワストアーに1店だけやきとり屋が営業していたはずだが,この日,開いている店はなかった。

150325-130553
 栄通り商店街のイチカワストアー。

150325-130647
 栄通り商店街の添田商店(そえだ米店)の前から石田屋酒店のほうを見る。

150325-130709
 栄通り商店街から二宮駅南口を振り返る。

150325-130830
 栄通り商店街の添田商店(そえだ米店)。

150325-130927
 二宮駅南口の栄通り商店街の「はふや洋品店」の前。左は小さな飲み屋長屋。

150325-130944
 石田屋酒店の前から二宮駅南口を振り返る。

150325-131010
 小さな長屋飲み屋街。

150325-131040
 はふや洋品店。

150325-131052

150325-131133
 越文鮮魚店の前,居酒屋みなみ。

150325-131220
 栄通り商店街の川崎屋青果の前。栄通り「駅前ショッピング街」の東端,中央通り商店街との交差点にアーチがある。

150325-131315
 中央通り商店街。

150325-131328
 二宮の中央通り商店街から栄通り商店街を見る。

150325-131441
 中央通り商店街を南へ歩き,国道1号線(旧東海道)の中央通り入口交差点へ。蔵造りの老舗酒店「和田萬」と落花生加工販売の「豆友」がある。

150325-131619
 国道1号線(旧東海道)の中央通り入口交差点。お菓子・たばこ,懐かしの玩具の萬壽屋(まんじゅや)がある。

150325-131823
 東海道(国道1号線)の秦野道バス停付近。

150325-131931
 国道1号線から駅前の栄通り側に長屋店舗群があり,抜け道になっている。スナック&喫茶「トゥエンティー」やスナック「明日があるさ」……などの店が並んでいる。

150325-132017
 ググったら軽食喫茶「山小屋」はなかなか評判の店なのだが,水曜日は定休日だった。

150325-132123
 長屋店舗群の前に二宮不動尊がある。

150325-132236

150325-132316
 二宮駅南口の駅前ロータリー方向。イチカワストアーのシャッターが完全に閉まっている。

150325-132554
 ふたたび栄通り商店街の越文鮮魚店の前を通って……

150325-132805
 東海道本線の線路横から中央通り商店街を見る。

150325-132836
 葛川に掛かる鉄橋を東海道本線の電車が渡ってゆく。
 葛川に掛かる道路橋「かわくぼばし」と東海道線の鉄橋の間に,葛川の川面の上を通って東海道線の下をくぐる「ちょうじゅばし」があるので,それを渡って東海道本線の北側へ。

150325-133611
 二宮駅の北側に広がる北口通り商店会「はな通り」,吉田屋の前から西側を見る。

150325-133626
 北口通り商店会「はな通り」のそば処松本庵。

150325-133657
 北口通り商店会の武市時計店の見事な看板建築。

150325-133732
 武市時計店と松本庵。

150325-133950
 北口通り商店会「はな通り」の薬局こしお双宝堂。

150325-134032
 北口通り商店会「はな通り」のさいとう薬局とシスター美容室。

150325-134118
 シスター美容室のファサード。

150325-134153
 さいとう薬局の前の三叉路。

150325-134314
 北口通り商店会「はな通り」の三叉路。元町バス停付近。吉見時計店や松栄青果店がある。

150325-134343
 居酒屋WAIWAI亭いなかもんの前。

150325-134439
 北口通り商店会「はな通り」の三叉路にある松栄青果店には客が絶えない。買物じゃなく世間話に集まってきているのかもしれない。

150325-134717
 北口通り商店会「はな通り」のノザキ洋品店。

150325-134734
 北口通り商店会「はな通り」の元町バス停付近の三叉路。

150325-134937

150325-135141
 元町バス停付近の三叉路から東側を見る。

150325-135159
 元町バス停付近の三叉路から南の二宮駅方向を見る。

150325-135240
 北口通り商店会の手作りパンの店むーにゃん。

150325-135300
 花屋花子。

150325-135321
 二宮町ITふれあい館。

150325-135724
 二宮駅北口の食事処「小松や」と宝亭。ここも北口通り商店会「はな通り」。

150325-135746
 二宮駅北口のタクシーのりば。

150325-135844
 二宮駅北口のタクシーのりば。正面の魚民・丹波黒どり農場は,以前はスーパーマーケットの平塚ストア二宮店だったところ。

二宮町

── PENTAX K-5 IIs + HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR

【過去の二宮町の記事】
2007年12月8日 (土曜日):湘南にのみや 二宮駅周辺を歩く

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日曜日)

砂混じりの茅ヶ崎海側徒歩5分日当たり良好

140713162818edit

砂混じりの茅ヶ崎海側徒歩5分 日当たり良好


140713-150313
 梅雨らしい小雨交じりのこの日,茅ヶ崎駅で下車し,南口を出る。

140713-150646
 茅ヶ崎駅南口の南駅前商店街。

140713-150733
 茅ヶ崎駅南口。茅ヶ崎の繁華街やメインのバス乗り場は北口側にあるが,南口にもバス用ロータリーとタクシー乗り場・タクシープールがある。駅の西側では茅ヶ崎駅の駅ビル増築工事が行われている。

140713-150749
 南駅前商店街。7年前にここを歩いたときに比べて,車の通行量は減り,路上駐車が増えている気がした。時間帯による差かもしれない。路上駐車が増えているのは,ひょっとしたら,歩道と車道の段差がなくなり,片輪を歩道に乗り上げて停めやすくなっているからかもしれない,などと考えてみた。

140713-150945
 南駅前商店街。7年前,カメラを構えながら車が途切れる瞬間を待っても,なかなか途切れなかった記憶が残っているので,あっさり車が途切れた状況が撮影できて驚いた。地図を見ても,特に代替となる道路ができたわけでもないし,確認したら同じ日曜日のほぼ同じ時間帯……

140713-151353
 だんごのこばやしがなくなっている。移転したのかな……

140713-151438
 幸町の南駅前商店街。
 レンズをコシナVoigtländer COLOR SKOPAR 21mm F4に替えてみた。APS-CサイズセンサーのR-D1sで使ったときでも周辺画質が厳しかったので,フルフレームのα7Sではどうかと思ったが,予想通り周辺の流れが大きい。中心部がしっかり解像しているだけに,やや残念な感じ。ただ,意外に周辺光量落ちは小さい。

140713-152326
 幸町の桜道。以前は桜の木が多かったらしいが,駅の近くには桜の木がない。

140713-152524
 茅ヶ崎駅南口の正面に出る。いかにも橋上駅という感じの駅舎だが,エレベーター部分を中心にしてシンメトリックだし,階段部分の採光窓と屋根の稜線がちゃんと平行になっているので,意外にサマになっている。階段の傾きと屋根が平行になっているかどうかは,外観上重要だと思う。

140713-152858
 駅前横丁。駅前の県道310号線「加山雄三通り」の南駅前商店街と南口一番街商店街を結んでいる。

140713-153630
 共恵一丁目の小さな飲み屋街。パチンコ屋の専用駐輪場につながっている。以前は街路灯に「南口一番街商店会」の表示があったが,現在は取り外されている。

140713-153723
 共恵一丁目の小さな飲み屋街。右の路地の先が茅ヶ崎駅南口。

140713-153757
 共恵一丁目の飲み屋街。いまどき珍しく舗装されていないが,店の前には飛び石状に敷石が敷かれている。

140713-153853
 ♥サロン・クレオパトラ。

140713-154002

140713-154053
 スナック「歩一歩」と「ニューホイッポ」は同じ店なのかどうか,今になって少し気になってきた。

140713-154131
 駅ビル増築工事が行われている茅ヶ崎駅南口。

140713-154515
 南本通り商店街「アルコナード」。

140713-154547
 南本通り商店街。フェンスに囲まれているところには,ショッピングセンター「みなみマート」とそれに併設された商店街があったが,新しく14階建てのビルになるようだ。

140713-154647
 南本通り商店街。

140713-154735
 南本通り商店街。

140713-154802
 駅前の小さな飲み屋街に続く路地。

140713-154831
 南本通り商店街。茅ヶ崎駅に向かって一方通行で,車の通行量が少ないので歩きやすい。

140713-154926

140713-155244
 南本通り商店街から南口一番街へ。

140713-155427
 共恵一丁目の南口一番街商店街。

140713-155624
 南口一番街商店街の茅ヶ崎駅側を見る。ここは茅ヶ崎駅からの一方通行になっている。

140713-155650

140713-155720
 この「ジンギスカン」は大船にもある人気の焼肉屋だ。ジンギスカンの専門店ではなく,ホルモン焼き屋である。
 道路の真ん中で撮っているわけではなくて,もちろんカーブしているからこんな写真になる。

140713-155945

140713-160059
 茅ヶ崎駅南口は,飲食店が密集しているのではなく,広範囲に点在しているのが特徴的だ。
 このあたりも,街路灯の形は南口一番街商店街のものになっている。すべての街路灯から「南口一番街商店会」の文字を外してあるところをみると,商店会は解散しているのかもしれない。

140713-160236
 茅ヶ崎駅南口方向を振り返る。

140713-160311
 吉政肉店のある通り。

140713-160329
 吉政肉店の前から東側を見る。飲食店が点在する。

140713-160433

140713-160505
 南口一番街商店街から東海岸商店街へ。

140713-160602
 東海岸商店街のスーパー「たまや幸町店」のある交差点へ。

140713-160633
 茅ヶ崎駅南口から真っ直ぐ南に延びる県道310号線は「加山雄三通り」と言われるそうだが,街路灯の表記などはそのようにはなっておらず,スーパー「たまや幸町店」から南が東海岸商店街(東海岸北一丁目・二丁目),北が南駅前商店街(幸町)となっている。

140713-160821
 幸町の交差点から北側の南駅前商店街を見る。

140713-161006
 幸町の交差点の東側の三叉路。

140713-161053
 加山雄三通りの幸町の交差点。

140713-161207
 交差点の横断歩道の横断旗入に横断旗があった。珍しい。

140713-162015
 南口一番街商店街の西端,サザン通り商店街に続く通りにある柳旅館。

140713-162050
 柳旅館の横から東側を見る。

140713-162110
 柳旅館の前の交差点から西側を見る。

140713-162216
 マイケル・ジャクソンのシルエットがあるSOUL BAR「C.I. CAFE」などが並ぶ。

140713-162230
 柳旅館がある交差点。

140713-162534
 緑の中に眠る旧壁島医院のギャンブレル屋根の洋館風建築。1930年頃に厚木河原口に建てられた建物を移築したものらしい。木々に埋もれているが,綺麗に保存されている。

140713-162606
 旧壁島医院の前から東側を見る。

140713-162831
 サザン通り商店街のからあげセンター加納。

140713-162923
 からあげセンター加納の前から東を見る。左が南本通り商店街。

140713-163016
 からあげセンター加納と隣の「パラダイス Asian」は姉妹店らしい。ぜんぜん違う店だけど,雰囲気はそっくり。

140713-163422
 サザン通り商店街。元は南口中央商店街だったところ。

140713-163757
 サザン通り商店街。

140713-163843
 サザン通り商店街の四つ角。

140713-163941
 サザン通り商店街の共恵バス停付近。ご存じの通り,商店街名はサザンオールスターズにあやかったもので(商店街のWebページには,駅前から茅ヶ崎海水浴場「ちがさきサザンビーチ」まで続いていることから「サザン通り」と呼ばれるようになったと書かれているが,サザンビーチ自体がサザンオールスターズに由来する),周囲にはサザンオールスターズゆかりの場所らしい「○○跡」という看板が立っていたりするが,あまり興味がなくてよくわからないので,軽くスルーする。

140713-164340
 共恵二丁目の割烹旅館阿部浅別館。

140713-165522
 サザン通り商店街を茅ヶ崎駅方向へ。

140713-170023
 南本通り商店街「アルコナード」。

140713-170622
 茅ヶ崎駅南口のタクシープール。

茅ヶ崎海側

── SONY α7S + Sonnar T* FE 35mm F2.8 or Voigtländer COLOR SKOPAR 21mm F4

【参考】
2007年12月16日 (日曜日):砂混じりの茅ヶ崎南口
2008年6月15日 (日曜日):砂混じりの茅ヶ崎北口 じゃりじゃり

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日曜日)

三崎まぐろ鉄火巻大会 三浦市三崎下町商店街

140420162811edit

三崎まぐろ鉄火巻大会 三浦市三崎下町商店街


 三崎の「まぐろ」と看板建築を目当てに三浦市三崎へ。

 5年ぐらい前に三崎に向かったときには,渋滞で三崎口駅前のバス停に三崎港行きのバスが来なくて(三連休で,三崎でマグロを食べようイベントがあったらしい),しかたなく三崎港とは逆方向の荒崎海岸に向かうバスに乗ったのだが,今日の城ヶ島行きのバスは三崎口駅前に定刻にやってきた。

 三浦市三崎に向かう神奈川県道26号横須賀三崎線,通称「三崎街道」は渋滞で有名なところ。すんなりと三崎港に着くとは思っていなかったが,やはり渋滞に巻き込まれ,所要時間15分のところを50分かかって三崎港に到着した。いつもこんなに渋滞するんだろうか?

140420-133755
 やっと三崎港バス停に到着。城ヶ島に向かってバスが走り去る。

140420-133935
 三崎港。
 日差しのまったくない曇り空。ときおり小雨がちらつく。

140420-134355
 左側の建物の1Fには三崎港産直センター「うらり」があり,買い物客でいっぱいだ。

140420-134813
 三崎公園に面する三崎下町商店街に行列ができている。入口にはテントが張られ,受付を行っている。「日本記録鉄火巻き約550mに挑戦!」と題して,三崎まぐろ鉄火巻日本一寿司づくり大会が行われているのだった。
 たまたま三崎を訪問した日に,このようなイベントが行われているというのは幸運なのか,それとも渋滞はひどいし,肝心の看板建築の写真は撮りにくいし,ちょっと不運なのか……

140420-134828
 三崎公園に面する一郭には露店も並んでいる。ふらっと買い食いしたい気もしたが,メインのまぐろが食えなくなってしまうのもイヤなので,がまんがまん……

140420-135021
 三崎下町商店街には長い手巻き寿司をつくるためのテーブルが並べられ,人がいっぱいだ。

140420-135236
 しかたなく,商店街の裏道を通って三崎の市街地へ入っていく。

140420-135434
 100メートルぐらい行ったところで商店街に戻る。当然のことながら,ここにも鉄火巻きのためのテーブルが並んでいる。
 それにしても,正面の松月商店の看板建築がすばらしい。

140420-135615
 松月商店の前の三崎まぐろ鉄火巻づくり大会の様子。若いボランティアや商店街の旦那達がこの祭を運営しているようだ。たまたま三崎に来たらイベントをやっていたというより,こういうイベントを頻繁に行っているというのが正解なのかもしれない。よほど企画力・行動力のある人たちが揃っているのだろう。

 ただ,街並みの写真を撮るという意味では,祭に参加している人が写り込んでしまうし,商店街を横切って向かい側に渡ることができず,行動範囲に制限が生じてしまって大問題ではある(仕方がないことだが)。

140420-135721
 商店街の東側に鉄火巻づくりの行列が続いている。

140420-135751
 喫茶館ミサキプレッソ。洒落た感じの喫茶店もある。

140420-135935
 ちらっと見える看板建築がすばらしい。

140420-140240
 商店街は人がいっぱいなので,南側をぐるりと回ることにする。

140420-140316
 花がいっぱいのかわさき園芸。

140420-140336
 地魚・まぐろの三崎まるいち魚店(まるいち食堂)。

140420-140411
 三崎まるいち魚店(まるいち食堂)。

140420-140431

140420-140518
 まるいち食堂の前に干物(天日干し)やまぐろの頭が並ぶ。

140420-140555

140420-140657
 行列ができているまるいち食堂の前にはゴムの木がある。

140420-141057
 本宮神社の近く。右奥が三崎下町商店街。

140420-141320
 路地の奥まったところにある本宮神社。付近の海賊を平定したり,里人を教化し文化の基を築いた藤原資盈公(藤原鎌足の後裔らしい)を祀っている。毎年正月十五日に奉納される歌舞「ちゃっきらこ」は資盈公の妃が土地の娘達に教えたものだという。

140420-141432
 本宮神社から少し北へ歩くと,人だかりができている。ここが長い鉄火巻きの端っこなのかと思ったら,ここで鉄火巻きはUターンして,さらに北側へと延びている。

140420-141626
 また裏路地へ。スナック「しおん」のある路地。

140420-141652
 路地を抜けると三崎昭和館がある。蔵造りの商家を利用して,昭和の暮らしぶりやチャッキラコの資料が展示されている。ちゃぶ台やミシン,五右衛門風呂などが,当時のままの雰囲気で残っている。時間があるときにゆっくり見てみたい。

140420-141705
 三崎昭和館の前から東側を見る。

140420-141728
 三崎昭和館の前から西側を見る。

140420-141954
 嶋清菓子店の前の十字路。商店街全体に流されているアナウンス(巻き寿司だから,かけ声とともに一斉に作業しないとちぎれてしまうのだ)は,ここで行っているようだ。右にいるのは三浦ツナ之介。
 アナウンスによると,一昨年に鉄火巻き540mの日本記録を達成し,今回は550mに挑戦するという。使用した材料はメバチマグロ90kg以上,シャリ220kgだとか。すごい。ちなみに,参加は無料で,完成した後はもちろん(自分が巻いたところを)胃袋の中に納めることになる。

140420-142046
 嶋清菓子店,Fashion & Gift Sugiyama,ルミエールの前の十字路。

140420-142213
 また裏道に戻る。三崎昭和館を振り返る。

140420-142338
 三崎鮪専門店カネイチの前の通り。三崎港の先に城ヶ島大橋が見える。

140420-142436
 コーナーの曲面と細部の装飾。三崎では過去に何度も大火があったため,石蔵や石材を使った外壁,そしてモルタルの看板建築が多くなったのではないかと言われている。細部の凝り方に,建築職人の心意気が見えるような気がする。

140420-142650
 三崎港の仲崎バス停付近。
 ときおりポツリポツリと雨が落ちてくる。これが「城ヶ島の雨」か。まだ雨粒は小さいが,鉄火巻きは大丈夫だろうか……

140420-143134
 三崎には奥深い天然の入江が何か所もあり,しかも正面には城ヶ島があるという,まさに港になるためにつくられたような地形だ。

140420-143251
 クラブHANA2など,スナックなどの多い路地を通って下町商店街に戻る。

140420-143341
 石造りの商家。三崎まぐろ鉄火巻き大会のため,午前10時から午後5時まで車両通行止めの立て看板が立っている。

140420-143447
 右側はスナック「恋人」,海浜割烹「柳」のある通り。

140420-143542
 路地を通って三崎下町商店街へ。

140420-143726
 まぐろ家七善の前。
 鉄火巻きづくり大会が始まって約40分。海苔とシャリが敷かれた段階のようだ。

140420-143922

140420-144055
 三崎下町商店街を北側へ渡りたくても渡れないので,また南側の魚龍のある通りへ。

140420-144326
 スナック「ニューバッカス」のファサードがカッコいい。

140420-144433

140420-144649
 那古野呉服店の前では鉄火巻きが2列になっている。550mという長さは三崎下町商店街よりも長く,商店街の東端の日の出交差点で折り返しているため,2列になっているようだ。

140420-144849
 溝川酒店の前。シャリの上にまぐろが載り,メインイベントの「巻き」の直前状態だ。

140420-145030
 溝川酒店とみうら映画舎の間に,本瑞寺への階段がある。

140420-145056
 居酒屋小樽のある路地を下る。

140420-150018
 日の出バス停付近の三崎港。細い入江の奥が見えてきた。

140420-150038
 南側を振り返ると城ヶ島大橋が見える。

140420-150147
 日の出交差点。三崎街道の三浦市役所入口交差点に向かって坂道が延びている。

140420-150157
 日の出交差点。三崎下町商店街の北東側の端になる。
 そして,このとき,550mのまぐろ鉄火巻きが完成。全員で10秒間持ち上げることで新記録を達成したとのアナウンスがあった。やったね!

140420-150232
 日の出交差点の北東側へ。錆びたトタンに花政の文字が見える。

140420-150734
 スナック「ルンルン」,中華洋食「新海」,スナック「ダンディ」の前のいちょう並木。

140420-151050

140420-151920
 日の出交差点に戻る……

140420-152136
 小さな赤い鳥居に続く階段。

140420-152408
 鳥居への階段。横の家屋は出桁造り。

140420-152635
 テーブルの撤去作業が行われている三崎下町商店街の溝川酒店前。

140420-152659
 三崎下町商店街のみうら映画舎の前。たくさんのスタッフが,てきぱきと撤収作業を行っているため,あっという間にもとの商店街に戻っていく。

140420-152749

140420-152755
 おもちゃのマルフク(丸福玩具店),そして花火や駄菓子を売っている店……

140420-152840
 地元料理の店「阿木」。本日のおすすめは,まぐろの中とろ定食1600円。

140420-153002
 くす玉が割れ,祝 三崎まぐろ鉄火巻き日本一550mと書かれた垂れ幕が下がっている。

140420-153034

140420-153237
 三崎下町商店街を南西へ。
 ここまで三崎下町商店街と書いているが,たぶん三崎銀座通り商店街,西銀座商店街,入船すずらん通り商店街,日の出通り商店街……と,複数の商店街で形成されているっぽい。このあたりは三崎銀座商店街。

140420-153336

140420-153422
 梶原電気商会の前。

140420-153633

140420-153717
 鮨処 三浦そだち。評判の寿司屋らしい。ランチはまぐろ寿しや海鮮丼が1,000円。

140420-153843
 アムールおおやまの前。まぐろ家七善,きのいり……

140420-154131
 すなっくセニョールのある路地。正面の階段の先に光念寺がある。階段のところに旅館辰巳屋があったはずだが,建て替え中だった。

140420-154205
 すなっくセニョールの前……

140420-154623
 光念寺への階段の前。この階段の周辺は,もう少し丹念に歩いてみればよかったと,いまになって少し後悔している。

140420-155012
 商店街に戻る。

140420-155050
 何の店かは不明だが,大きな空き店舗。

140420-155221
 お食事処初音とハツネ。

140420-155331
 シューズショップ尾張屋の前からこども店やなぎやを見る。

140420-155350

140420-155502
 鉄火巻き大会のために設置したスピーカーの撤去作業中。

140420-155646
 Fashion & Gift Sugiyamaの前の十字路。

140420-155708
 菓子の老舗嶋清の前の商店街。

140420-155741

140420-155816
 十字路の喫茶店ルミエール。入口が舟の形をしていて面白い。

140420-155853
 飲み処,喰い処「有魚亭」と炭火やきとり音羽。

140420-160014
 炭火やきとり音羽。

140420-160108
 三浦ガラス工芸館。

140420-160140

140420-160218
 松月商店がある丁字路。

140420-160253
 松月商店の斜向かいにある喫茶館ミサキプレッソ。

140420-160355
 コーナーの面取り部分にドアがある。

140420-160547
 婦人服・紳士服のマツウラ(松浦洋品店)。驚くほど凝った造形の看板建築。これを見られただけでも,三崎に来た甲斐がある。

140420-160746
 松浦洋品店の向かいには黒漆喰蔵造りのまぐろ屋と,カバン・袋物専門店マツウラ。

140420-161016
 さらにその向かい側には,ネクタイ風のレリーフのある看板建築。

140420-161138
 三崎の看板建築群,すごすぎだろ……

140420-161226
 MD……MISAKI DONUTS。

140420-161304
 奥には喫茶バロン。あれ,Hunnyかな。左は銘菓処清月堂,甘味処いちごいちえ。

140420-161433
 地魚料理,うなぎ,寿司の重美屋。

140420-161619
 三崎下町商店街の三崎公園側の入口。洋品いづみやとまぐろ料理のさくらや。

140420-161647
 まぐろ料理さくらやの隣には漁具・船具の葉山商店。

140420-161736
 葉山商店と炭火焼「蔵」。

140420-161752
 木村洋品店。この通りは海南神社の参道になっている。

140420-161804

140420-161937
 炭火焼「蔵」。

140420-162045

140420-162112
 海南神社の参道。ミナト食堂がある。

140420-162619
 三上写真館と岩澤家具店。

140420-162811

140420-162917
 三崎公園の前の露店。

140420-162954
 三崎公園交差点から北側を見る。

140420-163112
 三崎公園交差点の魚音のまぐろ総本店。

140420-163415
 魚音本店の横の路地を入ると,まぐろ料理たちばな等のまぐろ料理店が並ぶ。左側が三崎館本店の裏側になる。

140420-163446
 三崎館本店の横では猫たちも来客を歓迎……

140420-164042
 三崎のシンボル的建物である割烹旅館三崎館本店。明治41年創業の老舗。建物は関東大震災後に建てられたもの。

140420-164201
 三崎館本店。

140420-164211
 三崎館本店の前から三崎公園交差点方向を見る。

140420-164253
 三崎館本店の前にあるのが,三崎港産直センター「うらり」。観光客に大人気らしい。

140420-164317

140420-164609
 三崎館本店から少し西側に歩いたところにある廻船問屋西松商店。ATOKは「海鮮丼や」と変換しやがった。海鮮丼が食いたくてしかたがない心の中を見すかされたかな……

140420-164712
 西浜バス停付近の「びいどろや」。こういうふうに,道幅が不規則だったり,変なふうに交差しているところは,どうしても気になってしまう。

140420-164836
 西浜バス停前の岬陽館。明治27年創業の老舗旅館で,眺望がものすごくよさそうだけど,閉館しているようだ。

三浦市三崎港

 というわけで,既に午後5時近く。この後は寿司を食って帰宅。まぐろはもちろん,近くの松輪漁港で水揚げされるという松輪サバ(もちろんシメてないやつ),美味かったなぁ。
 帰りの三崎口駅までのバスはガラガラ。道路にも渋滞はなく,スイスイっと帰宅した。

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 18-35mm F3.5-4.5G ED or RICOH GR

【参考】
2008年10月12日 (日曜日):三浦半島荒崎の海岸を歩く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日曜日)

サウザンロード相模台商店街 オダサガ

131027161851edit

サウザンロード相模台商店街 オダサガ


 相模大野から小田急線の下り各停に乗って,一つ目の小田急相模原(通称オダサガ)で下車する。

131027-151210
 小田急相模原駅北口に2007年に開業した再開発ビル「ラクアル・オダサガ」側に出る。

131027-151322
 地上20階建のラクアル・オダサガ(Rac・AL Odasaga)。3階までが商業施設で,小田急相模原駅文化交流プラザ(おださがプラザ),5階以上は住居になっている。

131027-151411
 小田急相模原駅北口の駅前広場(北口バスロータリー)。小田急相模原駅に降り立つのは約10年ぶり。そのときには既に再開発計画があったのだろう,廃墟になったパチンコ屋や空き地が目立つ一郭(小田急相模原北口A地区)だった。

131027-151914
 小田急相模原駅南側の交差点。

131027-152137
 サウザンロード入口交差点。サウザンロードと行幸道路の交差点だ。小田急相模原駅前だが,交差点の南西側は相模原市ではなく,座間市相模が丘一丁目となる。

131027-152433
 行幸道路を挟んでラクアル・オダサガの西側(小田急相模原北口B地区)に,10月10日にオープンしたばかりのペアナード・オダサガ。ラクアル・オダサガとの間は行幸道路を跨ぐデッキで繋がっている。

131027-152926
 サウザンロード入口交差点の南側,座間市相模が丘一丁目の路地。

131027-153213
 迷路のような一郭が残っている。

131027-153416
 座間市相模が丘一丁目。

131027-153641

131027-153714
 居酒屋DANKAIと酒仙房「ん」。

131027-153821
 ほねつぎ,安藤整骨院。

131027-154022
 この路地は相模が丘一丁目から小田急相模原駅方向への抜け道になっているらしく,人通りが意外に多い。

131027-154126
 相模台中央線(サウザンロードから座間大和線の小松原交差点まで続く)から路地を見る。

131027-154348
 相模台中央線からラクアル・オダサガ(左側のビル)方向を見る。

131027-154413
 上空を厚木基地のP3Cが飛ぶ。

131027-154455
 行幸道路と相模台中央線の交差点。奥に見えるのがペアナード・オダサガ。

131027-154911
 相模台中央線をサウザンロードに向かって歩く。

131027-155021
 サウザンロードと相模台中央線の交差点。この交差点までが座間市で,そこからは相模原市となる。

131027-155229
 交差点から西に延びる細い通りは座間市と相模原市の境界線上にある。左側は座間市相模が丘一丁目,右側が相模原市相模台二丁目。

131027-155457
 サウザンロード相模台商店街。オダサガを代表する商店街で,小田急相模原駅から国立相模原病院までの約1km=1000m続く商店街であることから,サウザンドロード≈サウザンロード相模台商店街と名付けられたそうだ。
 右側にあるのがサニープラザ。

131027-155610
 衣料のアジサイドー。

131027-155733
 左側がサニープラザ。

131027-155932
 サウザンロード相模台商店街の中に御園バプテスト教会がある。

131027-160038
 長い商店街が,大規模な相模台団地などの住宅地と小田急相模原駅を結ぶ経路になっていることもあって,自転車の通行量が非常に多い。

131027-160227
 小田急相模原駅方向を振り返る。

131027-160238
 すぺーすむら。

131027-160312

131027-160337
 シャッターが閉まったままの店が少し増えてる……?

131027-160359
 サウザンロード相模台商店街をさらに北西へ。

131027-160431
 はんこの賞美堂。COFFEE & SNACKのセント・ルイスは右側の路地。

131027-160539

131027-160554
 パチンコロマンの前から。

131027-160701

131027-160756
 せともの山田屋。

131027-160914
 せともの山田屋。

131027-161243

131027-161432
 そばと定食,朝めしくまさん。

131027-161654
 相模台郵便局の前から,上鶴間の米軍住宅南口前交差点に向かって少し広い道路が分岐する。
 サウザンロード相模台商店街の北側(写真右側)は,相模台郵便局の前で南台五丁目から南台六丁目に変わる。商店街の南側(写真左側)は相模台二丁目のままだが,駅前から続いてきた直線的な街路灯から曲線的な街路灯に変化する。

131027-161805
 左奥が米軍住宅南口。なぜか巨大な米軍住宅だけが上鶴間の飛び地になっている。中のゆったりとした住宅の配置が,完全に異国だ。

131027-161851
 米軍住宅南口前交差点に続くサウザンロード相模台商店街。

131027-162135

131027-162215
 写真の左が南台五丁目,右が南台六丁目。両側の街路灯の違いが面白い。

131027-162253
 正面が相模台郵便局。

131027-162628
 サウザンロード相模台商店街をさらに北西へ。

131027-162837
 パリーシューズの前から鶴ヶ丘米店方向を見る。

131027-162909
 居酒屋つかさ。

131027-163047
 小田急相模原駅方向を振り返る。朋文堂。

131027-163218
 居酒屋つかさの横の路地。酒処「多加」。

131027-163357
 酒処「多加」のところから,菱形模様の戸袋が並ぶ。こりゃシビれる。

131027-163703
 鶴ヶ丘米店の前に戻る。

131027-163927

131027-164128
 左側の路地が弁天横丁。

131027-164233
 弁天横丁。

131027-164302
 弁天横丁からサウザンロード相模台商店街を振り返る。

131027-164415
 洋菓子の店シャモニーの前。小田急相模原駅前のペアナード・オダサガがかなり遠くに見える。

131027-164511
 たい焼きの「たい夢」。あれっ,上永谷駅前のヨーカドーの中のたい焼き店も「たい夢」だったはず。チェーン店だったんだ……

131027-164623
 だいぶ暗くなってきた。

131027-164817
 台湾屋台定食「香味」,スナック「京」,中華スナック「銀華」……

131027-164917
 相模原市南区役所相模台まちづくりセンターの前。枕の専門店「まくら屋」。

131027-165019
 午後4時50分。ほぼ日没時刻だ。

131027-165126
 小田急相模原駅方向を振り返る。

131027-165303
 コーヒー&レストラン「TYMO(ティモ)」,うどん・そば「扇屋」……

131027-165415
 相模台一丁目,酒のこむろ。

131027-165434

131027-165505
 相模台一丁目交差点。さらに国立相模原病院の前までサウザンロード相模台商店街は続いているが,小田急相模原駅南口側も歩いてみたいので,このあたりで引き返す。

131027-165853
 あっという間に暗くなってくる。

131027-170216
 右側が弁天横丁。

131027-170838
 午後5時を過ぎ,歩いているうちに,あっという間にマジックアワー(マジックタイム)も終わってしまう。

131027-170918
 手づくりコロッケ工房「さのや」。

 ちょっと面白いというか,興味深く思ったことがある。暗くなってから気付いたのだが,サウザンロード相模台商店街の小田急相模原駅南口に近い側は,歯抜けになっているところが多く,少し寂しい印象があるのに対して,駅から遠いほうがまだ商店街としての賑わいが感じられるのだ。一般的な商店街とは逆のパターンだ。再開発に伴う,過渡的な状態なのか,何か理由があるのかはわからない。

131027-172144
 相模台中央線の小田急相模原駅南側の踏切を越え,相模が丘五丁目へ。

131027-172409

131027-172426
 ファッションヘルスだけが明るい。

131027-172545
 韓国料理,焼肉和泉苑。

131027-172940
 袋小路になっている栄小路商店街。

131027-172957
 栄小路商店街のココナッツ。

131027-173130
 栄小路商店街。

131027-173219
 御菓子司ほうざん(峰山)。

131027-173509
 座間市と相模原市の境界にある交差点。右側が相模銀座商店街だったのだが,入ったところにマンションなどができていて印象が変わり,引き返してしまった。もう少し奥まで歩いてみれば良かった。

131027-174249
 相模原市の小田急相模原駅交差点を越えたところ。相南四丁目の中華料理の柳園,メガネの松本。

131027-174430
 柳園の横を入ると,小さな飲食店街になっている。やきとり五鉄。

131027-174643
 相南四丁目の飲食店街。家庭料理せち,スナックまゆみ,喫茶・スナックはれやか……

131027-174808
 串焼きの提灯がぶら下がる飲み処「伸」。

131027-175034
 L字型になった飲食店街。

131027-175217
 相模原市松が枝町のアクト南口一番街側を見る。

131027-175340
 イトーヨーカドー相模原店(写真左側)の向かい側の八百屋さん堀ストアー。

131027-175440
 堀ストアーの横の路地を入る。居酒屋山真と「ちょっとまって」。

131027-175554
 ホルモン焼かつら。

131027-175810
 路地から少し奥まったところに日栄浴場がある。

131027-175922
 日栄浴場の前の生そば田ぶち。

131027-180657
 松が枝町の神戸旅靴屋。

131027-180821

131027-181020
 アクト南口一番街のとんかつ吉列屋。

131027-181208
 大衆割烹「誠」と炭火ホルモンとんとん。奥に見えるのは小田急相模原駅のホーム。

131027-181329
 アクト南口一番街の家庭料理「杏」。

131027-181800
 アクト南口一番街を小田急相模原駅方向へ歩く。

131027-181838
 アクト南口一番街商店街。

131027-181927
 L字型の路地はシャッターが閉まって静まり返っている。そのうちに緑に覆われそうな勢いだ。

131027-182142
 小田急相模原駅南口のアクト南口一番街商店街のアーチ。

131027-182407
 小田急相模原駅南口側からアクト南口一番街商店街のアーチを見る。

131027-182438
 小田急相模原駅南口。北口側にラクアル・オダサガがそびえる。
 この付近で,小田急小田原線はどちらかというと東西ではなく南北に通っているので,地図を見る限りでは,南口というよりは東口っぽい。

 まだ午後6時半だというのに,空は真っ暗になってしまった。星を撮るわけじゃないので,もう少し(光害で?)空が明るいと,写真も絵になりそうだが。

 久しぶりにsmc PENTAX-DA☆16-50mm F2.8 ED SDMレンズを使ってみた。何やら超音波モーターの調子が悪く,AFがうまく動かなかったり,MFでピントリングを回してもキィキィ嫌な音がする。写真の半分ぐらいはMFも併用しての撮影となってしまった。けっこう高いレンズなので,修理が必要になると,ちょっと痛い……

 ── PENTAX K-5IIs + smc PENTAX-DA☆16-50mm F2.8 ED SDM

【参考】
2004年3月27日 (土曜日):小田急相模原(通称「おださが」)を歩く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日曜日)

林間都市の名残 エスニック南林間

131013170128enhancer

林間都市の名残 エスニック南林間



 〝じゃり道の飲み屋街 鶴間〟からの続き。

131013-155253
 お食事処「幸和」。鶴間駅寄りのアーチに挟まれた二条通り商店街の北側,南林間側にも二条通り商店街が延びている。
 鶴間側の商店街のアーチには,以前「二条通商店街」と書かれていたので,前の記事ではそれに従ったが,Webで商店街のサイトを検索したら「二条通り商店街振興組合」となっているので,この記事では二条通り商店街と記述する。

131013-155424
 HAIR SALON「CHAMP」と「すし道楽」本店。

131013-155455
 雀荘みなみと小料理「美ほろ」。北海道の美幌かな。
 二階建ての集合店舗はよく見かけるタイプ。南林間駅周辺には,このタイプの集合店舗型の店舗群,飲み屋街がとても多い。林間都市として計画された土地に,高度経済成長時代に一斉に建てられたものだと思われる。ここから南林間一丁目となる。

131013-155746
 二条通り商店街をさらに北へ。

131013-155846
 セオサイクル南林間店の前から二条通り商店街の南側を振り返る。

131013-155927
 八千代銀行南林間支店のちょっと先までが二条通り商店街になっている。

131013-160426
 スーパー生鮮館TAIGAの前の五叉路。
 五叉路の北側まで「二条会」と書かれた街路灯が続いている。大和市の商店街のサイト「やまと商店会どっとこむ」の二条通り商店街のページでは,この五叉路の周辺は二条通り商店街ではなく,「南一条会」「南林間商栄会」となっていて,こまかな店毎に加入している組合が入り組んでいるのかもしれない。道路自体は,小田急江ノ島線側から一条通り,二条通りとなっていて,ここは二条通りなのは明らかだ。

131013-160507
 スーパー生鮮館TAIGAの前から二条通りの南側を振り返る。新旧のアーチ型のファサードが並んでいて面白い。

131013-160553
 買い物客で賑わうスーパー生鮮館TAIGA。店の前の自転車の量がハンパない。

131013-160630
 正面に見えるのは小田急江ノ島線の南林間駅。スーパー生鮮館TAIGAの前の交差点から,斜めに南林間駅まで延びるのは南林間商栄会商店街。

131013-160702
 スーパー生鮮館TAIGA。

131013-161007
 二条通りの鮮魚「魚才本店」。鶴間駅交差点にあった鮮魚店は,ここの支店だったと思われる。

131013-161044
 鮮魚「魚才本店」。

131013-161139
 五叉路にある雑居ビル。GIRLS SELECTION,ピュアガール,横浜スペシャリスト……とスペシャルだ。

131013-161246
 南林間商栄会商店街から五叉路を見る。

131013-161419

131013-161950
 二条通りと南林間駅西口駅前通りの交差点。正面が南林間駅。ここから北側は南林間二丁目となる。

131013-162016
 交差点から二条通りの南側を振り返る。

131013-162255
 高座みどり幼稚園の前の五叉路(二条通り)にある集合店舗。

131013-162405
 高座みどり幼稚園の前の五叉路から南林間駅を見る。右側の通りの突き当たりが南林間駅。

131013-162426

131013-162526
 五叉路の西側を見る。

131013-162554
 右側が高座みどり幼稚園。

131013-162645
 高座みどり幼稚園の南側の通りを西へ。マルイシ本店。

131013-162803
 五叉路を振り返る。

131013-163439
 ラーメンしんはる。

131013-163708
 五叉路に戻る。

131013-163921
 五叉路を北へ。長老キリスト教会高座教会のまえの集合店舗。

131013-164029
 西日があたる。

131013-164129

131013-164409

131013-164539
 一条通りの集合店舗。中華・洋食「ブラザー軒」,グリル「いけもと」,こころ惹かれる店が並ぶ。

131013-164740
 一条通りを南へ。

131013-164831
 一条通りに並ぶ集合店舗群。正面が南林間駅。

131013-164942
 一条通り。

131013-165347
 一条通から高座みどり幼稚園に抜ける通りに南林間駅前郵便局(写真左側)がある。

131013-165623
 タイレストラン「ペンタイ」,居心伝,上海生煎館……

131013-165632

131013-165717
 うまく写真では再現できていないが,南林間駅西口は,田園調布や日吉と同様に,駅を中心とした放射状の道路と同心円状の道路で構成されている(規模は小さい)。

131013-165755
 南林間駅西口駅前広場が見えてきた。

131013-165927

131013-165937
 手打ラーメン柳華。こういう店があなどれなかったりするんだよね……

131013-170128
 カナリヤ食堂。

131013-170214
 駅前広場の北側にある神奈川都市交通のタクシーのりば。だが実際には,タクシーは駅前広場の南側(駅の出入り口すぐ前)に駐まっている。

131013-170235
 南林間駅西口のOdakyu OX。

131013-170359
 南林間駅西口駅前から高座みどり幼稚園に向かって斜めに延びる通り。
 
131013-170414
 いなか屋と花いちもんめ。

131013-170445
 南林間駅西口駅前広場。

131013-170629

131013-170715

131013-170746
 おそば増田屋とイーサン食堂。

131013-170843
 大和市の資源ゴミは,こういう専用のカゴに入れる方式のようだ。興味深いが,場所の確保が大変そうだ。

131013-170857
 タイ料理のイーサン食堂。南林間〜鶴間にはエスニック料理店が多い。大和市の外国人登録者は,タイ・ラオス・ペルー・チャイナ・朝鮮など5千人を超え,さらに綾瀬市にまたがるアメリカ海軍厚木基地には数千人の軍関係者が街にでるため,外国人が多いのだという。かつて,ベトナム戦争の難民(ベトナム人・ラオス人)の受け入れ施設が市内にあったことも理由のひとつらしい。
 それでも,リーマン・ショック以降の不況で,外国人はずいぶん減ったそうだ。

131013-171151

131013-171554
 駅前に停車していた大和市コミュニティバス。前払い150円で実験運行中。

131013-171946

131013-172245
 南林間駅西口の北側,クランク状になったところ。こういうところにとても惹かれる。

131013-172602
 居酒屋「津軽」に山形「愛ちゃん」と書かれた赤提灯がぶら下がる。

131013-172731
 南林間駅西口駅前。日没からだいぶ経ち,暗くなってきた。

131013-172919
 南林間商栄会商店街。
 午後5時半。腹がへったので,晩飯を食って帰ることにする。惹かれる店がたくさんあって,どこで食うか非常に悩ましい……

 ── PENTAX K-5IIs + smc PENTAX-DA 21mm F3.2AL Limited

【参考】
2006年4月9日 (日曜日):桜ヶ丘・南林間・鶴間…お名残下車

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧