カテゴリー「・14 神奈川県川崎市」の104件の記事

2017年2月 4日 (土曜日)

無機質化に磨きがかかる 武蔵小杉

170204-184139-Edit-Edit-Edit-Edit

無機質化にますます磨きがかかる 武蔵小杉


170204-164856
 溝02系統の東急バスが小杉駅前(武蔵小杉駅北口)に到着。溝02系統は溝の口駅と小杉駅を府中街道(国道409号線)経由で結ぶ運転本数の多いバス路線である。

170204-165122
 武蔵小杉駅北口前の商店の並び。ここも小杉北一番街商店街である。昔ながらの昔小杉のイメージが残る一郭ではあるが,中華大三元ぐらいしか店が開いていない。

170204-165147
 武蔵小杉駅の北口前広場の東側から西側の正面に見える小杉ビルディング(右),小杉ビルディング新館(左)を見る。写真左がJR武蔵小杉駅北口。
 写真右の青っぽいビルが1995年竣工の武蔵小杉タワープレイスで,武蔵小杉の最初の高層ビル(地上23階建て)だった。その奥のJX日鉱日石エネルギー(旧新日本石油)の社宅跡地には,地上54階建てのパークシティ武蔵小杉ザ・ガーデン(ツインビルになるらしい)がずいぶん高いところまでできあがってきている。
 写真左奥には小杉町三丁目の中原区役所の手前に,プラウドタワー武蔵小杉(地上45階建て)がそびえる。

170204-165300
 武蔵小杉駅北口のバスターミナルの中央の通路。(悪いたとえに戸塚駅西口のバスターミナルを出すのは心が痛む)戸塚駅西口のトツカーナ横の新しいバスターミナルはペデストリアンデッキから階段かエレベータを使ってのアクセスになるが,この武蔵小杉のように同一平面でバスのりばと行き来できるほうがずっと優れているように思う。

170204-165314

170204-165344
 小杉ビルディング新館の前。

170204-165414
 小杉ビルディング新館の横のJR南武線沿い。南武線の南側にプラウドタワー武蔵小杉がそびえる。
 その手前の一帯(マルエツ小杉店・UR小杉三丁目市街地住宅や川崎信用金庫,旧中原図書館があったところ)が小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業区域である。

170204-165621
 JR南武線の下をくぐるため,南武線沿いに西へ少し歩く。

170204-165715
 JR南武線の下をくぐる通路の周辺に飲み屋が集まっている。

170204-165737
 南武線をくぐって線路の南側へ。焼鶏たまいは溝ノ口の「たまいグループ」の店らしい。

170204-165810
 南武線をくぐると,階段の先がイトーヨーカドーや聖マリアンナ医科大学東横病院のある通りに繋がっていたが,小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業区域一帯の再開発のためにフェンスで囲われ,道路も封鎖されている。写真正面のビルは川崎信用金庫武蔵小杉支店だったところ。後付けされていたファサードが外され,窓ガラスも割れ,無残な姿になっている。あっという間に取り壊されてしまうだろう。

 イトーヨーカドーは営業中だが,道路が封鎖されているので,ここから真っ直ぐイトーヨーカドーへ行くことができず,東急スクエア武蔵小杉の側をぐるりと迂回するようにとの案内板が立っている。

170204-165902
 マルエツ小杉店とその上部のUR小杉三丁目市街地住宅もフェンスに囲まれ,取り壊しを待っている。

170204-170112
 JR武蔵小杉駅西口(旧こすぎフロムの前)と武蔵小杉東急スクエア。川崎市立中原図書館は東急スクエアの中に移動済みである。

170204-170123
 元マルエツ小杉店(その後100円ショップのDAISO)が入っていたビル。外壁がずいぶん荒れている。

170204-170221
 元マルエツ小杉店跡にはタワーマンションと商業施設・公共施設が作られることになっている模様。

170204-170259
 こすぎフロムがあった頃から変わらないJR武蔵小杉駅西口。変わったのはエスカレーターが設置されたぐらいかな。

170204-170340
 武蔵小杉駅西口の前から,そびえる武蔵小杉東急スクエアを見上げる。

170204-170545
 以前はマルエツ小杉店の入口に続いていた横断歩道。

170204-170606
 日に日に高さを増しているJX日鉱日石エネルギー(旧新日本石油)社宅跡のパークシティ武蔵小杉ザ・ガーデン。

170204-170616
 写真右側の小杉ビルディング・小杉ビルディング新館の将来は不明だが,その左にあるNEC小杉ビルとその裏側(正面側?)にあったホテル・ザ・エルシィ跡地では,三井不動産レジデンシャル系のタワーマンションと商業施設が計画されているという。武蔵小杉の勢いを見ると,隣接している小杉ビルディング・小杉ビルディング新館がそのまま残るとは思えず,一体的に再開発されるような予感もある。

170204-170645

170204-170711
 武蔵小杉東急スクエアの横,武蔵小杉駅前通り商店街を南へ。中途半端な壁面緑化が行われているようにも見えるし,春〜夏になればもっと緑が豊かになるようにも思われる。

170204-170745
 武蔵小杉東急スクエアの西側に面している川崎市小杉こども文化センター。フェンスで囲まれてはいないが,小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業区域に含まれており,昨年(2016年)3月に閉館している。

170204-170921
 武蔵小杉駅前通り商店街の小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業区域の東端から,西の通りにあるイトーヨーカドー側を見る。

170204-171052
 東急東横線武蔵小杉駅南口3の前に広がる「こすぎコアパーク」。東急東横線の高架線の東側に,パークシティ武蔵小杉ザ・グランドウィングタワーやミッドスカイタワーなどがそびえる。

170204-171302
 武蔵小杉東急スクエア・小杉プラザ「KOSUGI PLAZA」の地階の駐輪場への階段&スロープ。登り方向には自転車専用エスカレーター(写真の細い溝の中)が設置されている。これは便利そうだ。

170204-171518
 小杉プラザ。

170204-171627
 電車と高層ビルを絡めて撮りたくなる状況なので,何度も粘ってみたが,目の前を歩く人のコースを制御することはできず,人の配置を自然に撮ろうとすると,電車と高層ビルが中途半間になってしまう。なかなか難しい。思い通りの写真が撮れずに,自分の腕の未熟さを実感する。

170204-171714
 高層ビルの上に出た月を見ていたら,横を飛行機が通過していった。

170204-171733

170204-171958
 こすぎコアパークの前から,センターロード小杉(仲通り会商店街)の北側の入口がある通り(武蔵小杉駅前通り商店街)へ。

170204-172007
 イトーヨーカドーの南端を通って,小杉町三丁目の中原警察署方向に抜ける通り。

170204-172105
 センターロード小杉の飲み屋街に入るか,まずはヨーカドー西側の小杉町3丁目中央地区第一種市街地再開発事業区域(ユニオンビルのあるところ)を見るか,ちょっと迷う。

170204-172137
 まずはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の前へ。

170204-172212
 東急東横線武蔵小杉駅方向を振り返る。

170204-172308
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店。武蔵小杉駅前通り商店街の核となる店舗だ。

170204-172344
 イトーヨーカドーの前(東側)の武蔵小杉駅前通り商店街。北のJR武蔵小杉駅側が再開発のため閉鎖されており,人通りが少ない。

170204-172430
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の前から南側を振り返る。

170204-172451
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の前から小杉プラザのほうを見る。

170204-172521
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店。屋上には昔からテニスコートがある。

170204-172618
 武蔵小杉駅前通り商店街。

170204-172728
 武蔵小杉駅前通り商店街の南側を見る。

170204-172807
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の前から聖マリアンナ医科大学東横病院のほうを見る。

170204-172837
 武蔵小杉駅前通り商店街からイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の南面を通って西側に抜ける通り。

170204-172851

170204-173013
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の西側の石橋ビル。

170204-173117
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の西側の米直売センター(横浜食料小杉営業所)。

170204-173143
 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の西側の入口。奥にそびえる建築中の高層ビルは,JX日鉱日石エネルギー(旧新日本石油)の社宅跡地のパークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンのタワーズイースト。
 写真左奥のセントア武蔵小杉B棟には小杉の老舗の中華食堂「かどや」が健在。武蔵小杉らしく?,老舗とはいえ新しい建物に入っている。

170204-173156
 中原区役所に抜ける路地。

170204-173327

170204-173501
 センターロード小杉(仲通り会)の北側の入口へ。

170204-173521
 センターロードの馬刺しの串駒 慎ちゃん。

170204-173553
 センターロードの「ジンギスカン どぅー」。大船や平塚にあるホルモンが中心の大衆焼肉ジンギスカン系ではなく,正統な?ジンギスカンのようだ。

170204-173606
 やきとり「焼辰」。店頭に書いてある溶岩焼きが気になる。

170204-173635
 センターロードを南へ。センターロードの南北の通りの東側(写真左)にはビルの裏側の壁が続いている。完全な裏路地なのである。

170204-173738
 大衆割烹「こすぎ」(写真右)の前,やきとりの店「くろちゃん」と居酒屋「くろ兵衛」。

170204-173757
 タバコの吸える場所が減った影響もあるのか,角のタバコ屋の前が喫煙場所になっている。

170204-173818

170204-173842
 大衆割烹「こすぎ」(写真左)。

170204-173903
 センターロード小杉の西側,武蔵小杉駅前通り商店街側の出入口へ。

170204-173936

170204-174026
 武蔵小杉駅前通り商店街のセンターロード小杉の西側の入口。

170204-174033
 武蔵小杉駅前通り商店街の聖マリアンナ医科大学東横病院(写真左)の前。

170204-174337
 仕事中だった軽トラックがいなくなったセンターロード小杉の西側の入口。

 街の写真を撮り歩くときに,道路を通過する車だけじゃなく路上駐車の車がいなくなるのを待ったり,歩行者が少なくなった瞬間を狙ったり(歩行者の姿が大きく写り込んだ写真は使えないし),電車が通過する瞬間を狙ったりすると(鉄道が通っているところではやっぱり列車の姿が入っている写真を撮りたい),あっという間に時間が掛かってしまうのが悩ましい。ある程度の割り切りが必要なのはわかっているつもりだが……

170204-174420
 武蔵小杉駅前通り商店街を南へ。

170204-174428
 東急東横線南口方向を見る。電車の姿が写っていれば,高架橋が道路なのか鉄道なのか,判別が容易だ。取り立てて美しい写真ではないし,電車が写っているからといって楽しいこともない。列車本数の多い東横線なら問題ないが,列車が15分間隔の路線でも待つのは大変。ときどき「何やってるんだろう,俺……」と思うことも多い。

170204-174534
 府中街道(国道409号線)の武蔵小杉駅入口交差点方向を見る。道路上をオフィスチェアー移動する。オフィスの引っ越し作業中だった。

170204-174631
 フードハウス大野屋。川崎市中原区を中心に展開するスーパーマーケットである。

170204-174701
 フードハウス大野屋。

170204-174749
 武蔵小杉駅入口交差点。交差点の先は法政通り商店街となる。

170204-174848
 府中街道(国道409号線)の武蔵小杉駅入口交差点。

170204-174912
 武蔵小杉駅入口交差点から府中街道の銀座通り商店街を見る。

170204-175005
 交通量が増える小杉周辺の道路。綱島街道の拡幅はずいぶん進んだが,府中街道はほとんどが片側1車線のままになっている。武蔵小杉駅から離れた地点では建物がセットバックして道路拡幅用地を確保しているところも多く,街の変化の状況を見ると,古くからの街が唯一残っている府中街道が拡幅される日も近いことだろう。

170204-175057
 武蔵小杉駅入口交差点。

170204-175125
 武蔵小杉駅入口交差点から武蔵小杉駅前通り商店街を振り返る。

170204-175140
 法政通り商店街(法政通り南壱番街)のアーチ。商店街の西にある法政二中・二高(当時は法政大予科かな)の時計塔は1936年(昭和11年)に建てられたもので,田んぼだらけで高い建物がなかった小杉のどこからでも見えるほどだったそうで,街のシンボルとなっており,それが商店街の名前に繋がっている。
 その時計塔も,歴史的建造物として保存を望む声の中,老朽化のために数年前に取り壊されてしまったという。

170204-175159
 法政通り商店街(法政通り南壱番街)。

170204-175210
 法政通り商店街から武蔵小杉駅入口交差点を振り返る。

170204-175351
 法政通り商店街。昔ながらの商店街である。かつて工場街だった武蔵小杉駅周辺(新丸子〜元住吉間の府中街道と交差する付近に設置された東横線の駅名も工業都市駅だった)では,商店街や住宅地は新丸子駅付近と元住吉駅周辺に形成されていた。終戦後に武蔵小杉駅と元住吉駅付近を結ぶかたちで法政通りに賑わいが生まれたのだろうと思われる。

170204-175408
 法政通り商店街。

170204-175439
 法政通り商店街で目立っているラーメン「丸仙」。

170204-175536
 ラーメン丸仙。

170204-175556

170204-175813
 ラーメン丸仙に入りたいのをなんとか我慢した。

170204-175829
 地図を見たらすぐ近くに市ノ坪神社があるようなので,法政通り商店街を少し引き返す。

170204-175959
 市ノ坪神社横の市ノ坪上町会館。ほぼ真っ暗だったが,ISO AUTOの設定でISO10000までアップし,露出補正で-2.3EVまでアンダーに補正したが,明るすぎるぐらいに写った。

170204-180013
 市ノ坪神社。市ノ坪村の鎮守社だったという。

170204-180059
 市ノ坪神社。ISO20000で星も写っている。

170204-180130
 市ノ坪神社の参道横に並ぶ境内社。

170204-180227
 市ノ坪神社の正面の鳥居。

170204-180535
 東急東横線沿いに歩き,府中街道に出る。

170204-180547
 東急東横線の高架下にある東急バスの東横線小杉駅バス停(溝の口駅方面)。座布団のある椅子が並んでいる。

170204-180719
 銀座通り商店街(府中街道)の東横線小杉バス停(川崎駅方面)に停車する東急バス川33系統川崎駅西口北行きのバス。

170204-180848
 府中街道の横断歩道を渡り,南側を振り返る。

170204-180926
 府中街道から東急東横線の高架横を北へ。

170204-181001
 道路の真ん中に電柱がある。ちょっとだけ大森の山王小路飲食店街(地獄谷)みたいだ。

170204-181016

170204-181114
 パーマ専科「大東京」。

170204-181201
 武蔵小杉駅前通り商店街(こすぎ南壱番街)へ。商店街のアーチが法政通り商店街(法政通り南壱番街)と同じだ。武蔵小杉商店街としてのアーチなのだろう。

170204-181321

170204-181411
 武蔵小杉駅前通り商店街(こすぎ南壱番街)。

170204-181510
 センターロード小杉の東側(東急の武蔵小杉駅南口前)の入口。

170204-181625

170204-181652
 東急東横線のガード下をくぐり,グランツリー武蔵小杉の前へ。

 2014年にオープンしたグランツリー武蔵小杉は,イトーヨーカドーを核店舗とした複合商業施設である。イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店とイトーヨーカドーグランツリー武蔵小杉店が近接していて,激しく競合しているように思われる。

 同じようにイトーヨーカドー上大岡店と横浜別所店の2店舗が近接(といっても1kmぐらい離れているが)していた上大岡では,ビルの老朽化などもあって上大岡店が3月20日に閉店することになっている。ヨーカドー上大岡店にはファミリーレストラン「デニーズ」の日本1号店も出店していて,その閉店を惜しむ声も多い。全国で多くの店舗の閉店を進めているセブン&アイ・ホールディングスが武蔵小杉の店をどうするのか,動向が気になるところである。

130727-170343
 2013年7月に撮影したグランツリー武蔵小杉工事中の写真。

080223184538
 2008年2月,グランツリー武蔵小杉の土地がまだ東京機械製作所玉川製造所第一工場だった頃の写真。

170204-182014
 グランツリー武蔵小杉の前から中原消防署前交差点方向を見る。

170204-181836
 グランツリー武蔵小杉の東急武蔵小杉駅口。

 グランツリー内をブラブラ見て回る。

170204-183710
 グランツリー武蔵小杉内の回転寿司屋に行列ができててびっくり仰天。安くて人気の寿司店が経営する回転寿司とはいえ,飯を食うのに行列を作るのは個人的にはあり得ない……

170204-184104
 ランツリー武蔵小杉の綱島街道南口を出る。

170204-184028
 グランツリー武蔵小杉の綱島街道南口を出ると,目の前が綱島街道の新丸子東3丁目交差点になっている。東急東横線の東側は新丸子駅のあたりが新丸子東一丁目,京浜伏見稲荷神社付近からJR南武線までが新丸子東二丁目,南武線の南のグランツリー武蔵小杉までが新丸子東三丁目になっていることに驚く。
 新丸子東3丁目交差点の南が中丸子だから,多摩川沿いの上丸子〜(向河原)〜中丸子,そして多摩川の向こうの大田区下丸子(古くは多摩川の右岸だったことがわかる)に古くからの集落が形成されていたことが地名からも見てとれる。

170204-184135
 新丸子東3丁目交差点から見た中丸子地区B地区の高層ビル群。

170204-184216
 新丸子東3丁目交差点の横断歩道を武蔵小杉駅横須賀線口方向に渡る。中丸子地区A地区は低層の商業地区となっている。

170204-184525
 武蔵小杉駅横須賀線口交差点南東の中丸子地区C地区。野村不動産武蔵小杉ビルN棟(写真右)とシティハウス武蔵小杉。

170204-184702
 武蔵小杉駅横須賀線口交差点から北側を見る。正面奥のビルはパークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー。

170204-184808
 武蔵小杉横須賀線口(新南口)のロータリー。写真右は中丸子地区B地区のリエトコート武蔵小杉のイーストタワー。

170204-184851
 武蔵小杉横須賀線口(新南口)ロータリーの川崎鶴見臨港バス杉51系統小倉陸橋行きバス。小倉陸橋というのは,たぶん横須賀線の新川崎駅の南の新鶴見操車場に架かる橋だと思う。巨大な操車場跡地が再開発されつつある地域だ。

170204-185805
 武蔵小杉駅から横須賀線の電車に乗って帰る……

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or Apple iPhone 5s

170204-184139-Edit-Edit-Edit-Edit

【関連記事】
・2004年10月23日 (土曜日):武蔵小杉の商店街を歩く
・2008年2月23日 (土曜日):武蔵小杉駅界隈の商店街を歩く
・2010年11月 6日 (土曜日):目が眩む刺子凄すぎ 武蔵小杉
・2013年7月27日 (土曜日):武蔵小杉の高層ビルがまた増えてる
・2014年12月 6日 (土曜日):月夜の武蔵小杉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日曜日)

師走の川崎駅前 銀柳街・銀座街

161218-172533_tonemapped

師走の川崎駅前 銀柳街・銀座街


 UPS付きバックアップ用PCとして使ってきたMacBook Pro 15インチ Late2011が不調になり,(リペアエクステンションプログラム対象なので)たぶんまた無償修理になるのだが,サービス期間が2016年12月31日までと発表されたので,期限になる前にラゾーナ川崎のビックカメラにあるApple製品正規修理サービスへ(アップルストア銀座以外を利用するのは初めて)。帰りに川崎駅前をぶらつく。

161218-170614
 ラゾーナ川崎。人が多くて,川崎駅からラゾーナ川崎まで移動するだけで疲れてしまった。

161218-171442
 混雑するJR川崎駅構内を抜け,東口へ。駅前の高架線を京急の電車が走る。

161218-171559
 丸井やヨドバシカメラが入る川崎ルフロン。

161218-171642
 JFE行きのバス。川崎の臨海部は巨大工業地帯になっているため,路線バスの行先が富士電機や日清製粉など企業名になっていることが多い。

161218-171745
 川崎駅東口の正面の横断歩道の先に川崎駅前仲見世通商店街がある。

161218-171825

161218-172034
 川崎駅前仲見世通商店街。飲食店の多い商店街である。

161218-172120
 仲見世通の商店街アーチを振り返る。飲食店の多い商店街らしく,アーチの上にはボトルをラッパ飲みするおっさんの像がある。

161218-172241
 川崎駅前仲見世通商店街と「花とステンドグラスのある街」銀柳街との交差点。銀柳街の全蓋式アーケードの大きさがよくわかる。

161218-172326
 全蓋式アーケードのある銀柳街。

161218-172344
 銀柳街の「客引き行為等禁止!」の横断幕。

161218-172423
 銀柳街の東側に川崎駅前仲見世通商店街が続いている。

161218-172521
 銀柳街は川崎市随一の商店街だ。約30年前,社会人となって初めて住んだのが川崎市(中原区)で,そのときに初めて銀柳街を歩いき,てっきりこの銀柳街が旧東海道なのだと思い込んでいた。

 だが,地図を見るとどうも違っている。

明治39年川崎(青)
 明治39年の地形図(「今昔マップ on the web」より)。

 現在銀柳街のあるところには古川という小さな川が流れている(青色で表示)。この古川は,この当時は二ヶ領用水の水の一部が流れてきていて,現在のヨドバシカメラアウトレット京急川崎の西側付近にあった三日月型の池に流れ込み,そこから先はどのようになっていたのがよくわからない。ただ,この古川の流れは曲がりくねっていた多摩川のなごりであり,旧多摩川の右岸の跡を流れている(三日画師のかすかだり「川崎駅は河原だった? 自由通路工事が難航」参照)。

 銀柳街は戦後に発達した商店街である。昭和10年頃,失業対策として川を埋め,戦災で焼け野原になった後に発展したという。古川には柳の木があり,それが銀柳街という名の由来になっている。

161218-172637
 川崎銀柳街を北東側に歩き,川崎岡田屋モアーズ横のたちばな通りから川崎駅方向を見る。

161218-172649
 川崎岡田屋モアーズの花屋。

161218-172720
 たちばな通り商店街。川崎駅前から銀柳街・いさご通り(旧東海道)を横切り,国道15号線の手前の東田町の平和通りまで続いている。

161218-172757
 たちばな通り商店街。

161218-172930
 銀柳街に戻る。写真右が川崎岡田屋モアーズ。

161218-173018
 銀柳街の北東側で市役所通りに突き当たる。交差点の先は全蓋式アーケードのある銀座街となる。

161218-173049
 銀柳街から市役所通り越しに銀座街を見る。

161218-173101
 銀柳街を振り返る。

161218-173110
 市役所通りの横断歩道を渡る……

161218-173120
 市役所通りの東側を見る。市役所通りには川崎市役所だけでなく,川崎区役所もある。市役所通りと第一京浜(国道15号線)の交差点の先の国道132号線沿いには川崎競輪場や川崎競馬場もある。かつては川崎球場(現在は川崎富士見球技場「富士通スタジアム川崎」になっている)もあって,川崎市のシンボルとも言える通りである。

161218-173137
 銀柳街「花とステンドグラスのある街」の全蓋式アーケードを振り返る。

161218-173212

161218-173231
 川崎銀座街のアーケード。銀座街は銀柳街から続く通りと,市役所通り沿いの商店で構成されている。

161218-173306
 川崎銀座街。

161218-173348
 川崎銀座街から銀柳街に続く交差点を振り返る。

161218-173414
 川崎銀座街。銀座街の東側(写真右)には個別の商店が並び,西側は商業ビル「川崎DICE(ダイス)」となっている。

161218-173512
 川崎銀座街。写真右が川崎DICE。川崎DICEの場所は,かつて小美屋(こみや)デパートだったところである(その前は京浜デパートだったらしい)。
 その小美屋が,昔郡山駅前にもあった丸光(郡山の隣の田舎町から遊びに行くのが楽しみだった)や,福島駅前の山田百貨店の流れをくむさくら野百貨店のルーツになっていることを,今Wikipediaで読んで驚いているところである。

161218-173555

161218-173641
 銀座街の全蓋式アーケードを振り返る。

161218-173701
 砂子一丁目交差点方向を見る。
 なぜか吉野家の看板を見たら無性に牛丼が食いたくなり,久しぶりに吉野家の牛丼を食う。

161218-174801
 京急川崎駅と京急ショッピングプラザ「ウィング川崎」。昨年2016年4月にオープンしたばかりの新しい商業施設だ。

161218-174828
 京急線の高架線と川崎DICE。

161218-175105
 京急線の電車で帰るため,京急川崎駅へ。

161218-175243
 京急川崎駅構内に入ると,乗るわけでもないのに京急大師線の電車を一目見たくなる。

161218-175252

161218-175457
 ホームへ。京浜急行といえば速さ自慢の「快特(快速特急)」がシンボルになっているが,私は混雑する電車が好きじゃないので快特にはほとんど乗ったことがない。川崎から上大岡まででも,のんびり「普通(=各駅停車)」に乗る。所要時間は30分ぐらい余計にかかるが,本を読んでいればあっという間だし,居眠りだってできる。30分早く帰って自宅で本を読むのも,ガラガラの電車の中で30分間余計に本を読みながら帰るのも,1日24時間でやることが同じだと考えれば,混雑する電車に乗るという不快な思いをしないほうが楽ちんである。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or Apple iPhone 5s

161218-172533_tonemapped

【関連記事】
2015年12月26日 (土曜日):年の瀬の川崎駅前を歩く
2010年4月 3日 (土曜日):ラゾーナ川崎プラザに驚愕
2008年7月 6日 (日曜日):川崎市砂子・東田町の商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土曜日)

乗り換えついでに溝の口駅前を歩く

160430-145219-Edit-Edit

乗り換えついでに溝の口駅前を歩く


 いろいろあって散髪をサボっていたら髪の毛が伸びまくり。今までの人生で初めて,前髪が目に掛かる状態になってしまった。あまりに鬱陶しいので,痛い膝を引きずって散髪に出かけた。

160430-145335
 東急溝の口駅で下車。バスに乗り換える。

160430-145219
 東急溝の口駅・JR武蔵溝ノ口駅東口のペデストリアンデッキと北口バスターミナル。東急は溝の口,JRは溝ノ口,地名は溝口,統一されていないのは昔から。いずれも「みぞのくち」だから誰も気にしていなかったし,ましてや「のくち」などと言う人もなかった。

160430-145612

160430-145713
 溝口の駅前再開発ビル「ノクティプラザ」の前のペデストリアンデッキ。「NOCTY(ノクティ)」はNOCTY 1とNOCTY 2の2棟からなる。

160430-145750
 JR武蔵溝ノ口駅から南武線沿いに南に続く通り。写真左が「ノクティプラザ1」,右が「味の食彩館みぞのくち」。味の食彩館みぞのくちは,かつてJR武蔵溝ノ口駅の駅舎だったところに建つ。

971004114200
 1997年10月に同じ場所で撮った写真。写真右がJR武蔵溝ノ口。

971004114200_a
 1997年10月のJR武蔵溝ノ口駅。

160430-150127
 溝口駅前商店街「ポレポレタウン」。

160430-150159
 溝口駅前商店街「ポレポレタウン」。

971004114300_b
 1997年10月に撮影した溝口駅前商店街。

980913122430
 1998年9月に撮影した溝口駅前商店街。

160430-150225
 溝口駅前商店街「ポレポレタウン」とノクティプラザ2(写真右)。

160430-150319
 ノクティプラザ1とノクティプラザ2の間は連絡通路で結ばれている。

160430-150559

160430-150711
 ノクティプラザ1の前からJR武蔵溝ノ口駅方向を見る。

160430-154231
 JR南武線沿いの長屋式店舗「溝ノ口駅前ストアー」。

160430-154301
 溝ノ口駅前ストアーと高津合同庁舎入口交差点。

160430-154429
 高津合同庁舎入口交差点。溝の口と小杉を結ぶ東急バス溝02系統のバスは,行先が「溝の口駅前」となっていて,車内でも“終点溝の口駅前です”とアナウンスされていたが,北口バスターミナルが整備される前は溝の口駅前バス停で運転をやめず,この高津合同庁舎入口交差点を左に折れて,高津合同庁舎の前まで運転していた。

160430-154518
 溝ノ口駅前ストアーの綿屋明誠堂。

160430-154529
 溝ノ口駅前ストアーの前からJR武蔵溝ノ口駅方向を見る。

160430-154605
 溝ノ口駅前ストアーの天然石ショップessence。

160430-154649

 もう少し歩き回りたかったが,膝が痛くて断念。もう歩けない。

── PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA20-35mm F4 AL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土曜日)

年の瀬の川崎駅前を歩く

151226-150604

年の瀬の川崎駅前を歩く


 2015年も残すところあとわずかとなった。そんな年の瀬も押し詰まったこの日,京急川崎駅からJR川崎駅に乗り換える際に,デジカメのシャッターボタンを押してみた。

151226-144255
 京急川崎駅では,京急本線の高架横の大師線ホーム上に人工地盤を設け,その東側隣接地(写真右側)と合わせて新しい京急川崎駅前ビルを建設中。地上12階建てで,下層が商業施設,上層には「京急EXイン京急川崎駅前」が入る予定になっている。

151226-144401

151226-144459
 京急川崎駅前の川崎地下街「アゼリア」入口。

151226-144549
 JR川崎駅前の川崎駅前東交差点。冬の高度の低い日射しがまぶしい。

151226-144614
 川崎駅前東交差点左側が川崎岡田屋モアーズ,右が京急本線の高架線。

151226-144708
 川崎駅前東交差点で後ろを振り返ると,川崎岡田屋モアーズの向かい側にあるのが川崎DICE。2003年開業の比較的新しめの商業施設。東急ハンズやTOHOシネマズ川崎などが入っている。以前はさくらやがあった。

151226-145037
 駅前の高架線を京急線の電車がじゃんじゃん走るのが川崎らしいところ。

151226-145416
 川崎駅前東交差点の南側から川崎DICE側を見る。

151226-145430
 市役所通り。川崎市役所,川崎区役所,川崎競輪場へと続いている。

151226-145623
 岡田屋モアーズ横から東へ続く「たちばな通り」商店街。

151226-145809
 たちばな通り商店街の一本南西側に並ぶのが川崎駅仲見世通商店街。川崎の商店街の中でも飲食店が多く集まる商店街である。商店街の中ほどに,商店街の名前の由来となった善光寺関東別院がある。

151226-145853
 川崎駅前南交差点へ。

151226-150012
 川崎駅前南交差点。左が今年(2015年)5月末に閉店した「さいか屋川崎店」,右はヨドバシカメラと丸井川崎店が入る川崎ルフロン。ヨドバシカメラが入る前は西武百貨店だった。

151226-150050

151226-150316
 5月末に閉店した「さいか屋川崎店」。約半年メンテしなかっただけで,薄汚れた感じになっている。

151226-150347
 川崎駅前南交差点で,川崎駅東口バスターミナルから出るため信号待ちするバス。

151226-150436
 川崎駅前南交差点から新川通りを見る。

151226-150604
 旧さいか屋川崎店。
 さいか屋は西浦賀で呉服屋を開いた創業者が,現在の横須賀市本町で開いた雑賀屋呉服店に由来する百貨店。もともとは現在のさいか屋横須賀店が本店だったが,横須賀さいか屋・藤沢さいか屋・川崎さいか屋を統合した際に,川崎のさいか屋が本店となった。
 川崎駅東口のシンボルでもあったここの跡地がどのように利用されるのか興味深い。

151226-150702
 川崎ルフロン。ヨドバシカメラマルチメディア川崎ルフロンと丸井川崎店が中核店舗となっている。左側の京急本線の高架線をはさんで,旧さいか屋川崎店が並び,その南側にはチネチッタがあり,人通りは多い。

151226-150733
 JR川崎駅と駅ビル「アトレ川崎」。古びた駅ビルが新装開業して「川崎BE」となっていたが,いつの間にかアトレ川崎になっていた。

151226-151005
 京急高架下の川崎駅東口バスターミナル。

151226-151205
 川崎駅東口バスターミナルと川崎仲見世通りとの交差点。

151226-151313
 川崎仲見世通りの駅前の交差点。

151226-151337
 川崎仲見世通りの駅前の交差点。

151226-151609
 川崎駅東口バスターミナルの南半分。

151226-151703
 川崎駅東口バスターミナルの北半分。

151226-151919
 JR川崎駅東口の大屋根。駅前から地下街「川崎アゼリア」をつなぐ。

151226-152205
 川崎駅東口の大屋根の下にある地下街「川崎アゼリア」へのエスカレーター。

151226-152251
 川崎アゼリアの入口にある「アゼリア宇宙カプセル」からくり時計。

151226-152353

151226-152525
 川崎アゼリアのエスカレータから連続するJR川崎駅東口のエスカレーター。混雑が激しい。混雑するエスカレーターでは,左右どちらかを空けるのはやめて,ちゃんと2列で乗るというマナーが徹底されるといいね……

151226-152730
 いつも混雑する川崎駅のコンコース。北口自由通路の工事が始まっており,北改札コンコースができれば混雑は多少は緩和される予定だ。

川崎駅前

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日曜日)

昭和マーケット再訪,しかし……

151122-155158-EditCompressor

昭和マーケット再訪,しかし……


 京急川崎駅の建て替え工事が行われているようなので,新しい駅ビルが完成する前の姿を撮影しておこうと思い,京急川崎駅へ。
 新たに建設される駅ビルは,京急大師線のホームの上に造った人工地盤の上に建てられる。大師線のホームをうろうろしながら工事の様子を見ていたら,急に大師線の電車に乗りたくなった。

151122-144925
 京急大師線の東門前駅で下車する。
 東門前駅のホームの点字ブロックは,ホーム上屋の柱を避けるように曲がりくねっている。設置されているのは線状の誘導ブロックではなく,危険性を示す警告ブロックなので,これで正しいと思われるのだが,ちょっとドキッとする。

151122-145332
 東門前駅のホームは2面2線で構内踏切がある。ここから隣の産業道路駅までの区間で大師線の地下化工事が行われている。
 最終的には京急川崎駅まで地下化して,川崎縦貫高速鉄道(川崎市営地下鉄)との直通運転を行うという計画もあったようだが,川崎縦貫高速鉄道は2013年に計画を断念。それに合わせて大師線の地下化工事も,現在着工している東門前~産業道路だけになるようだ。

151122-145641
 東門前駅前から大師銀座の本通商店街・子育地蔵通商店街に続く東門前駅前通り商店街。約5年ぶりに川崎市川崎区昭和一丁目の昭和マーケット(2011年2月『向かい風幸ひがシモン全勝 東門前~産業道路』)に向かうことにする。

151122-145657
 東門前駅前通り商店街。

151122-150328
 東門前駅前通り商店街は,大師銀座(本通商店街・子育地蔵通商店街)に近づくと道幅が狭くなる。

151122-150513
 東門前駅前通り商店街と本通商店街・子育地蔵通商店街の交差点。
 本通商店街の商店街アーチが撤去されている。

151122-150536
 大師銀座から東門前駅前通り商店街を振り返る。

151122-151134
 大師銀座の子育地蔵通商店街。商店街から中高層の集合住宅の住宅街に変わりつつある。

151122-151336
 子育地蔵堂の向かいのやきとり「とり幸」にお客さんが並んでいる。

151122-151508
 子育地蔵堂。

151122-151537
 大師銀座の子育地蔵通商店街。子育地蔵通りの大師銀座商店街かもしれない。

151122-151628
 子育地蔵通(大師銀座商店街)の商店街アーチ。

151122-151701
 約5年前には銭湯「吉野湯」があったところは7階建ての集合住宅に変わっている。

151122-151802
 子育地蔵通の商店街アーチの東端。通りの南側は東門前二丁目と昭和一丁目の境界,北側は東門前三丁目になっている。

151122-151921
 昭和一丁目,木がうっそうと茂る一郭。

151122-152012
 放置されている廃院(戸川耳鼻咽喉科)。

151122-152250
 昭和一丁目の一郭。地図を見ると,ここの北側は「旅館汐湯」となっているが,建物はホテル「アイマーレ 羽田」になっていた。

151122-152604
 昭和一丁目の昭和通り商店街へ。

151122-152701
 昭和一丁目の中心の十字路のきそば美好屋。

151122-152744
 昭和通り商店街の中心の十字路から南側を見る。

151122-153000
 昭和通り商店街の中心の十字路から北側を見る。とうふ富士屋。5年前に比べるとシャッターが閉まったままの店が多くなっている。

151122-153057

151122-153133

151122-153229
 昭和通り商店街の「やお秀」。

151122-153333
 昭和マーケット南側の小さな飲み屋街。

151122-153347
 昭和通り商店街と大師銀座商店街の交差点側を見る。右側は鮮魚・食料品の「マルケイ食品」。その向かい側に,今日の目的である昭和マーケットがある。

 今日は日曜日。店が閉じているのは定休日だからかもしれない。日曜は定休日……。そういえば,5年前に昭和マーケットを訪問したのも日曜日で,店が開いていなくて寂しかったことを思い出した。せっかく再訪したが,なんと今日も日曜日になってしまった。がっかり……

151122-153427
 また定休日に昭和マーケットに来てしまったという現実から目をそらすために,昭和マーケットの南側の路地へ。
 アカカンバン昭和町店は衣料品店。アカカンバンと言えば,京成立石駅北側の呑んべ横丁に赤い看板の「ンバンカカア」が残っていたことを思い出す。同じ系列の店だろうか。

151122-153504
 昭和マーケット南側の飲み屋街。

151122-153601

151122-153657
 昭和マーケット南側の飲み屋街の東側を振り返る。

151122-153735

151122-153834
 昭和マーケット南側の飲み屋街の路地。

151122-153920

151122-154051

151122-154133
 路地から大師銀座商店街へ。

151122-154224
 昭和マーケットの大師銀座商店街側の入口。

151122-154302
 昭和マーケットはやはり定休日だった。

151122-154635
 L字型になっている昭和マーケット。

151122-154733
 昭和マーケットから大師銀座商店街を見る。

151122-154808
 昭和マーケットの木造アーケード。

151122-154840
 やっぱり営業日に来ないと意味がない。

151122-155126

151122-155158
 昭和マーケットの昭和通り商店街側の入口。

151122-155232
 昭和通り商店街もシャッターが閉まったままの商店が多い。日曜日なので定休日なのか,シャッター街になっているのかは判別できない。

151122-155305
 昭和通り商店街とマルケイ食品。

151122-155332
 昭和通り商店街と大師銀座商店街の交差点。

151122-155407

151122-155656
 昭和通り商店街・大師銀座商店街と昭和マーケット。

151122-155759
 昭和マーケットの東側の大師銀座商店街では,道路の改修・舗装工事が行われている。

151122-155902
 道路の改修・舗装工事で片側通行になっている大師銀座商店街のリビングショップ「アラガネ」前。

151122-155959

151122-160032

151122-160057
 岩井時計店横の交差点からは川崎区出来野の出来野商店街となる。

151122-160206
 昭和北公園の斜向かい,出来野の小さな飲み屋街。

151122-160435
 出来野商店街の道路をならすロードローラー。

151122-160543
 アスファルト舗装をロードローラーがならす。

 付近にアスファルトの匂いが漂う。アスファルトの匂いをかぐと,幼い頃に見た実家の前の道路が初めて舗装されるときの光景を思い出す。1970年頃だったろうか。県道の舗装率が50%ぐらいで,まだ町の市街地を出ると県道は砂利道(サイクリングは大変だった)で,町道のほうが舗装されるのが早く,それが誇らしかったことを覚えている。

 その当時,町の中心を通る国道はコンクリート舗装だった。コンクリート舗装は5メートルぐらいの間隔で目地があり,ゴム材のようなクッションが詰め込まれていた。その頃,初めて東京の街を見たときに(まだ都電の路面電車が走っていた),東京の道路はコンクリート舗装されていて,アスファルト舗装よりもコンクリート舗装のほうが都会的で高級だという意識がすり込まれたのだった。

 実際に,当時のアスファルト舗装は現在のように完成された技術ではなくて,気温が上がるとすぐに柔らかくなって,わだちになりやすく,自転車で走る路側帯あたりは盛り上がってしまってひどいことになっているところも多かった。

 今ではアスファルト舗装が一般的になり,コンクリート舗装は私道の簡易的な舗装や,急坂・バス停(どちらもブレーキ痕などの変形を防ぐ目的かな)などにしか残っていない。それでも,目地の音がゴトンゴトンと響くコンクリート舗装のほうが,都会的で高級だという意識が,私には残っている。

151122-160615
 出来野商店街。

151122-160718

151122-160744
 舗装が終わった道路には白線がないため,スプレーで簡易的な白線を引くおじさん。ちゃんとけがき線(道路の場合は「けがき線」とは言わないかもしれない)を引いてから白色スプレーを吹いているとはいえ,マスキングテープなしでも簡易白線は驚くほど真っ直ぐだった。

151122-160936
 出来野商店街の川崎信用金庫ATMと出来野米流通センター。道路が白くなっているのは,たぶんけがき線用の白い粉をぶちまけてしまったのだと思われる。違うかな?

151122-161011
 出来野※流通センターとCiクリーニング。看板には煙突の付いた古い炭火アイロンが描かれている。

151122-161254
 産業道路の出来野交差点(高架は首都高速神奈川1号横羽線)を渡り,田町一丁目・日ノ出一丁目へ。産業道路には「大師線地下化工事中につき、踏切遮断時間が延びることがあります」という看板が立っている。

151122-161926
 田町一丁目・二丁目から江川一丁目に続く京急大師線の踏切。小島新田駅構内を除き全線複線の大師線だったが,産業道路をはさんで2〜300メートルのこの区間は地下化工事にともなって単線になっている。逆に,1面1線だった小島新田駅は1面2線ホームとなり,この踏切の東側から小島新田駅までは単線並列となった。

151122-162329
 江川一丁目の銭湯「江川湯」の煙突。

151122-162415
 江川一丁目の銭湯「江川湯」。川崎市では最も東にある銭湯なのだとか。

151122-163301
 田町一丁目を通って京急大師線の産業道路踏切へ。

151122-163537
 田町一丁目と首都高速神奈川1号横羽線の高架道路。

151122-163835
 京急大師線の産業道路踏切を京急川崎行きの電車が走る。
 全線での地下化を断念した今,地下化工事はこの踏切をなくすために行われていると言っても過言ではない。


 京急大師線の産業道路踏切。

 おまけ……

 京急川崎駅に残るパタパタ(反転フラップ式案内表示機)。

東門前駅〜産業道路駅

── Nikon D800E + AF-S Zoom Nikkor 18-35mm F3.5-4.5G ED or 動画は SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【関連記事】
2011年2月13日 (日曜日):向かい風幸ひがシモン全勝 東門前〜産業道路

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土曜日)

立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街

151010185249editenhancer

立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街〔夜編〕


 野暮用帰りに溝の口駅西口商店街に立ち寄った。約2年半振りである。
 2年半前の訪問は昼下がりだったため,溝の口駅西口商店街の立飲み屋はまだ準備中。こんどは午後7時近くで,それぞれの飲み屋からは「かんぱい〜!」のかけ声が聞こえてくる……

151010-184343
 しばらく撤去されていた「お買い物は皆様の店 溝の口駅西口商店街」の商店街アーチが復活していた。商店街のアーチである。復活してなにより。

151010-184448
 東急田園都市線の溝の口駅に沿って東に延びる路地。「たまい駅前酒場」に飲兵衛が集まっている。

 このあたりは,かつては飲食店や鮮魚店が密集していたところだった。2007年2月の不審火による大火で焼失してしまったが,やっと賑わいが戻ってきている。東側にはカレーハウスデリーや中華南甫園も復活している。

 2004年1月に撮影した写真を参考までにアップしてみる。現在の「たまい駅前酒場」は,レストランハセガワのあたりになると思われる。

040125-165352
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(ハセガワのあたりが現在の「たまい駅前酒場」か)〕

040125-165414
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(三叉路にあった鮮魚店)〕

040125-164350
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(飲食店が並んでいた)〕

040125-164307
〔2004年1月撮影の溝の口駅西口商店街(カレーハウスデリー側の商店街入口)〕

 懐かしい写真ばかり載せ始めると切りがないので,立飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街の写真に戻る。

151010-184629
 南武線の線路横の「七輪もつ焼 二の鉄」「大衆酒場玉井(二階はたまいのハイカラ酒場・ALL FIVE)」が並ぶ。焼鳥の煙で視界がかすんでいる。「たまい」はもともとは大衆酒場で,現在は溝の口一帯にたくさんの居酒屋・焼鳥屋・焼き肉屋を展開している一大グループである。

151010-184710
 昔ながらの古本屋「明誠書房」。

151010-184743

151010-184759
 明誠書房の隣は昔から人気の「焼鳥かとりや」。

151010-184819
 老舗和菓子店「玉川堂」。店が開いているときには,いなり寿司・五目いなりや大福を買ったりするのだが,売り切れのことも多い。そればかりか,店が閉まっていることも多くて残念(店じまいが早いのかな)。

151010-184835
 溝の口駅西口商店街の西側の三叉路。「ホルモン番長もつ関ちゃん」が「溝の口ドカンドカン酒場」になっている。

151010-184906
 玉川堂の前から焼鳥かとりや側を振り返る。

151010-184930
 立ち飲みの「いろは」。焼鳥を片手にテレビの野球中継に見入るスタイル。この日から始まったプロ野球CSシリーズの巨人阪神戦が放映されていた。

151010-185207
 南武線線路横の立ち飲み「いろは」。
 立ち飲みの飲み屋が増えた溝の口駅西口商店街にあって,ここ「いろは」と「かとりや」は老舗である。

151010-185248

151010-185339
 焼鳥を焼く煙が充満する。ただ通りすぎるだけだった人も,この煙に絡め捕られ,一杯飲んでいくことになる……

151010-185441

 商店街ではなく飲み屋街に変貌した溝の口駅西口商店街。
 2007年の大火のあと,水路の上の違法建築物の再建のめどが立たず,そのまま寂れてしまうのかもしれないという不安の中,多くの人が復活を望んだこともあり,立ち飲み屋街として賑わいを取り戻しつつある。

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【参考】
・2004年1月25日 (日曜日):溝の口駅西口商店街
・2006年7月22日 (土曜日):梅雨明けを待つ溝の口
・2007年10月20日 (土曜日):溝の口経由で散髪へ(大火から約半年後)
・2013年4月13日 (土曜日):立飲み屋街に変貌する溝の口駅西口商店街

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土曜日)

月夜の武蔵小杉

141206192753

月夜の武蔵小杉



 野暮用が終わって,武蔵小杉駅北口午後7時。日没後のマジックアワーもとうに終わり,空も真っ暗になってしまった。せっかくソニーα7SにPENTAXの古いMFレンズM24-35mm F3.5を付けてきたので,数年ぶりに武蔵小杉の街を少しだけ撮ってから帰ることにする。

141206-185238
 武蔵小杉駅北口の小杉ビルディング・小杉ビルディング新館の前で,バッグからカメラを取り出す。

 JR南武線と東急東横線を数学の直交座標系に見立てると,ちょうど第二象限にある武蔵小杉駅北口は,商店街のある第三象限や工場地帯だった第四象限に対して,新しい武蔵小杉の象徴だった。駅前にバスターミナルがあり,それを小杉ビルディングや武蔵小杉STMビル(三菱東京UFJ銀行武蔵小杉駅前支店)が取り囲み,その横には2000年代前半まで武蔵小杉周辺で一番高いビルだった武蔵小杉タワープレイスが建っていた。

 2000年代後半から第四象限の工場跡地に高層ビルが猛烈な勢いで建ちはじめ,その影響は第三象限の商店街の周辺にも及んでいる。
 そんなこともあって,武蔵小杉駅北口がちょっとだけ寂しくなったような気がする。

141206-185348
 武蔵小杉駅北口のバスターミナル。高津・溝の口駅,等々力陸上競技場(フロンターレの本拠地)等へのバスがここから出ている。

 空に月が出ている。

141206-185424
 武蔵小杉駅北口と周辺の高層ビル。

141206-185708
 武蔵小杉駅の西側,小杉ビルディング新館とJR南武線の間から武蔵小杉駅を見る。

141206-185808
 武蔵小杉駅の西側にある南武線高架下の通路。かつて,武蔵小杉駅の北口側から小杉町三丁目の商店街へ行くには,駅の階段の上り下りする必要がない,この高架下通路が近道だったのだが,今は人の流れが変わり,人通りがずいぶん少なくなったようだ。

 写真の右側はNEC小杉ビル。入口のところが工事用フェンスで囲われていた。NEC小杉ビルの北側に並んでいたホテル・ザ・エルシィは,現在は取り壊されて駐車場になっており,このNEC小杉ビルの土地と一体化した再開発計画があるとのこと。さらにその北側の新日本石油(現在のJX日鉱日石エネルギー)小杉アパート群の再開発計画(小杉町二丁目再開発計画)があり,南武線の南側の小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業もある。数年後にはこのあたりも大きく変わりそうだ。

 そういえば,NEC小杉ビルの西側もかつては団地だった。まだ南武線が高架化されていなかった1989年(当時私はまだ富士通の社員で,隣の武蔵中原に勤めていた),小杉御殿町の踏切で南武線の終電に車がぶつかり,車の上に乗り上げた南武線の黄色い101系電車が脱線して団地の横を暴走し,最後は先頭車両が団地のほうを向いてぶつかる寸前まで突っ込んだ事故があった。

 団地の庭に入り込んだ101系電車は,しばらくそこに放置され,その場で解体されたはず。一歩間違えば大惨事だったことと,普通の団地の庭に入り込んだ黄色い101系電車の違和感が強烈だったため,強く記憶に残っている。
 この事故は,車の運転手だけじゃなく,電車の乗客にもけが人が出ている事故なのだが,Google検索してみても情報は少なく,Wikipediaの「日本の鉄道事故 (1950年から1999年)」にも載っていない。ちょっと不可解……

141206-190007
 JR武蔵小杉駅西口・東急武蔵小杉駅正面口前の広場。南側に武蔵小杉東急スクエアがある。かつては商業施設の「こすぎフロム」と変電所があったところで,武蔵小杉駅南口地区西街区第一種市街地再開発事業で東急スクエアとなった。事業名が「武蔵小杉駅南口地区」であるように,こすぎフロムの前にあったのはJR武蔵小杉駅西口ではなく南口だったような記憶があるのだが,よくわからない。記憶違いかもしれない。

141206-190022
 南武線高架下通路の横の川崎信用金庫。後ろの高層ビルは,中原区役所の隣に建ったばかりの地上45階建てのプラウドタワー武蔵小杉。

141206-190105
 武蔵小杉駅を発車した南武線の稲城長沼行き電車。

141206-190231
 武蔵小杉駅前通り商店街。市立中原図書館の前から南側を見る。

141206-190421
 武蔵小杉駅前通り商店街のイトーヨーカドーの東側。

141206-190521

141206-190559
 東急スクエアの南の東横線武蔵小杉駅南口に通じる通り。パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの上に月が出ている。
 それにしても,高層ビルに「フォレスト」って,違和感ないのかなぁ?

141206-190646

141206-190848
 お好み焼「忍」がある通り。

141206-190939
 なにやら行列ができている。

141206-191011
 お好み焼「忍」の前。以前は突き当たりが変電所だったが,再開発で武蔵小杉駅前となった。右側にセンターロード小杉の入口がある。
 薄く雲がかかっているため,パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの上の月が怪しく光る。

141206-191118
 武蔵小杉の飲み屋街「センターロード小杉」の北側の入口。

141206-191239
 お好み焼・釜めし「忍」。

141206-191400
 東急東横線の武蔵小杉駅とパークシティ武蔵小杉の3棟。右からザ・グランドウイングタワー,ミッドスカイタワー,ステーションフォレストタワー。「・」を入れるかどうか迷う名称だ。
 右奥に見えるのは横須賀線の武蔵小杉駅横須賀線口にあるイーストタワーかな。

141206-191435
 武蔵小杉東急スクエア。手前にあるのはパチンコ屋?の「KOSUGI PLAZA」。

141206-191608
 センターロード小杉へ。

141206-191653
 センターロードの北側の入口を振り返る。「焼辰」「ジンギスカンどぅー」「串駒」が並ぶ。

141206-191808
 狭い路地に飲食店が並ぶセンターロード小杉。

141206-191942
 北海道シントク町塚田農場。「塚田農場」には「宮崎県日南市塚田農場」という店もある。新得町じゃなくてシントク町であることも含めて,どういう店なのかはよくわからない。

141206-192032
 メニューを見ると,激安居酒屋よりも少し高めになっているので,サラリーマンがうるさい学生などと一緒になる確率を減らすにはいいかもしれない。

141206-192126
 センターロード小杉の中心部にある丁字路。少し鍵曲がりにもなっていてすばらしい。

141206-192157
 やきとりの店「くろちゃん」。テーブル席も多い焼鳥屋だ。二階は居酒屋「くろ兵衛」になっている。

141206-192243
 右側が「割烹こすぎ(居酒屋こすぎ)」。割烹とは書かれているが(居酒屋という看板もある),ホッピーもあるし,普通の居酒屋だと思う。

141206-192258
 センターロードの丁字路部分。すこし鍵曲がりふうにずれているのがわかる。

141206-192419
 地図を見るとすぐにわかるのだが,センターロードの路地は駅への通り道にはなっていないため,歩いている人は呑む気満々の人か,酔っぱらった人が多い。

141206-192500
 センターロード中心部の丁字路。飲み屋街らしく,角にたばこ屋がある。

141206-192531
 センターロードのたばこ屋の前から北側を見る。

141206-192753
 武蔵小杉駅南口側の入口からセンターロード小杉を見る。

141206-192847
 武蔵小杉駅南口の前から見たセンターロード小杉の入口。

141206-193036
 武蔵小杉駅南口の亀屋万年堂がある交差点。

141206-193250
 武蔵小杉駅南口から東急東横線のガードをくぐると,11月22日に開業したばかりの大規模商業施設「グランツリー武蔵小杉」がある。テナントとしてイトーヨーカドーグランツリー武蔵小杉店が入っている。今後,武蔵小杉駅前通り商店街のイトーヨーカドーはどうなるのだろう。

〔過去の写真〕
080223184538
 ちなみに,これが2008年2月に撮影した同じ場所の写真。グランツリー武蔵小杉がある場所は,まだ東京機械製作所玉川製造所の工場だった。

141206-193435

 首都圏で最も変化している街のひとつ,武蔵小杉。1年に1棟以上のペースで高層ビルが増えている。先にも書いたように,北口側でも再開発が始まろうとしている。

 川崎市内では川崎駅前に次ぐ街として,溝の口・新百合ヶ丘が先行し,その後に武蔵小杉や向ヶ丘遊園・登戸が続く状況だったが,武蔵小杉がここ10年で溝の口と新百合ヶ丘をごぼう抜きした感がある。これほど一気に街が大きくなると,同じぐらいの世代の人口が増えることになり,学校問題やその後の高齢化問題など,老朽化した現在のニュータウンと同じ問題を抱えることになりそうだ。

141206-193659

── SONY α7S + smc-PENTAX M24-35mm F3.5

【参考(過去の記事)】
2012年10月20日 (土曜日):超高層ビル迫る不動前通り…武蔵小杉
2010年11月 6日 (土曜日):目が眩む刺子凄すぎ 武蔵小杉
2008年2月23日 (土曜日):武蔵小杉駅界隈の商店街を歩く
2004年10月23日 (土曜日):武蔵小杉の商店街を歩く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年5月31日 (土曜日)

ブレーメン、ブレーメン、音楽隊! 元住吉

140531-165513
 東急東横線で武蔵小杉から一駅目の元住吉駅で下車する。正面に武蔵小杉周辺の高層ビルが見える。

140531-165800
 元住吉駅東口の「モトスミ オズ通り商店街」側に出る。オズの魔法使いをシンボルにした商店街だ。

140531-165814
 2006年に高架化された元住吉駅。このあたりは,かつて住吉村だったため,駅を設置する際に元住吉となったそうだ。駅名がなぜ「木月」駅にならなかったのか,ちょっと不思議な感じがする。武蔵小杉駅周辺が近年になってブレイクするまでは,川崎市中原区の地価トップは元住吉駅のある木月だったからだ。

 付近の学校も,住吉小・住吉中・住吉高だし,どちらかというと元住吉駅の西側に偏っている木月よりも,東側の木月住吉町のほうが古くからの集落だったため,「住吉」に愛着があったのかもしれない。。

140531-165936
 オズ通り商店街。ドラッグストア,Tomod's express。

140531-170117
 大衆酒亭瓢箪と焼きふぐ玄品ふぐの元住吉の関。

140531-170259

140531-170420
 オズ通り商店街は昔ながらの商店街だが,駅の近くにはよくあるチェーン店が多い。

140531-170449
 元住吉駅のほうを振り返る。

140531-170657
 モトスミ オズ通り商店街を東へ。

140531-170912
 博多天ぷら食堂「なぐや」,鳥作,鮒忠……。

140531-171049

140531-171101
 南側へ綱島街道と平行に延びる通り。

140531-171313
 綱島街道に向かって斜めに伸びる路地。パチンコ屋とGAME白浜。

140531-171511
 鳥作元住吉店。

140531-171705
 住吉帽子店。

140531-171758
 川崎住吉ストアーとフードショップOZオズ。

140531-171837

140531-172131
 綱島街道の元住吉駅交差点。交差点の先にもオズ通り商店街が続いている。

140531-172207
 綱島街道を渡る。

140531-172352
 綱島街道の元住吉駅交差点の東側のオズ通り商店街。ロコ スミレヤ。

140531-172435
 元住吉駅交差点の東側のオズ通り商店街。

140531-172600
 木月延命地蔵尊。

140531-172718

140531-172931
 酒処「寿美華」,酒菜屋「じゃんけんぽん」……

140531-172947
 川崎木月郵便局の前,ニュータンタンメン本舗,スナック「とねりこ」。トネリコといえばバット。野球ファンだろうか。

140531-173521
 木月住吉交差点からオズ通り商店街を振り返る。

 商店街はこのあたりまでなので引き返す。

140531-173936
 綱島街道の元住吉駅交差点。交差点を横切る渋川沿いの桜並木「住吉ざくら」は桜の名所。

140531-174031
 綱島街道の元住吉駅交差点から武蔵小杉方向を見る。綱島街道のボトルネックになっていた武蔵小杉の上丸子跨線橋から元住吉にかけて,4車線への拡幅工事が行われている。

140531-174326
 オズ通り商店街を西へ。

140531-174404
 フードショップOZオズと川崎住吉ストアー。

140531-174433
 ラーメン「文(ぶん)」。

140531-174513
 フードショップOZ。

140531-174621

140531-174803
 元住吉駅東口へ。

140531-174852
 東急東横線は高架化されたが,駅の南側の地上に車両基地があるため,踏切が残っている。

140531-175007
 東急東横線に沿って北側に商店街が続いている。

140531-175101
 東急東横線に沿ったオズ通り商店街の水口衣料店。

140531-175125
 佐々木ミシン商会と元住吉印房。

140531-175202

140531-175252
 トンガリ……

140531-175551
 踏切を渡ってブレーメン通り商店街(元住吉西口商店街)へ。

140531-175624
 モトスミ・ブレーメン通り商店街。

140531-175649
 駅前にブレーメン音楽隊のロバ,犬,猫,ニワトリの像がある(待ち合わせ場所になっているらしく,アップでは撮れなかった)。ブレーメン通りと名を変えたのは25年前だそうだ。名称を無断で使用するのはマズいということで,ドイツのブレーメン市の正式許可を得ているらしい。

 小学生のときの給食の時間,構内放送で童話やおとぎ話,詩の朗読が流され,ブレーメン音楽隊やシンドバッドの冒険の話,「おーい雲よ ゆうゆうと馬鹿にのんきそうじゃないか どこまでゆくんだ? ずっと磐城平のほうまでゆくんか?」という詩は今でも印象に残っている。
 ブレーメンの音楽隊の話では,ところどころに入る合唱「♪ブレーメン、ブレーメン、音楽隊!」が耳に残っている。

140531-175905
 ブレーメン通り商店街を西へ。にぎわいのある商店街だ。

140531-175937
 ブレーメン通り商店街の元住吉駅方向を振り返る。商店街のアーチにも「ブレーメン音楽隊」の像があしらわれている。

140531-180011
 フルーツショップの「フルッチョ」。

140531-180045

140531-180117
 住吉書房。1~3階が書店になっている。

140531-180210
 自転車屋のCYCLAND CYCLE PIEAもとすみ。

140531-180231
 紳士服のコナカ,パシオスのある通り。

140531-180446
 ブレーメン通り商店街の五叉路。

140531-180813
 最近は不二家のペコちゃんもオシャレになったようだ。

140531-181000
 みそ・つけものの越後屋,とうふの茂蔵……

140531-181024
 鉄板酒場「鐵一(てついち)」……

140531-181414
 BREMEN STR.のアーチがずらりと並ぶ(広角レンズなので,ずらっと並ぶ感じはわかりにくいが)。

140531-181832
 モトスミ・コアビル。

140531-182052
 スーパのマルエツ。隣のサンドラッグのビルの屋上にもマルエツの看板がある。元はマルエツの店舗だった? それとも,目立つところに看板を出してるだけ?

140531-182141
 ブレーメン通りのサンドラッグ。

140531-182434
 第一中田ビルのスーパーマーケット「えばらや」。

140531-182742
 韓国村とつけめん・油そばの「あびすけ」。

140531-182801
 韓国村。

140531-182850
 韓国村のアーチの中。中に飲食店が並んでいるわけではなかった。

140531-182912
 韓国村の入口のアーチを裏側から見る。

140531-183051

140531-183226
 生鮮市場「ダイイチ」。
 元住吉には大規模な店舗はないが,こういう中規模のスーパーが多く,商店街に点在していることが街の賑わいに寄与してそう。

140531-183340
 洋品のカクハチ堂,サンワ水産,総合自転車店……。午後6時半を過ぎ,だいぶ暗くなってきた。

140531-183526
 総合自転車店。ブレーメン通り商店街の元住吉駅からここまでで,大きな自転車屋が2軒。元住吉のあたりは平坦だし,武蔵小杉と商店街が繋がっているし,自転車の需要が多いのだろう。

140531-183603
 鈴木水産。

140531-183700
 戸袋の丸いマークが目立つ。

140531-183807
 大きなパチンコ屋。ブレーメン通り商店街はここまでで,ここから先は別の商店街になるようだ。

140531-184113
 ブレーメン通り商店街の西端。朝は元住吉駅に向かってバスも走るが,日中は車両通行止めになっている。

140531-184251
 持ち帰り専門店,ぎょうざ宝舞。

140531-184607
 韓国村の西側の路地。

140531-184817
 スーパー「えばらや」。春の日もつるべ落とし。

140531-191148

140531-191700
 元住吉駅西口のブレーメンの音楽隊の像。下からロバ,犬,猫,ニワトリ。♪ブレーメン、ブレーメン、音楽隊!

140531-191726
 元住吉駅の長いエスカレーター。

元住吉

 ── Nikon D800E + AF-S Nikkor 18-35mm F3.5-4.5G ED or RICOH GR

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土曜日)

一週間遅れで散髪〜武蔵小杉

 先週の土曜日,大雪の影響で断念した散髪の仕切り直し。

140222-115648
 横浜市営地下鉄上永谷駅のホームの端には,先週の雪がまだ残っている。

140222-125849
 あざみ野駅で田園都市線に乗り換える。

140222-132550
 溝の口からはバスに乗り換える。

 いつものように,極細パーマを巻いた後で髪をばっさり短くカット……

140222-163354
 髪の毛がさっぱりした後で,武蔵小杉へ。立春を過ぎてずいぶん日が延び,午後4時半でもまだ暗くならない。

140222-163509
 武蔵小杉駅前交差点の上を走るのは東急東横線の電車。

140222-163656
 武蔵小杉駅前。

140222-163808

140222-165346
 中華大三元。いわゆる「町の中華屋」で,私のようなおっさんにはありがたい店だ。

140222-165442
 武蔵小杉駅前も閉じたままのシャッターが多くなって,ずいぶん寂しくなってしまった……

140222-165603

140222-171713
 南武線のホームへ。ホームから改札口までの階段とエスカレータが1カ所ずつ離れた場所にあるため,エスカレーターのところが大渋滞している。

140222-171941
 南武線の武蔵小杉駅。

140222-173428
 川崎駅……

 ── iPhone 5s or RICOH GR

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土曜日)

大雪の影響で東急バス運休…散髪中止

 [溝の口駅西口商店街を歩く]

 先週の大雪に続いて,今週も2月14日から15日朝にかけて大雪が降った。先週末は,事前に大雪が降るとの予報があったし,関東では珍しい粉雪で,しかも関東地方で本降りとなったのは土曜日(2月8日)だったこともあって,あまり大きな被害とはならなかった。

 しかし,今週の雪は,直前まで,平野部では雨なのか雪なのか判断が難しかったらしく,雪質も重いぼたん雪で,積雪による被害も多かったようだ。多くの孤立集落が生じ,大変な停電も生じた。積雪も記録的で,東京都心で27cm,甲府で114cm,前橋で73cmと,熊谷62cmと観測開始以来の積雪深を記録したところも多い。昭和38年の豪雪を三八豪雪と呼ぶなら,今年のそれは二六豪雪と呼ばれることになるかもしれない。

140215-132757
 いつもの床屋さんを予約済みだったので,横浜市営地下鉄と田園都市線を乗り継いで溝の口駅へ。先週の中頃は,週末にこんな雪が降ることは予想していなかったのだ。でも,横浜市営地下鉄も田園都市線も,平常通り動いていた(ように感じた)ので,この後で面倒なことが起こることになるとは……

140215-132839
 溝の口駅のバスターミナルへ。東急バスの乗り場に行くと「只今運転を見合わせております」の貼り紙が貼られている。なんと,バスが来ない(ちなみに,駅前のバスターミナルの中で,川崎市バスのKSP行きだけは動いているようにも見えた)。

140215-132856
 溝の口駅のバスターミナル。バスがダメならタクシーか。正面のペデストリアンデッキから下りる階段のところがタクシー乗り場なので,さっそく並ぶ。が,タクシー乗り場のところの雪が多いことからもわかるように,この日,タクシーがほとんどやってこない。

 しばらく並んだが,タクシー乗り場にタクシーが戻ってくるのは10分に1台程度。行列の20番目ぐらいなので,これじゃ話にならない。南武線で武蔵中原まで行って,そこから歩いた方が近いのだが,残念ながら南武線の運転本数もずいぶん少なくなっている。
 というわけで,床屋さんにしばらく待ってもらっていたが,泣く泣く1週間後の時間を再予約することにした。

140215-135906
 さて,目的がなくなったので,とりあえず溝の口駅周辺の雪の状況をデジカメで記録しておく。まずはペデストリアンデッキに上り,ノクティの前へ。

140215-135935
 ノクティの前から東急溝の口駅側を見る。JR武蔵溝ノ口駅は左手方向にある。

140215-140958
 JR武蔵溝ノ口駅前。思わず,ブレッソンのサンラザール駅の前の水たまりジャンプのようなものを撮ってみたいと思ったが,iPhone 5sのカメラじゃ無理だった……

140215-142127
 溝の口駅西口商店街へ。

140215-142203
 溝の口駅西口商店街の横を南武線の205系電車。この205系電車も,今年からE233系電車にどんどん置き換えられていくそうだ。10年前は,少なくなりつつあった103系電車が溝の口駅西口商店街の横を走る写真を撮るのに苦労したが,今度は205系が横を走ることが珍しくなっていくのだろう。

140215-142300
 アーケードの入口,七輪もつ焼二の鉄。右側の津久波商店は肉屋さん。

140215-142318
 東急溝の口駅方向を振り返る。

140215-142425
 大衆酒場玉井西口店は立ち飲み屋。

140215-142443
 今回の大雪では,各地で商店街のアーケードが落ちる事故があったが,溝の口駅西口商店街は無事だったようだ。

140215-142456
 古本の明誠書房。

140215-142506
 大衆酒場玉井西口店では開店準備の真っ最中。

140215-142602
 焼鳥かとりやと餅菓子玉川堂……

140215-142705
 溝の口駅西口商店街の横を走る南武線の立川行き電車。

140215-142716
 餅菓子玉川堂の旗がさくら餅になっている。(普段ここを歩いている人は)これを見ることで感じる季節もある。

140215-142731
 溝の口駅西口商店街のY字路。

140215-142744

140215-142853
 Y字路から南武線に沿って西側に延びる通り。簀の子がトレードマーク。

140215-143017
 溝の口駅西口商店街のアーケードの北西側の入口。

140215-143041
 アーケードの無いところは,まだ道路に雪が残っている。

140215-143105
 大衆酒場十字屋……

140215-143124
 溝の口駅西口商店街を振り返る。

140215-143137
 雪はシャーベット状に融けかかっていて,わだちだけが歩ける状態。

140215-143212
 炭火焼肉酒房雷音……ライオン?
 この先の栄橋交差点のところで車がスタックしているようだ。

 古い地図を見ていて,この栄橋では平瀬川からの分流と久地の円筒分水からの分流が交差していたんじゃないかと思ったりもするのだが,ちゃんと調べていないのでよくわからない。ただ,二ヶ領用水の久地円筒分水からの分流のひとつが,溝口二丁目から栄橋交差点を通り,溝の口駅西口商店街の下を流れているとしても,不思議ではないと思う。

140215-143318
 鉄板焼むげんの前から溝の口駅西口商店街のほうを振り返る。スタックしていた車は無事に動き出したようだ。

 ここで,Apple Store銀座から,MacBook Proの修理が終わったとのメールが入った。あちこちで交通機関が麻痺している状態だが,鉄道は問題なさそう。ということで,ここで引き返して,アップルストア銀座に向かうことにする。

140215-143649
 雪が積もった雪すし(雪寿司)。

140215-143714
 昭文堂書店。

140215-143830
 溝の口駅西口商店街と南武線の205系電車。横を走る電車の最後尾が見えた瞬間にシャッターを切る。

140215-144123
 すぐにやってきた立川行きの電車も撮る。

140215-144202

140215-144255
 餅菓子の玉川堂。カフェオレ大福!

140215-144307
 焼鳥かとりや。

140215-144348
 最初の溝の口駅前のペデストリアンデッキ周辺の写真はCanonのPowerShot S100を使っているが,それ以外はRICOHのGRで撮影している。GRが作り出すJPEG画像にはほぼ満足。こういう明暗差の激しい場所でも簡単に撮れてしまうGRの手軽さ(小さく軽いという意味ではなく)は一眼レフカメラと同等で,やっぱり凄いカメラだと思う。

 ── RICOH GR or Canon PowerShot S100 or iPhone 5s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧